まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:セクハラ

    no title


    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  ) 2015/05/08(金) 20:42:45.64 ID:???.net
     韓国のテレビ番組に出演した現職警察官が、女子大学生に昨年夏、セクシャルハラスメントをしていたと指摘され、
    話題になっている。韓国紙・韓国日報の報道として、台湾・自由時報が7日伝えた。

     報道によると、この警官は4月末に放送された韓国のテレビ番組に出演。女子大生は、昨年6月から8月にかけて、
    この警官から身体的なトレーニングを受けた際、身体に近付かれ、「胸が大きいな。触りたい」などといったみだらな
    言葉をかけられたと訴えている。 この女子大生の訴えに警官は「トレーニングの過程で体の接触があったが、
    女子大生の同意を得ていたためセクハラには当たらない」と釈明。テレビ局は事実関係を確認中だという。

    提供:新華経済

    東方網日本語版 2015年 5月 8日17:56
    http://jp.eastday.com/node2/home/xw/gjpl/u1ai104039.html

    引用元: ・【韓国】「大きな胸、触りたい」 テレビ出演の現職警察官が女子大生にセクハラ?[5/8]

    【理性皆無【韓国】「大きな胸、触りたい」 テレビ出演の現職警察官が女子大生にセクハラ?[5/8]】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 13:35:14.66 ID:???.net
    2015年4月20日、どのような業界にも暗黙のルールは存在するが、韓国の芸能界には酒宴の席で接待をさせられるなど、“特殊”な接待文化があり、6割の女優がセクハラ被害に遭っているという。中国メディア・捜狐が伝えた。
    ホラー映画「ヨンガシ 変種増殖」に出演したムン・ジョンヒ(文晶熙)さんは、大学生の頃にミュージカルのオーディションに通ったものの、「毎晩のように酒の席に呼ばれ、接待をさせられた」とある番組で明かした。
    こうした“暗黙のルール”を強要されるのは女性芸能人ばかりではない。男性アイドルグループ「VIXX」のリーダー・エン(N)さんも番組で、「ある食事の席で女性スタッフから下半身をまさぐられたことがある」と明かし、思い出すだけで吐き気がする」と話した。
    韓国女性政策研究院が韓国の女性芸能人111人を対象に調査し、韓国国家人権委員会が公表した結果によると、60.2%が社会的有力者や芸能関係者から“暗黙のルール”を要求され、
    45.3%が接待を要求されたと回答。さらに、60人余りは聞くに堪えない卑わいな言葉を浴びせられたという。
    セクハラや接待強要の背景には、韓国では年齢の差や上下関係がことのほか厳しいことがあるとみられている。
    http://www.recordchina.co.jp/a106793.html

    引用元: ・【韓国】韓流スターが“特殊”な接待文化を暴露、6割の女優がセクハラ経験あり、男性アイドルも被害に

    【こうしてウィンウィンな業界 【韓国】韓流スターが“特殊”な接待文化を暴露、6割の女優がセクハラ経験あり、男性アイドルも被害に】の続きを読む

    1: もろ禿 ◆SHINE.1vOk もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2015/04/05(日) 14:05:28.82 ID:???.net
    韓国の駐ベルギー武官が現地職員にセクハラで懲戒・・韓国ネットは「性犯罪共和国」「これだから外国人が我々を…」 (FOCUS-ASIA.COM) - Yahoo!ニュース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150405-00000009-xinhua-cn


    韓国メディア・時事ジャーナルによると、韓国の駐ベルギー大使館の駐在武官がセクハラ事件を起こしたことが明らかになった。

    記事によると、被害者はベルギー駐在の韓国大使館に勤務する女性職員で、昨年末にセクハラを受けたとして大使館に武官の懲戒を要求した。武官は韓国海軍大佐で、国防部は監察の結果、
    問題があると判断して懲戒処分を下したという。

    だが、これに対して大佐は「悔しい」と不満を表明、国防部に対して「人事請願」を提出している。大佐は女性職員のスカートが短すぎることを数回指摘しただけで痴漢扱いされたとし、「文化の
    違いによる誤解」であってセクハラ事件ではないと主張している。

    通常、人事請願が提出されればすぐに懲戒委員会が開催されるが、国防部はこれまで3か月以上放置している。国防部関係者は「韓国の軍人数は60万にのぼり、他にも報道されているように
    処理しなければならない事件が多く、この事件だけに集中する余裕はない」と釈明しているという。

    韓国ではこの件のほかにも、海軍准将によるキャディーセクハラ事件、陸軍大佐によるキス事件、外交部職員による性スキャンダル事件など、3月だけで3件の政府高官による性暴力事件が発生。
    性暴力根絶を掲げる朴槿恵政権だが、政府高官が率先してその約束を反故にしている恰好だ。

    時事ジャーナルはベルギー大使館の事件を「朴槿恵大統領就任で誕生した尹昶重大統領秘書室報道官による性スキャンダルに次ぐ重大な外交的欠礼で、国際的な恥」と厳しく非難している。

    この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

    「国に恥をかかせる方法もいろいろ。まったく」

    「食べたいものも我慢して税金払っているのに、こんなやつがそういう税金で暮らしていると思うとうんざり」

    「切っちゃえ!」

    「セクハラ、パワハラは財閥だけのことではない」

    「国会議長出身から末端の公務員まで、性犯罪共和国」

    「イライラする。いい加減にしろよ。立場を踏まえて行動しろ!」

    「軍人たちが最近どうかしている。防衛産業で不祥事、軍隊での死亡事故、性暴力。今度は海外でセクハラ?」

    「職務解任ではなく、二等兵に降格させろ。二度とこんなことできないように」

    「国の恥は死刑にしろ!」

    「実名を明かせ!それはできないのか?恥ずかしいか?」

    「これから選挙に出て議員になるかもしれない」

    「国内では駐韓米国大使を襲撃、国外ではセクハラ。これだから外国人が我々を無視する。世論を操作して支持率を上げても、そんなの意味がない」

    (編集 MJ)

    引用元: ・【犯罪】大佐「文化の違いによる誤解」 韓国ネット「性犯罪共和国」 ―韓国の駐ベルギー武官が現地職員にセクハラで懲戒[4/5]

    【穴があったら性的に襲うのが礼儀【犯罪】大佐「文化の違いによる誤解」 韓国ネット「性犯罪共和国」 ―韓国の駐ベルギー武官が現地職員にセクハラで懲戒[4/5]】の続きを読む

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/04/05(日)07:08:42 ID:???
    【北京=矢板明夫】北京や広州など各都市で3月上旬、「性的嫌がらせの撲滅」を訴える催しを企画した
    女性人権活動家5人が中国の警察当局に拘束された。ほぼ1カ月が過ぎた現在も解放される気配はなく、
    起訴される可能性が高まっている。北京の人権派弁護士は、全国人民代表大会(全人代=国会)の開会中に、
    複数の都市で同時に催しが開かれ、政治的主張を行う民間組織の影響力が拡大することを懸念したのでは-と分析している。

     この弁護士によれば、拘束されたのは王曼氏や武●●氏ら北京、広州、杭州を拠点に活動する20~30代の女性5人。

     3月8日の国際婦人デーに合わせ、各地のバス停や地下鉄駅で「セクハラをなくして、安全な社会を」などと
    書かれた横断幕を掲げ、「男女平等」を訴えるビラを配ることを計画したが、その直前に拘束された。

     警察当局は担当弁護士に対し、「騒ぎを起こそうとした容疑」で起訴することで調整中だと説明しており、
    起訴されれば、最高で懲役5年の判決が下る可能性もあるという。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/150405/wor1504050004-n1.html
    http://www.sankei.com/world/news/150405/wor1504050004-n2.html

    引用元: ・【中国】セクハラ撲滅目指す女性活動家5人拘束 すでに1カ月間 米、印、独で釈放求める抗議運動 [H27/4/5]

    【慰安婦ではないから、女性の人権とは関係ないのかな【中国】セクハラ撲滅目指す女性活動家5人拘束 すでに1カ月間 米、印、独で釈放求める抗議運動 [H27/4/5]】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/01/30(金) 15:15:29.69 ID:???.net
    ソウル都心のど真ん中に位置している曹溪寺(チョゲサ)は、仏教信者だけでなく国内外の観光客らが好んで訪れる伝統的なお寺だ。
    韓国仏教を代表する曹溪宗の総本山だ。しかし1998年は、頭を丸めた僧侶同士が、境内で血を流す暴力沙汰を繰り広げる姿が、
    BBCやCNNなどを通じて世界に流された。修道者らが木鐸の代わりに鉄パイプや角材を手にして、石や火炎瓶を投げつけながら、
    集団で乱闘劇を繰り広げるシーンが、世界の人たちにどう映ったのか気になる。

    ◆宗権という供え物を自分のものにするための喧嘩だった。僧侶らによる流血沙汰が、その翌年の10月、曹溪寺で再び再現された
    ことを受け、国民からの不信や批判を招いた。しかし、仏教界の一部からは、1990年代の殴りあいによる曹溪宗の揉め事を、
    「いっそ純粋で純真な時代」の出来事だと受け止めている。最近は、宗団内の権力を巡る戦いが、さらに巧妙かつ陰険なものになって
    しまったという。

    ◆「僧侶精神が姿を消した」、「この50年間、仏教が社会のために寄与したことなど一つもない」。外部からこのような言葉が聞こえて
    きたなら、大騒ぎになったはずだが、曹溪宗団の首長の慈乘総務院長の発言だ。一昨日、宗団の幹部から若者の仏教信者までが
    出席した「宗団の革新や百年大計のための四部大衆100人の大衆公事」という名のイベントで、氏はこのような告白もした。「幼いとき
    に出家し、(お寺から妻帯もちの僧侶を追い出す)浄化をすると主張しながらお寺奪いに歩き回り、恩師の和尚のお供をして宗団政治
    をしたがために、僧侶としてどのように生きるべきかきちんと学んだことなどなかった」。慈乘僧侶は、白羊寺(ベクヤンサ)僧侶たちの
    ギャンブル騒動の後、事実上の不出馬の約束を覆して2年前、総務院長の再選に成功した。

    ◆曹溪宗では4年ごとに行われる総務院長選挙を中心に、本寺の住職と宗会議員の選挙など、地位争いを巡るスキャンダルが後を
    絶たない。海外遠征ギャンブル、買春、セクハラなどもひっきりなしに起きている。出家者数は日々減りつつある。宗団の自省や刷新
    をこれ以上遅らせるわけには行かない時期に来ている。「いまは、『その場限りのイベント』のように映るかもしれないが、10年、20年
    後に収穫するという気持ちで種を撒かなければならない」。慈乘総務院長の言葉が果たして本音か一過性のイベントかは時間が物語
    るだろう。

    高美錫(コ・ミソク)論説委員 mskoh119@donga.com

    ソース:東亜日報 JANUARY 30, 2015 07:13
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015013068798

    引用元: ・【韓国】ギャンブル、買春、セクハラ、乱闘…「僧侶精神」の失踪を巡る懺悔[01/30]

    【ごく普通の韓国人じゃないの? 【韓国】ギャンブル、買春、セクハラ、乱闘…「僧侶精神」の失踪を巡る懺悔[01/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ