まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:マレーシア

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/26(水) 20:54:27.09 ID:CAP_USER
    韓国化学大手OCIは26日、日本の化学メーカーのトクヤマから太陽電池材料の多結晶シリコンを生産するマレーシアの子会社の全株を買収すると発表した。

    昨年10月に株式16.5%を2400万ドル(約27億円)で取得したのに続き、残りの83.5%を1億7600万ドルで取得する。取得総額は2億ドルとなる。

    OCIは韓国内の工場で年間5万2000トンの多結晶シリコンを生産している。今回の買収で年産7万2000トンとなり、世界2位に浮上するという。

    トクヤマは2009年にマレーシアに進出し、太陽電池や半導体用の多結晶シリコンを生産してきたが、ここ数年は太陽光関連の市況の急落を受け経営が悪化していた。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/26/2017042603257.html

    引用元: ・【経済】韓国OCI 日本の化学メーカー、トクヤマのマレーシア子会社を買収=総額2億ドル[4/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【二束三文】韓国OCI、2億ドルでトクヤマのマレーシア子会社を買収】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/02/27(月) 10:34:35.79 ID:CAP_USER
    20年前のアジア通貨危機当時、韓国は国際通貨基金(IMF)の支援を受け入れ、過酷な構造改革を強いられた。
    これに対してマレーシアはIMFの支援を受けず、韓国とは逆に資本市場を閉ざした。

    各国はどこもマレーシアの取り組みを無謀と考えたが、最終的にマレーシアは通貨危機の克服に成功した。
    国のプライドを守り、困難を自分たちの力で克服することにより、最後は逆に通貨危機を発展のきっかけにできたのだ。

    マレーシアは思った以上に底力のある国だった。

    当時のマレーシアで米国式の資本主義を強く批判し、投機勢力との駆け引きを陣頭指揮したのはマハティール首相だった。
    英国で教育を受けたマハティール氏は20年以上にわたり首相を務め、在任中はマレーシアを高度成長へと導いた。

    マハティール氏だけではない。東南アジア各国の指導者や政府高官は多くが先進国で教育を受けたエリートたちだ。

    シンガポールの国父と呼ばれる故リー・クアンユー首相はロンドン・スクール・オブ・エコノミクス出身で、
    息子のリー・シェンロン首相はケンブリッジ大学を卒業している。ちなみにシンガポールではかつては英国留学組が主流だったが、
    最近は米国やオーストラリアなどの留学経験者も多いようだ。

    東南アジアの多くの国はかつて英国やオランダなどの植民地だったこともあり、欧州式のエリート主義の考え方が根強く残っている。
    インドネシア駐在経験を持つ韓国のある外交官は「東南アジアのエリートたちのレベルは韓国よりも一段階レベルが高い」と語る。

    韓国人が彼らと対話をすると、国際情勢に対する知見やその深い知識に誰もが驚くという。

    また米国と中国の2大強国の間でバランスを取り、さまざまな方面で戦略的に対応する東南アジア式の外交術は、
    国際政治学者にとっては非常に興味深い研究対象だ。各国ともまだ発展途上だが、彼らのようなエリートたちが国を動かしているのは紛れもない事実だ。

    金正男(キム・ジョンナム)氏殺害事件の捜査を行っているマレーシア警察の能力とメディアへの対応に注目が集まっている。

    当初はまともな捜査ができるか懸念する声さえあったが、じっくり落ち着いて証拠を集め、それらを積み上げて容疑者を突き止め、
    最終的に北朝鮮の犯行であることを明らかにした。特にアブバカル警察庁長官の会見は評価が高い。

    言うべきこととそうでないことの線引きが非常に明確で、各国のメディアが高く評価するのもうなずけるものだった。

    韓国国内のネットでも「韓国の警察より優れている」といった反応が相次いでいる。
    韓国人の誰もが今回の事件でマレーシア、そして東南アジアを見直したのではないだろうか。

    1970年代の初めごろまで東南アジアの各国は韓国よりも発展していた。そのため当時は韓国人の多くがタイに留学し、
    フィリピンでマグサイサイ賞を受賞すればこの上ない名誉と考えていた。

    しかし経済規模が逆転すると、韓国人はいつしか東南アジアを「自分たちよりも格下」と考えるようになった。
    それは東南アジアからやって来た労働者に対する差別待遇や、「アグリー・コリアン」などと呼ばれる現地の韓国人観光客の横暴な態度などにも表れている。

    これに対して日本は東南アジアを重視する政策を昔から続けており、各国との信頼関係も厚い。それは今回の事件に対する日本メディアの取材力にも表れていた。

    韓国人の世界に対する認識は欧米や中国、日本に大きく偏っているが、今やこれを見直す時が来たのではないか。

    2017/02/27 10:14
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/27/2017022701004.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/02/27/2017022701004_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】マレーシアを見直した韓国人 韓国人の世界に対する認識は欧米や中国、日本に大きく偏っている [02/27]©2ch.net

    【【いくらなんでも失礼だ】朝鮮日報「マレーシアは思った以上に底力のある国だった」】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/01/26(木) 08:52:28.47 ID:CAP_USER
     韓国企画財政部(省に相当)は25日、韓国銀行とマレーシア中央銀行が2013年に結んだウォン・リンギ間の通貨スワップ協定を3年間延長することを決めたと発表した。

     通貨スワップの規模は延長後も5兆ウォン(150億リンギ)で変わらない。両国は昨年10月に協定が期限を迎えて以降、延長交渉を進めてきた。韓国政府は「今回の通貨スワップ延長で両国間の貿易が増え、金融協力が強化される」と説明した。

     通貨スワップは通貨危機などの緊急時に相手国に自国通貨を預け、相手国の通貨やドルを借り受ける仕組みを指す。危機に際し、外貨を確保するための一種の「当座貸越」と言える。

     韓国はマレーシアを含め、中国、オーストラリア、インドネシア、アラブ首長国連邦(UAE)の計5カ国と通貨スワップ協定を結んできた。UAEとの協定は最近期限を迎え、延長交渉が行われている。韓国政府は10月に終了する中国との協定も延長する計画だ。

    崔鍾錫(チェ・ジョンソク)記者
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/01/26/2017012600518.html

    引用元: ・【国際】韓国、マレーシアとの通貨スワップ延長 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ドルちゃうのかw】韓国、マレーシアと5兆ウォン(150億リンギ)の通貨スワップ延長】の続きを読む

    1: もろ禿HINE! ★@無断転載は禁止 2016/06/17(金) 06:44:11.89 ID:CAP_USER
    「韓国高速鉄道は日本の新幹線より断然上!」=韓国がマレー... - Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a141798.html


    2016年6月16日、環球網によると、シンガポールとクアラルンプール(マレーシア)を結ぶ高速鉄道建設をめぐり、中国、日本に続き韓国も訪問団を派遣して受注獲得をアピールした。

    韓国国土交通部の姜鎬人(カン・ホイン)長官率いる訪問団がマレーシアを訪れたのは今月14日。姜長官は現地で開いた記者会見で「高速鉄道の技術やサービスにおいて日本などに出遅れたが、韓国の運営コストは日本の新幹線より低い」と述べ、「全体的にはフランスより35%安く抑えられる」と説明した。

    このほか、「KTX(韓国高速鉄道)は2004年4月に運行を始めた。われわれは非常に豊富な経験を持っている」とも主張。「韓国の技術はフランスから導入したものだが、この約10年で自分たちの技術を持つことに成功した」「韓国が受注を目指す上で最大の強みとするのは安全性。KTXの国際鉄道連合(UIC)の安全指数は0.073で世界1位となった」などと売り込みを図った。

    姜長官はライバルとなる日中について「中国の状況は把握していないが、日本よりは高い競争力を持っている」と述べたが、受注獲得の勝算に関しては「目的は巨額の商業利益を得ることではなく、相互利益を得ること」とだけ答えた。(翻訳・編集/野谷)


    ★1 2016/06/16(木) 18:15:27.05
    前スレ
    【技術】「韓国高速鉄道は日本の新幹線より断然上!」 韓国がマレーシアに訪問団、日中に続き高速鉄道受注を熱くアピール★2[6/16] [無断転載禁止](c)2ch.net
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1466081268/

    引用元: ・【技術】「韓国高速鉄道は日本の新幹線より断然上!」 韓国がマレーシアに訪問団、日中に続き高速鉄道受注を熱くアピール★3[6/16] [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国がマレーシア高速鉄道建設で「俺たちの技術はフランスのコピーでお買い得」】の続きを読む

    1: ふぐのひらき◆kV6bjRA4v. 2014/07/16(水)14:23:19 ID:???
    マレーシアのサバ州では,隣国との密出入国,密輸が絶えず,
    武器の押収事案や海賊事件が数多く発生しています。また,以下のとおり,
    マレーシア人及び外国人の誘拐事件が発生しています。
    (a)2010年2月,センポルナ沖のセバンカット島におけるマレーシア人誘拐事件(同年12月,フィリピン南部において解放)
    (b)2013年8月,センポルナ沖・ブンブン島における,マレーシア人漁民誘拐事件(直後に解放)
    (c)2013年11月,センポルナ沖・ポンポン島のリゾート施設における,台湾人夫妻襲撃・誘拐事件(1名はその場で殺害,1名は連れ去られ,同年12月解放)
    (d)2014年4月,センポルナ沖・シンガマタ島のリゾート施設における,中国人旅行者及びフィリピン人従業員襲撃・誘拐事件(5月解放)
    (e)2014年5月,ラハ・ダトゥ沖・バイキ島の養魚場における,中国人マネージャー誘拐事件(7月解放)
    (f) 2014年6月,クナ沖の養魚場における,中華系オーナー及びフィリピン人警備員誘拐事件。
    (g)2014年7月,センポルナ沖の養魚場における中華系オーナーを狙った誘拐未遂事件
    (h)2014年7月,センポルナ沖・マブール島のリゾート施設における,警備中の警察官襲撃・誘拐事件(1名はその場で殺害,1名は連れ去られたもの)

    詳しくは日本外務省で
    マレーシアについての渡航情報(危険情報)の発出
    http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pchazardspecificinfo.asp?infocode=2014T085

    引用元: ・【治安】マレーシアのサバ州で中国人を狙った誘拐事件が複数発生[07/16]

    【【治安】マレーシアのサバ州で中国人を狙った誘拐事件が複数発生[07/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ