まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:コロナ

    1: まぜるな!キケン!! 2021/07/01(木) 14:40:56.87 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国政府は1日、新型コロナウイルス流行の影響を受けている世帯や事業者への追加支援などを盛り込んだ33兆ウォン(約3兆2400億円)の2021年度(1~12月)第2次補正予算案を閣議決定した。

     第2次補正予算案の規模は、歳出増額を基準にすると過去最大。税収の上振れ分や基金などを財源に充てる。

     補正予算案では、国民の8割の約1800万世帯に給付する国民支援金、小規模事業者支援、全国民を対象にした消費支援(クレジットカード利用金額の一部キャッシュバック)に計15兆7000億ウォンを計上した。

     計10兆4000億ウォンを充てる国民支援金は、所得下位80%(4人世帯で夫婦合算の年間所得が約1億ウォン以下)に1人当たり25万ウォンを給付する。4人世帯なら100万ウォンとなる。

     低所得層の世帯には1人当たり10万ウォンを追加し、計35万ウォンを給付する。

     また、消費を後押しするため、4~6月期の月平均クレジットカード利用額を基準に利用増加分の一部をキャッシュバックする。全国民を対象とするが、消費余力のある高所得層に有利な制度だ。

     政府による営業の禁止・制限措置で打撃を受けた小規模事業者に対しては、100万~900万ウォンの資金を再度支給する。昨年8月以降に一度でも営業禁止・制限措置を受けた小規模事業者など113万人が対象で、計3兆2500億ウォンを充てる。

     このほか、雇用・国民生活の安定に2兆6000億ウォン、新型コロナワクチンの追加購入や防疫の補強に4兆4000億ウォンなどをそれぞれ投じる。

    聯合ニュース 2021.07.01 13:40
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210701001600882?section=politics/index

    引用元: ・【韓国】第2次補正予算案を閣議決定 コロナ支援金など3.2兆円規模 [7/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]

    【ああ、徳政令のことね 【韓国】第2次補正予算案を閣議決定 コロナ支援金など3.2兆円規模 [7/1] [右大臣・大ちゃん之弼★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/28(月) 09:45:34.23 ID:CAP_USER
    最近の韓国の中高生の基礎学力の低下は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)拡大で触発された一時的な現象ではなく、数年にわたって進んできた結果だという研究が出てきた。

    釜山(プサン)教育大学のイ・グァンヒョン教授は「基礎学力の低下原因に対する仮説分析と基礎学力向上方案」で、新型コロナ以前である2010年代中盤以降から基礎学力の低下が急激に進んだと分析した。韓国教育政治学会の「教育政治学研究」3月号に載せられた論文だ。

    ◆「基礎学力の低下、2010年中盤から深まった現象」

    教育部の国家水準学業達成度評価での基礎学力未達学生比率、経済協力開発機構(OECD)の国際学習到達度調査(PISA)で低い水準を示す学生比率はどちらも2010年代中盤から増え始めた。

    国家水準学業達成度評価で、2010年代中盤でさえ基礎学力未達の比率は中学校国語で1~2%、高等学校数学で4~5%にとどまっていたが、2010年代後半ではその比率がそれぞれ4%台と9~10%台に増えた。PISA評価でも2010年以前の数学と読解で2水準未満を現わした学生はそれぞれ8%前後と5%台だったが、2018年にはどちらも15%台に高まった。

    ◆「自由学期制の全面導入以降、基礎学力の未達急増…必要なら廃止を」

    イ教授は自由学期(学年)制など教育課程の問題が基礎学力未達深化をもたらしたと考えている。2010年代中盤以降、所得格差が特に大きく広がったわけではないからだ。統計庁の家計金融福祉調査結果と純資産ジニ係数が減少傾向で、私教育費の調査でも低所得学生数も減っていることを根拠に挙げている。

    2017年国家水準学業達成度評価で、中学3年生で基礎学力未達比率が急増したが、イ教授はこの学生が中1になったころから自由学期制が全面施行された点に注目した。自由学期制は朴槿恵(パク・クネ)政府の時に試験なく進路体験・自治活動など体験中心の教育をしようという趣旨で中学校に導入された。

    イ教授は「いっそのこと小学校高学年段階で自由学期制を実施し、中学校では内実のある教科学習と創意的体験活動を行うことを考慮する必要がある」とし「現場で生徒の学業集中と学力増進に副作用が多いなら、果敢に廃止する検討も必要だ」とした。

    ◆「力量強調して相対的に知識・情報を軽視…教育課程が頻繁に改正されすぎている」

    その他にも、力量中心の教育課程談論への偏り、頻繁に改正される教育課程、教師の士気低下なども教育課程上の問題として提示された。

    詰め込み、暗記中心式教育に対する反省で、最近の教育課程では対人関係力量と葛藤対処能力などを強調する力量中心の教育課程が支配的だった。イ教授は「問題点に対する単純な反作用で、非認知的力量だけを強調し、生徒たちに基本的に教育しなければならない認知的力量、すなわち知識と情報の内容に対する議論が消えた」とみている。

    また、2007年に教育課程が改正されて2009年に再び改正が行われたことから、教師がこれを研究して適用するのに忙しいため、脆弱階層や基礎学力未達生徒に対して十分な管理ができなかったとみている。イ教授は結論で「教員成果給制は、学業に困難を感じる生徒に対する集中度を弱める原因」としながら「教師の満足度とやりがいを引き上げるために教員能力開発評価制と教員成果給制を廃止しなければならない」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2c5c25eab6a56319dfae97e66e7a904d611f7db9

    引用元: ・韓国の基礎学力下落はコロナのせい? 「2010年代中盤から開始」[6/28] [首都圏の虎★]

    【馬鹿を量産してるだけだ - 韓国の基礎学力下落はコロナのせい? 「2010年代中盤から開始」[6/28] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/03(木) 12:15:52.59 ID:CAP_USER
    昨年、学力が基礎水準に達していない「基礎学力未達」生徒の比率が歴代最大だったことが分かった。特に数学は中・高校を通じてその比率が13%を超えた。基礎学力未達生徒は、文在寅(ムン・ジェイン)政府発足後毎年増加していたが、昨年新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波で学力低下現象がさらに深刻化したものとみられる。

    学業成就度評価は中・高校生の学業水準を確認することができるテストで、毎年6月に実施されて年末に結果が出る。しかし昨年は新型コロナのため、同テストは11月に延期され、結果発表も遅れた。2日の結果発表は、兪銀恵(ユ・ウンヘ)社会副首相兼教育部長官が直接行った。従来は次官がテスト結果を発表してきた。それだけ現状況を深刻に捉えているということだ。

    教育部によると、英語の基礎学力未達生徒は2019年中学校3.3%・高等学校3.6%だったが、昨年はそれぞれ7.1%、8.6%と大きく増えた。国語も同期間4.1%(中)・4%(高)から6.4%(中)・6.8%(高)に増加した。数学の場合も11.8%(中)・9%(高)から13.4%(中)・13.5%(高)に増えた。

    普通学力以上の比率は減った。中学校の場合、国語で普通学力以上の比率は2019年82.9%から昨年75.4%に、英語は72.6%から63.9%に減少した。高等学校も国語は77.5%から69.8%に、数学は65.5%から60.8%に減った。

    基礎学力未達は女子生徒よりも男子生徒で多く見られ、増加幅も大きかった。女子高校生のうち国語の基礎学力未達比率は2019年2%から昨年2.6%に増えたのに対し、男子高校生は5.8%から10.8%に急増した。英語は女子高校生の基礎学力未達比率が同じ期間2.1%から4.1%に増えたが、男子高校生は5%から12.8%に増えた。

    地域による格差は特に中学校で目立った。邑・面など地域中学校の国語・数学基礎学力未達比率は9.6%と18.5%で、大都市の未達比率(国語5.4%、数学11.2%)よりも大きかった。

    新型コロナに伴う遠隔授業は中高生ともに肯定的に受け入れるほうだった。だが、学校生活満足度は低下した。学校生活の幸福度が高いという回答は中学校59.5%、高等学校61.2%で前年に比べてそれぞれ4.9%ポイント、3.5%ポイント減少した。

    学力低下現象が深刻化したことに対して、兪長官は「新型コロナによって日常的な学校生活が難しい状況で十分な学習が行われず、自信や学習意欲の低下なども学業成就水準下落に影響を及ぼしたと判断している」と説明した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1dac3a878f75925938279abb3b24ac99fdd97b2d

    引用元: ・コロナで韓国の基礎学力が歴代最悪…男子生徒でより深刻[6/3] [首都圏の虎★]

    【馬鹿ばかり - コロナで韓国の基礎学力が歴代最悪…男子生徒でより深刻[6/3] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/04/04(日) 16:11:06.33 ID:CAP_USER
    中国メディアの澎湃新聞は3日付で、韓国食品研究院に付属する韓国キムチ研究所は、
    キムチが新型コロナウイルス感染症の症状を軽減すると主張する文書を発表したと報じた。

    韓国では2009年にも、キムチは鶏インフルエンザウイルスからの防御に有効との発表があった。

    澎湃新聞によると、韓国キムチ研究所とフランスのモンペリエ大学に所属するぜんそくの専門家である
    ブリニュモン氏のチームによる合同研究の結果を示す記事が、国際的な医学雑誌である
    「クリニカル・アンド・トランスレーショナル・アラージー」の2020年12月号に掲載されたという。

    合同研究チームはさまざまな国における新型コロナウイルス感染症の発症率や重症化の状況、死亡率の際を調査し、
    国など東アジアの国と、サハラ砂漠周辺のアフリカの国で死亡率が低い原因に関心を持った。

    その結果、オーストラリアやニュージーランドは別として、新型コロナウイルス感染症による死亡率が低い国の多くでは、
    キムチなどの発酵食品が多く食べられたり各種の発酵調味料が多く使われていることが分かった。

    合同チームによると、キムチが含むスルフォラファンやアリシン、カプサイシン、ジンゲロールなどの成分と発酵により生ずる乳酸菌が、
    Nrf2と呼ばれる体内の抗酸化システムと相互作用して、新型コロナウイルスによって人体内で生成される有害な活性酸素を除去することが分かったという。

    ブリニュモン氏は同結果について「キムチに含まれる抗酸化成分は実に豊富で、新型コロナウイルス感染症に非常に有効だ。
    韓国で死亡率が比較的低く、重症患者が比較的の少ないのは、キムチのおかげかも知れない」と語ったという。
    https://www.recordchina.co.jp/b874428-s25-c30-d0198.html
    no title

    引用元: ・【韓国キムチ研究所】 キムチはコロナに効く [影のたけし軍団ρ★]

    【死んだ方がマシだな 【韓国キムチ研究所】 キムチはコロナに効く [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/03/25(木) 21:13:27.19 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国防疫当局は国内における新型コロナウイルスの感染者数が累計10万人を超えたことに関連し、
    この数カ月間に感染者数が急増したことに注目していると明らかにした。また流行の「第3波」は進行中であり、
    海外から変異株が流入するリスクも高まっていることから、緊張感を持って防疫に取り組んでほしいと呼び掛けた。

    中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長は25日の定例会見で
    「感染者数が増加した傾向をみると、第3波で急激に増え、防疫当局はこれまで以上に緊張している」と話した。 

    この日午前0時時点での感染者数は累計10万276人になった。昨年1月20日に国内で最初の感染者が確認されて以降、
    約1年2カ月で10万人に達した。新規感染者数が200人台になった昨年11月14日(新規205人、累積2万8336人)を
    第3波の起点とすれば、それから約4カ月半で7万1940人増加しており、これは全体の71.7%に当たる。

    権氏は「10万人、5万人といった数字より、感染者数の累計が10万人に達するまでの期間が重要で、
    短期間に多くの感染者が発生し、急増している最近の状況を重くみている」と強調した。 

    ただ権氏は、感染者数が世界各国より少ないレベルであるとし、
    「人口10万人当たりの感染者数などでは欧州や米国と比べて低いのが事実だ。日本と比較しても半分程度にとどまっている」と説明した。

    また、国内での感染者数が約2カ月にわたり300~400人台で推移しており、
    明確な減少傾向がみられないことなどから流行の第3波が進行中との見方を示し、防疫での協力を繰り返し要請した。 
    https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210325005700882

    引用元: ・【韓国】 コロナ感染者累計10万人突破  第3波で急増 [影のたけし軍団ρ★]

    【K防疫とかあれだけ偉そうなこと言って 【韓国】 コロナ感染者累計10万人突破  第3波で急増 [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

    このページのトップヘ