まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ゼロ

    1: まぜるな!キケン!! 2019/12/02(月) 20:38:49.10 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/TIzayHC.jpg

    親北・左派団体、光化門広場で集会

    警察 網で投てき物阻み、消火器でデモ隊のたいまつ強制鎮火

    司法処理方針発表も、違法行為者の身元把握は進まず

     複数の親北・左派団体が先月30日に大規模な集会を開き、駐韓米国大使館に靴を投げたり、たいまつに火をつけて青瓦台に向かって行進したりした。警察はこうした違法行為を阻止したものの、たった1人しか現場で逮捕しなかった。全国民主労働組合総連盟(民労総)・民衆党など左派や親北性向を持つ50以上の団体からなる「民衆共同行動」は30日午後3時、ソウル・光化門広場に集まり、「全国民衆大会」を開いた。集会には数千-1万人が参加した。

     参加者たちは集会中、「米国の防衛費分担金引き上げ要求に反対する」として「くす玉割りパフォーマンス」を行った。米国大使館近くで、プラスチック製のくす玉をぶら下げた高さ約4メートルの柱を立て、物を投げて割るというパフォーマンスだった。警察は、事前に大使館周辺を警察のバス車両で囲んで封鎖していた。しかし、デモ隊が投げた靴や水の入ったペットボトルなどはバス車両を越えて大使館の建物の方に飛び込んできた。警察が制止しても靴が飛び交い続けたため、バスの上に網を設置し、靴が大使館の塀を越えないようにした。それでも物が投げつけられてくす玉が割れると、「駐留費は払えない。嫌なら出ていけ」という垂れ幕が出てきた。

     集会の参加者たちは午後5時ごろに青瓦台の展示館「サランチェ」に向かって行進する際、あらかじめ用意してきた「たいまつ」約30本を出して火をつけた。警察が「集会で許可されていないたいまつは消してほしい」と警告放送をしたが、デモ隊はこれを聞き入れず、逆にたいまつを1カ所に集めて大型のたいまつを作った。警察が消火器を使って強制的に火を消すと、デモ隊は警察を手で押しのけて抵抗した。

    ソウル・鍾路警察署は1日、「民衆共同行動は集会中にたいまつを使用し、これに対する消防当局の警告や消火措置を妨げ、米国大使館に向かって多数の靴などを投げるという違法行為をした。主催者と違法行為者を徹底的に捜査して司法処理する方針だ」と明らかにした。

     しかし、警察のこうした宣言はかけ声のみの終わるとの指摘もある。現場では数時間にわたって違法行為が行われたが、警察は1人も現行犯で逮捕しなかった。鍾路警察署の関係者は「強制連行した場合、デモ隊を刺激して衝突が大きくなる恐れがあった。現場指揮官の判断に基づいて対処した」と説明した。だが当時、デモで違法なたいまつを持った人物のほとんどはマスクで顔を隠しており、身元の把握が容易でない状態だった。

     警察のぬるま湯的な対応は今回が初めてではない。民労総が先月9日に国会前で行った全国労働者大会でも、メンバーが義務警察官(兵役の代わりに警察で服務する警察官)や警察官の胸ぐらをつかみ、シールド(盾)を奪ったが、今回と同じ理由で現行犯逮捕をしなかった。警察はこの時、「証拠用の映像を分析して違法かどうか捜査する」と言っていたが、「何人捕まえたか」という1日の本紙の質問に「捜査進行中の事案なので立件された人がいるかどうか明らかにするのは難しい」と答えた。

    アン・サンヒョン記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/02/2019120280067.html
    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/12/02 11:20

    関連
    【韓部族】青瓦台前でたいまつ、米国大使館に靴投げつけ…韓国・鍾路(チ ンロ)警察、市民団体捜査へ[12/1]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1575215732/

    引用元: ・【原始人】駐韓米国大使館に靴を投げて、たいまつを持ったデモ隊…現場逮捕者はゼロ[12/2]

    【魔界村かよ【原始人】駐韓米国大使館に靴を投げて、たいまつを持ったデモ隊…現場逮捕者はゼロ[12/2] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/10(日) 00:37:22.01 ID:CAP_USER
    LGディスプレイがiPhoneに供給するOLEDパネルに品質問題が発生していたことが分かった。

    ・システム評価段階でパネルに縦じまが生じ、100万台以上のパネル廃棄推定
    ・LGディスプレイ、今年iPhone11ProMax向けのOLED供給物量500万台以下の可能性が大きくなる

    品質に問題が生じた製品は全量廃棄される。 LGディスプレーは7月末、アップル側に関連するサンプルを供給して、8月から本格的な供給を開始した。 8月に中下旬から9月までの物量に不良が現れた点を勘案すれば、100万台以上のパネルの供給が座礁したものと推定される。

    今年最初の新型iPhone向けのOLED供給契約を成功させたLGディスプレイが中小型パネルの動力さえ失うのではないかという懸念が出ている。

    OLEDの製造工程は、バックプレーン工程、蒸着、封止工程、モジュール工程など大きく3段階に分けられる。

    どの工程に問題が生じたのかは伝えられていないが、一部ではLGディスプレイの責任論も取り上げている。

    LGディスプレイの内部事情に詳しい関係者は「9月に問題が生じたiPhone向けOLEDをめぐって、LGディスプレイ側の責任で見る雰囲気が強い」とし

    「問題が生じた製品は全量廃棄されるのが原則であるだけに損失が避けられない」と述べた。


    韓国語
    http://daily.hankooki.com/lpage/ittech/201911/dh20191108114711138240.htm
    https://www.otonarisoku.com/archives/lg-oledquality.html

    関連
    【LGディスプレイ】第3四半期も約400億円損失…OLEDで「赤字の沼」脱出に拍車[10/24]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1571920443/
    【韓国】 半導体素材国産化に「死の谷」 脱・日本に壁  フッ化水素100%国産化の真相 [11/09]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573256876/
    【国際】韓国、10月の輸出減少幅が今年最大…11カ月連続マイナス
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572585956/
    韓国人「韓国が日本不買した結果、ユニクロ過去最高益!日本の旅行収支過去最高の黒字!訪日外国人5.2%増!」
    https://www.otonarisoku.com/archives/japan-koreaunnecessary.html

    ★1 2019/11/09(土) 18:32:23.56
    前スレ
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1573305317/

    回避

    引用元: ・【韓国】LGディスプレイ、iPhone11向けOLEDに品質不良発生・・・9月は供給“ゼロ”レベルに★4[11/9]

    【ゴミしか作れない事が判明【韓国】LGディスプレイ、iPhone11向けOLEDに品質不良発生・・・9月は供給“ゼロ”レベルに★4[11/9] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/24(日) 14:41:51.91 ID:CAP_USER
    日本が韓国に対する3個核心素材の輸出規制措置を断行してから約5ヶ月間、国内の半導体・ディスプレイ業界に生産の躓きが事実上全く無かったことが把握された。

    これは韓日軍事情報保護協定(GSOMIA・ジーソミア)終了の『条件付き延期』決定によって進行される両国通商当局間の対話で韓国側に有利に作用するという分析が出ており、今後交渉の去就が注目されている。

    ただし、日本が今もなお3品目に対する個別審査体制を維持するという立場を明らかにしており、業界の不安はしばらく続く見通しだ。

    24日産業通商資源部や関連業界などによれば、サムスン電子、SKハイニックス、サムスンディスプレイ、LGディスプレイなど4企業は去る7月初め、日本の輸出規制発表以降にこれによる生産の躓きが全く発生しなかったという立場を最近政府に伝えた。

    当初フッ化水素、フッ素ポリイミド、フォトレジストなど3品目の対日依存度が余りにも高くて、輸出規制が2~3ヶ月以上持続した場合は生産ラインの全面中断など『致命傷』を負うだろうという憂慮が大きかったが、結果的には心理的な不安感を除いて『別無神通(大したことがない)』になったわけだ。

    各企業が『Contingency Plan(非常計画)』を通じてこれまで確保していた在庫の生産ライン投入を効率化する一方、これらの品目の輸入チャンネルをヨーロッパなどで多変化して、国産化の努力も並行したのが功を奏したという分析だ。

    特に韓国政府が世界貿易機関(WTO)紛争の手続きに突入して、日本が『不適切な輸出統制』という国際社会の批判から逃れるために部分的にもこれらの品目に対する輸出許可を相次いで出したことも『息の根』を開かせる要因になった。

    サムスン、SK、LGなど複数の業界関係者は「半導体・ディスプレイの4個代表企業の中で日本の輸出規制によって当初予定された生産量を満たすことができなかった所は只の1ヶ所も無いと認識している」として「影響が無かったというよりは、被害が無いように緻密に対応したおかげ」と説明した。

    そして「今年第3四半期と第4四半期の実績に日本の輸出規制による『マイナス要因』は全く無い」と強調した。

    韓国政府の立場では製造業革新のために核心課題の1つとして『素材・部品・装備産業の自立化』を推進する中で日本の今回の輸出規制がむしろ『呼び水』の役割をしたという評価も出ている。

    昨年末に産業部が『2019年新年業務報告』を通じて素材・部品・装備産業の競争力強化を今年の核心政策課題に提示して、当時はこれと言った注目を受けることはなかったが、最近になって汎国民的な関心事として浮上して政策推進に力を受けるようになったというのだ。

    実際、日本の輸出規制を契機に『素材・部品・装備産業競争力強化のための特別措置法』が21日に国会常任委を通過したりもした。

    匿名を要求したある政府関係者は「ある側面では日本にアリガトウと言わなければならないほど」として「意図した事ではないだろうが、韓国の未来製造業の競争力を高めるのに大きく寄与した訳だ」と話した。

    しかし、業界では日本政府が3品目を個別的に審査して、ホワイト国(輸出手続き優待国)から除外した措置も維持するという方針を明らかにしたことに対して『不確実性』は変わらないという憂慮を出している。

    ある業界関係者は「今まで生産の躓きが無いと言っても、今後ずっと無いという保障は無い」として「韓日局長級の政策対話を通じて輸出規制と関連した妥結策を見付けることを期待する」と話した。

    政府関係者も「直接的な生産の躓きは無かったかもしれないが、物量の確保などのために使わなくてもよい費用を投入するなど、機会費用は悪材として作用しただろう」と指摘した。

    2019-11-24 06:11
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20191123024300003

    半導体・ディスプレー生産 日本の輸出規制後も支障なし=韓国
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191124000400882

    引用元: ・【ホワイト国】「むしろ感謝したいほど」…日本の輸出規制による生産の躓きは事実上『ゼロ』[11/24]

    【なら二度とホワイト要求すんなよ? 【ホワイト国】「むしろ感謝したいほど」…日本の輸出規制による生産の躓きは事実上『ゼロ』[11/24] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/10/01(火) 13:08:28.34 ID:CAP_USER
    日本の対韓輸出規制強化から3カ月がたった(イラスト)=(聯合ニュース)
    no title


    【世宗聯合ニュース】

    日本が半導体・ディスプレー材料3品目の韓国への輸出規制強化に踏み切ってから約3カ月が過ぎたが、半導体の製造工程で主に使われる液体のフッ化水素の輸出許可が1件も出ていないことが、1日分かった。

    韓国産業通商資源部がこの日発表した立場表明によると、3品目に対する日本政府の韓国への輸出許可は非常に限られた形で行われている。

    日本政府はこれまでフォトレジスト(感光材)3件、フッ化水素1件、フッ化ポリイミド1件について個別に輸出を承認した。一般的に申請から承認までは約90日かかる。 

    だが、輸出許可が出たフッ化水素は気体(エッチングガス)で、液体のフッ化水素(フッ酸液)はまだ1回も輸入できていない。

    産業通商資源部は、日本は半導体用フッ酸液について国連武器禁輸国と同じ9種類の書類の提出を求めているが、複数回にわたる書類の補完を理由に申請から90日が過ぎても1件も許可されていないと指摘した。

    輸出許可方式についても日本政府は韓国に対して個別の輸出許可のみを行い、四つの輸出管理に関する国際枠組みに参加していない国よりも差別的に制度を運用しているとされる。

    産業通商資源部は「中核素材の供給は正常な企業間の契約によって円滑に行われるべきだが、日本政府の予測できない輸出規制で不確実性が増している」とした上で「これにより実際に企業の経営活動に支障が出ている」と懸念を示した。

    続けて「日本のこのような措置は善良な意図の民間取引を阻害してはならないという国際輸出統制体制の基本精神と原則に反するもので、韓国だけを特定した一方的かつ不当な差別だ」とし、「世界貿易機関(WTO)の規範に完全に合致するという日本政府の立場に韓国政府は全く同意できない」と批判した。

    これまで韓国政府は日本の輸出規制措置撤回のため、さまざまなルートで対話と協議を要請してきたが、日本政府はこれにも十分に応じていない。

    韓国政府は先月11日に日本をWTOに提訴し、近く最初の手続きである2国間協議が行われる予定だ。

    産業通商資源部は「今後進められるWTOの2国間協議によって問題が解決されるよう、日本政府が前向きな立場に転じるよう改めて求める」と述べた。


    2019.10.01 11:17
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191001001300882?section=news

    関連スレ
    【韓経/中央日報】フッ化水素の国産化最も速い…LGD「今月中に100%達成」[9/17]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1568697473/

    引用元: ・【聯合ニュース】 日本から液体フッ化水素の輸出ゼロ  規制強化で企業活動に支障も [10/01]

    【嘘つき民族はこれだからなあ 【聯合ニュース】 日本から液体フッ化水素の輸出ゼロ  規制強化で企業活動に支障も [10/01] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/07/18(水) 09:08:09.94 ID:CAP_USER
    2018年07月18日08時16分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    中国市場で現代自動車はTHAAD(高高度防衛ミサイル)韓国設置に対する報復をまだ完全には乗り越えていないことが分かった。また米国の燃料電池車市場では日本企業に比べて成績が良くなかった。

    17日の中国乗用車市場連席会の集計によると、北京現代は上半期に中国で38万98台を販売した。昨年(30万1277台)と比べると26.2%も増えたが、中国政府のTHAAD報復の余波で失ったシェアを完全に回復することはできなかった。現代車はTHAAD報復前の2014-16年には毎年50万台以上を販売していた。当時は市場シェア5位前後を維持していたが、今年は9位だった。このままでは年間目標の「中国内90万台販売」達成は難しいと業界はみている。

    3-4月に中国での販売が増えて期待感が高まった北京現代車の上半期の実績が停滞したのは5-6月の販売が振るわなかったからだ。まず現代車が中国現地小型SUV市場をターゲットに投入した「エンシノ」(コナ)の販売が不調だった。該当モデルは4月、発売1カ月間で4385台売れたが、5月は604台と急減した。さらに2010年8月の現地発売から100万台以上も売れた人気車種「ルイナ」(ベルナ)の生産に支障が生じた。ルイナは昨年9月に新型が登場し、中国市場での実績改善に寄与すると期待されたが、協力会社の北京汽車との摩擦で今年1月から3月まで生産が中断した。

    現代車が停滞する間、中国自動車企業が大きく飛躍した。今年上半期、中国で個人を対象にした乗用車小売販売は計1155万7599台と、前年同期比5.68%増えた。中国企業の吉利、上海自動車の販売台数が前年比それぞれ44.3%増、53.7%増となった。

    現代車は「燃料電池自動車(FCV)市場のバロメーター」と呼ばれる米国でもプライドに傷を負った。米エコカー専門メディア「ハイブリッドカーズドットコム」によると、現代車の燃料電池車ツーソンixは先月、1台も売れなかった。上半期全体では36台の販売に終わった。前年同期(20台)比では16台増えたが、ライバルのトヨタ・ミライ(743台)、ホンダ・クラリティ(616台)とは大きな差がある。「世界初の量産燃料電池車」というタイトルを持つツーソンixが振るわないのは、ミライやクルラリティに比べて1回の充填での走行距離などで劣るためだと、業界は分析している。

    現代車の関係者は「8月に次世代燃料電池車ネクソの生産施設が完成すれば10月中に公式発売が可能。本当の競争はこの時期から始まるだろう」と述べた。

    http://japanese.joins.com/article/279/243279.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【国際】現代車、米国燃料電池車市場で販売ゼロの屈辱…日本車に劣勢

    【日本日本っとうっとおしい【国際】現代車、米国燃料電池車市場で販売ゼロの屈辱…日本車に劣勢 】の続きを読む

    このページのトップヘ