まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ソウル大

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/10(火) 13:53:53.11 ID:CAP_USER
    50年前に観客37万人を動員した韓国の空前のヒット映画『憎くてももう一度』。最近の計算方法で考えれば数百万人をはるかに越える善男善女が清純可憐な女性の愛のドラマにすすり泣いた。成功した事業家のシノ(シン・ヨンギュン扮)の子どもを産んだヘヨン(ムン・ヒ扮)の幸せな人生はシノの妻(チョン・ゲヒョン扮)の出現で木っ端微塵に砕かれる。子どもと別れて旅立つヘヨンの悲恋は、歌手ナム・ジンの悲しい歌の調べに乗って涙腺を刺激する。「純愛と犠牲の詩歌」というやや突拍子もないコピーがつけられたこの映画の英タイトルは『Love Me Once Again(もう一度愛してください)』。

    もう一度愛してください? 誰が誰を? 女優ムン・ヒならここで書くまでもないが、「私たちの翼・大韓航空」はそうはいかない。憎い。死ぬほど憎い。外国の見慣れない空港で帰国の喜びをプレゼントしてくれた“私たちの翼”は、今では憎しみと怒りの象徴になった。1男2女の仲むつまじいオーナー家族がどうしたらそれほど多彩なパワハラをすることになったのか研究対象だ。すでに古典になった趙顕娥(チョ・ヒョンア)の「ナッツパワハラ」だけでもあきれるが、弟の趙源泰(チョ・ウォンテ)はかつて「暴言パワハラ」の真髄を見せ、これに負けじと妹の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)は「水かけパワハラ」、母親は珍しい類型の「ヒステリーパワハラ」を演出した。趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長は「パワハラ家族」の家長らしく、犯罪5点セットで捜査を受けた。横領、背任、詐欺、薬事法と国際租税法違反。家族全員が検察に出頭した回数だけでも十回を越える。大韓航空は「パワハラ家族の翼」だ。

    それでも選択肢は残っていると安心した瞬間、しかしどういう青天の霹靂なのか? 「私たちの5色翼」アシアナは機内食を積み込まずに長い旅程を飛行した。単なる配達事故ではなかった。投資誘致のために機内食供給企業を勝手に変えた「パワハラ経営」が強要した、ありがたくない断食体験だった。それだけでも腹ただしいのに、整備士の暴露は衝撃的で、部品の使い回しがあったという。飛行機が海に突っ込まなかったことは本当に幸いなことで、三神ハルメ(女神の一種)が乗客を見守ってくれていたとしか思えない。

    どうしてなのですか? 長距離の空の道のゲートキーパーは2つだけなのに、いったいどういうことなのか。パワハラ家族の財布をふくらませることも嫌だが、空の上でエンジンが止まるかもしれない“はんだ付け”飛行機に乗るのも怖い。数カ月前、「財閥軍規をえぐり出すのが少し遅れた」と冗談を言っていた公正取引委員長の思考構造に舌打ちしていた人さえ心を変えるほどの非常事態だ。どうか軍規をしっかりえぐり出してほしい。内部を隅々まで暴いて、パワハラ経営を根絶する根本対策を立ててほしい。海外旅行客2500万人時代、愛国心が透徹した国民顧客は“私たちの翼”に喜んで高い旅費を払ってきたが、密輸と脱税は一体何で、食事なし飛行と恐怖飛行はまた何か?

    2社がパワハラずさん経営に苦しめられたとすれば職員の士気低下はもちろんのこと、すでに「モラルハザード」が勤務態度を蝕んでいたかもしれない。規律と道徳の弛緩は事故誘発の最も危険な細菌だ。非常事態が発生した時、乗客の安全よりもオーナーの八つ当たりと報復が真っ先に頭に思い浮かんだとしたらどうなるだろう。映画『ハドソン川の奇跡』はパイロットの老練な直感で155人の生命を救った実話だ。回航命令を拒否してハドソン川に不時着した理由を問いただす公聴会で、機長のチェスリー・サレンバーガー(トム・ハンクス扮)は堂々とこう話す。シミュレーションから「人間的要素」が抜け落ちていたと。人間的要素は経験・能力と機転で乗客の生命の責任を負うプロフェッショナルスピリット。決断の35秒!そこにはパワハラ経営の顔はなかった。
    (中略)

    そこで『憎くてももう一度』だ。本当に憎いが、憎いことこの上ないが、2社が自省録と内部革新案をひざまずいて提出するならば、もう一度見てもいいという寛大な心はある。愛してください? もう一度愛せるような“中身”があってこそ、よりも戻せるものではないか。真の企業市民になる道は辛く遠い。職員の良心と市民の監視を発動することはもちろん、この際経営ガバナンスを変えることも重要だ。

    ソン・ホグン/中央日報コラムニスト・ソウル大学客員教授

    ソース:中央日報/中央日報日本語版【コラム】アシアナ-大韓航空、本当に憎いが…
    http://japanese.joins.com/article/045/243045.html

    引用元: ・【韓国】 アシアナ-大韓航空、本当に憎いが…ソウル大客員教授「死ぬほど憎いが、反省するならもう一度見てやってもいい」[07/10]

    【勿論、無理なわけだがw 【韓国】 アシアナ-大韓航空、本当に憎いが…ソウル大客員教授「死ぬほど憎いが、反省するならもう一度見てやってもいい」[07/10] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★ 2017/10/19(木) 04:56:19.88 ID:CAP_USER
    「産学連携」は韓国の製造業発展の根幹だ。国費留学で米国などの先進国で知識を習得した教授は故国に戻り、半導体、自動車、鉄鋼などを国産化しようとする企業に喜んで協力した。肩越しに海外企業の設計図をのぞきながら技術を習得していた企業関係者にとって大学は欠かせないパートナーだった。

    こうした自然発生的な産学連携は、2010年代初期に政府が介入してから別々の道を歩み始めた。教育・産業・科学・中小企業などを掌握する政府部処から数兆ウォンの支援金が大学に流れると、教授は「プロポーザル」(研究計画書発表)をうまくやって論文をそれなりに書けば手に入る政府の支援金に依存した。

    企業との協業は後回しにされた。大学が「論文工場」に変質したため、大企業は未来の事業のための研究を米スタンフォード大のような海外で探し始めた。「産学別居」時代に転落した韓国の現実の顛末だ。

    ◆企業関係者を冷遇する韓国の大学

    米シリコンバレーに「高級頭脳」を供給するスタンフォード大は産学連携で比較的短い期間に「一流」になった大学だ。スタンフォード大の教授は自分たちの学風をこのように表現する。「スタンフォード大には2000人の最高経営責任者(CEO)がいる」。

    スタンフォード大経営学センターのファン・ソンジン客員教授は「水平的な学風を強調しながら出てきた言葉だが、同時に教授が企業家精神で団結していることを見せている」と説明した。

    これに対しソウル大の約2000人の教授の大半は自らを「総長級」と呼ぶ。現職総長も教授の一人にすぎない。スタンフォード大と同じように教授一人一人の研究独立性を強調した表現ではあるが、「象牙の塔」に傍点を打ったソウル大教授の「マインド」がどういうものかを感じさせる。

    ソウル大で産学連携とは工学部内の一部の「親企業」教授の仕事にすぎないという指摘がある。ソウル大工学部がサムスン退職役員を教授として採用しようとしたが、教授社会の反発に阻まれて中断したのが代表的な事例だ。

    教育部が産学連携に財政を支援しながら産学連携重点教授という制度が用意されたが、企業出身の教授は多くの大学で冷遇される。ソウルの大学のある教授は「企業から来た教授は2、2年の契約職であり、正教授の助教の役割に終わるケースが大半」と指摘した。

    ◆大企業「大学から学ぶことない」

    日本・米国・中国など海外の大学が追求する産学一体型モデルは「他国」の話だ。主要大学の政策決定者はノースカロライナ州立大(NCSU)など産学連携のメッカと呼ばれる米国の大学を何度も見学した。多くの見学にもかかわらず、産学一体型キャンパスを作った大学は国内ではほとんど見られない。

    ソウル主要大学のある総長は「大学は政府が支援する各種研究資金だけで十分に足りるため企業に手を出さない」と述べた。教育部だけでも産学連携支援のために年間数千億ウォンを投入する。

    サムスン・現代自動車のような大企業も新産業関連の投資は米国など海外の大学にするのがよいと考えている。教育部の関係者は「ある大企業の役員になぜ国内の大学と協力しないのかと尋ねたところ、農業を除いて協力するほどのものはないと答えた」と伝えた。

    ソウル大の関係者は「ソウル大と企業の関係さえも第4次産業革命に対応した未来の技術の開発より、企業が注文する問題を解決する研究下請けレベルにとどまっている」と吐露した。

    ◆産学連携の土台構築は長期投資の結果

    専門家は「産学別居」を「産学連携」に転換するには画期的な政策の変化が必要だと口をそろえる。企業に供給する人材の養成レベルにとどまっている現在の産学連携概念を未来技術共同研究に拡張すべきだという指摘がある。

    イ・ヒョンチョン漢陽大教育学科客員教授は「海外先進国では第4次産業革命競争のためにSBE(school based enterprise=大学を基盤にした企業)の活躍が何よりも重要だという認識が広まっている」と述べた。

    産学連携のための「インフラ」構築も長期課題の一つだ。延世大松島(ソンド)キャンパスの事例は大学と企業の同居がどれほど難しいかを見せている。

    http://japanese.joins.com/article/502/234502.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【韓国】日本・米国・中国は「産学連携」…韓国は「産学別居」 企業関係者を冷遇する韓国の大学 大企業「大学から学ぶことない」

    【【日本のパクリしかできないから】ソウル大の関係者「大学は、企業が注文する問題を解決する研究下請け」】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/10/04(水) 08:28:31.59 ID:CAP_USER
    「私たちも1兆ウォンあれば6ヶ月以内に核武装...日本は大学で核兵器製造実習」

    ソ・ギュンリョル教授、「国内には100kt級の核兵器を5000個作ることができるプルトニウムがある」
    「米国の核の傘にこだわるなら... 「破れた核の傘」では、私たちを守ることはできない」
    「学部レベルの知識を備えた工学徒500人さえいれば、核兵器を作れる」
    「核実験は必要ない...スーパーコンピュータを利用したシミュレーションで代替可能」
    「核兵器の開発費用は1兆ウォン...その後1個あたり100億ウォンでコピーすればよい」
    ムン・ジェイン、「韓国の核武装と米軍の戦術核兵器の再配置主張に同意しない」

    no title


    9月3日、北朝鮮が6回目の核実験を強行した後、韓国ギャラップが9月5~7日、全国の成人男女1004人を対象にした世論調査(95%信頼水準、標本誤差±3.1%ポイント)によると、回答者の60%は、自衛的核兵器保有に賛成という立場を明らかにした。支持政党別にみると、自由韓国党と正しい政党支持層は、それぞれ82%、73%が核兵器保有の主張に賛成した。加えて、民主党支持層でも賛成(52%)が反対(43%)よりも多かった。核武装には様々な難関があるだろうが、最も基本的な課題は、独自核武装能力が私たちにあるのかということだ。

    これについて、2011年から核武装を主張してきた核エンジニア、ソ・ギュンリョル、ソウル大工学専門大学院教授に尋ねた。ソ教授は、1978年にソウル大原子核工学科を卒業し、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)で、1985年と1987年にそれぞれ修士号と博士号を取得した原子力の専門家だ。

    「朝鮮半島の非核化と米国の核の傘を捨てるべきだ」

    - なぜ核武装を主張するのですか。

    「例えば、いくら良い家でも貸し切りで住んでいたならば、主人が出て行けと言えば出て行かなければならない、たとえ素朴でもわが家を持つ方がより良い。」

    - 米国の核の傘があるとしても、私たちが核を持つことよりも劣るという話でしょうか。

    「米国の「破れた核の傘」では私たちを守ることはできません。戦術核も同じです。それは私たちではなく、米国が運用するじゃないですか。私たちが必要と判断すれば撃つことができる私たちの核、大韓民国の核がなければなりません。朝鮮半島の非核化と米国の核の傘は「未練」「妄想」「執着」です。それは捨てろというのです。非核化?どのようにするのですか?」

    - いつから核武装を主張しましたか。

    「2011年ごろです。」

    - 私たちに核兵器を作る能力がありますか。

    「米国は70年前に作った、私たちになぜできないのですか。北朝鮮は劣悪な条件でも素晴らしい核兵器を作ったじゃないですか。私たちのGDPは北朝鮮より50倍も多い、なぜできないのかというのです。私たちは世界3大原子力大国です。」

    - 私たちは核兵器製造技術を持っていないのですがどのようにしますか。

    「それ以前には理論が知られていなかったので、博士が大規模に集まって研究しなければならなかったが、今では世の中が変わりました。作り方が知られました。基本的な理論、製造技術、火薬の割合がすべて出ています。 「YouTube」を見てください。原子爆弾の設計図が出ています。私たちに作れない理由がありません。」

    ソース:朝鮮ニュースプレス 2017-09-28 14:47(韓国語)
    http://pub.chosun.com/client/news/viw.asp?cate=C01&mcate=M1001&nNewsNumb=20170926241&nidx=26242

    続きます

    引用元: ・【韓国】私たちも1兆ウォンあれば6ヶ月以内に核武装可能。日本は大学で核兵器製造実習をしている[10/04]

    【【「日本がやってるからウリもやるニダ!」】ソウル大教授「大韓民国の核がなければならい。日本は東京大学で大学生が核兵器製造実習している」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/08(火) 11:35:46.46 ID:CAP_USER
    この激しい三伏の暑さに600万人の観客を動員した映画『軍艦島』。この映画が事あるごとに気になるのは、光復節(解放記念日)が近づいたためだけではなかった。何年か前、大学同僚と行った歴史探訪の道が厳しい波に阻まれた記憶が新しかった。

    端島のその激浪は小さな連絡船を容赦なく襲ったが、海軍将校出身の同僚も手すりを握って縮こまっていた。夕立が激しく降った。波間から中世の城壁のようにそびえたった軍艦島が揺れていた。当時、脱出を敢行した朝鮮人徴用者を水葬したその波だった。

    航路を変更した。帰航の途で立ち寄った孤島には三菱炭鉱歴史館があった。坑夫の作業服や掘削機、蟻の穴のような海底坑道や装備が帝国日本の自負心のように光っていて、地上には三菱創業者岩崎弥太郎の銅像が立っていた。朝鮮人の足跡は消されていた。

    当時、長崎工場地域に連れられてこられた朝鮮人の数は約2万人、高島と端島炭鉱だけで約4000人にはなるだろう。端島で抗争は起きなかった。死の奴隷労働を長崎に投下された原爆が終わらせただけだ。

    映画『軍艦島』のように、日本軍を殺して石炭輸送船に乗りこんだ徴用者らの帰郷闘争は想像の恨み晴らしだ。解放72周年、私たちはまだ想像の復しゅう戦を終わらせることができないでいる。残酷な植民の記憶はこれほどに痛い。

    南京大虐殺記念館、日本刀で死んでいった30万人の魂を慰める場所だ。中国青年たちは一様に叫んだ。「人間は許せても、歴史は忘れることはできない」と。習近平主席が述べた言葉だった。果たして人間を許したのだろうか。

    違う。最近の習近平主席の言動を見ると、20世紀の中国の恥辱に対する恨(ハン)が隠れている。歴史の傷と虐殺の記憶を一気に癒そうとする覇権的発想に傲気が帯びている。

    日本にはそうだとしても、被害者の韓国をあのように荒っぽく突き離すのは中華文明の道ではない。習近平の軍事力大行進に、現代車・アモーレ化粧品・ロッテマートが踏みにじられ、韓流が追い出された。韓中関係は1992年修交以前の冷たい状態に戻った。

    予定されたコースが前倒しになっただけだという診断に納得はいくものの、外交は小さくささいな火種が決定的となる。朴槿恵(パク・クネ)が単独で敢行したTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備が禍根だった。

    事前了解があったなら、扉の隙間風防止祇の針の穴から差し込む一筋の陽射しのような出口が可能だったかもしれない。事後でも特使を送ってくれというべきだった。対人忌避症が激しい朴槿恵の孤独外交に大きく裏切られた。

    韓日関係がこんがらがったのもそうだ。20カ国・地域(G20)首脳会合で、安倍首相を冷たくあしらった朴槿恵の心の中に、どのような素晴らしい腹案でもあるのかと思った。

    ところが、なんと「慰安婦合意」というものをぽんと出した。代価ははした金10億円。今振り返ってみると、崔順実(チェ・スンシル)との夜中対話がそのまま政治言及に出現していた時期だった。

    「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」という合意文の一節に至ってはあきれるばかりだった。THAAD配備と慰安婦合意が予告なく突然行われた「急決裁」の転末と責任の所在は必ず明らかにしなければならない。

    韓日・韓中関係をめちゃくちゃにした不良統治だ。国富損失は天文学的で、外交的狼狽は歴代級だ。

    戻す訳には行かないが、「突然の回軍」の事情を韓国人さえ納得できないという事情を中国と日本に知らせなければならない。その不良統治当事者は弾劾審判を受けて監獄に閉じ込められたと。日本知識人は65年韓日協定と66年対日請求権の資金で被害補償が一括して妥結されたと信じている。

    一般市民は国家間の約束をたびたび翻意する韓国に疲労を感じている。一言で、面倒くさい韓国人という情緒が強い。中国の雰囲気も似ている。米国の強硬姿勢を韓国がどのように拒否するか、THAAD葛藤を「米中問題」と規定する少数の知識人の声は「中心がない軽薄な民族」という大衆の非難に埋もれた。

    北朝鮮は気勢猛々しく、反米ミサイル遊びに明け暮れている。

    http://japanese.joins.com/article/135/232135.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【中央日報】解放72周年、私たちはまだ想像の復しゅう戦を終わらせることができないでいる 残酷な植民の記憶はこれほどに痛い[8/08] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ほんと逆恨み・被害妄想の歴史だな】ソウル大教授「「慰安婦合意」代価ははした金10億円」】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/13(月) 14:39:29.13 ID:CAP_USER
    「北方移住起源」従来の学説に反論相次ぐ

    私たちの民族のルーツはどこなのか。人間は長い時間、民族の起源を見つけるためのパズルを合わせてきた。一般的に、韓民族の起源については、北から韓半島に入ってきたという学説が支配的である。これらの地域に居住する人々と私たちの顔立ち、風習などが似ているという理由からだ。

    ◆「5000年前の韓半島で自生形成」

    最近出版されたシン・ヨンハ、ソウル大名誉教授の「韓民族の起源と形成」は、従来の学説に反論する。シン教授は「韓民族はユーラシア大陸のある凍土地域で「空の空間」と前提されていた(古)韓半島に入ってきた民族ではない」、「古韓半島で自生的に形成されてユーラシアに進出した民族」と主張している。

    シン教授は、約5万年前に訪れた氷河期に注目する。当時、地球が冷え込み、北緯40度以北は人類が住むことができない不毛の土地となり、人類は生き残るために南進した。この時、北緯40度以下の洞窟に入った少数だけが生き残った。特に東アジアで石灰岩の洞窟が最も多い韓半島には、多くの人口が密集することになった。

    韓半島に人口が密集すると「食糧問題」が浮上した。当時、食糧難に苦しんでいた韓半島の人類は氷河期が終わった約1万2000年前に移住を開始しました。シン教授は、中国西遼河に定住した民族を「貊族」、東遼河から沿海州に定住した民族を「隷族」、韓半島に残った民族を「漢族」と主張している。

    約5000年前に漢族と貊族、隷族が再び団結し古朝鮮を建国し、韓民族が誕生した。三種族は婚姻を通じて社会生活と経済生活を共有する共同体になった。シン教授は、これを指して「言語、地域、文化を媒介に結合したヒト共同体」と紹介して 「韓民族の自生的形成には古韓半島で生活した初期新石器人であるという根深い背景があった」と言う。

    シン教授は韓民族の発展過程を「源民族」、「前近代民族」、「近代民族」という3段階に分析する。歴史を古代、中世、近代に分割するのと同じ論理だ。古朝鮮の誕生で源民族が形成されたと考え、彼は新羅の三国統一に前近代民族が一応完成され、高麗の建国で完結したと説明する。シン教授は、私たちの民族の起源を新たな視点からアプローチして斬新だという評価を受けているが、一部では民族主義史観という批判も提起されている。

    ◆「古代韓半島人と南方系の融合」

    科学界でも新たな分析を出した。ユニスト(UNIST)ゲノム研究所は最近、国際共同調査団を構成して、豆満江北部ロシア東端の「悪魔の門洞窟」で発見された7700年前の東アジア人の遺伝子を分析した。 「悪魔の門洞窟」は、高句麗と東夫余、北沃沮が陣取った地域である。

    調査団は、「悪魔の門洞窟」で発見された洞窟人とアジアの50以上の民族のゲノムの変異を比較して、現代韓国人の民族起源と構成を計算した。その結果、洞窟人は茶色の目とシャベル状の前歯など、現代韓国人の特性を持っていることが確認された。また、「悪魔の門洞窟」では古代人の骨と織物、銛などが発見されたが、これは韓国の先史時代の代表遺跡である「盤亀台壁画」にクジラが描かれた時期などを推定したときに類似性があると分析された。朴鍾和ユニストゲノム研究所長は「断定することができる段階ではありませんが、遺伝的特性や遺物などを見れば、韓半島古代人と悪魔の門洞窟古代人は、同じ遺伝子を持っていると見ても差し支えないだろう」と明らかにした。

    洞窟人を現代ベトナムと台湾に孤立された先住民のゲノムと融合すれば、韓国人の特性がより身近に分かった。これは、北方系と南方系アジア人が入り乱れながら、韓半島の祖先が形成されたという主張に力を乗せる根拠だ。朴所長は「現代韓国人は北方系と南方系が混合された痕跡を明らかに持っていながらも、実際の遺伝的構成は、南方系アジア人に近い」と説明した。これは主に遊牧生活をしていた北方系ではなく、定住して農業をしていた南方系の人口がより急速にに増えたからだ。

    ソース:世界日報 2017.02.12 21:58(機械翻訳)
    http://v.media.daum.net/v/20170212215809838?d=y

    引用元: ・【韓国】わが民族は5000年前、韓半島で自生的に形成。ユーラシアに進出した[02/13] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【人類の亜種】ソウル大名誉教授「韓民族は古韓半島で自生的に形成されてユーラシアに進出した民族」】の続きを読む

    このページのトップヘ