まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ポピュリズム

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/27(木) 10:50:46.63 ID:CAP_USER
    保守系野党「自由韓国党」がたばこ税を引き下げて1箱の価格を2000ウォン(約200円)に値下げし、同時に油類税の引き下げを求めることも決めた。理由は先日の大統領選挙で同党から出馬した洪準杓(ホン・ジュンピョ)代表の公約だったからだという。国民の健康増進を理由にたばこを現在の1箱4500ウォン(約450円)にまで引き上げたのは朴槿恵(パク・クンヘ)政権だった。当時、自由韓国党の前身だったセヌリ党の報道官は「健康に長生きすることが重要となった今の時代、たばこ代の値上げは避けられない。(環境を重視する)時代の流れに従うものでもある」とコメントしていた。ところが同じ政党が野党になると、3年前に自分たちが上げたたばこ代を再び下げるというのだから、あまりにも無責任ではないだろうか。健康に長生きすることはもう重要ではなくなったのか。

     韓国のたばこ代は先進国に比べるとまだ安い方だ。喫煙によってもたらされる害悪は今や説明するまでもないだろう。そのため責任ある政党であれば、たばこ代の値下げを今回のように軽々しく口にすることなどできないはずだ。ところが自由韓国党は単に喫煙者の支持を得るためだけにたばこ代の値下げを目指しているようには見えない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と政府与党が0.1%の富裕層や大企業に対する増税を掲げ、庶民の人気を得ようとしているため、自由韓国党はこれに対抗し、たばこ税と油類税を引き下げることで庶民に減税の恩恵を与え、支持を集めたいと考えているのだろう。ポピュリズムにはポピュリズムで対抗するということだ。政府はポピュリズム政策に必要な税金も、国民の大多数以外のところから取り立てるポピュリズム的な方法を使おうとしているが、これに対して野党は「それならこちらは庶民が支払う税金を引き下げてやる」と応じたようなものだ。

     与野党の双方がポピュリズム的な経済政策を掲げるのは昔からあったことだが、今やそれも行き過ぎた感がある。現政権発足後、与党のポピュリズム政策に必要な資金集めを野党がポピュリズム政策によって妨害する状況となった。このポピュリズム競争は最終的には間違いなく国を破滅に導いてしまうだろう。

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版


    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/27/2017072700928.html
    記事入力 : 2017/07/27 09:57

    引用元: ・【社説】政党間のポピュリズム競争は間違いなく国を滅ぼす[7/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【繰り返す このポピュリズム 】朝鮮日報「政党間のポピュリズム競争は間違いなく国を滅ぼす」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/17(木) 10:16:59.09 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国世論調査会社のリアルメーターが17日発表した調査結果によると、同日で就任100日となる文在寅(ムン・ジェイン)大統領について前向きに評価する点を尋ねたところ、「庶民・社会的弱者優先の政策」が23.0%で最も多かった。

    次いで「コミュニケーション重視の脱権威的な姿勢」が21.3%、「改革への信念と推進力」が18.5%、「正義・バランス重視の国政哲学」が11.0%となった。「肯定的に評価する点が一つもない」は12.2%だった。調査は16日、全国の成人505人を対象に実施された。

    一方、否定的に評価する点を問う質問では、「一つもない」が33.5%で最も多く、次いで「ばらまき政策が多すぎる」が19.2%、「敵味方に区別している」が11.8%、「外交・安全保障能力の不足」が10.6%となった。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/17/0200000000AJP20170817000900882.HTML


    政権発足100日の文在寅政権に韓国野党3党は厳しい評価 「独善・無能」「盧武鉉政権の亜流」

    野党3党は文在寅(ムン・ジェイン)政権発足から99日目となった16日、文大統領の政権運営について「無能と独善、ポピュリズムの100日だった」「盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の亜流だ」などと厳しい評価を下した。

    保守系の最大野党「自由韓国党」の鄭宇沢(チョン・ウテク)院内代表は「文在寅政権は就任から100日が過ぎてもキャンドルに酔いしれている」とした上で「要するに『私がすればロマンス、他人がすれば不倫』(同じことをしても自分に対しては甘く、他人に対しては厳しく非難するという意味)、失望と無能、独善とポピュリズムの100日だった」と批判した。

    鄭院内代表はさらに「文在寅政権は全ての問題を過去の政権に責任転嫁しており、また過去の政権が行った仕事は全て積弊や不義などとレッテル貼りしている」「しかし今の政権は安全保障や人事など様々な政策で左派ポピュリズムなどの新たな積弊を積み上げている」などとも指摘した。

    中道系野党「国民の党」の朴柱宣(パク・ジュソン)非常対策委員長は「文在寅政権はかつての盧武鉉政権当時の政策や担当者の復活にばかり力を入れている」「『第2の盧武鉉亜流政権』という批判の声に耳を傾けねばならない」などと批判した。

    朴委員長は「文在寅政権に対する一般的な評価は、実践の伴わない聞こえの良いだけの政策で、国民を催眠と幻覚に惑わせているというものだ」とも指摘した。

    保守系野党「正しい政党」の李恵薫(イ・ヘフン)代表は「文在寅政権は疎通が不十分で仕事もできないので、国民の間に不安が高まり国の蓄えも台無しにしてしまうだろう」と指摘し、その上で「特に安全保障政策の無能さと福祉ポピュリズムが際立っている」と批判した。

    前回の大統領選挙で同党から出馬したユ・スンミン議員もこの日フェースブックに「(現政権の外交・安全保障政策は)一言で無能」とコメントした。

    崔慶韻(チェ・ギョンウン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/17/2017081701068.html

    no title

    文在寅大統領=(聯合ニュース)

    引用元: ・【韓国】就任100日の文大統領、国民は庶民優先政策や脱権威を評価 韓国野党3党は厳しい評価 「独善・無能」「盧武鉉政権の亜流」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【野党は「ポピュリズム」】「一つもない」が最多 文大統領の否定的な点を世論調査】の続きを読む

    このページのトップヘ