1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 16:36:41.79 ID:???.net
中国中央電視台(CCTV)の経済番組「第一時間」はこのほど、飲むだけでダイエットできると謳った「緑S減肥カプセル」という
ダイエット薬を服用した江蘇省在住の女性が死亡したと伝えた。

女性の死をきっかけに行われた「緑S減肥カプセル」の製造メーカーに対する捜査の結果、「緑S減肥カプセル」には体重を
減らす効果を強めるため強い副作用を持つ薬物が混入されていたことが分かった。新華社が4日付で報じた。

女性は死亡する1カ月前に結婚したばかりで、風邪をひくことすら珍しいほど健康だったという。突然の死に疑問を抱いた女性
の母親が警察に通報し、警察側が検死を行ったところ女性の死は「緑S減肥カプセル」に含まれていたフルオキセチンという
物質が関係していることが分かった。フルオキセチンとは抗うつ剤として使用される物質だが、「人体に物質が蓄積すると中毒
症状を引き起こし、呼吸困難や心臓病を招き、死に至る恐れがある」と記事で説明された。

女性の死を究明するための捜査の結果、女性は死亡する2カ月前にインターネット通販で「緑S減肥カプセル」という商品を
購入していたことが分かった。「緑S減肥カプセル」は1カ月で15キロ痩せることも可能などとうたわれ、「緑S減肥カプセル」
を服用した女性は実際に半月もしないうちに体重が減少したが、それは健康的なダイエットではなく、「緑S減肥カプセル」に
含まれていたフルオキセチンなどによるものだった。

また、「緑S減肥カプセル」の外箱に記載されていた原材料のほか、中国国家食薬局による販売許可番号はすべて虚偽のもの
であったことも判明。さらに「緑S減肥カプセル」は四川省成都市の粗末な家屋で生産された粗悪品であったことも判明したほか、
ネット上では128元(約2130円)で販売されていた「緑S減肥カプセル」の製造原価はわずか4.8元(約80円)だったという。

さらに、「緑S減肥カプセル」は体重減少の効果を強めるため、使用が禁止されている複数の薬物が混入されていたほか、
ずさんな製造を反映するかのように商品によって混入している薬物がそれぞれ違っていたことも確認されている。

中国では有毒物質が混入したダイエット薬がネット上を中心に数多く流通しており、CCTVの「第一時間」は「ダイエット薬を服用
した後に口の渇きや動悸、めまいを感じた場合は有毒物質が混入している可能性が高いため、気をつけるよう」呼びかけた。
(編集担当:村山健二)(写真は新華社の4日付報道の画面キャプチャ)

ソース:サーチナ 2014-08-06 11:01
http://news.searchina.net/id/1539789
no title

引用元: ・【中国】有毒物質入りの「ダイエット薬」で死者、ネット上で流通=中国メディア[08/06]

【すごく効くクマー 【中国】有毒物質入りの「ダイエット薬」で死者、ネット上で流通=中国メディア[08/06]】の続きを読む