まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ベトナム

    1: まぜるな!キケン!! 2022/12/11(日) 07:00:37.62 ID:69dWh8uY
    13世紀初め、ベトナムの李朝の王子が王朝交代期を避けて中国の宋を経て高麗に亡命した。彼が対モンゴル戦争で功績を立てると、高麗の高宗は黄海道金川郡花山の地を下賜し、彼を花山君に封じた。花山李氏の始祖だ。ベトナム政府は花山李氏を李朝の子孫として認め、税金・事業権・出入国の面でベトナム国民と同等の権利を付与している。

     巨大帝国・中国と隣接しているせいで、韓国とベトナムは似たような歴史の試練を経験した。漢は、ベトナム北部に「南海九郡」を、古朝鮮の地に「漢四郡」を設置した。唐代はベトナムに安南都護府、高句麗の地に安東都護府を設置し、支配力を行使した。植民地を経て分断、戦争を経験した点も似ている。世界最強の米軍が苦戦を免れなかった二つの戦場が、韓国とベトナムだった。6・25戦争は米軍が初めて勝利できなかった戦争で、ベトナムでは屈辱的敗北を経験した。韓国が米国側に立ってベトナム戦争に参戦したことで、両国は敵同士になった。

     冷戦終息を受けて1992年に韓国とベトナムが再び国交を結んだ当時、韓国の外交チームは、ベトナムが戦争の賠償責任を要求するのに備えて対応論理を準備した。だが交渉の過程で、一言半句たりとも賠償の話はなかった。国交の印を押した後、ベトナムの外交官に理由を尋ねると「過去よりも未来の方が重要」と答えたという。当時ベトナム側の交渉実務者だったパム・ディエンバンは、駐韓国・駐北朝鮮大使を25年間歴任した韓国通だ。3人の息子のうち、長男は韓国大企業の社員、次男は駐北朝鮮大使、三男は駐韓ベトナム大使館職員として勤務しており、代を継いで韓国とベトナムの架け橋となっている。

     国交正常化から30年(12月22日)を経て、両国は経済共同体になった。今年、ベトナムは中国を抜いて韓国の最大の貿易黒字国となった。ベトナムに進出した韓国企業はおよそ4000社、雇用人数は100万人に達する。ベトナムの輸出のうち韓国企業の割合が35%を占めるほどだ。韓国企業の報酬はベトナム企業の2-3倍に達するので、韓国語を学ぼうというブームが起きている。韓国語が英語を抑えて、ベトナムの第一外国語になったという。

     また韓国とベトナムは、両国の青年にとって、互いに「機会の地」になっている。ある韓国の青年は、ベトナムで中古オートバイ取引プラットフォーム(OKXE)を創業し、毎月10万台以上の取引を仲介するほど大きな成功を挙げた。逆にベトナムのエリート青年らが留学後、韓国に定着して教授、警察官、公務員、証券アナリストなどとして活躍するケースも増えている。一時は銃口を向け合った敵国が、今では互いに「ウィンウィン」の共生関係へと生まれ変わった。

    金洪秀(キム・ホンス)論説委員

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2022/12/11 06:23
    https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/12/09/2022120980092.html

    引用元: ・【朝鮮日報】ベトナム、敵国から「機会の地」に・・・[12/11] [仮面ウニダー★]

    【裏切って騙した相手に平気で【朝鮮日報】ベトナム、敵国から「機会の地」に・・・[12/11] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/07/13(水) 22:33:57.06 ID:CAP_USER
    即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」

    2022年7月12日、韓国・KBSは「即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンはなぜ人気がないのか」と題する記事を掲載した。

    世界ラーメン協会によると、昨年のベトナムの1人当たりの即席めん年間消費量は87食で、不動の1位だった韓国(73食)を初めて上回った。ベトナムの1人当たりの消費量は毎年20~30%増加しているという。

    ベトナムの即席めん市場の急成長を受け、韓国農水産食品流通公社は昨年9月に報告書「ベトナムラーメン市場の動向」を発刊した。報告書は「ベトナムが世界の即席めん市場のハブに成長している」と評価し、「麺類の消費量が多く韓国ラーメンの進出の必要性が高い」と強調した。

    ベトナムで即席めんの人気が高まっている理由について、世界ラーメン協会の韓国代表パートナー社である農心は「最近ベトナムは高い経済成長率を記録し購買力が高まった上、新型コロナにより自宅で食事をする傾向が強まったため」と分析している。

    韓国の今年上半期の農畜産食品の輸出品目のうち、即席めんは単一品目として最大規模を占めた。昨年同期比20%増の3億8370万ドル(約527億円)を輸出し、伝統の強豪である海苔(3億7590万ドル)を上回った。

    韓国の即席めん輸出国1位は中国(9190万ドル)、2位は米国(4790万ドル)で、この2カ国が全体の36.3%を占める。ベトナムは15位で、輸出額は700万ドルほど。フィリピンやタイ、マレーシア、インドネシアなど東南アジアの他の国に比べて少ないという。

    ベトナムの即席めん市場は自国メーカーが中心となっている。20年基準で市場シェアはエースコック(Acecook Vietnam)が33.2%で1位。2位以下には20.7%のマサングループ(Masan)、Uniben(10.8%)、Asia Cook(7.6%)が続き、韓国の4大即席めんメーカーの農心、八道、三養、オットゥギは現在まで目に見える成果は挙げられていないという。

    韓国メーカーは商品の現地化やマーケティングに力を入れているものの、いまだにベトナム内の韓国人市場にこだわる傾向が強いという。現在ベトナムには20万人ほどの韓国人が住んでいる。

    あるメーカー関係者は「ラーメン輸出の最大市場は中国であるため、東南アジア市場に合わせて麺やスープのレシピを変えるのは難しい」と話した。専門家は「食品メーカーは韓国ならではの辛い味にこだわり、韓流マーケティングに頼っているが、それには限界がある」とし、「短期的な成果に縛られず、まずはベトナムの食文化への理解を深めることが大切」と指摘したという。

    この記事を見た韓国のネットユーザーからは「即席めん大国のプライドが傷つく」と落ち込む声が上がっている。また、韓国のラーメンが売れない理由については「値段が高すぎる。ただそれだけ」「現地に生産工場がないから現地のラーメンより価格が3~4倍高い。ベトナムでは韓国ラーメンの牛肉ベースより鶏肉ベースの方が好まれる。唐辛子ベースの辛い味を好む韓国人と違い、ベトナム人はパクチーなど現地の香辛料の味を好む。売れないのは当然」「彼らは米粉麺に慣れているからね」「韓国のラーメンの人気が昔に比べて上がったのは事実だけど、それでも期待に及ばない商品も多い」「正直、韓国のラーメンは辛すぎて胃もたれする」「ベトナムのような暑い国は香辛料メインの食文化。熱くて辛い韓国のラーメンは合わない」「ベトナムのラーメンの方が種類も豊富でおいしいから」などさまざまな声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

    https://www.excite.co.jp/news/article/Recordchina_897548/

    引用元: ・【越韓】 即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」[07/13] [LingLing★]

    【インスタントラーメンごときで傷付くプライドって 【越韓】 即席めん消費1位のベトナムで韓国のラーメンが売れない理由は=韓国ネット「プライドが傷つく」[07/13] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/03(日) 07:49:29.46 ID:CAP_USER
     ベトナム南部・ホーチミン市近郊で靴工場を経営するAさんは、今年7月19日から工場の稼動を完全に停止している。約1万人が勤務するこの工場では、ほぼ毎日100人を超える新型コロナウイルス感染者が発生した。1万人にのぼる従業員を管理するのは不可能なため、最終的に操業をあきらめるしかなかった。Aさんは「既に注文を受けているものがあるが、操業ができなくなってしまい、じだんだを踏んでいる」「ベトナム政府は封鎖措置を一部緩和すると言うが、既に回復不能の状態に陥っている」と語った。

     今年7月中旬から新型コロナによりホーチミンなどベトナム南部地域にロックダウン(都市封鎖措置)が下されたことから、現地に進出している韓国企業の経営難が限界に達している。駐ベトナム韓国商工人連合会(KORCHAM)によると、7-8月の2カ月間で韓国人在住者1万人以上がベトナムを離れたと推定されるという。ホーチミン市内のあちこちには9月までバリケードが設置され、住民の移動が制限されていた。現地では「封鎖措置による被害は集計すらできない」「夜逃げした社長が数え切れないほどいる」という話が飛び交っている。

    ■工場寝泊まり命令2カ月超、相次ぐ放棄

     KORCHAMが1日に明らかにしたところによると、9月初め時点でベトナムにおける韓国企業の稼働率は平均20%以下に落ち込んだという。新型コロナ感染者数が爆発的に増え、7月中旬以降からホーチミンをはじめ、ドンナイ省・ビンズオン省・ロンアン省などのベトナム南部地域では寝泊まり可能な施設がない工場に対し事実上の稼働中止措置が下された。少なくても数百人、多ければ数万人いる繊維・縫製会社では寝泊まり可能な施設を用意できず、直撃を受けた。

    以下記事元にて。(全3頁)

    チョ・ジェヒ記者 , イ・ギウ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/10/02 09:59
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/02/2021100280018.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/02/2021100280018_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/10/02/2021100280018_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報】ロックダウンは解除されたけど…ベトナム進出の韓国企業は瀕死状態 「工場寝泊まり命令」2カ月が致命打 [10/2] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ナチュラルに夜逃げするんだな 【朝鮮日報】ロックダウンは解除されたけど…ベトナム進出の韓国企業は瀕死状態 「工場寝泊まり命令」2カ月が致命打 [10/2] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/10/12(月) 22:30:05.83 ID:CAP_USER
    ベトナム戦争で韓国軍に家族を虐殺され、自分は銃傷を負ったとして韓国政府を相手取って損害賠償請求訴訟を起こした60代のベトナム人女性に対して、韓国政府は韓国軍による被害であることが証明されていないとして反論しました。

    政府の代理人を務める政府法務公団は12日、ソウル中央司法裁判所で行われた損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論で、「原告が韓国軍によって被害を受けたかどうかの事実が証明されていない」と反論しました。

    また「被害者の主張だけでは、被害があったことは信じ難い。また、原告は韓国駐留アメリカ軍の監察報告書を根拠として挙げているが、自分に有利な部分だけを抜粋して提出した」と主張しました。

    さらに、外国人が韓国政府からの賠償を受けるためには、該当国との相互保証が必要だが、こうした要件を満たすかの確認も必要だと話しました。

    相互保証は、韓国国民がある国を相手取って賠償訴訟を起こした際、認められる余地がある場合にだけ、その国の国民が韓国で訴訟を起こした際にも認めるというものです。

    弁護を担当する「民主社会のための弁護士会」はことし4月にこの女性の代理として、韓国政府を相手取って3000万ウォンの損害賠償を請求する訴訟を起こしています。

    この女性は8歳だった1968年2月12日に韓国軍の銃撃によって腹部にけがを負い、1年間病院で入院治療を受け、家族も殺害されたり、負傷したと主張しています。


    2020-10-12 15:23:04
    http://world.kbs.co.kr/service/news_view.htm?lang=j&Seq_Code=77138

    ★1
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602485482/
    ★2
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602492870/
    ★3
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602499049/
    ★4 
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602503880/

    引用元: ・【越韓】 ベトナム戦争での韓国軍被害者の賠償訴訟  60代のベトナム人女性に対して韓国政府が反論 ★5 [10/12] [新種のホケモン★]

    【大韓民国は真の戦犯国【越韓】 ベトナム戦争での韓国軍被害者の賠償訴訟  60代のベトナム人女性に対して韓国政府が反論 ★5 [10/12] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/02(月) 15:08:02.41 ID:CAP_USER
    【ハノイ聯合ニュース】サムスン電子ベトナム法人は2日、同国の首都・ハノイの新都市で先月29日から研究開発(R&D)センターの建設工事が本格的に始まったと発表した。

     2億2000万ドル(約238億円)を投じて建設されるベトナムR&Dセンターは敷地面積が約7万9000平方メートルで地上16階、地下3階。サムスン電子のR&Dセンターとしては東南アジア最大規模となる。

     モバイルやネットワーク分野のソフトウエアとハードウエア開発、検証に必要な最先端研究施設のほか、屋上庭園やフィットネスジムなどが設置される。

     完成すれば、現在ハノイ市内にあるサムスンベトナムモバイル研究所(SVMC)のスタッフが2200人から3000人以上に増える見通しだ。

    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020030280193

    2020/03/02 14:48

    引用元: ・【朝鮮日報】ベトナムR&Dセンター着工 東南アジア最大規模に=サムスン電子[3/2]

    【入国禁止されてるのにな 【朝鮮日報】ベトナムR&Dセンター着工 東南アジア最大規模に=サムスン電子[3/2]】の続きを読む

    このページのトップヘ