まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ノーベル賞

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/02(水) 14:43:54.88 ID:CAP_USER
    「2020年頃には韓国でもノーベル賞受賞者の輩出が期待されます。特に生理医学分野の可能性が高いと予想しています」

    12年前の2007年春、科学技術団体主催でソウルで開かれた「ノーベル科学文化ワークショップ」討論会の席で出た言葉だ。討論会には大学教授、中高等学校科学教師、元老科学者、父兄など250人余りが参加した。2002年ノーベル物理学賞受賞者のコシバ・マサトシ(小柴昌俊)東大教授もいた。

    当時は政府が人口、経済規模、軍事力で高まった国際的地位をモデルとして科学部門でもノーベル賞受賞者輩出を目標に設定し、ちょうど大衆的な広報を始めた時であった。しかし、マスコミや国民のノーベル科学賞に対する関心は今のように高くはなかった。

    討論会でノーベル科学賞へのバラ色の予想が出た背景には、基礎科学に対する当時の政府の振興意志と国家科学者事業など優秀科学者への政府の褒賞制度の影響が大きかった。ノーベル賞受賞者輩出のための条件として大学教育を改革し、優秀な科学者への干渉を最小化して創造的研究の雰囲気を作らなければならないという話もあった。成果主義、結果主義を強調するわい曲された科学教育観を直さなければならないという声も出た。一言で言って研究員があまり研究費の心配をせず、したい研究ができるようにすれば2020年頃ならノーベル科学賞も可能だろうということだった。

    しかし、何回か政権が変わり、政策は一貫性を失った。科学界の条件も改善されなかった。まずトップクラスの科学者に対する待遇が疎かになった。予算不足を理由に国家科学者選定事業は2012年を最後に中断された。

    40才未満の科学者にあたえる「若い科学者賞」の研究奨励金は大幅に縮小された。研究員の研究費と人件費に当てるため、国家研究開発プロジェクトの受注にぶらさがる研究所はまだ多い。ポスドク(博士後)研究員のためのフェローシップ支援が活発な先進国がうらやましい理由だ。

    ノーベル賞受賞者の面々を見れば相当数が若かった頃やポスドク研究員の時期に成し遂げた業績が多い。そのため若い研究員に対する手堅い後援は重要な意味を持つ。

    研究だけに没頭できる環境もまだはるかに遠い。現政権で研究者は青年失業率解消のための名目で「4次産業人材養成事業」に動員されている。研究者らが教育者の役割までしなければならない。失敗を認める研究体質も身につかなかった。何年か前、ドイツ留学を終えて帰ってきた友人の話を聞くと韓国人留学生らは最近もほとんど毎日、夜遅くまでラップ(研究室)に残って研究にまい進することで有名だという。反対にドイツの友人らは「定時退勤」が日常だという。ちょっと見れば彼らは熱心に仕事をしていないように見える。しかし、彼らは失敗から学ぶが私たちはまだそれを恐れる。

    10年余り前と比較すれば、今はノーベル科学賞受賞者輩出に対する関心はもちろん叱責も高い。創意的で挑戦的な研究を妨げる障壁はさらに高く固くなった。研究者育成システムも過去と大きく変わらなかった。ノーベル科学賞に近い科学者を予測すること自体が国民に「希望」ではなく「拷問」をあたえるだけの虚像の理由だ。

    ソース:ヘラルド経済(韓国語)[デスク コラム] ‘2020ノーベル科学賞’夢
    http://mbiz.heraldcorp.com/view.php?ud=20191002000487&ntn=0#cb

    関連スレ:【ノーベル賞】 「ノーベル賞への執着は韓国科学界の悲劇」…ノーベル化学賞受賞者ヴュートリッヒ教授の指摘[09/28]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1569851588/

    引用元: ・【ノーベル賞】 韓国、2020年ノーベル科学賞の夢[10/02]

    【未だに取れないってすごいよな 【ノーベル賞】 韓国、2020年ノーベル科学賞の夢[10/02] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/30(月) 22:53:08.19 ID:CAP_USER
    no title

    ▲「ノーベル化学賞受賞者」クルト・ヴュートリッヒ教授

    「ノーベル賞の季節」が帰ってきました。今年もノーベル賞受賞者が順に発表されます。今回も間違いなく「私たちはなぜノーベル賞を受けられないのか?」こういう残念な言葉が続くと思うと残念に思います。私たちの科学界は今、どのあたり来ていて、さらに何を実らせ補完しなければならないのでしょうか?ノーベル賞を受賞した大学者は私たちにどんな助言をするでしょうか?

    2002年「ノーベル化学賞受賞者」クルト・ヴュートリッヒ教授に聞いた。(長文につき一部抜粋)

    ●韓国科学界を永らく見守ってきました。今日「韓国の科学」をどのように評価されますか?

    私が博士の学位を受けた1962年に帰ってみれば、当時、韓国には事実上「科学」はありませんでした。戦争が終わって10年にもならず、学問的な土台は「廃虚」の状態でした。それから10年過ぎて韓国科学技術院(カイスト)が立てられました。その時、私は設立についてアドバイスしたので当時の韓国科学の水準を非常によく知っています。その時、スイスはすでに10人のノーベル科学賞受賞者を輩出していました。それと比較すれば、韓国の科学研究は出発が非常に遅れていたわけです。
    それでも韓国の現実は「私たちはなぜノーベル賞を受けられないのか?」と焦燥感を表します。それもとても多くです。おそらく受賞できないのが当然ともいえます。前に言いましたが、ノーベル賞だけ眺めて焦るのは悲劇的なことです。急がず余裕を持てと強調したいです。

    ●残念ですが、冷静な指摘です。

    もちろん、韓国科学は「応用科学」を中心に驚くべき発展を繰り返しました。初めは繊維のような労働集約産業が主でしたが、機械工学や電子工学、コンピュータ工学が発展し自動車と電子事業が量的にも質的にも驚くべき速度で成長しました。しかし、「基礎科学」は1980年代まで行なわれなかった状態でした。
    一部の科学者が研究しましたが、一般化する水準ではありませんでした。基礎研究を行う大学もなかったと見たら良いです。まず暮らしの問題を解決するために経済発展に集中し、基礎科学の代わりに応用科学に選択的に集中して発展させたと見ます。それは仕方ない選択でした。
    そうした点から見れば、基礎科学研究がまともに始まってからわずか20年ほどにしかなりません。20年という短い時間の中で基礎研究の基盤を用意することはできません。

    ●それでも、韓国人はノーベル科学賞受賞者を輩出するよう願っています。

    とても焦っています。冷静に見れば、大学院生の英語レベルは期待以下で科学的伝統も不足しています。それでも韓国政府と国民は「ノーベル賞」という成果だけに執着する傾向があります。「ファン・ウソク博士事件」も本質はそこにあったと見ます。当時、私も韓国にいてとても衝撃的でした。優秀な科学者がノーベル賞受賞を望む政府と世論の圧力に勝てなかったと見ています。
    ノーベル賞に対するそのようなせっかちな性質は問題を悪化させます。余裕を持たなければなりません。科学者1人が幻想的な研究結果を出したからといって直ぐ次の年にノーベル賞を受ける様なことは、断言しますが絶対起きません。科学での進歩は最小数年、あるいは十年以上単位でなされます。韓国特有のいわゆる「パリパリ(速く、速く)」文化は社会を躍動的でおもしろくさせますが、それは基礎科学分野では通じません。粘り強い投資と支援の他に近道はありません。
    (中略)
    韓国の隣国の日本も、基礎分野で世界的水準と評価された理化学研究所(RIKEN)が1917年に立てられ2年前、100周年をむかえました。そちらも設立32年後の1947年に初めてノーベル賞受賞者(湯川秀樹、ノーベル物理学賞)が出ました。そうした点で見る時、韓国はもう少し忍耐心を持って着実に基礎科学に投資しなければなりません。

    ハン・セヒョン記者

    出処:SBSニュース(韓国語)[取材ファイル] "ノーベル賞執着は韓国科学界の悲劇"…'ノーベル化学賞'プィトゥヒリ教授インタビュー
    https://news.sbs.co.kr/news/endPage.do?news_id=N1005456980

    引用元: ・【ノーベル賞】 「ノーベル賞への執着は韓国科学界の悲劇」…ノーベル化学賞受賞者ヴュートリッヒ教授の指摘[09/28]

    【基本的なことを全然わかってないだろw 【ノーベル賞】 「ノーベル賞への執着は韓国科学界の悲劇」…ノーベル化学賞受賞者ヴュートリッヒ教授の指摘[09/28] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/28(土) 14:28:55.45 ID:CAP_USER
    ※元ソース(韓国語・機械翻訳)
    大韓民国ノーベル賞3冠王に挑戦する
    http://www.sisafocus.co.kr/news/articleView.html?idxno=220264
    エイペクセル  カン・テイル博士“ナノ技術でノーベル賞3冠王挑戦”
    http://www.newspim.com/news/view/20190927000920

    https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/09/0101.jpg

    韓国のエイペクセル株式会社が開発した「天然ナノ素材技術」が昨年候補に選ばれ、21世紀の科学経済を牽引していくと語った。

    エイペクセル社のナノ関連技術の特許出願は数多くあり、韓国でノーベル国民推進委員会まで設けられて「ノーベル科学賞3冠王」を課題に掲げている。

    この会社の博士は27日ソウル麻浦区エイペクセル天然ナノ科学館で会見を行い「韓国の中小企業であるエイペクセルがナノテクノロジーの世界制覇を目前にしている」とした。

    昨年1月にノーベル物理学賞部門で、スウェーデンのノーベル財団に申請しており、9月5日にはノーベル化学賞とノーベル生理学医学賞を追加申請をした。

    ■韓国ノーベル財団とは?

    なお「韓国ノーベル財団」は本家のノーベル財団とは一切関係無い団体で、韓国ノーベル財団の活動は韓国内でノーベル賞を取れそうな人の推薦状を送り、また科学者らに「推薦認定証」なるものを送付している。

    それだけではなく韓国ノーベル財団はノーベル賞に関する活動だけでなく、反日活動や北朝鮮、慰安婦少女像を建設する運動まで行っている。

    韓国ノーベル財団は市民団体で、反日活動家が集まった団体で、20年前から存在し、元議員などが理事長を務めている。

    「韓国ノーベル財団」を要約すると本家ノーベル賞とは無関係で、反日活動を行っている団体だということだ。

    2019/09/27 19:34:14
    https://gogotsu.com/archives/54069


    関連:韓国ノーベル財団とはなに? 実態を探ってみたらヤバい反日活動団体だった
    https://gogotsu.com/archives/43544

    引用元: ・【韓国】 「ナノテクノロジーでノーベル賞3冠王狙う」 韓国ノーベル財団も推進 [09/28]

    【申請出すもんじゃ無いだろw 【韓国】 「ナノテクノロジーでノーベル賞3冠王狙う」 韓国ノーベル財団も推進 [09/28] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/26(木) 23:13:44.40 ID:CAP_USER
    no title

    ▲2019年被引用優秀研究者19人/写真=クラリベイト・アナリティクス

    脳に光を照射して脳神経細胞活性を人為的に調節する「光遺伝学」の創始者や2次元ナノ物質を研究した科学者、遺伝子(DNA)序列分析法を開発した生化学者などが今年、ノーベル賞を受賞する可能性が高いという予想が出た。

    情報分析サービス企業クラリベイト・アナリティクスは今年、ノーベル賞を受けると予想される「2019年被引用優秀研究者」を選定、26日発表した。合計7カ国(米国、オーストリア、デンマーク、ドイツ、イスラエル、オランダ、英国)19人の研究者が名前を連ねたが、韓国の研究者は含まれなかった。
    (中略:業績紹介)

    クラリベイト・アナリティクスは「ウェブ・オブ・サイオンス」文献と引用索引分析を通じて2002年から毎年、ノーベル賞受賞が有力な優秀研究者名簿を発表している。

    ノーベル賞受賞が有力な韓国人科学者としてユ・リョン、カイスト教授(2014年)、パク・ナムギュ成均館(ソンギュングァン)大教授(2017年)が選ばれたことがあり、昨年、国内機関の蔚山(ウルサン)科学技術院(UNIST)のロドニー・ルオプ教授が名簿に載ったことがある。

    (記者注:今回の予想では14年ぶりに「日本人」なし)

    ソース:マネートゥデイ(韓国語)今年ノーベル賞受賞有力科学者19人嘱望…韓科学者はなくて
    https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2019092612084127784

    関連サイト:Clarivate Analytics(英語)The Web of Science Group Reveals Annual Citation Laureates of ‘Nobel Class’
    https://clarivate.com/news/the-web-of-science-group-reveals-annual-citation-laureates-of-nobel-class/

    引用元: ・【ノーベル賞】 今年のノーベル賞有力候補発表…韓国の科学者は含まれず[09/26]

    【秋はノーベル 【ノーベル賞】 今年のノーベル賞有力候補発表…韓国の科学者は含まれず[09/26] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/05(金) 09:13:40.30 ID:CAP_USER
    日本が4日から半導体・ディスプレー・携帯電話の核心素材に対する輸出規制を本格化した。昨年を基準に日本からの3品目の輸入額は約4500億ウォン(約415億円)だが、これによって影響が生じる半導体・ディスプレー両部門の輸出額は昨年176兆ウォンを超える。

    このため韓国政府は今月中にも1兆ウォン以上を投入する素材・部品・装備競争力強化対策を出す計画だ。

    特に半導体は韓国の輸出全体の20%を占めるほど増えたが、関連産業への効果は自動車・造船に比べて大きく落ちるという評価を受けてきた。過去2年間にサムスン電子とSKハイニックスは半導体のスーパー好況を迎えたが、国内の素材・装備企業の業績はそれほど改善しなかった。

    ほとんどが中小・中堅企業の素材・装備業界は「政府の対策は数年前にもあったが、施行されたことはない」とし「今回は政府だけでなくサムスン電子とSKハイニックスも共に取り組むべき」と口をそろえる。

    (1)低い国産化率=素材50%、装備18%

    半導体の製造は300余りの工程があり、工程別に専用の素材と装備が必要となる。サムスン電子やSKハイニックスはその全体工程の製造競争力が世界最高水準だ。しかし300の工程に必須の素材と装備はそれぞれ日本と米国が世界最高の技術力を持つ。

    国際半導体製造装置材料協会(SEMI)によると、2017年基準の韓国の半導体素材国産化率は50.3%。国内の分析もほぼ同じだ。韓国半導体協会は「国産化率が素材は48%、装備は18%程度」と分析している。

    しかしこれより低いという評価もある。国産化率50%は集積回路(IC)など低価格製品を含む半導体全般の国産化率であり、サムスン電子やSKハイニックスのDRAMやNAND型フラッシュメモリー超微細工程に必要な素材の国産化率はさらに落ちるということだ。

    IBK経済研究所のチャン・ウエ研究委員は「サムスン電子やSKハイニックスの高仕様半導体に必要な素材と装備の国産化率はさらに低く、日本や米国に大きく依存している」と説明した。

    (2)化学・金属工学の基礎の差…「ノーベル化学賞日本8:韓国0」

    半導体素材で最も多く使用されるのが化学・金属材料だ。韓国半導体協会のアン・キヒョン常務は「日本は基礎化学と金属製錬技術で韓国を大きく上回る」と述べた。基礎化学技術をみても日本は8人のノーベル化学賞受賞者を輩出したが、韓国は一人もいない。また日本には鉱山があるが、韓国は特にない。

    韓国より長い日本の半導体史も無視できない。日本は1990年代初期-2000年代後半に世界メモリー半導体市場を掌握した。上位企業10社の半分がNEC・東芝・日立など日本企業だった。今でも東芝などが健在だ。

    サムスン電子がトップになったのは2010年代初期だ。半導体業界の関係者は「20年以上も半導体強国だった日本とは違い、韓国が世界で頭角を現してからまだ10年も経っていない」とし「日本が半導体世界市場を掌握した当時に成長した素材・装備企業が、今でも高付加価値素材・部品の競争力を維持している」と説明した。


    2019年07月05日08時20分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/209/255209.html?servcode=300&sectcode=300
    https://japanese.joins.com/article/210/255210.html?servcode=300&sectcode=300

    【水車も造れないアホ民族やぞw【中央日報】 半導体素材の国産化率50%…その裏には韓日ノーベル化学賞0:8 [07/05] 】の続きを読む

    このページのトップヘ