まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ソウル

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/29(金) 20:25:49.45 ID:CAP_USER
    「少子化ショック」が全国を強打している。 早くから人口減少を経験した主な地方都市だけでなく、
    ソウル・京畿・仁川などの首都圏も少子化の進行が非常事態である。ソウルでさえ空き教室が増え、
    学校間の統合や廃校まで推進されている。地方自治団体はそれぞれが少子化対応策を出しているが、「人口の崖」を防ぐには力不足である。

    ○学校統合、廃校

    少子化進行はソウルで目立つ。 統計庁によると、ソウルの合計特殊出生率は昨年が0.76人で、全国の市・道の中で最も低かった。
    京畿(1.00人)、仁川(1.01)は全国平均(0.98人)よりやや高かったが、1人台を脅かされている。
    合計特殊出生率は、女性一人が一生で産むと予想される平均出生児数だ。

    no title


    https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D015%26aid%3D0004116402 ate%3D20190329%26type%3D1%26rankingSeq%3D7%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhj1CPZTofAkEep_iyjmwy6NXm2bdA

    引用元: ・【韓国】ソウルの出生率、0.76

    【まぁ朝鮮自体終わってるけど 【韓国】ソウルの出生率、0.76 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/26(火) 11:32:32.78 ID:CAP_USER
    (朝鮮日報日本語版) 【コラム】9カ月ぶりのソウルで考えたこと

    3/26(火) 11:21配信
    朝鮮日報日本語版

     先日、健康診断のため少しの間ソウルを「訪問」した。東京に赴任してから9カ月ぶりのことだった。朝7時に地下鉄駅で降りて病院に行く時だった。病院の正門の方から歌声が聞こえてきた。「力強く闘争せよ、民労総」。行ってみると、病院のすぐ前の私道に全国民主労働組合総連盟(民労総)のマークが付いた車が止まっていて、その屋根に設置された大型スピーカーから闘争歌が流されていた。車の前には「○○建設を糾弾する」というプラカードが街路樹の間に結びつけられていた。病院の正門前でなぜこのようなことが起こっているのか分からなかった。

     午前11時ごろ、健康診断を終えて出てきた。まだ民労総の車が同じ場所にいるのが見えた。数十メートル離れた場所からも闘争歌が聞こえた。進入路を通ってスムーズに病院前に至るはずの車の列が、民労総の車を避けるため進路を90度曲げざるを得なくなっていた。

     市民たちは平気な様子で行き来するだけで、民労総の車にはほとんど関心を示していない。おそらく記者も、外国から来ていなかったらただ通り過ぎていただろう。「なぜ早朝から民労総の闘争歌を聞かなければならないのか」などと問題提起しようとも思わなかったかもしれない。

     東京赴任前にソウル・光化門本社で勤務していた時、デモ隊の違法駐車や闘争歌、プラカードに慣れていた。ソウル中心部のビル街に響き渡って増幅されるシュプレヒコールや歌が日常的になっていたため、ある瞬間にあきらめの境地に達したというべきだろう。ソウルはいつからか切迫した状況を抱える人々の「デモの場」になってしまった。どこかしらの団体がマットを敷いたら、別の団体がその隣にテントを張るのを誰も止められない状態だ。

     この9カ月間、東京では「デモ隊」を見ることすら容易でなかった。人に会うのが仕事なので、官庁が立ち並ぶ霞が関をはじめ、銀座や六本木などに毎日通っているが、デモ隊と出くわしたことはほとんどない。ときどき改憲反対デモや外国人嫌悪デモが行われてはいるが、韓国の街頭デモとは比べものにならないほど「おとなしく」行われている。天皇が暮らす皇居前の広場はソウルの光化門広場より10倍以上大きい。首相公邸や議会が近くてデモをするには良い場所だが、プラカード1つない「デモ・ゼロ」の状態を常に維持している。

     日本社会でも人々がやるせなさや無念さを感じることがないわけはない。2011年の東日本巨大地震で死亡した日本人は1万5897人だ。行方不明者も2634人に上る。韓国だったら国が何度もひっくり返るほどの大きな事態だが、日本で「やるせない、無念だ」といって都心に出てきてデモをすることはない。このような日本社会に対して「息が詰まるようだ」と批判する日本の知識人に会ったこともある。

     どんな不満であれ、表に出してデモをすることが日常化している社会と、すべての不満を内にとどめて抑える社会。この2つの社会を足して二で割れば理想的な社会になるのだろうと考えながら東京に戻った。

    東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00080058-chosun-kr

    引用元: ・【朝鮮日報】9カ月ぶりのソウルで考えたこと 韓日を足して2で割れば理想的な社会になる

    【ホントに気持ち悪い。 【朝鮮日報】9カ月ぶりのソウルで考えたこと 韓日を足して2で割れば理想的な社会になる 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/28(木) 18:17:57.89 ID:CAP_USER
    機械翻訳

    梨泰院21%・東大門14%「ガラガラ」繁華街「空屋」ますます増える

    文化日報 2019-03-27 12:01

    no title


    不況の余波で、ソウルの代表商圏に空き店舗が増えることが分かった。 特に龍山区梨泰院商圏と江南区清潭商圏などの中・大型商店街、空室率は5年ぶりに急増した。

    27日、国会国土海洋委員会ソンソクジュン(自由韓国党)議員が国土交通統計贅沢資料を分析した結果、2018年第4四半期ソウル中大型商店街の平均空室率(7.0%)は、5年前の2013年第2四半期(5.5%)に比べ1.5 %ポイントほど高くなったことが分かった。

    中大型商店街空室率が急増したのは、龍山区梨泰院商圏で、2013年第2四半期3.3%で、昨年第4四半期の21.6%に拡大した。 梨泰院商圏空室率が増加したのは、景気低迷と米軍部隊前の影響などが大きく作用したと分析された。

    鍾路区東大門商圏も中大型商店街空室率が2013年第2四半期7.1%で、昨年第4四半期14.6%に増加した。 また、江南圏は江南区新沙駅商圏空室率が5.7%で7.9%に拡大され、街路樹の道人気が下火になった清潭洞商圏の中大型商店街空室率も2013年第2四半期1.4%で、昨年第4四半期11.2%に増加した。

    大学生はもちろん、一般人流動人口が多い西大門区新村商圏も中大型商店街空室率が同期間に3.3%から10.8%に高まり、陽川区木洞商圏も2.3%から7.5%に拡大した。 龍山駅を中心とした龍山商圏も同じ期間4.7%から9.7%に増加し、江東区千戸商圏は3.3%で6.6%であり、鍾路区恵化洞上巻(大学路)も3.6%から9.6%に、空の商店街が増えた。

    宋議員は「5年前の2013年に比べて、ソウルの主要な商圏の空室率が増え、商店街空洞化現象が発生する兆しを見せている」とし「消費の減少を解消する政府の政策的対応が急がれる」と強調した。 ただし、瑞草区瑞草商圏は、2013年第2四半期中大型商店街の空室率が17.1%に達したが、昨年の第4四半期5.6%に低下した。 また、江南大路商圏も同じ期間4.8%から2.6%に空室率が減り、江北区授乳商圏は6.6%で1.8%に減少した。 このほか、銅雀区祠堂商圏も3.6%から1.6%に減少した。

    一方、昨年の第4四半期ソウルのオフィスビルの平均空室率も11.4%に達し、2013年第2四半期6.2%、2017年第2四半期11.3%より増加したことが分かった。 空室率が急増した地域は、龍山区に2013年第2四半期空室率が5.0%に過ぎなかったが、2018年第4四半期17.5%に増加した。

    https://news.nate.com/view/20190327n18306?mid=n1006

    引用元: ・【閉店ガラガラ】韓国ソウル各地で空き店舗が増加

    【さすがにそろそろ限界で【閉店ガラガラ】韓国ソウル各地で空き店舗が増加 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/21(木) 09:05:56.74 ID:CAP_USER
    「韓国産製品はすぐにどかせ。どうして韓国製テレビを日本製品の前に展示するのか!」

    今月初め、名古屋のある家電製品売り場で、かなり年配の日本人客が店員にこのように叱り飛ばした。このような内容の報告を受けた韓国企業は法人長主宰で対策会議を開いた。韓国貿易協会東京支部のパク・ヨンギュ支部長が今月18日に伝えた日本国内で起こっている反韓国企業の雰囲気だ。三菱グループに韓国産食材料を納品している韓国企業家は「1年単位で契約を更新しないといけないが、韓日葛藤が続けば契約単価などで損害を受けるのではないかと思うと怖い」と話した。

    韓国と日本政府の歴史紛争から始まった外交葛藤が日本国内の反韓国企業感情で拡散している様相だ。最近、日本のネットユーザーの間ではこのようなコメントが一気に増えた。「『こんな進出、決して許してはいけない』、慰安婦の合意を破棄し、徴用工裁判で、日本企業の資産を差し押さえておきながら、何が日本進出だ?」

    今月7日、韓国エネルギー企業の日本市場進出を紹介した日本語記事につけられたコメントの一部だ。別のネットユーザーは具体的な報復関税率に言及しながら日本に進出した韓国企業を批判した。韓日経済協力モデルが悪化の一途をたどる中で、日本に駐在している各種協会や企業駐在員に日本国内の反韓国企業感情に対して聞いてみた。これらは「目につく経済報復現象はまだ進行していないが、日本ネットユーザーなどを中心に韓国商品不買世論が広がっている」と憂慮した。

    パク・ヨンギュ支部長は「ニュースコメントなどを中心に『韓国製品をなぜ買うのか』という書き込みが絶え間なく続いている」とし「韓国産製品の不買に広がらないだろうか心配だ」と話した。全国経済人連合会東京事務所のクォン・ヒョンミン所長も「日本に進出した韓国企業家のうち、新規契約や新事業分野拡張において困難を強いられているという企業家が増加している」とし「両国政府の外交葛藤が持続したことで、これまで築いてきたビジネスネットワークや契約関係が円滑に回っていないのを体感している」と話した。あわせて「今のような局面が続く場合、事業運営に困難を強いられる企業が多くなるだろう」と話した。

    日本内部で起こっている反韓国企業感情は日本政界が火をつけながら次第に具体化している。これに先立ち麻生太郎副首相兼財務長官は、今月12日の衆議院財務金融委員会に出席して「関税に限らず、送金の停止、ビザの発給停止とかいろんな報復措置があろうかと思う」と述べた。匿名を求めたある電子部品会社の日本駐在員は「日本政府が半導体製造に必要なフッ化水素輸出を禁止したり通関を遅らせたりするかもしれないとのうわさが最近駐在員の間に流れた」とし「具体的な方法論まで聞こえてきて、日本政府が本格的な報復に出るのではないかという憂慮が出てたりもしている」と話した。

    取材に応じた日本駐在員は「韓国飲食店が軒を連ねる東京新大久保では『2012年韓日葛藤の時のように大々的な不買運動に広まらないだろうか』と心配する声が大きい」と話した。李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島(ドクト、日本名・竹島)訪問から始まった2012年韓日の独島領有権紛争は日本国内で韓国商品不買運動に広がった。新大久保地域では韓国飲食店に対する不買運動につながり、若者たちの足が急に途切れた。あるエネルギー企業の日本駐在員は「政治と経済を分離して対応するツートラック原則を両国政府が破ったのが今回の経済協力葛藤に現れている」とし「政治と経済を分離して対応する方法を用意しなければならない」と話した。高麗(コリョ)大学グローバル日本研究員のキム・ヨングン教授は「両国政府が『経済再生』という共通分母を有しているため政経分離原則を基盤として韓日経済協力対話チャネルを拡大すれば経済葛藤戦争拡大は避けることができる」と話した。

    ソース:中央日報
    https://japanese.joins.com/article/510/251510.html

    引用元: ・【中央日報】「日本ネットユーザーの間で韓国商品不買世論」…尋常でない嫌韓[03/21]

    【ソウルでは官制不買運動してんじゃん【中央日報】「日本ネットユーザーの間で韓国商品不買世論」…尋常でない嫌韓[03/21] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/20(水) 09:40:10.02 ID:CAP_USER
    ソウルが世界の主要都市のうち7番目に物価が高い都市であることが分かった。 

      英国週刊誌エコノミスト傘下の経済分析機関エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(Economist Intelligence Unit、EIU)が18日(現地時間)発表した報告書「世界の生活費」2018年版(Worldwide Cost of Living 2018)によると、ソウルは調査対象133都市のうち米国ニューヨーク、デンマーク・コペンハーゲンなどと共に7位に入った。 

      世界で物価が最も高い都市はフランス・パリと香港、そしてシンガポールの3都市が占めた。続いてスイス・チューリヒが4位、ジュネーブと日本・大阪が5位だった。 

      一方、世界で物価が最も安い都市は政局不安で深刻な生活必需品不足を強いられているべネズエラ・カラカスだった。また、数年間にわたって内戦が続いているシリア・ダマスカスが2番目に物価が安い都市であることが調査された。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=251448&servcode=a00&sectcode=a00
    [ⓒ 中央日報日本語版]2019年03月20日 07時14分

    引用元: ・【世界の生活費】ソウル、世界で7番目に高い物価…日本は?[3/20]

    【7大物価強国おめでとうございます【世界の生活費】ソウル、世界で7番目に高い物価…日本は?[3/20] 】の続きを読む

    このページのトップヘ