まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:パクリ

    1: まぜるな!キケン!! 2021/09/25(土) 08:11:22.60 ID:CAP_USER
    2019年から日本製品不買運動が開始された韓国。しかし、ゲームの世界は別のようで、2020年に発売された任天堂のゲーム機「ニンテンドースイッチ」用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」は発売開始早々に品切れを起こし、一時期は「マスクよりも入手が困難だ」と言われた。
     同年にはソニーの新型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」も韓国内で販売された。こちらは事前予約受付1時間足らずで即完売。プレステやニンテンドースイッチが韓国で飛ぶように売れる光景に、日本からも「不買運動はどうした?」と呆れる声が上がったほどだ。
     この他にも、スタジオジブリが制作協力していることで話題の「二ノ国」は昨年に韓国版の公式サイトも開設され、ゲームも順調な売り上げを記録している。韓国版は携帯電話でプレーを楽しむことができ、発売が開始された今年6月には、4年もの間、グーグルのアプリ配信プラットフォーム「Google Play」で売上高1位を保持していたゲームを抜き、新たな記録を樹立した。
     また、「この素晴らしい世界に祝福を!」のIP(知的財産権)を元に制作されたゲーム「コノスパモバイル」は、リリース開始からわずか1週間でグーグルのプレーダウンロードが100万件を超えた。
     現在、韓国のゲーム業界では日本原作のゲームを元にしたゲームの制作が流行している。日本製品の不買運動の中にもかかわらず、彼らがわざわざ日本原作にこだわる背景に、日本の漫画やアニメ、そしてゲームの認知度が世界的に高いことが挙げられる。
     認知度が高ければ高いほど原作自体のファンが多く、ファンがゲームユーザーになることが期待できる。また、マーケティングにそれほど労力やカネを使わなくても利用者を確保できるこという利点もある。それゆえに、反日だろうが何だろうが、日本原作のゲームに群がる。
     同じことはアニメにも言える。アニメ界でも日本製品不買運動の対象リストから外れた作品が登場した。人気アニメ「鬼滅の刃」である。
     コロナ禍の上映であったにもかかわらず、劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」の観客動員数は累計で210万人を記録した。10月20日には「鬼滅の刃 兄妹の絆」も公開されることが決まっている。その後も「鬼滅の刃 那田蜘蛛山編」「鬼滅の刃 柱合会議・蝶屋敷編」が封切られる予定だ。
     加えて、「鬼滅の刃」をテーマにしたオーケストラコンサート「鬼滅のシンフォニーオーケストラコンサート」も9月15日に開催されている。同コンサートは11月にも開かれる。
     キメツファンの韓国人からは、「やっぱり鬼滅の刃だ!シーズン1をすべて見てハマって、無限列車まで見た。シーズン2も早く見たい!鬼滅の刃がなかったら生きていけない」「公開される3編以外にもあるようだけど、何で輸入してくれないの・・・泣」「映画館で販売されるグッズが楽しみ!」など、歓喜に満ちた声が寄せられている。
     韓国最古の図書専門EC会社「エス24」が発表した2021年上半期の「漫画ベストセラー30」では、1位から25位までを『鬼滅の刃』関連が独占した。27位に唯一韓国の漫画がランクインしているが、これ以外は『ワンピース』や『呪術廻戦』などすべて日本の漫画であった。

    (略)

    『Baby Shark』で使用されている曲「Baby Shark」は米国の作曲家、ジョニー・オンリー氏が伝承童謡をアレンジし、2011年に発表した曲であり、それを韓国の制作会社が盗作したとの主張が出ている。実際に、オンリー氏は2019年に韓国の裁判所で訴訟を起こした。

    (略)

    「千と千尋の神隠し」といえば、同作品を盗作して作られた「月光宮殿」という映画が問題視されたことがあった。この映画は、13歳の少女が不思議な世界に迷い込む宮廷ファンタジーで、龍が登場したり、美少年が登場したりと韓国内で「千と千尋の神隠しの盗作だ」と批判の声が高まった。
    「鬼滅の刃」でも、2020年に「鬼殺の剣」という韓国のゲームに盗作疑惑が浮上した。ゲーム会社側は盗作を否定したが、サービス提供開始からわずか6日で終了するという異例の事態となった。

    (略)

     日本相手であれば何をしても許されるという“反日無罪”理論が、アニメなどのコンテンツにも及んでいるということだ。
     しかし、先述の「Baby Shark」を作ったオンリー氏の例のように、訴えたところでいくらでも言い逃れされてしまうのが韓国司法だ。今年改正された種苗法のように、著作権についても保護していただきたいものである。日本のアニメや漫画には、それだけの価値がある。

    全文はソースで
    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67059

    引用元: ・「Baby Shark」や「鬼滅の刃」に見る韓国のパクリ精神 [9/25] [昆虫図鑑★]

    【こいつらって自尊心が無いからな - 「Baby Shark」や「鬼滅の刃」に見る韓国のパクリ精神 [9/25] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/05/04(月) 10:10:30.61 ID:CAP_USER
     中国では日本人について「学習に長けた国民性」であると評価する声は多いが、中国メディアの百家号は1日、中国にはあらゆる分野において「山寨」と呼ばれる「パクリ品」が存在すると指摘し、このパクリ品の存在こそが「中国人の学習能力の高さを示している」と主張する記事を掲載した。

     中国はこれまで「世界の工場」として、さまざまな商品を生産し、世界中に輸出してきたが、同時に他国の知的財産権を侵害した商品も大量に作られてきた。今も中国ではありとあらゆるブランドの海賊品が大量に流通しているのが現状だ。

     記事は、「ファッションからおもちゃ、アニメ、映画、家電、さらには自動車に至るまで、中国にはあらゆるパクリ品が存在する」と指摘する一方、日本や韓国が飛躍的な経済成長を遂げたのも知的財産権という概念や法律が整備される前に「欧米の製品や技術をパクったからだ」と主張した。

     さらに、中国は世界中から「知的財産権の保護意識がない」と批判されているとしながらも、中国は「日本がかつて通った道を同じように辿っているだけだ」と反論し、むしろ中国のパクリ品は正規品よりも品質が高い場合もあると主張。

     中国では日本人について「学習に長けた国民性」であると評価する声は多いが、記事は「確かに日本人の学習能力は高いが、それはあくまでも過去の話」だと主張し、現在においては「日本人よりもむしろ中国人の学習能力の方が高いのは間違いない」と主張した。(編集担当:村山健二)

    https://news.nifty.com/article/world/china/12190-20200503_00039/
    我が国のパクリ製品を見よ! 我々は日本人より「学習に長けた国民性」

    引用元: ・【話題】中国人「我が国のパクリ製品の存在こそが、我々が日本人より学習に長けた国民性だということを示している」[5/4] [鴉★]

    【「恥」の概念が無いってのは本当だった。】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2018/04/11(水) 09:13:04.84 ID:CAP_USER
    韓国ピングレ「スーパーコーン」(左)、日本グリコ「ジャイアントコーン」
    no title


    ピングレが5日に発売したアイスクリーム新製品「スーパーコーン」2種がパクリ議論に包まれた。日本製品を模倣したのではないかとの消費者の指摘が相次ぎ、会社側はパッケージのリニューアルを積極的に検討することにした。

    ピングレはスーパーコーン2種を出し「4年間に100億ウォンを投資して作った『この世になかったアイスクリーム』」と広告を出した。

    だが消費者は日本のグリコの長寿製品である「ジャイアントコーン」と似ているとしてパクリ疑惑を提起した。模倣対象とされたグリコのジャイアントコーンは1963年に発売された長寿製品だ。

    グリコは2013年にジャイアントコーン発売50周年を記念してバニラアイスを基本としたチョコナッツ味、チョコトッピングをのせたクッキー&チョコレート味など4種のリニューアル新製品を発表した。

    消費者はスーパーコーンがジャイアントコーンとデザイン包装などがほとんど同じだと主張する。実際に両製品とも回してむく既存のアイスクリムコーンのパッケージではなく三角形の包装でふたを開ける方式だ。製品名が書かれた位置や文字のデザイン、青と赤で作られた包装紙の色まで似ている。

    こうしたパクリ議論に対しピングレは製品を模倣したものではないと釈明している。

    ピングレ関係者は「1980年代にハリケーンコーンという製品を出し三角形のふたを使ったことがある。スーパーコーンは当時のデザインを改善して用いたもの」と話した。この関係者は「模倣したものではないが、消費者が類似していると感じ苦情を出しているだけに外観上議論の余地があるパッケージ修正を検討している」と話した。

    製菓業界のパクリ議論は今回が初めてではない。1983年に発売されたロッテ製菓「ペペロ」は1966年に日本のグリコが発売した「ポッキー」をパクったという評価を受けたことがある。

    オリオンが8年間かけて開発し昨年発売した「コブクチップ」もやはり日本の「サクサクコーン」「エアリアル」などと味と形が似ているという議論が続いている。

    オリオンが今年初めに発売した「マーケットオー生チョコレート」も日本の生チョコレートブランド「ロイズ」のパッケージデザインや味などがほとんど似ているという主張が出ている。


    2018年04月11日08時58分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/448/240448.html?servcode=300&sectcode=320

    引用元: ・【パクリ】 日本製品パクリ議論…韓国企業「パッケージ変更を検討」 [04/11]

    【【パクリ】 日本製品パクリ議論…韓国企業「パッケージ変更を検討」 [04/11] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/25(水) 04:39:10.00 ID:CAP_USER
    キムパプチョングク(のり巻き天国)・ソルビン(雪氷)
    無断使用…“プロデュース101”盗作も
    カン・チャンイル議員「駐中大使館は中国側に問題提起すべし」

    no title

    中国の商標無断使用の代表事例=カン・チャンイル議員室提供//ハンギョレ新聞社

    中国がTHAAD配備後に韓国国企業を相手に経済報復を継続しているが、“製品パクリ”は依然続いていることが分かった。

    国会外交統一委員会所属のカン・チャンイル共に民主党議員が23日、特許庁から受け取った資料によれば、中国やアセアン地域を中心に韓国製品のブランド名を模倣したり盗用した件数は2014年から今年8月までで1638件あった。

    特に今年8月にはすでに昨年の盗用件数(406件)に肉迫しており、THAAD配備後“製品パクリ”が一層激しくなったことが確認された。キムパプチョングク(のり巻き天国)、ソルビン(雪氷)、ネイチャーリパブリックなど、中国の製品名盗用は相当に露骨だ。

    また、中国の放送会社は、昨年7月に韓流コンテンツの輸入を禁止する限韓令が下された後、無限挑戦、プロデュース101、冷蔵庫をお願い、ファンタスティクデュオ、不朽の名曲など、韓国の放送会社の29プログラムのフォーマットをそっくり模倣して芸能番組を作っていることが明らかになった。

    中国で韓流コンテンツに対する人気は相変わらずだが、これを輸入できなくなると形式だけを盗作して放送しているわけだ。

    カン・チャンイル議員は「駐中大使館は関係部署との持続的な協議を通じて、韓国企業の知的財産権、商標権、著作権を保護しなければならず、中国側にも問題を提起し続けなければならない」と指摘した。

    キム・テギュ記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28779.html

    引用元: ・【中韓】パリバケットをバリバケットに…中国のひどすぎる韓国製品“パクリ”[10/25]

    【【おまえが言うなスレ】「THAAD配備後、中国の韓国製品“パクリ”が激しくなった」ハンギョレ新聞】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2017/11/15(水) 16:02:26.02 ID:CAP_USER
    ◆ダイソー+ユニクロ+無印良品、「史上最強のパクリ店」と話題になった中国の雑貨店、日本で事業拡大していた

    2017年11月14日、ダイソーとユニクロと無印良品を合わせたようなコンセプトで、「史上最強のパクリ店」と話題になった中国の雑貨チェーン店「メイソウ(名創優品)」が事業を世界的規模に拡大している。
    日本でも池袋や原宿など、都内の繁華街に出店しているという。

    東方網によると、メイソウは湖北省出身の葉国富(イエ・グオフー)代表と日本人デザイナーの三宅順也氏が設立した雑貨ブランドだが、ほんの数年で世界各地に2400店を出店させ、2016年の売り上げは15億ドル(約1700億円)に上った。
    店舗数を急速に増やしているが、「100%日本品質・日本ブランド」をうたいながら、多くの商品が日本製ではなく、「実態と事実がかけ離れている」との批判が出たり、「ダイソーやユニクロ、無印良品のパクリではないか」との疑惑も持ち上がったりもしている。

    「なぜ日本風のブランドを世界に売るのか」という問い掛けに、葉国富代表は「海外の企業理念やブランド、デザインという船を借り、そこに中国の優れた製造業の力を乗せる。世界に売り込むための手段の一つだ」と語っているという。

    写真:ダイソーとユニクロと無印良品を合わせたようなコンセプトで、「史上最強のパクリ店」と話題になった中国の雑貨チェーン店「メイソウ」が事業を拡大している。
    写真はメイソウの中国店舗。
    no title


    Record China 2017年11月15日 11時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b216731-s0-c30.html

    引用元: ・【中国】「史上最強のパクリ店(ダイソー+ユニクロ+無印良品)」と話題の中国の雑貨店「メイソウ」、日本で事業拡大していた[11/15]

    【【日本語でなりすまし】「史上最強のパクリ店(ダイソー+ユニクロ+無印良品)」と話題の中国の雑貨店「メイソウ」、日本で事業拡大していた】の続きを読む

    このページのトップヘ