まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ストレス

    1: まぜるな!キケン!! 2019/09/06(金) 22:47:27.10 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国では秋夕(中秋節、今年は9月13日)の連休が目前に迫っているが、秋夕や旧正月の連休中にストレスを感じるのは10代も例外でないことが6日、分かった。

    韓国の学生服ブランド、エリート学生服が10代の782人を対象に実施したアンケートの結果によると、72%が秋夕や旧正月の連休にストレスを感じることが明らかになった。

     家族のうち最もストレスを受ける人は「母親」が71%で最も多かった。次いで「家族全員」が12%、「本人」が10%などの順だった。

     連休中に家族や親戚から最も聞きたい言葉は「お小遣いをあげる」(63%)、「外見や性格についての褒め言葉」(20%)との回答が多かった。

     連休中のストレスを解消する方法として、男子は45%が「ゲーム」、女子は23%が「友達と会う」、15%が「ショッピング」と答えた。

    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190906002000882?section=society-culture/index
    聯合ニュース 2019.09.06 15:20

    no title

    学生服ブランド、エリート学生服のアンケートによると、10代の72%(円グラフの赤)が中秋節などの連休中にストレスを感じることが分かった(同社提供)=(聯合ニュース)

    引用元: ・【イライラ】中秋節などの連休 10代の72%「ストレス感じる」=韓国[9/6]

    【それって今話題の火病じゃね? 【イライラ】中秋節などの連休 10代の72%「ストレス感じる」=韓国[9/6] 】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/12/01(木)13:15:13 ID:???
    冬が近づくと韓国の主婦を決まって襲うストレス、原因はキムチ!=韓国ネット「良く言えば伝統だけど…」「なぜ嫁ばかりが行かなきゃいけないの?」

    2016年11月27日、韓国・世界日報によると、本格的な冬が近づくこの季節、毎年韓国の主婦たちをストレスや疲労、体の痛みが襲う。
    原因は、韓国の食卓に欠かせないあのキムチだ。

    韓国には、冬から春先にかけて家庭で食べるキムチを一度に大量に漬ける「キムジャン」という習慣がある。
    核家族化が進む近年は、昔のように近所中の主婦が集まって白菜と格闘する光景は少なくなったというが、
    それでもこの季節になると、気象情報サイトが「今年のキムジャンに最適な日」を地域ごとに発表するほどだ。

    主婦たちが家事などの情報交換をするネット上の掲示板にも、1カ月で「キムジャン」の語を含む書き込みが2万8000件ほどあった。
    中には「キムジャンをしました」と写真を交え報告する書き込みもあるものの、
    「せっかくの休みに田舎にキムジャンをしに行きたくない」
    「子どもが病気なのに夫の実家がキムジャンをしろと要求してくる」など、キムジャンの負担を訴えるものも少なくない。

    続き Record China
    http://www.recordchina.co.jp/a156258.html


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★5 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1478652426/479

    引用元: ・【反応】冬が近づくと韓国の主婦を決まって襲うストレス、原因はキムチ!=韓国ネット「良く言えば伝統だけど…」「なぜ嫁ばかりが行かなきゃいけないの?」 [H28/12/1]

    【【本当はキムチ嫌いだろ】冬が近づくと韓国の主婦を決まって襲うストレス、原因はキムチ!】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/25(水) 12:53:44.87 ID:???.net
    職務上のストレスにより乳がんを発症し、転役(除隊)することになったとして、女性軍人が韓国国防部
    (省に相当)を相手取り傷痍(しょうい)年金の受給権を認めるよう求めた訴訟で、ソウル行政裁判所行政
    12部(イ・スンハン裁判長)は25日までに、発病と業務の相関関係を立証できないとして原告敗訴の判決
    を言い渡した。

    裁判所は判決文で「超過勤務や当直勤務、欠員による代替勤務などで過労とストレスを抱えていた中で
    乳がんとの診断を受け、心身障害により転役することになった点は認められる」としながらも「こうした事情
    だけでは職務上のストレスによりがんを発症したとか、病状が急激に悪化したとは見なし難い」と説明した。

    また、育児休業などで欠員が発生したため原告が業務を肩代わりし、同僚も原告が激務に追われていたと
    証言したが、業務分担や代替人員の投入の有無などを記録した客観的な資料がない以上、欠員による
    業務負担が原告に転嫁されたとは断定できないとした。

    続けて、軍人であれば当直勤務は当然であり、原告の当直勤務が同僚に比べ特に多かったことを示す
    資料もないとし「傷痍年金の受給者に該当しないという決定は法律にかなっている」と説明した。

    原告の女性は2002年7月に陸軍少尉に任じられ、軍服務中の09年6月に乳がんと診断された。同7月に
    部分切除術を受けた後、抗がん剤治療を続けた。

    13年2月に心身障害により転役することになると、国防部に傷痍年金の支給を請求したが、同部は交代
    勤務や徹夜勤務でホルモンバランスが乱れる可能性はあるとしながらも、原告がホルモンバランスを崩す
    ほどの過労を抱えていたとは見なせないとし、年金の受給権を認めなかった。

    これに対し、女性は「過度な代替勤務や海外派遣勤務などで重度の過労とストレスに悩まされて乳がんを
    発症し、結果的に転役することになったため、公務上の疾病と見なすべきだ」として国防部を提訴した。

    ソース:NEWSIS/朝鮮日報 2015/03/25 10:55
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/03/25/2015032501402.html

    引用元: ・【韓国】「職務上のストレスで乳がんを発症した」…女性軍人が国防部を相手に傷痍年金の受給権を求め訴訟、ソウル行政裁が棄却[03/25]

    【金の為ならどんな因縁も付けるニダw 【韓国】「職務上のストレスで乳がんを発症した」…女性軍人が国防部を相手に傷痍年金の受給権を求め訴訟[03/25]】の続きを読む

    1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 23:19:24.15 ID:???.net
    バレンタインデーが韓国人にとって大きなストレスになっていることが、結婚情報サービスの調査で明らかになった。
    13日付で人民網が伝えた。
    韓国の結婚情報サービス「DUO」(デュオ)が20~40歳の韓国人542人を対象に調査を実施したところ、
    男性の89.9%、女性の77.2%が「バレンタインデーなんていらない」と答えた。
    その原因は精神的なプレッシャーと費用の問題。
    男性の37.0%が「強いプレッシャーを感じる」、28.8%が「費用の負担が大きい」、25.7%が「プレゼント選びが大変」と回答。
    女性は36.8%が「費用の負担が大きい」、22.5%が「プレゼント選びが大変」と答えた。
    プレゼントの内容は、男性の46.3%が「チョコレート」、23.7%が「アクセサリー」、14.4%が「洋服」、8.2%が「香水やコスメ」。
    女性は53.0%が「チョコレート」、14.7%が「洋服」、11.6%が「香水やコスメ」と答えた。
    プレゼントにかける費用は、男性が平均8万6000ウォン、女性は3万ウォンだった。
    (編集翻訳 小豆沢紀子)

    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150214/Xinhua_09294.html

    引用元: ・【韓国】韓国人にとってバレンタインデーは「大きなストレス」、調査で明らかに―中国メディア[02/14]

    【 安重根デーに正式に替えればよい 【韓国】韓国人にとってバレンタインデーは「大きなストレス」、調査で明らかに―中国メディア[02/14]】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 12:00:09.50 ID:???.net
    韓国政府が光復(日本による植民地支配からの解放)から70年になるのに合わせ、旧日本軍の元慰安婦に対する心的外傷後ストレス障害(PTSD)の調査を本格的に実施することを決めた。

     女性家族部(省に相当)の関係者は10日「これ以上遅くなる前に、被害者のおばあさんたちのPTSDなどの実態を正確に把握するつもりだ。
    年内に研究陣を集めて対象者を選定し、3年ほどかけて長期的に調査を進める」と明らかにした。
    これまで、民間レベルで元慰安婦に対するPTSD調査を実施したことはあったが、政府が自ら調査と研究を行うのは今回が初めて。

     PTSDは衝撃的な事故や体験が心のダメージとなり、繰り返しそのことを思い出したり、夢に見たりして強い恐怖や苦痛を感じるもので、慢性的なうつや不安症状、認知障害などの症状が出ることがある。

     韓国女性政策研究院のキム・ドンシク研究委員は「(元慰安婦の)おばあさんたちに会い、70年がたった今も目に見えないPTSDが存在し続けていることを感じた。このことが体の病気にまで影響しているように思えた」と語った。
    また「もうあまり残っていないおばあさんたち一人一人に合わせた支援をするためにも、体だけでなく精神的な苦痛についても深層的な研究と診断が必要だ」と指摘した。

     政府は、元慰安婦のPTSDの深刻性が研究で明らかになれば、日本との協議で重要な証拠になると期待している。
    女性家族部の関係者は「戦時の性的暴力被害の深刻性を国際社会に知らせる実証的な資料になるだろう」と話している。

     2013年に政府が実施した元慰安婦に対するメンタル調査では、71.8%が「過去の慰安婦の体験によりストレスと精神的苦痛を受けた」と答えた。
    また、昨年に女性政策研究院が健康調査の一項目としてPTSDの調査を行った際、関連項目の回答者12人全員にPTSD関連の症状が見られた。
    当時のことを思い出すと汗が出たり息苦しくなったりする人が多かったほか、思い出すこと自体を嫌がる傾向もあった。

     女性家族部の関係者は「これまでのメンタル調査は簡単なものだったため、PTSDがどれほど深刻なのか、おばあさんたちの生活にどう影響しているのかを把握できなかった。
    今回は医療者や慰安婦の専門家、心理学者などがおばあさんたちを長期的に見守り、深層的な調査を行うつもりだ」と説明した。
    例えば、医療者が数年にわたり担当の元慰安婦を頻繁に訪問し、話し相手をしながら調査を行う方法などが考えられる。

     韓国政府に登録されている旧日本軍の元慰安婦は238人で、このうち生存者は53人(国内48人、海外5人)となっている。生存者の平均年齢は88.3歳と、ほとんどが高齢だ。
    PTSD調査は本人が話をしたがらなければ不可能なため、調査対象者は15-20人ほどになると女性家族部は見込んでいる。

     同部は併せて、慰安婦に関する記録物を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録することを推進している。
    これに向け、上半期には慰安婦被害のあったほかの国とユネスコ共同登録を協議し、5月には関連の国際学術シンポジウムも開催する。また、12月には政府の『慰安婦白書』も発刊される。

    キム・ヨンジュ記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/02/11/2015021101643.html

    引用元: ・【韓国】元慰安婦のストレス障害、韓国政府が初の調査へ[2/11]

    【ぷぷぷ また新たな切り口をお探しですか? 【韓国】元慰安婦のストレス障害、韓国政府が初の調査へ[2/11]】の続きを読む

    このページのトップヘ