まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:シンガポール

    1: 動物園φ ★ 2018/03/22(木) 18:07:34.63 ID:CAP_USER
    「洗濯していたところ、日本巡査に連れ去られた」…慰安婦被害者事例集を出版
    2018年03月22日16時37分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    1945年10月、タイ・ウボンラーチャターニーで撮影された慰安婦女性写真。右はタイでノ・スボクさんの家族が運営していた喫茶店と家族。(写真=ソウル市)
    no title


     貧困のせいで14歳の幼い年に嫁に行くことになったノ・スボクさん。ノさんは21歳になった年に家政婦として働きに行った釜山(プサン)で洗濯をしていたところ、日本巡査に連れ去られた。40日余りの航海の末にノさんが到着したところはシンガポール。彼女はそこで地獄のような慰安婦生活を余儀なくされた。朝には軍人の服を洗ったり清掃をしたりし、午後には弾薬筒を運びながら一日に60人の兵士を相手にした。このように8カ月を過ごした後、タイに移されたノさんは日本が連合軍に降参すると英国軍の捕虜収容所に収容された。戦争が終わった後、彼女は故郷に戻ることができずマレーシア、タイなどの地域を転々としたあげくにタイで結婚して家族を作った。2011年、タイで死亡したノさんは生前に「やっと命だけをつないでいく生ける屍に他ならなかった」と証言した。

    旧日本軍慰安婦被害者16人の生々しい証言と米国やタイ、英国の現地調査を通じて新しく発見された資料を盛り込んだ事例集『連れ去られる、捨てられる、私たちの前に立つ』が22日、出版される。ソウル市がソウル大学人権センターの鄭鎮星(チョン・ジンソン)教授研究チームと共に発掘した事例集の副題は「写真と資料で見る旧日本軍慰安婦被害女性の話」だ。

    この事例集は慰安婦被害女性の生涯を扱うことに集中した。ソウル市が昨年発刊した証言集が被害状況の説明に焦点を合わせたとすれば、この事例集には植民地社会でどのような生活をして連行されるようになったか、帰還旅程、帰還後の生活まで説明する。

    特に、その間被害者の証言があっただけで大きく注目されなかったタイの慰安婦関連資料が目を引く。事例集にはタイのカーンチャナブリー・アユタヤ収容所の他にもウボンラーチャターニー地域に慰安婦がいたとのことを見せる資料が盛り込まれた。ウボンラーチャターニー収容所を管理した英国軍大佐が朝鮮人慰安婦5人の写真を残し、回顧録に彼らが助けを求めた事実を残したものだ。

    韓国政府に被害登録ができなかった被害女性の話もある。被害が明らかになったがすでに亡くなった被害者、中国に住みながら国籍回復をあきらめたか国籍回復中に亡くなった被害者、遅まきながら被害を公開して政府登録の過程を進めていくうちに亡くなった被害女性の話だ。

    事例集は22日から購入できる。ソウル市は旧日本軍慰安婦に関する歴史的事実を知らせる市民を対象にした講演会も開催する。ソウル大学人権センター関係者は「慰安婦被害女性の話を中心に旧日本軍慰安婦問題の歴史を理解できる契機になれば良いだろう」と話した。ソウル市関係者は「これまでは生存しておられる慰安婦被害者の証言がこれを代替したとすれば、これからは事例集のように資料と証言集に記録して史料として体系的に管理し、具体的証拠を通じて慰安婦の実態を明確に証明していきたい」と明らかにした。

    http://japanese.joins.com/article/857/239857.html?servcode=400&sectcode=400

    引用元: ・【韓国】元慰安婦「洗濯していたところ日本巡査にシンガポールへ連れ去られ、毎日60人の相手をした」

    【【韓国】元慰安婦「洗濯していたところ日本巡査にシンガポールへ連れ去られ、毎日60人の相手をした」 】の続きを読む

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/28(火) 08:58:24.22 ID:CAP_USER
    外信が告発した「バッカスおばさん」高齢者売春の現実

    no title


    シンガポールニュースチャンネルニュースアジア(CNA)は、去る1月29日「大韓民国のおばあちゃん売春婦」というタイトルで「バッカスおばさん」を扱うドキュメンタリーを制作して配信した。

    「バッカスおばさん」は、高齢者に疲労解消剤などを渡しながら、売春や類似売春をする高齢者の女性を意味する言葉で、主に鍾路など高齢者層が多く訪れる鍾路などで会えると知られている。

    ドキュメンタリーは「高齢者の性売買」という刺激的な素材を扱うが、すぐに「バッカスおばさん」は、韓国の深刻な高齢者貧困率と政府支援の不足のために現れる社会現象という巨視的な問題を皮肉っている。

    ドキュメンタリーに出てくる売春高齢者朴某さんは、「恥ずかしいが仕事をするしかない」と自分の数奇な事情を打ち明けた。

    朴さんは「子供たちを育てたが、一つも教育をさせなかった。(子供たちの)父が賭博で全て失ってばらばらになった。ソウルに住んでいた子供たちを小学校にやることができたのに...」と言いながら、自分の境遇を嘆いた。

    朴さんの夫は、朴さんが継続的な治療が必要な神経痛を患うという事実を医師に聞いた後、家出して消息が絶えたという。

    朴さんは、「私が痛くて深刻な神経痛を生じたが、赤ちゃんの父親は医師にそれ(病名)を聞いて後ろに倒れて家を出た」、「政府支援で飢え死にしませんが、薬の価格が高すぎる。だから、ここ(仕事)に来た」と話した。

    South Korea's Granny Prostitutes | Get Real | CNA Insider
    https://youtu.be/_G-TxKz6iww



    韓国崇実サイバー大学イ・ホソン教授は、バッカスおばさんたちに「なぜ売春をするのか」と尋ねたところ、「あなたも餓えてみよう」という回答が返ってきたと明らかにした。売春高齢者の女性のほとんどが、最小限の生計維持のために働くという事実を知ることができる部分である。青年たちも雇用不足に悩まされている韓国の現実で老年の女性が職を求めることは不可能に近い。

    イ教授は、「ソウル市もこの問題に関心を持っているが取り締まりだけしていて、福祉などの支援はないとし、この方々(バッカスおばさん)だけを別に福祉支援することはできないからだ」と語った。

    韓国の高齢者貧困率は、OECD 1位、2015年基準49.6%である。高齢者全体の半数近くが貧困に悩まされているという意味である。高齢者の自殺率もOECD平均の実に3倍に達する。このような現実で「食べて生きる」という問題が切迫した高齢者に、倫理の物差しを突き付け後ろ指を差しても何も解決できない。

    支援のない政府の一方的な取り締まりは、売春がさらに日陰化する副作用を生むだけだ。高齢者の貧困を解決することができる実質的支援や高齢者雇用の用意などの対策が必要な時である。

    ソース:YTN 2017-02-24 15:30(機械翻訳)
    http://www.ytn.co.kr/_ln/0103_201702241530063655

    引用元: ・【韓国】シンガポールが「大韓民国のおばあちゃん売春婦」というドキュメンタリーを制作[02/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これは銅像決定! 】シンガポールで「大韓民国のおばあちゃん売春婦」の告発ドキュメンタリー】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/29(火) 00:32:20.70 ID:CAP_USER
    no title


     韓国・慶尚南道(キョンサンナムド)金海(キメ)市は韓林農業いちご輸出農団所属の農家25か所で生産されたいちご200キロをシンガポールへ初輸出したと28日、明らかにした。

     今回シンガポール初輸出を皮切りに東南アジアなど世界6か国へ輸出される計画の韓林いちごは金海市戦略輸出品目で、輸出農団所属の農家の大部分が30年以上のいちご栽培キャリアを有した輸出専業農家で、国内はもちろん海外でも品質で認められている。

     市は輸出いちごの国際経済力を高めるために2017年には9億ウォンの予算を確保し、いちごの優良苗購入費を支援し、酷寒期の低温被害予防のための暖房施設と高設栽培を拡大普及し、いちご栽培農家の経営費を下げるように支援する計画だ。

     一方、市は昨年は18農家(150トン)で12億ウォンの輸出実績をあげており、今年は25農家(250トン)で25億ウォンの輸出を目標にしている。

    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2016/1128/10178673.html

    引用元: ・【食】韓国・金海のいちご、シンガポールへ初輸出…今年25億ウォンを目標[11/29] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【日本から盗んだいちご】韓国・金海のいちご、シンガポールへ初輸出…今年25億ウォンを目標】の続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 00:48:28.39 ID:???.net
    2015年08月09日11時15分
    [? 中央日報/中央日報日本語版] comment53hatena0 ]
    http://japanese.joins.com/article/223/204223.html
    米国在住の旧日本軍慰安婦被害者のパク・ユニョンさんが韓国時間8日午前3時25分ごろに死去した。
    享年93。これで韓国政府に登録された慰安婦被害者283人のうち生存者は47人に減った。
    女性家族部がこの日明らかにしたところによると、パクさんは肺と心臓に水がたまる症状を見せるなど健康が良くなく、
    長く病院で入院治療を受けていた。今年に入ってからも4回にわたり救急室に入院し危険な峠を越えてきた。
    死去直前まで2週間にわたり息子の家で最後の時間を過ごした。
    1993年8月に旧日本軍慰安婦被害者に登録されたパクさんは19歳だった1941年に友達とともに
    釜山(プサン)に遊びに行き悲劇の運命を迎えた。旧日本軍の看護婦になればたくさん稼げるという
    誘惑にだまされて韓国人女性6人とともに関東やシンガポールなどで慰安婦生活を強要された。

    日本敗戦後の1945年に故国に戻り、釜山と京畿道坡州(キョンギド・パジュ)などで山菜を売り生計を維持した。
    2007年に米アリゾナ州に居住地を移し養子夫婦とともに生活してきた。

    引用元: ・【訃報】慰安婦被害者のパク・ユニョンさんが死去 関東やシンガポールなどで慰安婦生活を強要される[08/10]

    【惨めですね【訃報】慰安婦被害者のパク・ユニョンさんが死去 関東やシンガポールなどで慰安婦生活を強要される[08/10]】の続きを読む

    このページのトップヘ