まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:チリ

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/20(水) 21:13:49.74 ID:CAP_USER
    任期半ばを過ぎた文在寅(ムン・ジェイン)政権が一番の功績として掲げる「マクロ経済の安定性」で1位になった国が実は33カ国もあることが明らかになった。「政府は大した意味がないランキングを誇張し、経済の失政を隠すのに必死だ」との批判が聞かれる。

     韓国政府が「マクロ経済安定性1位」の根拠とした報告書はスイスに本部を置く非営利団体、世界経済フォーラム(WEF)が先月発表した「2019年世界競争力リポート」だ。毎年発表される同リポートは今年、韓国のマクロ経済安定性を1位、総合的国家競争力を13位と評価した。ところが、リポートの内容を分析した結果、「マクロ経済安定性」で1位となった国が韓国を含む33カ国に達することが分かった。ドイツ、デンマーク、オランダなどの先進国だけでなく、ボツワナ、チリ、ペルーなどの開発途上国も含まれていた。

     1位タイの国が多いのは同項目を評価する方法が単純だからだ。WEFは物価上昇率、政府債務という2項目を評価し、一定水準以上であれば満点を付けた。物価上昇率評価で1位となった国はガボン、セネガル、チャドなど88カ国、政府債務評価で1位になった国はボツワナ、チリ、エストニアなど34カ国にも上る。当然韓国も両項目の1位に含まれた。結局韓国を含め、物価上昇率と政府債務比率がそれほど高くない国が全て「マクロ経済安定性1位」にランクされた。

     それでも韓国政府はあたかも大きな業績をあるかのように大々的に広報している。政府が最近発行した「一目で見る文在寅政権2年半の成果」と題する広報資料で、「韓国経済は堅実だ」とし、「マクロ経済安定性世界1位」を冒頭に取り上げた。政権寄りの人物もさまざまなメディアを通じ、「文在寅政権はよくやっているのに、野党とメディアはそうした事実についてちゃんと語らない」と批判する根拠として、この、「マクロ経済安定性1位」を挙げた。

     しかし、WEFのリポートを見ると、政府の競争力を評価する項目で韓国の成績は悲惨なものだ。リポートには各国政府の能力を直接評価する項目が3つあるが、「政府の政策安定性確保能力」で韓国は76位にとどまり、セネガル、ケニア、カメルーンよりも劣った。「政府の変化適応力」は36位でルワンダ、セーシェル、ガンビアよりも低い評価だった。「政府の長期ビジョン」も39位でルワンダ、ナミビアよりも下だった。このほか、「政府規制が企業活動にもたらす負担」(87位)、「司法の独立性」(69位)なども東南アジア、アフリカの主要国よりも低い評価を受けた。

    チェ・ギュミン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/20/2019112080083.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/11/20 19:00

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国政府が自慢する「マクロ経済安定性」チリなど33カ国と共同1位だった セネガル、ケニア、カメルーンよりも劣った[11/20]

    【しかも今から真っ逆さまだけどね【朝鮮日報】韓国政府が自慢する「マクロ経済安定性」チリなど33カ国と共同1位だった セネガル、ケニア、カメルーンよりも劣った[11/20] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/02/03(火) 11:16:56.58 ID:???.net
    チリで韓国人の男2人が、人身売買の疑いで逮捕された事が分かった。

    2日(現地時間)チリ駐在韓国大使館によれば、K容疑者と永住権者のL容疑者は女性を
    人身売買した疑いで、先月30日の未明に警察に逮捕された。現在、拘置所に収監された
    状態で裁判を待っている。

    現地の日刊紙El Mercurioによれば、これらがチリで衣料モデルとして活動させてあげる
    とし、韓国から若い女性を連れて来て、パスポートを奪ってカラオケで強制的に仕事を
    させた疑いを受けていると報道した。

    被害女性の1人が昨年の10月頃に警察にこの事実を届け、その後検察と警察が
    約3ヶ月間密かに捜査を進行してこれらを逮捕したとの事。

    現地の裁判所は拘束適否審査で検察側の意見を受け入れ、90日間の拘束捜査を
    決定した。

    しかし2人はメディアの報道内容を否認していて、弁護人を通じて数日中に再審を請求
    する予定だ。

    先月30日と31日の2度にわたりこれらと面談した大使館の関係者は、「2人は容疑を強く
    否認している」とし、「拘置所の責任者に裁判が終わるまで合法的な待遇を求めた」と
    話した。

    一方でチリの韓国同胞たちは、今度の事件が韓国と韓国のイメージを害しないか憂慮
    しながら、最大限での早期の解決を願っている。

    ソース:NAVER/ヘラルド経済(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=016&aid=0000629231

    引用元: ・【智利】「チリで人身売買の疑い」~韓国人の男捕まる[02/03]

    【韓国人の伝統的な女衒商人だね 【智利】「チリで人身売買の疑い」~韓国人の男捕まる[02/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ