まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:プロパガンダ

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/01/17(火) 20:09:23.21 ID:CAP_USER
    JBpress?1/17(火) 6:15配信 森 清勇
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00048918-jbpressz-cn

    2017年の国際社会には大変革が起きる予兆が溢れている。日本の同盟国である米国には予測が難しいドナルド・トランプ新政権が誕生する。中国の習近平政権は2期目を迎えようとしており、「中国夢」の実現に邁進するとみられる。

    「覇権を目指すのではなく、平和的台頭を目指す」という中国のごまかしに米国が気づいたのは、ここ数年のことである。

    中国は1949年の中華人民共和国(中共)以来、何世紀にもわたって西洋諸国から受けた屈辱を2049年までに晴らす「100年計画」を持っていた(ピルズベリー『China 2049』)というのである。

    かつて中国は、ソ連が覇権国であるとして日本や米国に同調と協力を求めていたが、その間にも鄧小平は「韜光養晦」(才能や野心を隠して、周囲を油断させ、力を蓄えていく)戦略を堅持し、今では香港の一国二制度を定めた中英共同宣言を「無効」と言い募り、南シナ海の人工島では国際仲裁裁判所の判決を「紙屑」と称するように、覇権国家を目指していることは明確である。

    しかし、米国の認識は甘いし、依然として中国の本質を理解していないと言わざるを得ない。

    毛沢東が率いる中共の前には、蒋介石が率いた国民党の中華民国があった。国民党と共産党はお互いを騙しつつ政権獲得のために、時には戦い時には合作して日本に立ち向かった。

    この時の最大の支援国は米国であったし、1920年代以来、中国に騙され続け、中国に同情と支援を送り続けてきたからである。

    以下では、蒋介石の国民党がフランクリン・ルーズベルトの米国をいかに騙し続けたか、その延長線上に南京事件を大虐殺に欺瞞していくプロパガンダがあり、米国も共犯者の一翼を担っていたことを検証する。

    >>2-5あたりにつつく

    引用元: ・【国際】大虐殺を消し去る中国 無から有を創り出す中国のプロパガンダ戦略[1/17] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【でっち上げ】大虐殺を消し去る中国 無から有を創り出す中国のプロパガンダ戦略】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 21:19:17.25 ID:???.net
    no title

    ▲「キム・キジョンの刃物の使い方」

    美術界が騒がしい。ソウル市立美術館で先週末開幕した企画展の「キム・キジョンの刃物の使い
    方」という絵のせいです。「大衆画家」として広く知られたホン・ソンサム氏の作品です。作品が公
    開された後、「テロを擁護する」という論議がおきました。

    結局、展示主催のソウル市立美術館は展示が進行中にもかかわらず、異例の作品を取り下げて
    しまいました。この作品は、今春発生したリッパート駐韓米国大使襲撃事件を描写しています。事
    件自体が非常に政治的に読まれれる素材です。'論議'に油をかけたのは作品のまん中に書き入
    れられた作家の文章です。様々なメディアでしばしば引用された文章だけいくつか選んでみます。

    「あれこれ脈絡を調べれば当時、韓民族の大部分は日帝植民地36年間、自らの国が日本の植民
    地だった認識できなかったようだ。」「米軍に戦時作戦権を捧げてソウルの真ん中に外国軍隊の
    兵営が存在するのを見れば、日帝強制支配期の時も今もあまり変わりなく見える。」「彼は刃物の
    使い方で自身の絶望感を表現した。」「朝鮮侵略の怪獣、伊藤博文を銃で撃って殺した安重根義
    士もやはり我が民族に対する絶望感の表現であっただろう。」

    一番最初に問題提起したのは'保守論調'に分類されるある日刊紙でした。その後、美術館側に訊
    ねると、実際少なくない市民が抗議とともに絵を取り下げるよう嘆願したといいます。こういう場合、
    果たして問題になるほどの作品かを確認することが優先されます。

    美術界の人々に電話をかけて意見を聞きました。

    1人は断固たる語調で「議論になるほどの懸案ではない」と答えました。「芸術家には表現の自由
    がある。どんな場合にも政治的な正義で表現の自由を抑圧してはならない」というのが根拠でした。
    反面他の方はまるで違う意見でした。「この作品は表現の自由を論じる対象ではない」といいます。
    「絵だけだったら状況は変わるかもしれないが、議論の核心が文章であり、文の内容が過度に一
    方的で扇動的だ。この絵はプロパガンダにすぎず、芸術の範疇を越えている」としました。

    多くの人々が今回の論議を表現の自由を擁護する人々とこれを弾圧する人々の対立で捕らえま
    した。。だが、私の考えは少し違います。極端に交錯する二人の専門家の意見の中にその理由が
    あります。結論は両極端ですが、二つの主張のどちらも芸術家と芸術作品に'表現の自由'が必要
    だという原則的立場に差はありません。他のものはただ一つ、表現の自由を保証される資格があ
    る'芸術'の基準と対象が何なのかです.
    (中略:芸術に関する著者の考え。その他)

    ソース:SBSニュース(韓国語) [取材ファイル]'リッパート大使被襲'絵論議の本質
    http://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1003163073

    関連スレ:
    【米国】 「米国大使襲撃者は‘烈士’、‘熱烈な愛国者’」~米国の従北団体代表妄言に米韓人団
    体怒り、自宅前で追放デモ[03/15]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1426429693/
    【韓国】 「米国大使襲撃がテロなら安重根義士の義挙もテロ」~北朝鮮が「あきれた強弁」[03/08]
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1425824763/

    引用元: ・【韓国】 リッパート駐韓米国大使襲撃を描いた絵「キム・キジョンの刃物の使い方」が物議~芸術かプロパガンダか[09/09]

    【つ 精神鑑定 【韓国】 リッパート駐韓米国大使襲撃を描いた絵「キム・キジョンの刃物の使い方」が物議~芸術かプロパガンダか[09/09]】の続きを読む

    このページのトップヘ