まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ジム・ロジャーズ

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/16(木) 13:50:31.55 ID:CAP_USER
    「韓国は今後10~20年間、世界で最も魅力的な国に変貌を繰り返すだろう。日本は50年以内に国家の存廃を論じるほど深刻な状態に陥るだろう。」

    ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスとともに世界3大投資家に数えられるジム・ロジャーズ(76)が見通した韓国と日本の未来だ。

    ジム・ロジャーズは新刊「世界で最も刺激的な国」でこのように明らかにした。同書は今年1月、日本で「お金の流れで読む 日本と世界の未来」というタイトルで出版された本を翻訳したもの。

    著者は韓国、日本、中国など東アジアを中心にお金と歴史の流れに対する考えを解説。本には「日本は借金が多く子供も産まないから50年後、100年後に消える」とか「日本に住む十才の子供なら直ちに日本を離れろ」等の内容が含まれていて日本人たちに衝撃を与えた。

    韓国語版序文で著者は「今の私を興奮させるのは『アジアの世紀』が目の前に展開する日が遠くない点。特に韓国と日本は新しい歴史の分岐点の前に立っている」と話した。韓国は歴史上類例がない「機会の土地」で世界史の全面に登場する日を準備するのとは異なり、日本の未来は衰退の一途を歩いていると彼は説明した。

    彼は「これから韓国が世界で最も刺激的な国になることを疑わない」として「統一された韓半島を見たい。その中でほとばしる機会と歓呼の声を聞きたい」と書いた。また「5年後、アジアで一番幸せな国は韓半島の統一国家になるだろう」とも書いた。タイトルにも登場する「刺激的な国」は北朝鮮との交流と統一韓国が最も興味津々と期待感で興奮させる国になるだろうという肯定的な意味で使われた。

    ジム・ロジャーズは数年前から各種講演やインタビュー等を通しても北朝鮮投資について期待感を表わしてきた。彼は北朝鮮が開放されれば二桁を越える速い経済成長を成し遂げ、韓国も肯定的な影響を受けると予想した。日本の没落を占いながらも韓国の将来を明るく見る理由もここにある。韓国と北朝鮮が統一されれば互いに不足した部分を補完して長所を生かしながら飛躍的に成長できるからだ。南北の軍備支出が減少し、韓国の低出産高齢化問題も解決できる。

    もう一つの理由として著者は韓国人の気質が日本人よりもう少し開放的で変化が好きで外国文物をより受け入れ点を挙げた。ジム・ロジャーズは数年内に最悪のベアマーケット(下落相場)が地球村を襲うと警告した。彼は「ベアマーケットは歴史的にいつも存在したが、今回近づく危機は私の生涯最悪の事態になる可能性が高い。過去とは次元が異なる過度な借金によって全世界の大小の企業が相次いで倒産するだろう」と展望した。ここに米中貿易戦争までからめば、ものすごい大惨事が起きると彼は予告した。

    著者は「韓国は躍動的な明日が待っているが、これからまき起こるグローバル経済寒波で無風地帯はない」として韓国の企業と政府が衝撃を最小化するために備えなければなければならないと助言した。ムン・ジェイン政府については「所得主導と革新という二つの中心軸を基盤に成長政策を推進しているが、効果は、はなはだ疑問」とし、「青年たちが挑戦より安定を追求する社会で革新は起きにくい」と指摘した。

    ジム・ロジャーズはエール大学で歴史学を、オックスフォード大学で哲学・政治・経済学を学び、1969年ジョージ・ソロスとともにグローバル投資社カンタムファンドを設立、世界的な投資家になった。よどみなく挑発的な発言もはばからない彼はリーマンブラザーズ事態、トランプ大統領当選などを予測したことがある。彼はアジアの時代を予測して2007年、家族と共にシンガポールに移住した。

    (ソウル=聯合ニュース)カン・ジョンフン記者

    ソース:毎日経済(韓国語) ジム・ロジャーズ「韓国、歴史上類例がない機会の土地なる「
    https://www.mk.co.kr/news/culture/view/2019/05/319867/

    引用元: ・【書籍】 「日本は衰退の一途、韓国は歴史上類例がない『機会の土地』になる」~ジム・ロジャーズ新刊「世界で最も刺激的な国」[05/15]

    【こんな馬鹿信用するとか 【書籍】 「日本は衰退の一途、韓国は歴史上類例がない『機会の土地』になる」~ジム・ロジャーズ新刊「世界で最も刺激的な国」[05/15] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/05(土) 08:26:33.35 ID:CAP_USER
    ロジャーズ・ホールディングスのジム・ロジャーズ会長(75)は、ウォーレン・バフェット氏やジョージ・ソロス氏と並んで「世界3大投資家」と呼ばれる。

    27歳の時だった1969年、ソロス氏と「クォンタムファンド」を設立して、1980年までに12年間4200%の累積収益率を記録し、「伝説」となった。彼は自分で世界を歩き回りながら見て聞いた内容をとおして将来を予測する洞察家としても有名だ。

    1990年、6大陸52カ国、10万マイルをモーターサイクルで見て回った後、中国が世界の中心になるだろうと予見した。当時、中国は天安門事件以来、改革開放の後遺症に苦しんでいた。多くの人たちは首をかしげたが、氏の予言通り、中国は現在、世界第2位の経済大国に浮上した。

    そのロジャーズ会長が、「韓国、投資先としては興味ない」と一喝した。「韓国経済の100年」を展望する放送番組の撮影のために訪韓して出した診断である。

    ロジャーズ会長は、ソウル鷺梁津(ノリャンジン)にある「公務員試験村」を訪れて、一日に15時間も勉強するという学生たちに会ったという。その上、「10代たちの夢がビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグではなく、公務員なら国がどうなると思うか」と語った。

    実際に「公務員が首位」という青少年の職業選好度の調査結果が変わったというニュースを見た記憶がない。フランスは大統領、長官、高位職公務員を排出する国立行政学校(ENA)を目標にいち早く「勉強に夢中になる」10代らがいるが、ごく少数のエリートに過ぎない。

    ロジャーズ会長が指摘したように、業務や職位と関係なく、「ただ公務員」になるために何年も勉強に熱を上げる国は、韓国しかないだろう。

    国民に奉仕する信念のためならともかく、ひたすら「定年」と「安定」のために誰もかれも公務員の道を進もうとするのは残念でならない。

    国家公務員試験の歴史が100年を超えた英国は、10代、20代の間で公務員は「嫌悪職業」に墜落した。給与が社会平均レベルより低いうえ、いつでも解雇されかねないからだという。

    青年たちのためにも、国のためにもロジャーズ会長の「予言」は外れなければならないのに息苦しいばかりだ。

    http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1017942/1

    引用元: ・【経済】「世界3大投資家」のジム・ロジャーズ氏「10代が公務員を夢見る韓国には興味ない」[8/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ここはニホンモースレ】「韓国、投資先としては興味ない」世界3大投資家のジム・ロジャーズ氏】の続きを読む

    このページのトップヘ