まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:サムスン電子

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/09/19(月) 11:26:04.27 ID:CAP_USER
    サムスン電子は18日、投資の効率化の次元から、日本のシャープとオランダの半導体装備メーカーASMLなど海外企業4社の株式を売却したと明らかにした。核心事業に投資を集中することで成長潜在力を高めるという戦略だ。同社がプリンティング事業部をヒューレットパッカード(HP)に売却すると発表したのは12日だが、1週間もたたずにまた出された売却発表だ。「サムスングループの『1位事業集中戦略』がサムスン電子で加速化している」という分析が業界から出る理由だ。

    この日サムスン電子が整理したと発表した株式はASMLの株式1.5%(630万株)をはじめ、米ハードディスクドライブ(HDD)専門メーカーのシーゲイトの株式4.2%(1250万株)、米半導体設計会社ラムバスの株式4.5%(480万株)、シャープの株式0.7%(3580万株)だ。すべて2010年以降に事業協力次元で取得した株式だ。

    ASMLの場合、半導体の核心装備である露光機(光で回路パターンを刻む装置)を開発する資金を補うために、シーゲイトはHDD事業を超えて投資次元で、ラムバスはDRAM設計特許権と関連して交渉力を高めるため、シャープは液晶パネル供給先を多角化するために組んで株式を取得した。

    投資を引き揚げるのは「これ以上投資を維持する理由がないから」というのが同社関係者の説明だ。これらの株式を売却しても協力関係に大きな変化はないばかりか、一部株式の場合は株式価値が上がり差益実現に出たということだ。特にシーゲイトの場合、株式取得当時より3倍以上に株価が上がり大きな利益をサムスン電子にもたらすという。

    今回の売却作業でサムスン電子が得る現金は1兆ウォン前後だ。特にASMLの株式を売って入ってくる資金は6000億ウォン台という。だが急な資金が必要で株式を売却したのではない。6月末基準でサムスン電子の保有現金は借入金を除いても64兆9000億ウォンに達する。

    専門家らは、相次ぐ売却のニュースは「1位の事業にだけ集中しよう」というグループレベルの構造調整戦略と脈を同じにすると分析する。特に李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が登記理事を務めるなど経営の前面に出て、サムスン電子の構造調整作業はさらに速度を上げるだろうという分析だ。

    サムスングループは李副会長が実質的リーダーの役割をしてきた2014年5月から急速に非核心事業を売却してきた。2014年11月にサムスン総合化学とサムスンテックウィン、サムスンタレス、サムスントータルなど化学・防衛産業で系列会社4社をハンファグループに売り、翌年にはサムスン精密化学、サムスンBP化学、サムスンSDIケミカル事業部門をロッテに譲渡した。

    これに対しサムスン電子自体の構造調整は相対的に遅かった。先週のプリンティングソリューション事業部売却は2014年に光学ディスクドライブ(ODD)事業をオプティスに譲渡してから初めての売却だ。

    KAIST経営学部のイ・ビョンテ教授は「グループレベルの非核心事業整理がある程度一段落し、サムスン電子内部のポートフォリオ点検が始まったとみられる」と解説した。イ教授は「日本との競争で圧勝を収めたサムスン電子はいまや中国企業の追撃をかわすためにグローバル競争力を強化するのが大きな宿題。競争力が落ちる部分をさらに積極的に整理し核心事業に集中しなければならない」と話した。

    今回調達した現金でサムスン電子はさらに積極的な買収合併に出るものと業界は予想する。サムスン電子は2014年以降モノのインターネット(IoT)プラットフォーム開発会社のスマートシングス、モバイル決済ソリューション会社のループペイ、クラウドサービス会社のジョイエント、そして高級ビルトイン家電ブランドのデイコーなどを買い入れた。7月には自動車電装事業拡大のため電気自動車で世界トップの中国BYDに5000億ウォンを投資したりもした。

    延世(ヨンセ)大学経営学部のシン・ドンヨプ教授は「サムスン電子の重要な課題は外部の力を活用して内部の力を連結すること」と助言した。半導体と家電、スマートフォンと通信装備など多様な事業を結びつけてシナジーを出すべきという話だ。シン教授は「既存の組織を守れば事業部間の垣根は壊しにくい。未来成長競争力を持つ企業を買収して外部から革新する戦略を立てなければならない」と強調した。

    http://japanese.joins.com/article/792/220792.html?servcode=300&sectcode=300
    http://japanese.joins.com/article/793/220793.html?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・サムスン電子、非核心部門売却でできた実弾を1位の部門に浴びせる [無断転載禁止]©2ch.net

    【サムスン電子、現金1兆ウォン前後で海外企業4社の株式を売却。現金1兆ウォン前後】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/12(月) 21:21:29.49 ID:CAP_USER
    12日午前11時20分現在のKOSPIが1997.25を記録して2000ラインが崩壊した。KOSPIが取引場で2000ラインを下回ったのは8月4日以来だ。

    個人が343億ウォン分(約32億円)を買い入れたが、外国人が1329億ウォン分を売り越して指数の下落を導いている。

    時価総額の上位種目の中ではサムスン電子が6%以上の下落で147万ウォン台に座り込んだ。SKハイニックスもやはり外国人の売り越しで2%超の下落となった。

    さらに先週末に米国中央準備制度理事会(FRB)の委員たちが相次いで9月または12月の基準金利引き上げを示唆したことも外国人投資家の心理を冷え込ませた。

    http://japanese.joins.com/article/591/220591.html

    no title

    12日ソウル明洞(ミョンドン)のKEBハナ銀行ディーリングルームで行員がコンピューターを通じ証券市場・外国為替市場の変化を見ている。(写真=中央フォト)

    引用元: ・【韓国/経済】KOSPI、取引場で2000ライン崩壊…サムスン電子7%以上急落[9/12]©2ch.net

    【スマホが爆発して傾く国【韓国/経済】KOSPI、取引場で2000ライン崩壊…サムスン電子7%以上急落[9/12]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/09/08(木) 23:38:47.19 ID:CAP_USER
    リコールを宣言したが株価は上がっている。1兆5000億ウォン(約1400億円)から2兆ウォンの損失が予想されるという分析が色を失うほどだ。サムスン電子とバッテリー爆発で問題になった「ギャラクシーノート7」のリコールの話だ。
    160万ウォン台を維持した同社の株価はリコール検討の話が初めて出てきた今月1日に158万ウォン台に下落した。しかしその後は安定を取り戻し、3取引日連続で上昇して再び164万ウォン台に上がった。7日の終値は162万ウォン台だ。

    製品をしっかりと作って発売できなかったサムスン側の過誤は明白だ。それでも市場が予測より衝撃をあまり受けなかった理由はサムスンが素早いリコールを決めたからだ。サムスン関係者は「過去の海外の事例を参考に、反面教師にしようとした」と話す。

    前例は「時間を長引かせず懸念は一気に確実に鎮めよ」と語っていた。米ジョンソン・エンド・ジョンソンは1982年に「タイレノール」で問題が起きるとすぐ対応に出た。
    広告を出し「原因糾明までは薬を服用しないように」とまでしながら米国内3100万本のすべての製品をリコールした。容易ではない決定に市場シェアは急落したが、翌年には1位を取り戻した。懸念が払拭されるとタイレノールの位置付けは以前のよう強固になった。

    日本の参天製薬もやはり2000年に最高経営責任者(CEO)が直接記者会見を行いながら問題解決の意志を積極的に知らせて製品を全量リコールした。
    多くの消費者から激励の電話と電子メールがあふれた。この会社は処方用目薬部門で日本1位を守っている。

    あまり知られてはいないがサムスンはリコール戦略について着実に研究してきた。サムスン経済研究所(SERI)は2013年に「リコールと企業価値」報告書で2000年から10年間にリコールを発表した上場企業38社101件の事例を分析した。
    これによると消極的(非自発的)リコールをした企業は発表翌日に株価が平均1.54%下落したが、積極的(自発的)リコールをした企業は0.4%の下落にとどまった。
    後者の場合、リコール発表から3日でむしろ収益率が上がる(0.015%)珍現象まで現れた。同じように「素早く積極的なリコール」だけが市場の懸念を最小化して、後日を約束させる近道ということを示す分析結果だ。

    これを把握して問題発生時に適用するにはこうした多様な研究が後押しされなければならない。より多くの韓国企業が今回のリコールをリコール戦略に対して研究する契機にすべきと考える理由だ。
    もちろん最善はリコールの可能性自体を作らないことだが、時には次悪に対する準備も必要なものだ。

    イ・チャンギュ経済企画部記者

    http://japanese.joins.com/article/437/220437.html

    引用元: ・【中央日報】サムスン電子の素早いリコールは「準備された戦略」[9/08]©2ch.net

    【サムソン機関紙必死だな【中央日報】サムスン電子の素早い「ギャラクシーノート7」リコールは「準備された戦略」[9/08]©2ch.net 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/24(水) 16:12:51.64 ID:CAP_USER
    no title

    インターネットのコミュニティサイト「ポンプ」の掲示板に掲載された、黒く焼けたギャラクシーノート7。(写真=ポンプ)

    サムスン電子が最近発売したスマートフォンギャラクシーノート7が充電中に爆発したという主張が提起された。サムスン電子側は該当製品を入手して綿密に調査すると明らかにした。

    スマートフォンのユーザーが主に利用するインターネットコミュニティサイト「ポンプ」によれば、24日午前あるネットユーザーがポンプ掲示板に黒く焼けたギャラクシーノート7の写真をアップした。

    このネットユーザーは「今日の明け方、彼氏のノート7が充電中に爆発した」として「19日に開通して使ってから1週間も経っていない。早朝に焼けた臭いと煙とバンという音で起きた」と明らかにした。
    このユーザーは「人命被害はなく、布団だけ少し焼けた」とつけ加えた。

    写真と文を載せたのは益山(イクサン)に住むシンさん(25)で、シンさんはこの日午前中に、あるメディアとの電話で「今日明け方5時頃にノート7が発火して焼ける事故が起きて眠りからさめた」と主張した。

    シンさんがポンプに公開したギャラクシーノート7は、左側面が焼け焦げたようにひどく損傷している。この衝撃で液晶も壊れた。裏面は形を確認できないほど溶けている。文が載るやいなや数十件余りのコメントがあふれた。

    ポンプ利用者たちは「正規商品の充電器なのにこうなるのは問題がある」という反応が大部分だった。一部のネットユーザーは「開通を保留した」とも明らかにした。
    サムスン電子はこれに関して「該当製品を入手して綿密に調査して結果を知らせる」と明らかにした。

    サムスン電子は「今までスマートフォンのバッテリーが自然発火したことはなかった」として「該当製品を入手して調査して結果を知らせる」と明らかにした。
    ただし「機器の欠陥なのか顧客の過失なのかを判断するには時間がかかる」としながら「正確な事故原因が分かるまでは公式の立場を伝えるのは難しい」とつけ加えた。

    ギャラクシーノート7は発売当日である17日だけで3万5000台余りが売れるなど旋風を起こすほどの人気を呼んでいる。一部のカラーは欠品状態で何日か待たなければならないほどだ。
    専門家たちは今回の爆発事件によってノート7の販売にもブレーキがかかるとみている。

    http://japanese.joins.com/article/816/219816.html

    引用元: ・【韓国】「品切れで売れない」というサムスン電子のギャラクシーノート7…充電中に爆発か?[8/24]©2ch.net

    【サムスン電子のギャラクシーノート7…充電中に爆発か?】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/22(月) 16:25:14.35 ID:CAP_USER
    2016年8月19日、韓国・聯合ニュースによると、サムスン電子の時価総額が世界24位に上昇しトヨタ自動車を抜いた。

    サムスン電子が韓国証券市場で19日、前日に比べ3万5000ウォン(約3万1000円。2.13%)上昇し、167万5000ウォン(約15万円)で取引を終えた。
    ブルームバーグによると、サムスン電子の時価総額が2110億1000万ドル(約2兆1100億円)となり、世界24位になった。サムスン電子は今年に入って株価が33%上昇しており、27位のトヨタ自動車(2009億ドル)を上回った。

    この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

    「小さな国の企業が日本のトップ企業を抜いたなんて快挙だ」
    「サムスンほどの企業が5~6社あれば、韓国も経済大国になれるのに…」
    「米企業だったら、もっと価値が上がっていた」

    「大韓民国という名前をサムスン共和国に変えたらどうだろう」
    「李健煕(イ・ゴンヒ)会長の財産はどれだけ増えたんだろう」
    「10年前、サムスン電子に勤務していたが、その当時から株を買って持っていればよかった」

    「サムスンの実力というより、外的要因が影響していると思う」
    「最近アップルが元気ないからな」

    「リストラで人減らしを進めながら、株価だけが上昇している。こんな企業が韓国GDPの13%にもなる売り上げを上げている。ある意味危険な現象と見るべきでは?」
    「サムスン電子もそのうちソニーみたいに落ちぶれる」(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/a148140.html

    引用元: ・【経済】韓国サムスン電子、時価総額でトヨタ抜く=韓国ネット「小国の企業が日本のトップ企業を抜いた!」「ある意味危険な現象では?」©2ch.net

    【で韓国や韓国人に金が入るの? 【経済】韓国サムスン電子、時価総額でトヨタ抜く】の続きを読む

    このページのトップヘ