まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:サムスン

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/01(水) 12:03:56.47 ID:CAP_USER
    日本の輸出規制から1年…苦しむ韓日企業
    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.30 14:03

    日本メディアは韓国企業の被害を強調している。30日の日本経済新聞は、日本の輸出規制の直撃打を受けた韓国半導体企業の事例を伝えた。

    韓国政府が「脱日本」「日本依存克服」の代表的な事例に挙げる超高純度気体フッ化水素(エッチングガス)に関してだ。最近、SKマテリアルズが超高純度エッチングガスの開発に成功したが、日本製品より純度の面で品質が落ちるということだ。同紙は、最先端の半導体を生産するためには日本製の超高純度がなお不可欠だと報じた。

    サムスン電子は日本の規制が本格化した後、500以上の半導体生産工程の中から低純度国産品で代替可能な工程を選別して設備を稼働している。同紙は、サムスン電子の幹部が「日本から安定調達できれば不要な措置だった」と語った、と紹介した。また、低純度の活用を増やすと以前より不良品が増え、生産コストが高まったという指摘もある、と伝えた。

    フッ化水素とともに輸出規制対象のEUV用フォトレジスト、フッ化ポリイミドなどの需給も依然として不安定な状態だ。日本が輸出許可を出しているが、現場では「いつ輸出を止められるかわからない」という懸念の声が出ているということだ。

    しかし韓国政府の認識は違う。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、青瓦台(チ ンワデ、韓国大統領府)首席秘書官・補佐官会議で「この1年間、我々は日本の奇襲的な措置に動じることなく正面突破しながら、むしろ転禍為福のきっかけを作った」とし「今まで1件の生産支障もなく、素材・部品・装置産業の国産化を操り上げ、供給先を多角化するなど、核心品目の安定的サプライチェーンを構築する成果を上げた」と述べた。

    同紙も日本の輸出規制が長期化し、日本企業の被害も増えていると診断した。5月の韓国の対日輸入総額は前年同月比で10%減少した。日本の主要輸出品の素材・装置のほか、自動車やビールなど消費財の輸出が回復していない。

    経営悪化に苦しむ日産自動車は韓国市場からの撤退を発表し、ユニクロの姉妹ブランド「ジーユー」は韓国市場進出から2年で撤収を迫られた。韓国の「日本不買」が慢性化したことで生じたと、同紙は指摘した。

    両国の激しい対立は解決の兆しが見えない。韓国は輸出規制が不当だとして世界貿易機関(WTO)提訴手続きを再開したが、日本は応じない。29日、WTOの法廷に該当する小委員会設置をめぐる議論でも日本は反対の立場を固守した。

    そして国際舞台ではなく2国間の交渉を主張している。梶山弘志経済産業相は20日の記者会見で「韓国政府に対し、WTO手続きを止めて対話のテーブルに戻ることを強く求めたい」と述べた。

    両国の立場が平行線を描くのは、2018年10月の大法院(最高裁)の強制徴用判決で始まった葛藤を解決する方法が依然として出てこないからだ。裁判所の命令で日本企業の国内資産の現金化が実行される場合、日本は報復の程度を強めると公言している。政治的な対立が強まり、韓日経済関係者の間では企業の被害がさらに拡大するという懸念も出ている。

    https://japanese.joins.com/JArticle/267588?sectcode=A10&servcode=A00

    引用元: ・【日本の規制】サムスン、低純度国産品に代替して以前より不良品が増え生産コストが高まる [動物園φ★]

    【予想を裏切らないな【日本の規制】サムスン、低純度国産品に代替して以前より不良品が増え生産コストが高まる [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/06/08(月) 09:53:41.88 ID:CAP_USER
     サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(52)が8日、再び逮捕の是非を決める審査を受ける。李副会長は国政介入事件の特別検事による捜査で朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領に賄賂を贈ったとして、2017年2月に逮捕され、二審で釈放されたが、3年4カ月ぶりに再び身柄を拘束される危機に直面した。今回は経営支配権の強化過程に違法性があるかどうかが争点だ。逮捕状の審査は8日午前、ソウル中央地裁で開かれる。逮捕状が交付されるかどうかは、同日夜か翌日未明にも決まる見通しだ。

     李副会長が再び拘束の危機に追い込まれたことを受け、サムスンはにわかに緊張している。週末だった6、7の両日、主な役員が出勤し、マラソン会議を行った。6日に「検察が李副会長の経営権継承に関する証拠を確保した」と報じられた際には直ちに反論声明を出した。7日には「ジャーナリストの皆さんに切に訴えます」と題する声明も発表した。「サムスンが危機にあります」という文言で始まる声明で、「サムスンにとってこれまで経験していない状況で、長期間にわたる検察の捜査によって、正常な経営が萎縮している。韓国経済の危機を克服する上でサムスンが役割を果たせるように助けてもらいたい」と訴えた。

     財界幹部は「メディアに対する訴えという形式を借り、裁判所と国民に切に訴えたいことを盛り込んだとみられる」と指摘した。

     サムスン電子のコミュニケーションチーム(広報チーム)は沈黙を守った過去とは異なり、多方面から李副会長逮捕の不当性を訴え、サムスンが正常な経営を行えるようにすべきだと主張した。

     サムスンは7日に発表した声明で、「今回の危機を克服するためには、まず経営が正常化されなければならない」とし、「最近一部メディアを通じ、事実かどうかが確認できなかったり、出所が疑わしかったりする憶測報道が続いており、中には有罪という心証を前提とした記事まである」との立場を示した。

     サムスンはメディアの報道に直ちに反論するなど、以前とは異なる対応を見せている。サムスンは6日、YTNが「サムスンの経営権継承疑惑を捜査する検察が李在鎔副会長に直接具体的な継承作業が報告されていたという証拠を確保したことが分かった」と報じた。これについて、約3時間後に反論声明を配布した。

    サムスンは声明で、「李副会長はいかなる不法な内容に関する報告を受けておらず、指示も行ってもいない」と断固否定した。YTNは「捜査に協力した社員が人事上の不利益を受けたことを(検察が)把握した」とも報じた。これについて、サムスンは「いかなる陳述や根拠もない事実無根だ」と指摘した。
     サムスンは世間で指摘されている疑惑についても、細かく反論している。サムスンは「2015年のサムスン物産と第一毛織の合併は関連法の規定と手続きに従い、適法に行われた。サムスンバイオロジクスの会計処理も国際会計基準を満たす形で処理された」と指摘した。

     海外メディアも李副会長の捜査に関心を寄せている。日本経済新聞は5日、李副会長に対する逮捕状請求を伝え、「中長期的な戦略策定が遅れるなどの影響が出る可能性がある」と分析。米ブルームバーグは「コロナ事態の中でも大きな役割を果たしたサムスンの億万長者(李副会長)の運命が危機に直面した」と報じた。

    ソク・ナムジュン記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語 2020/06/08 09:30
    Copyright (c) Chosunonline.com

    引用元: ・【朝鮮日報】李在鎔副会長の逮捕状審査、サムスンが直前に異例の声明発表 [6/7] [新種のホケモン★]

    【腐敗が進む資本主義の政治体制には限界がつきまとう。】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/19(日) 22:23:44.46 ID:CAP_USER
    2020.04.19。午後5:08

    4月に入ってサムスン電子のTVや家電製品の売り上げが急減し、利益規模が昨年の同じ期間の半分以下に急減する見通しある。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)で、米国やヨーロッパなど世界の消費市場が凍った影響である。サムスン電子、スロバキア工場の従業員がTVを組み立てている。サムスン電子提供

    「製造業・コリア」が揺れている。自動車産業は、生態系が崩れる直前の状況であり、今までのセーブした家電産業さえグラグラし始めました。新型コロナウイルス感染症(コロナ19)拡散で海外市場が麻痺したためだ。事態が長期化すれば回復するのは難しいレベルの打撃を受けることができないという懸念が出ている。

    ○サムスン・LG、非常経営体制の稼働

    19日、電子業界によると、1?15日、サムスン電子のTV・生活家電部門の売上高は、前年同期比50%以上減少した。サムスン関係者は「新製品を積極的に推進しなければならない時期にコロナ19事態が起き、海外売上高は「オールストップ」されているようにした」と述べた。続いて「生活家電の売上高は、半分たし、TV部門はさらに深刻だ」と伝えた。LG電子状況も似ている。いくつかの製品の海外市場の売上高は50%以上減少したことが分かった。

    サムスン電子とLG電子のTVや家電製品が最も多く売れるのは、米国と欧州であるが、これらの市場は、コロナ19拡散に先月末から止まった。米国全域に1009店舗を置く最大の家電小売業者ベストバイは、先月23日から営業時間の短縮や入場者制限などを行い、事実上休業に入った。欧州最大の家電販売店、メディアマクトゥも営業時間を短縮した。サムスン電子とLG電子が海外工場の稼動を中断したこともたまる在庫を減らすための避けられない選択という分析が支配的だ。証券会社は先を争って、第2四半期のエレクトロニクス業界の家電やTV部門予想利益の規模を降りている。NH投資証券は、サムスン電子消費者家電(CE・家電やTV)部門の第2四半期の営業利益見通しを、1月末5620億ウォンから最近3120億ウォンへと大幅に下方修正した。韓国投資証券は、利益見通しを7100億ウォンで、1340億ウォンで、80%以上削った。企業は非常経営体制を稼動している。サムスン電子は、サンプル製作費と消耗品の購入費まで削減」のコスト削減」に突入した。LG

    電子は年間事業計画を毎月再点検し、不必要なコストを削減している。電子業界の関係者は「4月から始まった「売上高崖」は、少なくとも6月まで続くだろう」と「コロナ19事態がある程度解決されるまでは、生存率は最大目標」と述べた。

    http://urx.red/Qz1t

    引用元: ・【韓国】サムスン・LG 4月の家電売上が半減

    【そりゃ現実はこうだから【韓国】サムスン・LG 4月の家電売上が半減】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/06(月) 10:37:02.00 ID:CAP_USER
    サムスン電子とLGエレクトロニクスが早ければ7日、1-3月期の暫定業績を発表する。新型コロナウイルス感染症が両社の業績にどれほど影響を与えたかが観戦ポイントだ。見通しは明るくない。証券会社はサムスン・LGエレクトロニクスの1-3月期の業績予想値を相次いで下方修正した。

    金融情報会社エフエヌガイドによると、証券会社が予想(3日基準)したサムスン電子の1-3月期の売上高は平均55兆4930億ウォン、営業利益は6兆1232億ウォンだった。売上高は「アーニングショック」となった昨年1-3月期(52兆3855億ウォン)に比べて3兆ウォン以上増加するが、営業利益は前年同期(6兆2332億ウォン)より減少するという予想だ。証券会社が1カ月前に提示した数値と比較すると、売上高は2%減、営業利益は7.3%減。

    ハンファ投資証券は最近の報告書で「新型コロナの影響が本格化し、スマートフォンやテレビなど需要が急減し始めた。4-6月期まで業績の悪化が避けられない」と説明した。大信証券は「新型コロナの影響で1-3月期にサーバー用半導体とスマートフォン・パソコンの対中国輸出が振るわなかった」と分析した。

    LGエレクトロニクスについて証券会社が予想(3日基準)した1-3月期の売上高は平均15兆5393億ウォン、営業利益は8557億ウォンだった。この場合、LGエレクトロニクスの1-3月期の売上高は前年同期(14兆9150億ウォン)比4.1%増、営業利益は4.9%減となる。証券会社が1カ月前に提示した数値と比較すると、売上高は0.1%減、営業利益は2.8%増。

    NH投資証券は最近の報告書で「家電部門は善戦したが、スマートフォンと自動車電気装置部品部門で営業赤字が続いたようだ」と説明した。匿名を求めた業界関係者は「サムスン電子とLGエレクトロニクスは先月から本格的な新型コロナの影響圏に入った」とし「1-3月期の業績発表が証券会社の予測値を下回る可能性もある」と話した。

    両社の4-6月期以降の業績が1-3月期より悪化するという見方も出ている。サムスンとLGエレクトロニクスの主要売上高の米国と欧州で新型コロナが拡大しているからだ。先月中旬以降にサムスン電子を分析した証券会社の報告書のうち16社は、1株あたり純利益(EPS)予測値を下方修正した。予想EPSを上方修正した報告書は一つもなかった。

    サムスンとLGエレクトロニクスの年間業績見通しにも暗雲が漂っている。証券会社が予想したサムスン電子の今年の売上高は平均245兆6206億ウォン、営業利益は36兆8245億ウォン。証券会社が3カ月前に提示した数値と比較すると、売上高は4%、営業利益は3.9%下方修正した。証券会社が予想したLGエレクトロニクスの今年の売上高は64兆7225億ウォン、営業利益は2兆6146億ウォンで、3カ月前と比べて売上高は1.2%、営業利益は10.2%下方修正した。

    サムスン証券は最近の報告書で「サムスン電子の4-6月期のIM(モバイル)部門の営業利益は前年同期比54%減、CE(家電)部門は70%減になると予想される」とし「3月中旬以降、先進国市場で新型コロナの影響が深刻になった。(サムスン電子インド工場など)海外携帯電話生産量が冷え込み、不確実性が高まっている」と説明した。

    新韓金融投資は「1-3月期の情報技術(IT)需要不振は中国に限定され、LGエレクトロニクスの中国地域の売上比率が5%未満であるため、打撃は大きくなかった」とし「3月末からは中国を除いたグローバル市場でIT需要減少が確認されている」と伝えた。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/264510?servcode=300&sectcode=320

    2020.04.06 10:28

    引用元: ・【中央日報】サムスン・LG、4-6月期がさらに心配 1-3月期の業績予想値を相次いで下方修正 [4/6]

    【こりゃーたいへんだー【中央日報】サムスン・LG、4-6月期がさらに心配 1-3月期の業績予想値を相次いで下方修正 [4/6]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/04/01(水) 16:07:43.05 ID:CAP_USER
    サムスングループ系列上場会社の昨年の営業利益が前年の半分水準まで減った。主要経営陣の年俸も削減された。中央日報がサムスン系列16社の上場企業の昨年の事業報告書を分析した結果だ。今年は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波で経営環境がさらに悪化するとみられている。

    サムスン電子などサムスン系列の上場企業16社の昨年の営業利益は34兆4874億ウォン(約3兆円)であることが分かった。2018年(68兆1673億ウォン)比49.4%減った。16社の売上高は374兆1179億ウォンで、前年比1.6%減少した。

    会社別では、営業利益が減ったのは8社だった。サムスン電子の昨年の営業利益は27兆7685億ウォンで、前年(58兆8867億ウォン)の半分(-52.8%)となった。サムスン重工業は昨年40%近い売上増にもかかわらず、6166億ウォンの営業損失を出した。サムスン電機の昨年の営業利益は7340億ウォンで、前年比36.2%減った。金融部門の実績も良くなかった。サムスン生命の昨年の営業利益(1兆2526億ウォン)は52.8%減少した。サムスン火災とサムスンカードの営業利益もそれぞれ40.5%と6%減った。反面、サムスンエンジニアリングは昨年の営業利益増加率(87%)で16社中1位を占めた。同社は昨年3855億ウォンの営業利益を出した。サムソンバイオロジクス・ホテル新羅・第一企画・サムスンSDSも営業利益を伸ばした。

    昨年16社の登記理事52人が受け取った平均報酬は12億6400万ウォンだった。前年(20億1200万ウォン)比37.2%減少した。サムスン電子登記理事4名が受け取った平均報酬は30億400万ウォンで、前年比47.8%減となった。サムスン火災(-71.3%)・証券(-67.6%)・生命(-65.3%)・バイオロジクス(-50%)・重工業(-48.4%)なども登記理事の平均報酬を削減した。

    16社のうち年俸1位は権五鉉(クォン・オヒョン)サムスン電子総合技術院会長だった。給与(12億4900万ウォン)と賞与金(32億6900万ウォン)を含めて46億3700万ウォン受け取った。1年前(77億8000万ウォン)に比べて31億5000万ウォン減った。

    証券会社が提示したサムスン電子の今年実績見通しは明るくない。ハナ金融投資は31日の報告書で、サムスン電子の今年の営業利益見通しを既存の35兆ウォンから33兆ウォンに下方修正した。ユジン投資証券は「半導体では実績改善が予想されるが、ディスプレーは振るわないだろう」としながら「新型コロナの余波で全般的な実績不振が進む可能性がある」と説明した。

    ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
    https://s.japanese.joins.com/JArticle/264374?servcode=300&sectcode=300

    2020.04.01 16:02

    引用元: ・【中央日報】サムスンの系列会社16社、昨年の営業利益半減 今年は新型コロナウイルス感染症の余波で経営環境がさらに悪化 [4/1]

    【吹っ飛ぶときはグループ丸ごとだよなw 【中央日報】サムスンの系列会社16社、昨年の営業利益半減 今年は新型コロナウイルス感染症の余波で経営環境がさらに悪化 [4/1]】の続きを読む

    このページのトップヘ