まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:マイナス

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/10(水) 18:49:52.00 ID:CAP_USER
    経済協力開発機構(OECD)が新型コロナウイルス感染拡大の余波で韓国の今年の経済成長見通しをマイナス1.2%に下方修正した。

    OECDは10日、経済見通しを通じて今年の韓国の実質国内総生産(GDP)成長率を新型コロナウイルスの第2波がない場合はマイナス1.2%と提示した。

    しかし韓国は主要20カ国(G20)とOECD加盟国のうち成長率調整幅と絶対水準でともに最も良好な水準を見せた。

    新型コロナウイルスの第2波が発生した場合、韓国の今年の成長率はマイナス2.5%に悪化すると予想した。この場合来年の成長率は1.4%と予想した。

    OECDは「年内に新型コロナウイルスが再拡散すれば世界的な景気低迷が韓国の輸出に影響を及ぼし、投資萎縮と雇用減少につながるだろう。ただ、デジタル・グリーンプロジェクト中心の『韓国版ニューディール』は投資・雇用の上方要因として作用できる」と予想する。

    ⓒ 中央日報日本語版 2020.06.10 18:01
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/266906?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【第二波来てるやん】OECD、韓国の今年の成長率マイナス1.2%の見通し…「加盟国で最も良好」 [6/10] [新種のホケモン★]

    【今までの矛盾が噴出しそうな数値と思うけど。】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/03(水) 20:19:45.97 ID:CAP_USER
    2020年6月1日、韓国・文化日報は韓国の輸出について「最近18カ月のうち17カ月マイナスとなっており、今年後半はさらに状況が厳しくなる見通しだ」と伝えた。

    韓国の産業通商資源部が発表した5月の輸出入動向(通関実績暫定値ベース)によると、先月の輸出は348億6000万ドル(約3兆7504億円)で、前年同期より23.7%減少した。新型コロナウイルスの影響による世界的な需要急減と操業日数不足(マイナス1.5日)が原因とみられている。韓国の輸出は2018年12月以来、今年2月(3.6%のプラス)を除いて17カ月、下降曲線を描いており、4月(マイナス25.1%)からは2カ月連続で20%台の減少率となっているという。

    品目別では、主要20品目のうち16品目が減少している。世界的な工場のシャットダウンで大きな打撃を受けた自動車がマイナス54.1%、車部品がマイナス66.7%となった。原油価格の下落などで業況不振にあえぐ石油製品はマイナス69.9%、石油化学がマイナス34.3%だった。鉄鋼(マイナス34.8%)、ディスプレー(マイナス29.7%)、繊維(マイナス43.5%)、家電(マイナス37.0%)なども1年前より激減している。一方、半導体は80億6800万ドルを輸出し、7.1%の増加だった。船舶(35.9%)、バイオヘルス(59.4%)、コンピューター(82.7%)も輸出を増やした。ただ「全体的な輸出の不振を回復させるには力不足だった」という。

    地域別で見ると、中国(マイナス2.8%)、米国(マイナス29.3%)、日本(マイナス28.8%)、欧州連合(EU、マイナス25.0%)、東南アジア諸国連合(ASEAN、マイナス30.2%)など、先進国・新興国に関係なく10カ国・地域全てで減少した。
    韓国政府は、最近の輸出不振は韓国の競争力悪化など構造的問題ではないことから「主要輸入国の景気回復時には反騰が可能だ」との立場だというが、記事は「世界の景気がいつ正常化するか分からないことが問題だ」と指摘。特に米中対立の高潮により貿易市場のさらなる萎縮が懸念されていると伝えている。
    この記事に、韓国のネットユーザーからは「コロナのせいにするんだろうね、大統領は」「コロナのせい、過去の政権のせい、何でも人のせい」「17カ月間もマイナスでは、コロナのせいにするのは無理でしょ」「コロナの前から経済は良くなかった。ずっとマイナスだ」「国の崩壊は3年もあれば十分だ。あと2年、楽しみにしているといい。もうすぐ北朝鮮のあとに続くことになる」「大韓民国は崩壊する。今のような政策ばかりでは、完璧に崩れる」など悲観的なコメントが寄せられている。(翻訳・編集/麻江)

    2020/06/03 20:00レコードチャイナ
    https://www.recordchina.co.jp/b810381-s0-c20-d0144.html

    引用元: ・【在日には見えないスレ】韓国の輸出、最近18カ月のうち17カ月がマイナス、コロナでさらに厳しく [6/3] [新種のホケモン★]

    【18ヶ月前に新コロナはいないんだよなぁ】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/23(木) 10:25:06.46 ID:CAP_USER
    4/23(木) 10:21配信
    NNA

     韓国銀行(中央銀行)が23日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP、速報値)は、物価の変動を除いた実質ベースで前期比1.4%減だった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で民間消費などが落ち込み、世界金融危機時の08年10~12月期以来のマイナス幅となった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c37d31220a0021bc3944771ce559047e53fa2b30

    引用元: ・【韓国】1~3月期GDP1.4%減、08年以来のマイナス幅

    【 年率5.6%減ってことか? 【韓国】1~3月期GDP1.4%減、08年以来のマイナス幅】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/03(金) 11:36:41.41 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】格付け大手のフィッチ・レーティングスは3日までに発表した報告書で、2020年の韓国の国内総生産(GDP)成長率がマイナス0.2%になるとの見通しを示した。

     プラス0.8%としていた先月時点での予想から下方修正。新型コロナウイルス感染拡大のあおりでマイナス成長に陥ると見込んだ。

     フィッチは一方、20年の世界のGDP成長率予測を先月発表のプラス1.3%からマイナス1.9%へ大きく下方修正した。「新型コロナウイルスの感染拡大ペースが成長率予測を大幅に引き下げさせた」と説明している。

    tnak51@yna.co.kr
    聯合ニュース
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200403001600882?section=news

    2020.04.03 11:19

    引用元: ・【格付け】韓国の20年成長率見通し マイナス0.2%に下方修正=フィッチ [4/3]

    【甘々のフィッチですら【格付け】韓国の20年成長率見通し マイナス0.2%に下方修正=フィッチ [4/3]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/01(水) 13:03:52.77 ID:CAP_USER
    [ソウル 1日 ロイター] - 韓国産業通商資源省が発表した3月の貿易統計によると、輸出は前年比0.2%減となり、前月の4.3%増から急激に悪化し、ロイター調査の予想(1.5%増)に反してマイナスとなった。

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界経済とサプライチェーンが打撃を受けていることが要因。一方、感染拡大防止のため、世界中で在宅勤務が奨励されていることでノートパソコンや通信機器の半導体需要は堅調だった。

    3月の1営業日あたりの平均輸出(季節調整済み)は前年比6.4%減。前月は同11.9%減だった。

    主要な輸出品である半導体の輸出は金額ベースで2.7%減少したものの、数量ベースでは27.0%増えた。

    産業通商資源省の当局者は、在宅勤務の広がりによるノートパソコンとSSD(記憶装置)の需要急増が輸出の数字を押し上げたと説明。ノートパソコンとSSDを含めたコンピューター輸出は3月に82.3%増えたという。

    その上で当局者は、新型コロナ流行で打撃を受ける国がさらに増え、世界の需要が落ち込む中、4月の輸出は一段と悪化するとの見方を示した。

    3月の対中輸出は前年比5.8%減。一方、対米では17.3%増、対欧州連合(EU)では10.0%増となった。産業通商資源省は新型コロナの影響はこの数字に完全には反映されていないとした。

    新型コロナ流行で世界経済が麻痺する中、今年の韓国のマイナス成長を予想するアナリストは増えている。ノムラは6.7%のマイナス成長を見込む。

    ロイター
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200401-00000093-reut-bus_all

    4/1(水) 12:33配信

    引用元: ・【ロイター】韓国の3月輸出は前年比‐0.2%、半導体需要増でも予想外のマイナス 急激に悪化 [4/1]

    【終わりじゃね? 【ロイター】韓国の3月輸出は前年比‐0.2%、半導体需要増でも予想外のマイナス 急激に悪化 [4/1]】の続きを読む

    このページのトップヘ