まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:トップ

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/22(月) 09:53:04.42 ID:CAP_USER
    韓国の国策研究機関は世界のシンクタンク競争力評価でも下位圏にとどまった。

    米国ペンシルバニア大学の「シンクタンクと市民社会プログラム(TTCSP)」が今年2月に発表した「2015年グローバルシンクタンク競争力順位」によれば、韓国の研究機関の中で対外経済政策研究院(KIEP)が最も高い33位だった。
    次は韓国開発研究院(KDI)で48位だった。

    アジア諸国の研究機関の中では日本の国際問題研究所(JIIA)が15位で「グローバルトップ20」に入った。中国研究所は上位50位圏において韓国より多い4カ所が含まれた。

    中国社会科学院(31位)・中国国際問題研究所(35位)・中国現代国際関係研究員(39位)・国務院発展研究中心(50位)などだ。

    シンクタンクの国家政策に対する寄与度順位(公共政策影響力部門)でも韓国の国策研究所は下位圏だった。調査対象シンクタンクの全54カ所のうちKDIは47位を記録した。
    この分野の1位は米国のブルッキングス研究所だった。アジア諸国の中ではJIIAが35位で最も高かった。

    「シンクタンクのシンクタンク」と呼ばれるTTCSPは2007年から毎年グローバル研究所の競争力を評価している。
    世界の学者・政策担当者・ジャーナリスト・分野別専門家たちの推薦とオンラインアンケート調査、専門家パネル評価など4750人が投票して順位を決める。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/674/219674.html

    引用元: ・【国際】2015年グローバルシンクタンク競争力トップ30「韓国はいない」[8/22]©2ch.net

    【【国際】2015年グローバルシンクタンク競争力トップ30「韓国はいない」[8/22]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/07/29(金) 10:28:00.25 ID:CAP_USER
    no title

    パク・ミョンスンSKテレコム未来技術院長

    韓国の人工知能(AI)が世界トップ水準より3年ほど遅れているという診断が出た。

    パク・ミョンスンSKテレコム未来技術院長は28日、江原道平昌(ピョンチャン)で開かれた「全国経済人連合会CEO夏季フォーラム」の記者懇談会で、「AIは2020年には人々が肌で変化を感じるほど発展するだろう」とし、このように指摘した。
    続いて「2025年にはAIの発達で人々が産業革命に匹敵する変化を経験するはず」と語った。パク院長はSKテレコムでAI関連の研究開発(R&D)業務を総括している。

    パク院長は韓国がAI技術を発展させるためには果敢な規制緩和が必要だと強調した。
    パク院長は「韓国のAI水準は世界トップに比べて3年ほど遅れていて、ハードウェア、アルゴリズム、ビッグデータ技術のうちビッグデータ部門が特に弱い」とし「ビッグデータの発達には情報収集が重要となるが、韓国は制度的に規制が多い状況」と説明した。

    パク院長はAIに対する否定的な認識が韓国社会に過度に広まっていると分析した。パク院長は「産業革命とインターネット革命を経て新しいビジネスチャンスが多様に生まれたように、AI革命も似た過程をたどるだろう」という見方を示した。

    この日午前のセッションでは、姜聲郁(カン・ソンウク)GEコリア総括社長が「デジタル産業基盤に向けたゼネラルエレクトリック(GE)の変身」というテーマで講演をした。
    姜社長は「GEは最近、デジタル革命に対応するため、金融など核心事業分野を整理するなど骨身を削る努力をしている」と紹介した。

    ※本記事の原文著作権は「韓国経済新聞社」にあり、中央日報日本語版で翻訳しサービスします。

    http://japanese.joins.com/article/831/218831.html

    引用元: ・【技術】韓国の人工知能(AI)、世界トップより3年の遅れ[7/29]©2ch.net

    【【技術】韓国の人工知能(AI)、世界トップより3年の遅れ[7/29]©2ch.net 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/06/01(水) 11:23:53.26 ID:CAP_USER
    6日間の訪韓日程を終え、5月30日に韓国を離れた潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が、
    韓国の次期大統領選候補に関する各種の世論調査でトップを走っている。

    31日に発表されたMBC放送およびリサーチ・アンド・リサーチの調査では、
    「次期大統領選候補に挙げられる人物の中で、誰を最も支持するか」という質問に対し、
    回答者の31.6%が潘事務総長を選んだ。

    最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)前代表は支持率16.2%で2位、
    野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は11%で3位。

    以降は、朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長(6.8%)、呉世勲(オ・セフン)前ソウル市長(4.0%)、
    金武星(キム・ムソン)与党セヌリ党前代表(3.4%)、安煕正(アン・ヒジョン)忠清南道知事(2.6%)の順だった。

    潘事務総長は、60代以上の年代で最も高い支持を集めたほか、全ての年代で平均20%を超える支持率を記録した。

    今回の世論調査は、韓国国内の成人男女1000人を対象に、固定電話・携帯電話を用いて行われた。
    標本誤差は、95%の信頼水準でプラスマイナス3.1ポイント。

    また、先月30日に発表された中央日報の次期大統領選候補支持率調査でも潘事務総長(28.4%)がトップに挙がり、
    2位が文・前代表(16.2%)、3位が安代表(11.9%)、4位は朴市長(7.2%)の順だった。


    2016/06/01 11:05
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/06/01/2016060101268.html

    引用元: ・【韓国大統領選】支持率トップは潘事務総長=MBC世論調査[06/01]©2ch.net

    【【韓国大統領選】支持率トップは潘事務総長。全ての年代で平均20%を超える支持率】の続きを読む

    1: 世界はみんな@ばかばっか ★@\(^o^)/ 2016/04/30(土) 09:25:42.47 ID:CAP_USER.net
    ドイツの自動車部品メーカー、ボッシュは世界100社余りの完成車メーカーに
    ブレーキシステムなどの主要部品を供給している。
    売上高の77%がドイツ以外のメーカーへの納品によるものだ。
    そのおかげで、ボッシュは自動車部品業界で不動の世界1位となっている。

    2014年ベースで世界トップ100に入る自動車部品メーカーを国ごとに見ると、
    日本が30社で1位、次いで米国(25社)、ドイツ(18社)と続く。
    その大半は大手完成車メーカーに属していない独立した企業だ。
    これに対し、韓国は5社にすぎず、このうち大企業系列でない企業は「ゼロ」だ。

    ほかの業界でも状況は同じだ。
    大企業に属していない製造企業のうち、売上高が1兆ウォン(約960億円)を超えているのは
    ソウル半導体、ヒューマックスなど数えるほどしかない。
    大半の中小・中堅企業は垂直系列化という韓国特有の産業構造から抜け出せず、
    特定の大企業への納品会社にとどまっている。
    グローバル企業に飛躍するための研究開発(R&D)資本の蓄積や技術開発など到底できない状況だ。

    産業研究院の調査によると、現代自動車に部品を納品する系列会社以外の企業の営業利益率は
    平均2.9%(14年ベース)と集計された。世界の自動車部品メーカーの平均(7.5%)の半分にも届いていない。
    他業種の中小企業も状況は似たり寄ったりだ。

    世界市場でのシェアが1-3位に入る優れた中小企業の数も、韓国は23社でドイツ(1307社)、
    米国(366社)、日本(220社)などにはるかに及ばない。中小企業研究院のキム・セジョン院長は
    「中小企業の競争力低下が韓国製造業に危機をもたらした大きな原因だ」と指摘している。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/04/29/2016042901119.html

    関連ニュース板リンク

    ■まずはココ『ニュース速報+』
    http://daily.2ch.net/newsplus/
    ■世界のニュースは『ニュース国際+』
    http://potato.2ch.net/news5plus/
    ■あわれなニュースは『痛いニュース+』
    http://potato.2ch.net/dqnplus/
    ■すけべなニュースは『PINKニュース+』
    http://aoi.bbspink.com/pinkplus/

    引用元: ・【韓国】自動車部品世界トップ100社に韓国の中小企業はゼロ[04/30]

    【誇大妄想はげしいな【韓国】自動車部品世界トップ100社に韓国の中小企業はゼロ[04/30]】の続きを読む

    1: きゅう ★@\(^o^)/ 2016/03/07(月) 11:43:51.69 ID:CAP_USER.net
     韓国経済の低迷が顕著である。2015年の国内総生産(GDP)成長率は前年比2・6%と、
    3%台の政府目標は未達だった。
    朴槿恵(パク・クネ)政権は中国経済の失速など外的要因を強調するが、苛烈(かれつ)極まる
    この国の「大学入試」や「詰め込み教育」のなれの果てという見方もできる。
    中高生の学習到達度が世界トップ層なのに、55歳以降の学業能力、学習意欲は経済協力開発機構
    (OECD)最下位層にまで落ち込む。
    大学入学時に韓国のエリートがそのピークを迎えているようでは経済成長も心許ない。

    「大学入試」がヤマ場という不幸

     韓国紙、朝鮮日報(電子版)によると、韓国開発研究院国際政策大学院の李周浩教授
    (元教育科学技術部長官)が、OECD加盟21カ国などを対象に11~12年に実施された
    「国際成人力調査(PIAAC)」の資料と、12年実施の「学習到達度調査(PISA)」の
    資料を基に、韓国人の学業能力を分析。
    中学生、高校生の学習到達度は世界トップレベルを誇るが、大学生になった20歳以降は徐々に
    低下し、35歳からはOECD平均以下に下がり、さらに55歳以降は最下位レベルにまで
    落ち込むことが分かったという。
    「大学入試」というヤマ場を越えた後は低下の一途をたどるという現実が浮かび上がる。

     具体的には、韓国の学生は06年以降、3回行われたPISAで、数学的応用力と読解力で
    OECD加盟国のうちいずれも1~2位を記録している。政府はこれを「韓国教育の成果」と
    アピールしてきた。

     一方でPIAACの得点を年齢別に分析した結果、韓国人は20歳以降、学業能力が
    相対的に低下し続けていた。
    高校生では数的思考力(数学)と読解力はそれぞれオランダと日本に次ぐ順位だったが、
    20歳からは順位が急落し、35~44歳はOECD平均を下回った。
    55歳以上は調査対象のOECD21加盟国のうち20位に沈んだ。

    ニートのレベルも世界トップ

     つまり、韓国人の学業能力ランクは、40年の年月を経てOECDトップレベルから
    最下位レベルに落ちてしまうわけだ。
    年齢を重ねるごと、新しいことを学ぼうとする学習意欲、職場内の学習指標ともに
    乏しくなっていくのである。

    http://www.sankei.com/west/news/160307/wst1603070001-n1.html
    http://www.sankei.com/west/news/160307/wst1603070001-n2.html
    http://www.sankei.com/west/news/160307/wst1603070001-n3.html

     ただ、そうした現実の背景に韓国の厳しい就職戦線があることも見逃せない。
    あまりに極端な学歴社会のため、就職活動も熾烈(しれつ)だ。
    せっかく猛勉強して一流大学に入っても、思うような職に就けないという若者がわんさかいるのである。

     必然的に青年無職者(NEET、ニート)も増えてしまう。
    韓国紙、中央日報(電子版)は、OECDの調査を引用して韓国のニートの学業能力は2位だと報じた。
    1位は日本だった。OECDによれば加盟国全体で見るとニートは3900万人に達し、
    日本と韓国のニートは読解力・数的思考力が「低い水準」に該当する者がそれぞれ3%、
    5%で、最も少なかったという。

     学業能力が高いにもかかわらず、進学や就職、職業訓練をしない、あるいはできない若者が
    多いという現実。学習意欲を失い、やる気も削(そ)いでしまうことだろう。
    韓国で自殺者が多いのもうなずける。

    引用元: ・【韓国】韓国経済低迷は「詰め込み教育」のなれの果て!?…大学入学時は世界トップの学力も、55歳で最下位に転落[03/07]

    【詰め込む内容がウンコじゃな【韓国】韓国経済低迷は「詰め込み教育」のなれの果て!?…大学入学時は世界トップの学力も、55歳で最下位に転落[03/07]】の続きを読む

    このページのトップヘ