まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ブーム

    1: まぜるな!キケン!! 2020/11/04(水) 09:25:54.58 ID:CAP_USER
    2020年11月3日、新浪財経は、韓国で数年前の「起業ブーム」から一転して「破産ブーム」の厳しい状況に追い込まれていると報じた。

    記事は、朴槿恵(パク・クネ)政権期に長年の経済停滞を打破すべく「起業ブーム」を巻き起こし、多くの若者が自ら会社を起こす現象が起きて国内外の専門家から「韓国経済に80年代の活気が戻った」と評価されたと紹介。しかしこの活気は長続きせず、政局の混乱と新型コロナの影響により「破産ブーム」へと姿を変え、当時会社を興した若者たちが再び厳しい状況に立たされていると伝えた。

    そして、韓国統計局が10月16日に発表した統計では、9月の韓国の失業率が新型コロナの影響を受けて3.6%にまで上昇して、金融危機以来最大の増加幅を記録したことが明らかになったと伝えた。

    また、かねてより就職先として公務員に人気があり、新型コロナで失業したり破産したりした若者が続々と公務員を志望しているものの、行政のポストには限界があり、財閥をはじめとする一般企業が提供する働き口も決して多くないことから、韓国ではなおも起業の奨励が就職問題、イノベーション不足の問題の両方を解決する重要な手段とみなされているとした。

    その一方で、韓国の「起業ブーム」自体に存在した問題を指摘。「起業ブームには、金銭や政策的な不足だけでなく、実業家の精神も欠けていた」とし、ブームによって立ち上げられた企業の多くがスタートアップ企業ではなく、小売業や飲食業といった低生産率分野に集中していたと伝えたほか、韓国の80%を超える中小企業の事業主が起業の目的を「食べていくため」と考えているとの統計結果を紹介している。

    記事はその上で、「生計を立てることを迫られた起業ブームではなく、実業家の精神を育てた上での起業ブームを引き起こすには、力強い技術イノベーション環境を構築しなければならない。それが、韓国を次の経済レベルへと進める重要な道筋の一つだ」と論じた。
    (翻訳・編集/川尻)

    2020/11/04 08:40レコードチャイナ
    https://www.recordchina.co.jp/b849783-s0-c20-d0135.html

    引用元: ・【韓国】「起業ブーム」から一転「破産ブーム」へ、苦境に立つ若者 「生計を立てることを迫られた起業ブーム」―中国メディア [11/04] [新種のホケモン★]

    【そらノーベル賞とれんわ【韓国】「起業ブーム」から一転「破産ブーム」へ、苦境に立つ若者 「生計を立てることを迫られた起業ブーム」―中国メディア [11/04] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/07(木) 09:44:24.22 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title

    ▲ 釜山玩月洞の集娼村の2014年の様子
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    1962年にできた仁川弥鄒忽区崇義洞(インチョン・チュホルグ・スンウィドン)の集娼村である俗称「イエローハウス」が再開発される。「1月末までに全業者退去のこと」という最後通告を受けたが、10軒余りの業者の売春女性およそ40人は行く先がないといって動かない。ソル(旧正月)連休が終われば強制撤去が始まるという話が出回り、思わぬ事故への懸念も高まっている。崖っぷちに追いやられた女性たちが胸の奥深くにしまいこんでいた彼女たちだけの話を教えてくれた。集娼村で30年余りを過ごした売春女性Bさん(53)の証言を紹介したい。

    イエローハウス店内に入ると、膝の高さのオンドル部屋がある。女性たちが「玄関おばさん」の手に引かれてやってくる男性たちを待つ控室だ。ここで女性たちと数回インタビューした後、ある日、Bさんがノート一冊を見せてくれた。ものを書くのが好きで、時々日記を書くと話していたことを思い出した。日記帳だと察することができた。記者が映像撮影記者と一緒にイエローハウスに立ち寄った後、Bさんが書いた日記の内容だ。

    「記者さんが私たちの話を聞きに来られた。過ぎたことが走馬灯のように思い浮かんだ。同じ人間なのに、私たちもやはり多くのことに背を向けて生きてきたようだ。私たちの話が新聞に載せられて話を吐き出し、想像もできなかったことが起こっている。関心を持ってくれた記者さんには有難いが、どこからどのように私たちのことをお話するべきか」

    Bさんはその日以降、心の奥に埋もれたままになっていた記憶を探り続けた。Bさんは大邱(テグ)チャガルマダンから仁川イエローハウスに来るまでの20年余りの間、全国のさまざまな集娼村を経験した。釜山玩月洞〔プサン・ワンウォルドン、現在の西区忠武洞(チュンムドン)〕の集娼村もその中の一つだ。

    釜山玩月洞の集娼村は韓国最初の性売買密集地だ。1900年代、日帝が港の近くであるここに集娼村を作って以来、80年代まで盛況を極めた。当時は業者が150軒余り、従事女性が2500人を超えていた。売春女性が2500人もいれば、どれほど多くの男性が毎日ここに来ていただろうか。

    2004年の売春特別法施行後、規模が大幅に減った。2015年釜山市と西区庁が都市再生事業に出たが、業者45軒・220人が依然と営業をしている。

    釜山発展研究院の報告書によると、ここも「ブティック店従業員求む」「家政婦求む」のような求人広告にだまされてきたり、家庭暴力や性暴力などを受けた後に家出をして業者生活をしながら借金が増えたりしてやってきた女性が多かった。

    Bさんは玩月洞で10年以上働いていた。80年代後半~90年代後半をここで過ごしたといえる。

    「玩月洞はとても規模が大きかったです。儲けているところはほぼ企業でした。○○場・○○館、このように呼んでいましたが、事業主はテレビに登場する芸能人とも知り合いで財産が何十億ウォン台でした。この世界で玩月洞出身といえば私たちの間で一目置かれていました」

    ここでは主に日本人団体観光客やヤクザ(日本の組織暴力団)を相手にした。客10人のうち9人は日本人だった。3泊4日間、一緒に釜山南浦洞(ナムポドン)や京畿道龍仁(キョンギド・ヨンイン)の民俗村、済州道(チェジュド)を訪れながら観光ガイド役もした。

    「ヤクザが来ると釜山の暴力組織が接待しました。私たちはキーセンパーティーをするかのように韓服を着て彼らを出迎えました。チャーミングスクールとともに外部の私設学院に通いながら日本語はもちろん、茶道や礼儀作法、歩き方まで学びました。一種の外貨稼ぎですね」。Bさんはまだ日本語をかなり話すことができる。

    ソース:中央日報
    https://japanese.joins.com/article/946/249946.html
    https://japanese.joins.com/article/947/249947.html

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】70年代日本人キーセン観光ブーム…韓国政府は「愛国行為」奨励も[02/07]

    【国家で金儲けの為に売春と斡旋させてた【韓国】70年代日本人キーセン観光ブーム…韓国政府は「愛国行為」奨励も[02/07] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/01/19(土) 13:10:41.43 ID:CAP_USER
    K-POPの次は「K餃子」が世界でブームに?


    2019年1月9日、韓国・マネートゥデイは、「世界にK餃子ブームが起こっている」と報じた。

    記事によると、韓国の大手食品メーカー・CJ第一製糖の「bibigo餃子」が昨年、前年比20%増の6400億ウォン(約640億円)の売り上げを記録した。
    特に海外で、全体の53.7%を占める3420億ウォン(約340億円)を売り上げ、初めて国内売上2950億ウォン(約290億円)を上回ったという。

    海外売上は2015年の1240億ウォン(約120億円)から3年間で2倍以上伸び、その割合も15年の40.8%から12.9ポイント上昇している。

    売上増加は、米中やベトナム、欧州など大陸ごとの生産拠点を基盤として餃子の消費拡大に取り組んだことが功を奏したとみられている。
    14年から韓国および米中などに研究開発(R&D)やインフラ、工場建設など2000億ウォン(約200億円)以上投資し、競争力を強化した。

    また、ベトナムなど新規生産基地では、市場調査や消費者の需要、食文化のトレンドなどを分析して現地の消費者を狙った製品を開発したという。

    CJ第一製糖では、今年Kahiki FoodsやMainfrostなど米国とドイツから買収した現地食品メーカーとの協業を通じてさらに売り上げを伸ばす予定。
    今年は国内売上3400億ウォン(約340億円)、海外売上5650億ウォン(約560億円)など計9050億ウォン(約900億円)の売り上げを予想している。

    さらに20年にはbibigo餃子の売り上げを1兆ウォン(約1000億円)以上に増やし、このうち70%を海外で達成する目標も立てたという。
    6兆ウォン(約6000億円)規模の海外餃子市場において、現在9%程度のシェアを15%まで拡大する計画だ。

    関係者は「海外市場でもK餃子ブームを継続させ、世界的な餃子ブランドに跳躍したい」と述べているという。
    https://www.recordchina.co.jp/b629450-s0-c30-d0127.html

    引用元: ・【韓国】 「世界にK餃子ブームが起こっている」

    【聞いたこともない【韓国】 「世界にK餃子ブームが起こっている」 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/10(月) 00:54:08.24 ID:CAP_USER
    no title

    ▲写真はチーズダッカルビ

    2018年12月7日、韓国のインターネット掲示板に「チーズダッカルビ(ダッカルビ:鶏肉や野菜を甘辛いタレで焼く韓国料理)に夢中の日本の食品たち」と題するスレッドが立ち、話題を集めている。

    スレッド主はある韓国人ネットユーザーのツイッターを紹介している。そこには日本で売られている数多くの食品の写真が掲載されているが、全て「チーズダッカルビ」味。スーパーなどで売られているパンやおにぎり、肉まん、スナック菓子、チルド食品、お弁当など。さらにさまざまなジャンルの飲食店で商品化されたチーズダッカルビメニューの写真もある。これに、同ユーザーは「日本で一体何が起きているんだ…」とつづっている。

    これを見た他のユーザーからは「うわあ…」「ちょっと出し過ぎじゃない?(笑)」「ダッカルビの方がおいしいのに」「韓国の話…じゃないよね?」「流行に飛びつくのはどこの国も一緒のようだ」「日本人は本当にチーズダッカルビが好きなんだね。芸能人たちもよく韓国に食べに来ているよ」など驚きの声が上がっている。中には「おいしそう!チーズダッカルビ餃子は韓国でも発売すべき」「いいなあ。韓国にもチーズダッカルビブームが来てほしい」とうらやむ声も。

    また、「チーズダッカルビが日本に奪われる」と懸念するユーザーも多く、「数年後にはチーズダッカルビが日本発祥の料理になっているかも」「日本のものだと言い出さないか心配」「日本はすでに、チーズがたっぷり入っているとの理由で『チーズダッカルビは半分韓国のもの』とか言い出している」との声が見られた。(翻訳・編集/堂本)

    ソース:レコードチャイナ<「数年後には日本発祥に?」韓国ネットが日本の韓国料理ブームに危機感>
    https://www.recordchina.co.jp/b194145-s0-c60-d0035.html

    引用元: ・【韓国】 「数年後には日本発祥に?」~韓国ネットが日本の韓国料理ブームに危機感[12/09]

    【そんなに日本人になりたいの?【韓国】 「数年後には日本発祥に?」~韓国ネットが日本の韓国料理ブームに危機感[12/09] 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/05/29(火) 20:24:08.38 ID:CAP_USER
    韓国・38度線ビーチ(CNN) 韓国と北朝鮮を隔てる非武装地帯(DMZ)の近くでサーフィンを楽しみたいと思うなら、
    まずは有刺鉄線をくぐり抜ける必要がありそうだ。

    北朝鮮国境へと続く海岸線の大部分は軍事要塞(ようさい)化されており、柵が張り巡らされ、
    監視カメラが設置され、監視塔がにらみをきかせている。

    しかし、この地域は韓国でも有数の良い波が立つ場所でもある。
    韓国でもサーフィン人気が高まりつつあるが、軍事要塞のなかにサーフィンに熱心な人たちの共同体が誕生した。

    イ・ヒョンジュさんが運営する「サーフィー・ビーチ」はDMZから約70キロ離れた場所にある。
    海とは有刺鉄線がついた高さ約2.4メートルのフェンスで隔てられている。
    イさんによれば、毎朝、兵士がゲートの鍵を開け、利用者が海や浜辺に行けるようになるという。

    大きな嵐の後などは、北朝鮮のたばこのパックやペットボトルが海岸に打ち上げられるという。

    イさんによれば、この海岸は2015年まで民間人には解放されていなかった。
    イさんがパートナーとともに軍や地元当局と交渉を行い、事業を行うことを認めてもらったという。

    海岸では、ライフルを担いだ兵士の集団がパトロールも行っている。
    北朝鮮による侵入の脅威を食い止めるための措置だ。

    1996年には北朝鮮の潜水艦が江陵市近くで座礁する出来事があり、潜水艦の乗組員が上陸したことで、
    韓国軍兵士や民間人に犠牲者が出た。2010年には北朝鮮軍が韓国・大延坪島(テヨンピョンド)を砲撃し、
    海兵隊員2人と民間人2人が死亡している。

    ただ、南北間の緊張緩和に対する幅広い支持は、この海岸にも広がっているようだ。

    ソウルでヨガのインストラクターをし、毎週のように海岸を訪れるというクォン・ミンジュさんも
    「以前は、北と友達になれると感じたことは一度もなかった」としながらも、
    現在は北朝鮮をとても身近に感じると語った。

    サーフィー・ビーチのような観光業者も、南北の平和が長く続くことを願っている。
    イさんは、もし平和条約が結ばれたら、海岸にある軍事基地や有刺鉄線も使う必要がなくなり、
    観光業にとっても、より多くのチャンスに結び付くかもしれないと期待を寄せる。

    イさんには、秘めた野望もある。いつか、DMZの北側でサーフィンすることだ。
    「我々はいつも、北朝鮮に行くことを話し合っている」と力を込めた。

    画像:柵や有刺鉄線が設置されている南北非武装地帯(DMZ)の海岸
    no title

    no title


    CNN
    https://www.cnn.co.jp/travel/35119951.html

    引用元: ・【韓国】DMZ近くでサーフィンを、「38度線ビーチ」が静かなブーム[05/29]

    【【韓国】DMZ近くでサーフィンを、「38度線ビーチ」が静かなブーム[05/29] 】の続きを読む

    このページのトップヘ