まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ジャーナリスト

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/23(火) 11:46:15.78 ID:CAP_USER
    「英語の原文まで要求、安企部時代思い出した」

    先週金曜日(19日)午前、英国人ジャーナリストのマイケル・ブリーン元ソウル外信記者クラブ会長(66)は、KBS記者からの電話に出た。

    ブリーン元会長が6日付の本紙に「光化門広場に(2014年4月に沈没して300人以上の死者・行方不明者を出した)旅客船『セウォル号』の追悼施設を作ることに反対する」という内容のコラムを書いた経緯を尋ねる取材だった。KBS記者はブリーン元会長に「朝鮮日報が書いてほしいと言ったのか」と質問した。

    ブリーン元会長は1982年から37年間にわたり韓国社会を見守ってきたジャーナリストだ。英紙ガーディアンやザ・タイムズ、米紙ワシントン・タイムズのソウル特派員を務めた。韓国社会を最も深く知り、理解している海外の知識人の1人だと言える。今年から本紙のレギュラー・コラム執筆陣に加わった。

    先月「民心も法に従うべき、韓国の指導者は勇気をもって示せ」という最初のコラムを書き、今月初めに2本目のコラム「セウォル号追悼碑設置、果たして光化門は適切なのか」でセウォル号を取り上げた。

    ブリーン元会長はコラムに「2014年のセウォル号事故は壮絶さを極めた。犠牲者のほとんどが同じ学校に通う子どもたちだったということも、悲しみを一層深める要因となった」と書いた。

    だが、その一方で、「セウォル号追悼施設は韓国の歴史上最も尊敬されている偉人の世宗(セジョン)大王と李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が建てられている光化門広場のテーマと一致しない」として、「ソウル市がここにセウォル号の追悼空間を設置しようとするのは『韓国人は犠牲者』という韓国特有の考え方に由来していて、セウォル号の犠牲者は政治的意図に利用されている」と指摘した。

    ブリーン元会長はKBS記者に「朝鮮日報に毎月1回コラムを書いている。朝鮮日報にはコラムの内容を事前に教えていないし、朝鮮日報は『このようなことを書いてほしい』と要請もしていない」と答えた。KBS記者は「原文を見せてほしい」と要請、ブリーン元会長は原文も送ったという。

    外国人が民間メディアに論争を起こすような内容を寄稿したからと言って、その国の公営放送局が「原文を見せろ」と言ってくるなどというのは極めてまれなことだ。ブリーン元会長は本紙に「私が書いた文だが、原稿をほかの報道機関に送ってもいいか」と了承を求めてきた。本紙は「もちろん大丈夫だ」とブリーン元会長に言った。

    その後、本紙はKBSのその記者に「このようなことは非常に異例だが、どうしたことか」と尋ねた。この記者は「そこまでお話しするのは難しい」と答えた。

    原文を要求した理由については「ブリーン元会長が『英語で書いたが、朝鮮日報が直した』と言ったので…」と説明しかけて、「いや、『朝鮮日報で翻訳をした』と言ったので…」と言い直した。「韓国語で書いたと思っていたのに、英語で書いたと言うから…」とも言った。

    2019/04/23 11:15
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380085.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380085_2.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042380085_3.html

    >>多分続きます。

    引用元: ・【朝鮮日報】この国は自分こそ邪悪な「他人」の犠牲者だとアピールしたがる←KBSが本紙に寄稿した英国人ジャーナリストに圧力[04/23]

    【特性をよく理解してるな【朝鮮日報】この国は自分こそ邪悪な「他人」の犠牲者だとアピールしたがる←KBSが本紙に寄稿した英国人ジャーナリストに圧力[04/23] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2017/11/06(月) 11:09:23.48 ID:CAP_USER
    【チョ・ヨンジュンの智楽弼楽】

    (写真)
    no title

    ▲ 作家=チョ・ヨンジュン(文化探査ジャーナリスト)
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    今年の1月から9月までに日本を訪ねた韓国人観光客が522万人に迫ったという、日本政府観光局(JNTO)
    の集計が先日報道された。昨年の同期間よりも約40.3%増加して、史上最多だったのである。

    この傾向が続いた場合、今年の訪日韓国人旅行客は500万人を超えた昨年よりも200万人増加の700万人
    に達すると予想されるらしい。これは我が国総人口の14%に相当する数値で、毎年10人に1人以上が日本に
    遊びに行く事になる。

    なぜこのように日本を訪ねるのだろうか? マスコミの大半は次の理由を挙げる。高高度ミサイル防御
    システム(THAAD)の韓半島(朝鮮半島)配備による中国の経済報復で、中国の代わりに日本に多く
    向かったという分析、100円当たりの為替レートが1000ウォンを前後する円安、格安航空の増加などが
    理由である。

    全て納得できる。しかし筆者にはさらに決定的な理由がある。それは物価だ。はっきり言ってソウルの物価
    は東京や大阪よりも高い。ホテル代は言うまでもなく、食べ物の値段も概ね高い。だから日本に遊びに行く
    のである。

    筆者は執筆、資料収集などのために最近日本に頻繁に出入りした。そうして下した結論は、ソウルの物価
    が非常に高すぎるという確信だった。東京の中心部でソウル 明洞(ミョンドン)に相当する銀座や、梨泰院
    (イテウォン)に相当する六本木などで数回宿泊したが、1泊10万ウォン前後で非常に綺麗な良いホテルを
    取る事が出来た。しかし、ソウル 明洞や江南(カンナム)でそこそこのホテルを取ろうとすれば、10万ウォン
    後半か20万ウォンを超える。

    筆者はメミルグクス(蕎麦)が好きで日本に行く度にこれをよく食べるのだが、頻繁に行く銀座の蕎麦屋でも
    5000ウォン程度払えば立派な食事が出来る。しかし、ソウルでは7000ウォン以上取られる。 センソンチュ
    パプ(寿司)も同じである。銀座の寿司屋で2人で生ビールと鯛のかぶと蒸しを添えて、寿司を思う存分
    食べても10万ウォンを少し超える程度。ソウルのそこそこな日本料理屋では、鯛のかぶと蒸し一つだけでも
    10万ウォンに迫るはずだ。

    日本を持ち上げる気持ちは微塵も無いが、飲食店のサービスは決して韓国は日本に追い付けない。日本
    も最近世代が変わり、親切度が低くなった部分を見つける事もあるが、それでも大半は相変わらず非常に
    親切である。飲食店の厨房の清潔状態や衛生問題もそうである。

    だから韓国ではサービスも足りない上に親切でもなく、上品な陶磁器食器ではなくプラスチックに収められ、
    衛生状態が少し不安な食べ物を高めに食べるという気持ちが率直な心情である。

    ソウルはなぜ東京よりも物価が高くなるのだろうか?消費者の為の全ての客観的指標で東京の方が上にも
    かかわらず・・・、である。この問いに対する根源的な解答は、地価から探る事が出来る。ソウルは奇形的に
    不動産価格が高過ぎて、物価が高くなるしかない構造だ。建物のオーナーがそれぞれの賃貸料を高く設定
    すると、店を借りて商売をする人も販売する商品の値段を高くして、相対的に顧客へのサービスは減らさ
    なければならない。現在、ソウルの不動産価格と賃貸料が我が国民のGDPや月平均所得水準に適当で
    あると考える人がいくら居るだろうか。

    ソース:亜州経済(韓国語)
    http://www.ajunews.com/view/20171104103536492

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】日本を訪ねる韓国人観光客『年700万人』の意味[11/06]

    【【暴落したら終わっちゃうよ】韓国人文化探査ジャーナリスト「韓国人が日本に行くのはソウルの不動産高騰のせい」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/06/26(月) 23:42:20.27 ID:CAP_USER
    後味がすっきりしない。この国の外交的自殺行為を私たちはいつまで無気力に見守らなければならないのだろうか?なぜ傍若無人な左翼勢力は米国-日本など同盟国の駐韓国大使観の前で外交的欠礼をはばからず、それでも公権力を含む体制を守る義務がある主流勢力は微動もできないのか?

    何年か前、日本大使館前に慰安婦少女像を設置して外交的欠礼論議を呼び起こしたこの国がまた事故を起こした。今回は駐韓米国大使館が標的だ。民労総など90余りの反米団体で構成されたサード韓国配置阻止全国行動の24日包囲デモが問題だ。ソウル都心の米大使館を包囲したいわゆる人間の鎖をつなぐデモという同盟国米国を狙った事実上の敵対行為だ。

    サード反対は言い訳にすぎず、韓米首脳会談が目前の状況で彼らは米国に向かって実力行使をして見せたが、それで私たちの現住所がみな明らかになった。状況を手をこまねいていた公権力、デモを許容した無責任な裁判所、口もにっこりとできない卑怯な知識社会は十分に総体的難局だ。

    反米運動成功30年は左翼の作品
    (中略:反米の歴史)

    整理すると次のようになる。韓国社会の反米運動は過去30年余りの左翼の企画の中で最も成功した政治闘争だ。運動圏が火種を作り、市民勢力が受け継いで底辺を広げ、ついに中央権力まで占める間、韓国社会は傍観してきた。今、大韓民国が揺れているのは反米という体制脅威要素を相応の時に除去できなかったからだ。

    誰を恨むのでもない。「反米、ちょっとしたからって何?」と言った大統領(記者注:盧武鉉大統領のこと)を私たちの手で選び、その後もずっと変わらないから、結局は私たちみんなの責任だ。その結果、この国はほとんど統制不能になった。慶北星州で現地人と外部の人がみな固く団結してサード砲台を運用する米軍部隊のオイル流入を制約する無法を天下にさらしし、ついに大使館包囲デモまで行った。

    10年余り前、仁川(インチョン)のマッカーサー銅像の是非を論じた彼らは大胆にも大韓民国の安全の責任を負う米軍兵士らの活動を制約し、いよいよソウル都心の駐韓国大使館まで圧迫中だ。元大統領補佐官という者まで立ち上がって外交的自殺を繰り返しているのに、これをまともに叱る人さえ珍しい。

    メディアも同じだ。1982年、釜山(プサン)米文化院放火事件が起きた時、すべてのメディアが「反米無風地帯」として知られた韓国でこの様なことが起きたことを心配した。その流れで当時の中央日報はこのように指摘した。「反共と親米は憲法以上の国民的合意と断言できる。」

    35年後の今の状況を見れば、少々隔絶感がなくはないが、当時のジャーナリズムはそれでも元気だったし、自由民主主義韓国社会を支える柱の一つであった。事実、建国大統領、李承晩(イ・スンマン)博士が大韓民国をたてる時、効率的な米国活用法、すなわち用米のノウハウを発揮した。それは親米-反米の二分法を離れてこの小さな国の生存法だった。

    彼が用米で国を建てたとすれば、朴正煕(パク・チョンヒ)は用日でこの国を金持ちの国にすることに成功した。韓日国交正常化をはかって国際政治と経済の二つの領域の念願を共に果たしたのだ。すなわち大韓民国の建国と富国は純粋に用米-用日の連続的成功のおかげだ。

    おかしなことに、今の私たちは必ずその反対に動く。米国を指差し、日本には常に不平不満を言う。この様な過程で朝・中・東の3紙が体制守護の隊列から離脱したという疑問を持って久しい。だから一層心配だ。一つの国が壊れようとする時に起きることを、私たちはこの頃、実感しているところだ。再び問う。用米-用日で立ち上がった国が衝動的な反米-反日と共にこのまま座り込むのか?

    チョ・オソク/ジャーナリスト
    no title


    ソース:メディアペン(韓国語) 用米で立ち上がった大韓民国、反米で座り込むか?
    http://www.mediapen.com/news/view/280447

    引用元: ・【韓国】 用米で立ち上がった大韓民国、反米で座り込むのか?~この国で起きている外交的自殺行為、いつまで傍観するのか[06/26] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【他者を利用する事が美徳の国】韓国人ジャーナリスト「用米-用日で連続的成功の韓国、反米-反日で座り込むか?」】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/03/01(水) 01:17:57.60 ID:CAP_USER
     狂気の時代だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾審理をする憲法裁判官を殺害するという言葉が公然と出回っている。朴槿恵-チェ・スンシル国政壟断を暴いているパク・ヨンス特別検察官を「殺してしまえ」という声まで聞こえる。常識と理性が失踪し、野蛮と狂気が大手を振るう世の中になった。

     昨年1000万本のろうそくが平和に燃え上がった時、韓国社会の積弊をきれいに清算する機会が訪れるという期待が膨らんだ。だが、最近になってそれは希望混じりの楽観であったことが露わになった。大統領弾劾に反対するいわゆる「太極旗集会」は勢力を伸ばし、ますます過激化している。白色テロが乱舞した解放政局に戻るのではないかという不安まで抱くほどだ。弾劾政局が終われば消える一時的な現象ではなさそうだ。

     経済的に世界10位圏に達した大韓民国が、政治的にはなぜこれほどの後進性を抜け出せずにいるのだろうか。誰が“広場の狂気”を焚きつけて、私たちの社会を退行させているのか。

     まず、公的概念が不在な政治家が挙げられる。政治家の資格要件のうち最も重要なのは公人意識を持つことだ。公とは「私的なことに背を向ける」という意味だ。だが、一部の政治家は権力を握ればこれを私的に利用して、自身と徒党の利益を得る手段として使ってきた。朴槿恵-チェ・スンシル国政壟断事件は、公的概念のない政治家が国をどこまで亡ぼすことができるかを示す代表的事例だ。

     私益の追求に没頭する政治家は、彼らの利益だけのために国民を自分の側と反対側に分ける。国民統合は口先だけで、自身の権力維持のために絶えず国民を分断し叩いて葛藤を助長する。ろうそく集会に対抗して太極旗集会がますます勢力を伸ばし過激になった裏には、大統領府に最後まで居座っている朴大統領とこれに同調する一部の親朴政治家たちがいる。彼らは自分たちの権力維持のために、ろうそく市民と太極旗集会参加者の流血衝突をも辞さないだろう。むしろそれを焚きつけているのかも知れない。

     こうした政治家を支えているのは、一部の所信のない官僚たちだ。公務員は国民の税金で生活している。公務員が自身を食べさせてくれる国民のために奉仕しなければならないのはあまりにも当然の義務だ。だが、私益を追求する政治家に媚びて不当な利益を得ようとする官僚が少なくない。特に国家情報院や検察警察など権力機関の官僚が最も激しい。国家を法律に則り運用し、国民の生命と財産を保護せよとして与えられた強大な権限を、自身の出世と私益のために誤用する。

     自身の人事権を握っている権力者に消極的に服従する官僚もいるだろう。問題は、自分たちがさらに積極的に出て政治家たちに忠誠を尽くし、その見返りを得ようとする官僚たちだ。特検の延長を拒否し、朴大統領守護に没頭している黄教安(ファン・ギョアン)首相が代表的だ。彼は“厚黒総理”(面の皮が厚く心が黒いこと)らしく、自身の権力意志を巧妙に偽装して朴大統領と親朴勢力の利益のために奉仕して、さらに大きな見返りを得ようとしている。 彼の目には、国民は必要な時に自身の人気集めに動員する演劇舞台の小道具に過ぎない。
    >>2-5のあたりに続く

    チョン・ソック編集人
    no title


    韓国語原文入力:2017-02-27 19:06
    http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/784418.html 訳J.S(2117字)

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版[コラム] 誰が“広場の狂気”を焚きつけるのか
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/26646.html

    引用元: ・【韓国】 誰が「広場の狂気」を焚きつけるのか~公的概念のない政治家、官僚、曲学阿世の学者、真実を糊塗するジャーナリスト[02/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【救いようが無いねこの国は】ハンギョレ新聞「公的概念のない政治家、官僚、曲学阿世の学者、真実を糊塗するジャーナリスト」】の続きを読む

    このページのトップヘ