まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:スマホ

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2017/11/12(日) 18:40:24.71 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】スウェーデンのイージーパーク(Easy Park)グループがこのほど発表した「2017スマート都市指数」で、韓国のソウルは10点満点中7.13点となり21位だった。同指数はIT機器や公衆無線LAN「Wi―Fi(ワイファイ)」の普及率、インターネットの接続速度、生活水準、環境への配慮など19項目を基準に世界の主要都市に点数を付けたもの。

    https://i.imgur.com/xYrbCa7.jpg
    「歩きスマホ」の危険性を呼びかける看板が設置されたソウル市内の通り(資料写真)=(聯合ニュース)

    ソウルはスマートフォン(スマホ)普及率で2位(9.91点)、ワイファイのカバー区域の広さで3位(9.74点)になるなど高評価を受けたが、環境に配慮したエコエネルギー(2.69点)、環境保護(2.04点)などで振るわなかった。韓国ではソウルのほか、大田が63位(5.48点)で100位以内に入った。

     世界トップはデンマークの首都コペンハーゲン(8.24点)で、シンガポール(7.83点)、スウェーデン・ストックホルム(7.82点)が続いた。東京は7.59点で6位に入った。


    2017-11-12 14:34 聯合ニュース
    http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20171112000500882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

    引用元: ・【聯合ニュース】「世界スマート都市」でソウル21位 スマホ普及率は2位[11/12]

    【【雑魚すぎだろ】「世界スマート都市」でソウル21位 スマホ普及率は2位【聯合ニュース】】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/05(木) 08:53:08.93 ID:CAP_USER
    2017年10月4日、韓国・ノーカットニュースは、韓国のサムスン電子が自社のスマートフォン製品から社名ロゴ「SAMSUNG」の表示を取りやめたことが、デザイン面での効果だけでなく海外での販売増につながったと報じた。

    サムスンはデザイン面での「シンプルの美学」を追求するため、2016年春にリリースしたスマートフォン「ギャラクシーS7」から本体前面への社名ロゴの表示を取りやめている。これに先立ち日本では、15年にリリースされた「ギャラクシーS5」から本体前面のロゴ表示がなくなったが、同社は今年第2四半期(4?6月)に日本のスマートフォン市場でシェア8.8%を獲得し、米アップルとソニーに続き3位に上がった。

    この現象について記事は「昨年3.4%まで(同社の日本での)シェアが落ちたことを勘案すれば、(今年6月発売の)『ギャラクシーS8』の製品を除いても、(シェア拡大には)社名表示をやめた効果が大きく影響した」と分析、ブランドイメージなどを消費者に伝えるための社名ロゴが、あるユーザー、ある国ではむしろ販売の障害になった例と紹介した。

    このサムスンの「ロゴ消去」は米アップルに続いたものというが、韓国のLG電子も今年からこの流れに加わる。8月、ドイツで行われた世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA2017」で初公開されたLGのスマートフォン「V30」には本体前面のロゴ表示がなかった。LGの関係者は「V30はLGのロゴを背面に配置して、画面以外に何も前面にない極限のミニマリズムデザインに仕上げた」と説明している。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「すっきりしていていいと思う」
    「日本市場は外国製品に排他的だからね」
    「ロゴは格好悪かったから表示をやめて正解」

    など、ロゴ表示を取りやめたことへの肯定的な意見が寄せられた。

    その一方で、

    「ロゴをなくしたのは戦略というよりも、ディスプレーが大きくなって表示する場所がなくなったからでは?」
    「ロゴマークを消したこととシェアには本当に関係があるのだろうか?」
    「言われてみると確かにロゴがないね。今気付いた」
    「ロゴのことまで気にしている人なんて、ほとんどいないと思うぞ」

    など、その戦略と効果に懐疑的な声も。

    また「プライドを捨てたね」「アップルのまねだな」などとメーカーをやゆするコメントもあった。


    2017年10月5日(木) 6時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b178593-s0-c20.html

    引用元: ・【ロゴ】韓国製スマホは社名を隠した方が売れる?サムスン製品が日本で“証明”[10/05]

    【【アイムザパニーズ戦略 】「韓国製スマホは社名を隠した方が売れる」サムスンに続きLG電子も】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/06/29(木) 06:30:39.63 ID:CAP_USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=182707&ph=0

    2017年6月27日、韓国・京郷新聞によると、国際的な環境保護団体「グリーンピース」が、人気の情報通信技術(IT)機器44製品を対象に、資源の無駄を減らす設計になっているかを評価し、結果を公開した。

    評価基準は「分解のしやすさ」「交換用部品販売の有無」「修理マニュアル提供の有無」だ。グリーンピースの関係者は「機器が容易に分解でき、主要部品を購入することができる場合、一般的なユーザーが自分で修理することができ長く使うことができる」とし、「きちんと分解できる製品ほど、廃棄時の部品のリサイクルも容易」と説明した。

    米カリフォルニアに拠点を置く、修理パーツ・修理用特殊工具の開発や販売を手がけるベンチャー企業「アイフィックスイット(iFixit)」が、分解のしやすさについてスコアを付け、残りの項目はグリーンピースが直接調査した。

    その結果、スマートフォンの分解のしやすさで最も優れた製品はオランダ・フェアフォンの「フェアフォン2」が満点の10点だった。専門技術がなくとも、ドライバーのような一般的な工具のみを利用してバッテリー・ディスプレー交換が可能という。また主要部品を直接購入して修理することができ、修理マニュアルも提供される。韓国LGの「G4」「G5」も分解が容易との評価(8点)を受けて共に2位に入ったが、こちらは主要部品の個別販売が行われていない。

    スマートフォン部門で最下位という不名誉な称号は、サムスン電子の「ギャラクシーS7」「ギャラクシーS7エッジ」(いずれも3点)、「ギャラクシーS8」(4点)に与えられた。機器を開けることが難しく、特殊工具でのみ修理が可能だという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「部品のリサイクルがうまくいけば環境に優しいことになるの?」「製品を勝手に開けられたら、防じんや防水効果はどうなるんだ?」など、評価基準に懐疑的な意見が寄せられた。

    また、「こんなことで環境問題を議論するより、中国のPM2.5問題をなんとかしてくれ」と、本来の環境問題を優先すべきとする声や、「分解できない製品の方が信頼が置ける」とのコメントもあった。

    引用元: ・【韓国】サムスンのスマホ、最も環境に悪いモデルに選ばれる=韓国ネットからは評価に疑問の声[06/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【だって爆弾じゃんw】サムスンのスマホ、最も環境に悪いモデルに選ばれる】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/24(月) 16:26:47.72 ID:CAP_USER
    2017年4月23日、韓国・デジタルタイムスによると、韓国・サムスン電子の最新スマートフォン「ギャラクシーS8」シリーズに無線LAN(Wi?Fi)の接続不良問題が発生し、購入者から苦情が相次いでいるという。

    関連業界によると、ギャラクシーS8とギャラクシーS8プラスは18日の発売直後から、韓国最大の通信事業者であるKTの5GHz帯域周波数を使う無線LANを使用した場合に接続できなかったり、突然接続が途切れるなどの現象が発生していた。

    サムスン電子とKTが原因を分析したところ、ギャラクシーS8に内蔵された消費電流改善機能と東遠T&Iが製造したWi?Fi接続装置がぶつかり合い、接続に不具合を生じさせることが分かった。Wi?Fi接続装置(AP)がギャラクシーS8を異常な端末機と認識し、接続を遮断していたという。

    消費電流改善機能はスマートフォンの電力消費を効率化・最小化するシステム。サムスン電子はギャラクシーS7の発火事故を受け、ギャラクシーS8のバッテリー容量を減らす代わりに同機能をより強化した。

    サムスン電子はソフトウェアのアップデートを行い、Wi?Fi接続の不具合を解決することを決めた。これについて、通信業界関係者は「Wi?Fi接続の不具合は発売前のテストで発見されるべきだった」と指摘している。

    ギャラクシーS8シリーズをめぐっては、発売直後に一部の購入者から「液晶に赤みが強く使いづらい」との不満が相次いでおり、サムスン電子は今週、ソフトウェアのアップデートを通じて「色の最適化」機能を補完することにしていた。

    これについて、韓国のネットユーザーからは「また問題が発生?なぜまともなスマホを作れない?」「最近のサムスンはおかしい。中国産より中国産らしい」「テストをせずに発売したの?」「爆弾スマホより使えない」「サムスンの新製品は発売から1年後に買う。これが正解のようだ」「最強スマホと騒いでいたメディアはどこへ?」「代理店は閑古鳥が鳴いていた。サムスンは今ごろ対策会議を開いているだろう」など、サムスンに対する厳しいコメントが多く寄せられている。

    一方で「そのくらいの不具合なら許容範囲。爆弾に比べればかわいいもの」「ライバルの多いサムスンは少しのミスでも大きく騒がれてしまう」との意見もみられた。

    Record china 配信日時:2017年4月24日(翻訳・編集/堂本)
    http://www.recordchina.co.jp/b175913-s0-c20.html

    引用元: ・【韓国】サムスン最新スマホにまた問題、今度はWi-Fiの接続不良=韓国ネット「テストをせずに発売?」「爆弾に比べれば」[4/24] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【データ通信量が急増する仕様】サムスン最新スマホ、今度はWi-Fiの接続不良】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/10(月) 09:55:40.21 ID:CAP_USER
    イスラエルの独立系セキュリティ研究者であるAmihai Neiderman氏によると、この2年間に販売されたサムスンのほぼ全てのスマートテレビは、ハッカーに対して無防備だという。

    Neiderman氏がサムスンのスマートテレビに搭載されたLinuxベースの「Tizen」OSを調べたところ、多数の脆弱性が発見された。

    いくつかのソフトウェアバグは「2005年を思い出させた」とNeiderman氏は述べた。同氏によると、Tizenはセキュリティを念頭に置いて設計されたものではなく、現代の基準を全く満たしていないという。

    「私はTizenで40種類以上の脆弱性を発見した。ほぼ全てのシステムアプリが無防備な状態にある」(Neiderman氏)

    カリブ海のセント・マーチン島で開催されたKasperskyの「Security Analyst Summit」で現地時間4月3日に発表された同氏の研究は、Tizenのセキュリティに切り込んだ最初の研究の1つだ。Tizenは、サムスンやIntelなど複数の企業がGoogleの「Android」への依存度を下げるために開発したオープンソースOS。

    Neiderman氏は「Tizen Store」アプリ(Appleの「iTunes」やGoogleの「Play Store」に相当するTizenのアプリストア)で見つけた深刻な脆弱性の1つを使って、自分の所有するサムスンのスマートテレビをハッキングすることに成功した。

    Tizen Storeアプリは、デバイスへのほかのアプリのインストールを許可するため、さまざまな特権を持っている。この脆弱性を利用すれば、攻撃者は悪意あるコードをスマートテレビに埋め込んで、制御することもできる。この2年の間に、スマートテレビがユーザーを監視しているとのニュースが何度か報じられた。

    Neiderman氏はeBayで購入した2種類のTizenスマートフォン(サムスンの「Z1」と「Z3」)でも今回の研究成果をテストした。

    同氏によると、Tizen OSは2100万台のスマートテレビに搭載されているという。さらに、主にインドで販売されているサムスンのZ1、「Z2」、Z3スマートフォン、同社の「Gear」スマートウォッチおよびウェアラブル、複数の「NX」カメラ、車載インフォテインメントシステムのほか、エアコン、掃除機、洗濯機、冷蔵庫など家電製品にも搭載されている。

    同氏はサムスンに何度か電子メールを送ってこれらの脆弱性について知らせたが、返信はなかったという。サムスンはNeiderman氏の講演について聞いた後で、ようやく同氏に連絡を取った。

    サムスンは米ZDNetに対し、Neiderman氏の研究結果を分析すると述べた。サムスンの広報担当者は、「あらゆる潜在的な脆弱性を解消するため、Neiderman氏に全面的に協力している」とコメントした。

    情報開示:当記事の原文を執筆したAndrada Fiscutean記者は、Kasperskyの招待で同イベントに参加した。

    この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
    https://japan.cnet.com/article/35099278/

    引用元: ・【韓国】サムスンのスマートテレビは、ハッカーに対して無防備 「Tizen」に多数の脆弱性、研究者が警告[4/5] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【そもそもスパイウェアだし】サムスンのOS「Tizen」に多数の脆弱性。スマホのほかスマートテレビ、スマートウォッチ、エアコン、掃除機、洗濯機、冷蔵庫など家電製品にも搭載】の続きを読む

    このページのトップヘ