まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:シェア

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/14(火) 11:40:53.94 ID:CAP_USER
    韓国経済が早ければ5月からは正常化するという見通しが出てきた。

    ハナ金融経営研究所は13日、こうした内容を盛り込んだ「新型コロナウイルスの世界的流行にともなう産業別影響」と題する報告書をまとめた。

    研究所は「中国を見ると隔離政策から1カ月が過ぎれば感染者の増加傾向がピークに達し、その後1~2カ月ほど過ぎれば正常な経済生活への復帰が可能だ」とし、韓国経済が早ければ5月から正常化すると期待した。

    研究所は特に「主要国より早く正常化するならば世界市場でのシェアを高める機会になるだろう」としながらも、「防疫失敗で感染者が再び増加すれば同様の隔離過程を再び進めなければならなくなる」と強調した。

    しかし世界的な大流行が深まるにつれ国際的に移動制限が長引き、航空業と観光・宿泊業は10-12月期が過ぎなければ業況は正常化できないと予想した。特に観光・宿泊業は新型コロナウイルスの大流行が終わっても現地の観光業者の廃業などでインフラ再構築に相当な時間がかかるものとみられる。

    中央日報日本語版
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200414-00000028-cnippou-kr

    4/14(火) 11:19配信

    引用元: ・【中央日報】韓国経済、早ければ来月にも正常化…「世界市場でのシェア高める機会」 [4/14]

    【えっ、ナンデ? 【中央日報】韓国経済、早ければ来月にも正常化…「世界市場でのシェア高める機会」 [4/14]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/08(木) 15:43:57.13 ID:CAP_USER
    2019年8月7日、中国のテクノロジー系メディアの太平洋電脳網(PConline)は、中国のスマートフォン市場で、韓国サムスン電子のシェア(出荷台数ベース)が再び1%未満に低下したと報じた。

    「海外メディアの報道」として伝えたもので、市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)の報告書によると、サムスンの19年第2四半期の中国スマホ市場における出荷台数は70万台で、シェアは0.7%だった。

    サムスンの中国スマホ市場でのシェアは、16年が4.9%、17年が2.1%で、18年第2四半期から1%を切り、19年第1四半期は1%台(1.1%)に復帰していた。

    19年第2四半期の中国スマホ市場では、中国のファーウェイが出荷台数3730万台、シェア37.3%で首位となった。2~4位はOPPO(19.7%)、vivo(18.5%)、シャオミ(12%)と中国勢が並び、米アップルは出荷台数620万で5位だった。
    Record china
    2019年8月8日(木) 15時40分
    https://www.recordchina.co.jp/b735742-s0-c20-d0054.html

    引用元: ・【ファーウェイ37.3%で首位】サムスン、中国スマホ市場シェアまた0%台に[08/08]

    【持ってる人はほとんどいないんじゃない?【ファーウェイ37.3%で首位】サムスン、中国スマホ市場シェアまた0%台に[08/08] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/06/09(日) 12:40:52.42 ID:CAP_USER
    米中貿易戦争の激化で世界半導体市場の不況が深まっている。 

      市場調査会社DRAMエクスチェンジは7日、「今年7-9月期のDRAM価格の下落幅は15%に達し、当初の予想より5%ポイントさらに落ちるだろう」と予想した。米国の制裁を受けるファーウェイ(華為技術)のスマートフォンとサーバー製品の出荷量減少を原因に挙げた。 

      メモリー価格の下落は韓国経済に致命的だ。1-3月期のサムスン電子半導体部門の営業利益は昨年の11兆ウォンから今年は4兆ウォン(約3660億円)に減少した。韓国の4月の経常収支も7年ぶりに赤字に転じた。 

      しかし危機は機会だ。米国の制裁で中国の「半導体崛起」が弱まった。中国DRAM企業の福建晋華は知識財産権侵害問題で存廃の岐路に追い込まれ、イノトロンやYMTCも今年下半期の量産が不透明だ。潜在的なライバルが足踏みしているのだ。 

      市場規模がメモリーの倍にのぼる非メモリー分野でも飛躍のきっかけが生じた。英ARMと米クアルコムなどが取引を停止し、子会社のハイシリコンを通じてモバイル用アプリケーションプロセッサ(AP)を独自開発しようとしていたファーウェイの計画に支障が生じた。中国企業がクアルコムの代わりにサムスンのAPを輸入する可能性が高まった。スマートフォンに続いて自動車や家電などに用途を広げているイメージセンサー、工程技術でトップ競争をするファウンドリー分野も有望だ。 

      KTB投資証券のキム・ヤンジェ研究員は「5G時代には各種センサーとロジックチップの需要が急増する見込み」とし「韓国企業が3%にすぎない非メモリー市場シェアを拡大する機会」と述べた。

    https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=254235
    [ⓒ 中央SUNDAY/中央日報日本語版]2019年06月08日 11時49分

    引用元: ・【中央日報】韓国企業のシェア3%、非メモリー市場に未来がかかる理由[6/9]

    【この頭の悪さ… 【中央日報】韓国企業のシェア3%、非メモリー市場に未来がかかる理由[6/9] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/20(火) 22:57:02.06 ID:CAP_USER

    引用元: ・【韓国】「炭素繊維に1兆ウォン投資で克日だ」(※世界シェア日本66% 韓国2%)

    【また盗もうとしてるよ 【韓国】「炭素繊維に1兆ウォン投資で克日だ」(※世界シェア日本66% 韓国2%) 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/05/04(金) 08:56:33.15 ID:CAP_USER
    2018年05月04日08時14分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    韓国経済の主軸、情報通信技術(ICT)産業が岐路に立っている。スマートフォン・テレビなど主力事業で市場シェアが縮小している。

    市場調査会社ストラテジーアナリティックス(SA)によると、世界スマートフォン1位のサムスン電子は今年の市場シェアが前年比0.4ポイント減の20.7%と予想されている。これは2013年(32.3%)の3分の2にもならない。今年スマートフォン販売量(3億1430万台)も前年比32万台減り、上位5社のうち唯一逆走するとみられる。

    2013年に4.8%のシェアで世界4位まで上がり、昨年10位圏外に落ちたLGエレクトロニクスは今年のシェアが3.5%まで落ちる見込みだ。

    一方、ファーウェイ(華為技術)・OPPO・シャオミ(小米科技)・vivoなど世界3-6位の中国スマートフォン4社は2013年のシェア10%序盤(4社合計)から今年は31.7%まで増えると予想される。

    2006年から世界1位を守ってきたテレビ市場も似た状況だ。IHSによると、収益性が高いプレミアムテレビ(2500ドル以上)市場で韓国企業のシェアは2015年の76%から昨年は51.5%まで落ちた。一方、ソニーなど日本企業は同じ期間、19.8%から44.4%にシェアを拡大した。このほか韓国がトップ圏の家電・ディスプレー・バッテリー分野でも中国・日本企業に市場シェアを奪われている。

    キム・ヨンソク成均館大教授は「現在の韓国の状況は、2000年代初期に日本が韓国にICT産業の主導権を奪われたのとオーバーラップする」とし「プレミアム市場では米国・日本企業に追われ、新興市場では中国企業にシェアを奪われるサンドイッチ状況」と分析した。

    http://japanese.joins.com/article/114/241114.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【韓国】日本・中国企業に追われ…サムスン、スマホ・テレビ市場でシェア縮小

    【【韓国】日本・中国企業に追われ…サムスン、スマホ・テレビ市場でシェア縮小 】の続きを読む

    このページのトップヘ