まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:トリプル減少

    1: まぜるな!キケン!! 2023/09/01(金) 08:24:15.32 ID:wbxDoADV
    2023年08月31日、韓国の統計庁が「2023年07月の産業活動動向」を公表しました。

    no title


    ⇒参照・引用元:『韓国 統計局』公式サイト「2023年07月の産業活動動向」

    結論からいいますが、大変よくありません。

    生産・消費・投資の全てが減少しました。

    全産業生産指数(季節調整・農林漁業を除く)は「109.8」(2020年=100)で対前月比「-0.7%」。

    この「産業生産の減少」は04月の「-1.3%」以来のこと。

    韓国政府は不景気から脱出するために、05・06月に財政出動を前倒しして早期執行に乗り出したのですが、これが07月になって停止。政府支出は「-6.5%」と大きく減少しました。

    この減少の影響を受けて、

    ・製造業:-2.0%
    ・鉱工業生産:-2.0%
    ・電子部品:-11.2%
    ・機械装備:-7.1%
    ・半導体:-2.3%

    など製造業の主力製品の生産は急減しました。民間の景気が悪いときは政府が支出を増やして回さないといけないのは当然ではありますが、政府が支出を止めたとたんに、民間の生産がここまで下がるというのは、やはり異常です。

    韓国は「補助金大国」あるいは「政府依存」といわれたりしますが、この数字は図らずもそれを証明しているともいえそうです。

    まずいのは、消費が前月より「-3.2%」と急減したことです。

    コロナ禍に見舞われた2020年07月に記録した「-4.6%」以来の下がりっぷりです。

    自動車の販売台数が-12.3%と大幅減少したのは、自動車個別消費税引き下げ措置が06月に終了したのが原因としても、消費の下げぶりはまずいサインです。

    重要な設備投資は「-8.9%」と驚くような下落ぶりです。

    この「-8.9%」は、2012年03月に記録した「-12.6%」以来で最大の墜落です。

    生産・消費・設備投資のトリプル減少という惨状です。

    以下が対前月比で3つがどのように推移しているかをグラフにしたものです。

    no title


    これをなんとか救いたいでしょうが、残念なことに韓国政府にはお金がないのです。

    先にご紹介したとおり、2023年は税収が落ち込んでおり、財政出動したくても財源がありませんし、国債を積み上げる余力もありません。

    だんだん二進も三進もいかなくなってきました。下半期に景気が反騰しなければ……。

    (吉田ハンチング@dcp)
    https://money1.jp/archives/112043

    【ハンギョレ新聞】生産、消費、投資いずれも減少…冷え切った韓国経済 [9/1] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1693523596/
    【国際】韓国出生率、年内に0.6台まで落ち込む可能性も [動物園φ★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1693451551/
    【中央日報】減りつつある韓国の国税収入 最も多く減ったのは法人税 先行きも明るくない [8/31] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1693466546/
    「不景気に沈む韓国の現実」企業景況判断指数が驚くほど悪い! [8/29] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1693292543/
    【いいニュースがない】韓国・雇用増加幅が4四半期連続鈍化…20代だけ半年連続減少 [8/31] [昆虫図鑑★]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1693469088/

    引用元: ・韓国「トリプル減少」の惨状。生産・消費・設備投資が全部ダメ 二進も三進もいかなくなってきました [9/1] [昆虫図鑑★]

    【まだまだ行ける! 大丈夫! - 韓国「トリプル減少」の惨状。生産・消費・設備投資が全部ダメ 二進も三進もいかなくなってきました [9/1] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/02(土) 09:56:41.48 ID:CAP_USER
    韓国では、新型コロナウイルス感染症4次パンデミックの影が色濃くなっている。統計庁が先月(9月)30日に発表した「8月の産業活動動向」で、生産・消費・投資が全て減少したのである。これは、5月以降3か月ぶりのトリプル減少である。

    8月の全産業生産は前月より0.2%減少し、2か月連続の下向をみせた。消費動向を示す小売販売は0.8%・設備投資は5.1%も減少した。この全ては、決して少ないとはいえない減少幅である。よくなったものといえば、ことしに入りマイナスをみせていた建設工事額が1.6%増加に転じたことだけだ。このような結果は言うまでもなく、4次パンデミックにより8月の産業活動全般に暗雲が立ち込めたためである。

    最も顕著に表れたのは、新型コロナによる両極化がひどくなったという点である。サービス業の場合、大企業の金融保険は1.0%増加しパンデミックの影響を大きく受けることはなかった一方、私的集まりや営業の制限による被害を受けた宿泊・飲食業は5.0%も減少した。また、卸・小売業も0.9%減少し、消費においても夏季休暇に関する外出による飲食料品販売の減少で、非耐久消費財は2.0%も減少した。

    また投資の委縮は深刻に表れ、機械類と運送装備は全て減少した。統計庁もこのことに関して、景気回復が委縮している点を認めているようである。

    ことしの7月に始まった4次パンデミックのピークは8月ではない。これまでの最高値である3200人の一日の新規感染者が発生したのは9月24日である。そのため9月の産業活動動向は、より深刻に表れる可能性が高い。

    WOWKorea 2021/10/02 07:41配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/317217/

    引用元: ・【韓国】4次パンデミックの影、「生産・消費・投資」のトリプル減少 [10/2] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【金貸し業が好調だから問題無し。 【韓国】4次パンデミックの影、「生産・消費・投資」のトリプル減少 [10/2] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    このページのトップヘ