まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ジレンマ

    1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 16:49:12.43 ID:CAP_USER.net
    no title

    スマホ事業で苦戦するサムスン電子。果たして「イノベーションのジレンマ」に陥ったのか(AP)

     韓国サムスン電子の2015年10~12月期(第4四半期)決算(暫定値)は、営業利益で前年同期比15%増の6兆1000億ウォン(約6030億円)を確保したが、実態は市場予想を下回る結果だったことが明らかになった。
    中国の景気減速に伴ってスマートフォン需要そのものが弱まっていることが響いた。鳴り物入りで発売した新型ギャラクシーの売れ行きは伸びず、中東市場などでも中国勢との激しい競合を強いられている。
    スマホ市場が飽和状態に陥る中、パナソニックなど早々と個人向け機種から手を引いた日本メーカーに続き、サムスンのスマホ撤退の可能性もささやかれている。

    アナリスト予想下回る業績、構造変化の波

     サムスンが1月8日に発表した2015年10~12月決算(暫定値)は、営業利益が前年同期比15%増の6兆1000億ウォンの増益だった。

     しかし、その結果は市場を満足させる内容ではなかった。

     ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均に比べ、5400億ウォン低く、トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想でも5千億ウォン少なかった。四半期ベースでみれば、15年7~9月期比17%減で、5四半期ぶりの営業減益だった。

     ロイター通信は、業績を支えてきたメモリーチップやディスプレーの販売が減少、利益全体を押し下げている可能性を指摘。半導体などの部品関連も低迷していることから、「スマホ業界は低成長局面に入った」(アナリスト)との意見を伝えた。

     かつては、スマホ普及の恩恵を受けて、2013年に228兆6900億ウォンの過去最大の売上高を記録したが、14年通期は206兆ウォン台に減少。15年は200兆3400億ウォンとさらに減ったもようだ。

     世界のスマホ市場を切り開いたサムスンはいま、大きな構造変化の波にさらされている。

    中国シェア19・7%→7・2%、わずか2年で

     とりわけ、サムスンの苦戦が目立つのは中国市場だ。

     韓国左派系のハンギョレ紙(日本語電子版)は今年1月初旬、10年以上にわたるサムスン製スマホの愛好家だった北京のユーザーが、ギャラクシーより価格が半分で、機能的にも大差のないとの理由から、中国製スマホに乗り換えたケースを紹介。
    サムスンは中国でシェアトップに上り、世界を席巻していたが「すでに事情が変わった」と論じた。

     実際、市場調査機関に調べでは、サムスン製の携帯電話の中国シェア(数量ベース)は13年に19・7%あったが、2年後の15年には7・2%にまで低下した。

     中央日報(日本語電子版)によると、昨年10~12月期のサムスンの携帯電話端末の販売単価は、前期より40ドル下落して、平均180ドルとなった。安値競争が経営体力をむしばんでいる。

    スマホ低空飛行なら、撤退も?

     サムスンの業績の展望を市場関係者はどうみているのか。

     ブルームバーグは、韓国在住のアナリストの厳しい見方を報じた。
    業績をカバーしてきた電子製品の需要の回復の兆候がみられないことから、「状況は悪化の一途をたどっており、16年1~3月(第1四半期)の利益は一段と落ち込む可能性が高いとみられる」と分析した。

     さらに米ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は、サムスン製スマホが「欧州やアフリカ、中東市場で事業拡大を目指す中国ブランドの攻勢にあうだろう」(アナリスト)とし、戦線の広がりを予想した。

     スマホ事業の低空飛行が続けば、抜本的な改革のメスが必要になるかもしれない。

     米ネットメディアでは昨年秋ごろ「5年以内に携帯電話ビジネスから撤退する可能性がある」(クリエーティブ戦略アナリストのベン・バーリン氏)との見方も出るようになった。それほど、スマホ技術は汎用化が進み、利益が出にくい構造になっているのだ。
    同氏は、巨大企業が自社製品の「いいとこ取り」を後進メーカーにされて、不振に陥る「イノベーションのジレンマ」にサムスンがはまっていると分析する。苦境を脱する術はそう簡単にみつかりそうにない。

    http://www.sankei.com/west/news/160125/wst1601250001-n1.html
    http://www.sankei.com/west/news/160125/wst1601250001-n2.html
    http://www.sankei.com/west/news/160125/wst1601250001-n3.html

    引用元: ・【経済】韓国サムスンに市場ガッカリ、ささやかれる「スマホ撤退」…イノベーションのジレンマにはまった!?[1/26]

    【そんなにヒドイ状況だっったのかW【経済】韓国サムスンに市場ガッカリ、ささやかれる「スマホ撤退」…イノベーションのジレンマにはまった!?[1/26]】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/10/20(火) 12:24:33.81 ID:???.net
    先週末ホワイトハウスであった朴槿恵(パク・クネ)大統領とオバマ大統領の共同記者会見は、
    韓半島(朝鮮半島)問題に対する米国政府とメディアの見解を垣間見ることができる分かりやすい
    機会だった。51分間にわたる記者会見で、米国記者たちの質問は米国内の政治や対外懸案に
    集中した。お客さんを迎えておきながら「とんでもない」質問ばかり行う米国の記者たちが無礼で
    薄情に見えたかもしれないが、冷静に考えれば間違ってはいない。

    大統領に直接質問できる決して多くはない機会を最大限大切に活用するには、最も重要なこと
    から尋ねるのが道理に合う。米国のマスコミが見るにつけ、北朝鮮の核や韓米同盟は米民主党
    大統領候補争いやシリア問題、イスラエル・パレスチナ紛争などに比べ優先順位が下がっていた
    り「つまらない」イシューだということを、私たちの目で確認したわけだ。

    並び立った一国の首脳の「体面」を考えて米国記者たちの質問を適当に打ち切って韓半島(朝
    鮮半島)問題に質問を誘導することもできるが、オバマはそのようにしなかった。どんな質問にも
    誠意を尽くして答えた。十分に見てきた場面なので事実今更どうだというわけでもない。メディアに
    対する米最高指導者の姿勢がうらやましいばかりだ。記者会見が終わるやいなや発言の全文と
    動画をそのままホワイトハウスのサイトに上げたのもうらやましいのは同じだ。その差は今すぐに
    青瓦台(チョンワデ、大統領府)サイトに入ってみれば分かる。

    今回の首脳会談の最大の成果として青瓦台は韓国の「中国傾斜」の可能性に対する米国内の
    憂慮を払拭させて堅固な韓米同盟を再確認したものと強調している。だが記者会見から出てきた
    オバマの発言で色あせていた。オバマは「韓米関係にはどんな亀裂もない」としながら「韓国が米
    国と良い関係を維持しながら中国とも良い関係を結ぶことの間に矛盾はない」と話した。「惜しいこ
    とに(?)」オバマはそこであえてもう一歩踏み込んだ。

    彼は「朴大統領に話したように」という言葉で首脳会談の時にすでに言及したことを暗示しなが
    ら「私が強調したいまさに一つのことは、中国が国際規範と規則を守らない時は韓国も私たちのよ
    うにそれについて声を出すことを望むという点」と話した。第2次世界大戦の終戦後に確立された
    国際規範と規則から韓国も恩恵を受けているのではないかとの説明もつけ加えた。要するに第2
    次世界大戦後に樹立された米国中心の国際秩序に中国が挑戦する場合、韓国も明らかな反対
    の声を出してほしいという要求だ。

    南シナ海や東シナ海で中国が国際法を無視して混乱を起こしたり、米国が構築した国際政治・
    経済の枠組みを揺さぶったりする場合、明確に米国の肩を持つことが韓国の国益に役立つという
    話だ。質問に対する答弁の過程から出た話ではあるが、韓国を日本のように確実な米国側だと考
    えていたとすれば、あえてそのような話をしなかっただろう。中国と良く過ごすのは良いが限度を
    越すことはするなという警告に聞こえる。

    青瓦台は北朝鮮問題に対する別途の共同声明を通じて北核問題を「最高の緊急性」と「確固た
    る意志」を持って扱うことにした点も成果に挙げている。米国がこれまで堅持してきた「戦略的忍耐」
    から抜け出して積極的に北核問題の解決に乗り出すことにしたようなニュアンスだ。事実ならば大
    きなニュースだ。オバマ政権対北朝鮮政策路線の「Uターン」を意味するからだ。国内メディアはこ
    の点を浮き彫りにして大きく報道したが、米国メディアは完全に無視した。北朝鮮が先に核と弾道
    ミサイルプログラムを完全に放棄するという真の意志を見せるべきだという大前提は全く変わって
    いないので、米国の路線変化とは思われないと判断した可能性が高い。

    >>2-5のあたりに続く

    ペ・ミョンボック論説委員・巡回特派員

    ソース:中央日報日本語版<【コラム】こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交=韓国>
    http://japanese.joins.com/article/192/207192.html

    関連スレ:【話題】米中、韓国の中立的態度に不満 南シナ海
    http://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445303222/

    引用元: ・【米韓】 こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交~外交ジレンマは終わりではなく本格的な始まりだ/中央日報コラム[10/20]

    【アジア大陸のこぶ【米韓】 こぶを取ろうとして、こぶがくっついた米中均衡外交~外交ジレンマは終わりではなく本格的な始まりだ/中央日報コラム[10/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ