まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:コロナ19

    1: まぜるな!キケン!! 2020/07/04(土) 00:13:19.99 ID:CAP_USER
    no title


    コロナ19発生後、我が国は積極的な防疫で世界的な信頼を得たし、国民は今や我が国が先進国であることを知った。コロナ19前に予測された経済指標とは差があるが善戦したというニュースが聞こえ、国民の積極的な努力で大規模感染発生を遅らせた。

    今回の事態でも分かるように韓国人のDNAは特別だ。危機がくれば犠牲を恐れず、猪突的に危機を克服しようとする国民性は私たちだけの特別なものだと言える。私たちは危機が発生した時、家族のため、周辺のため、進んで国のために犠牲になることをためらわなかった。
    壬辰倭乱の時、君主が捨てた国を国民がどうにか守り、日帝強制占領期間には命を犠牲にして独立運動をした。国債補償運動、金集め運動から最近のコロナ19事態までそのDNAは続いた。

    今は社会的距離をおくことと行動半径の制約で個人活動を犠牲にしている。同時に医療関係者の事態鎮静のための献身は大韓民国を越えて世界的な模範事例になったし各種の賛辞が続いた。防疫には失敗しても現状をよく克服しながら私たちは危機に強いことをもう一度悟ることになったし、戦後の廃虚から数十年間で作ってきたインフラと周辺環境がこれからは大きな機会になることをコロナ19を通じて知ることになった。

    大きなチャンスの中で第一は国民性だろう。
    私たちは不思議にも力がある時とない時の行動に違いがある。ない時はその弱さを越えるために不断に努力する。韓国戦争(朝鮮戦争)で国が廃虚になって以来、多くの労働時間で自身を犠牲にして金を儲け、独裁国家になった後は自由を犠牲にして不正に対抗した。
    (中略)

    安全な国民と安全な国。これが二番目の機会になるだろう。代表的には観光業で明確な影響が現れるだろう。コロナ19後、旅行の基準は安全になるだろう。今回の事態でわかるように安全な国民と安全な国の基準を満たすことができる国は大韓民国を含めて何カ国もない。
    安全性は自然環境や食べ物を楽しむ第一次元の観光だけでなくショッピング、エンターテイメント、医療、教育など文化観光が主をなす私たちの観光業と相まって大きな機会になるだろう。コロナ19は安全な大韓民国と安全な韓国人を今一度、世界に知らせる契機になったし、このような安全性の浮上は我が国をかつてなかった新しい形態の文化観光大国にするだろう。

    三番目の機会は日本だ。世界的にすでに彼らの産業インフラは構築されているが、コロナ19で安全に問題が生じ、表裏が異なる彼らの国民性が今回の契機に全世界に明らかに知られたので彼らは急速に信頼を失うだろう。世界はその過程で危険な日本の代わりに安全な韓国に目を向けるだろう。自然に日本の主力産業は私たちのもので代替され、日本に集まった観光客の足取りは我が国に向かうだろう。率直に言えば今後、私たちがより一層成長するためには日本が持っていたインフラをどれほど早く奪い取ってくるかが重要になるだろう。

    四番目は教育熱だ。食べられず、着られず、住めなかった過去でそれらより耐え難かったのは習えないことだった。
    (中略)

    五番目は政治に現れる創意性だ。政治は国家と国民が発展するために邪魔になるすべての問題を知って解決策を提示することだ。
    (中略)

    私たちの政治が発展できないのは多くの部分で海外のモデルをベンチマーキングしたためだ。我が国だけの特異性を知らず、ただ先進国と呼ばれる他国のモデルを創意性なしにベンチマーキングしたのだ。今回のコロナ19の発生はこれをより一層明確に分からせてくれた。

    私たちの防疫モデルはその優秀性が認められ、多くの国がまねようとしたが、彼らは大きな成果を上げられなかった。優秀なモデルなのになぜベンチマーキングできなかったのだろうか?彼らと私たちは大きく違うためだ。
    結局、私たちは私たちだけの独自の成功モデルを作っていかなければならない。その基本は創意性であり政治だけ除き、すでに工学を含む多くの分野で創意性は発現している。望ましくは創意性を持つ人々が政界にはやく進出すれば進出するほど政治は何段階かさらに発展できるはずだ。

    今回の伝染病事態は潜在的な我が国の力を大衆が理解する契機になることで、時間が過ぎるほどバタフライ効果になって我が国全般に大きな影響を与えると予想する。多くは肯定的に。

    文_チ ン・イド(株)ドリーム企画代表理事
    工学専門記者/作家/コラムニスト

    ソース:工学ジャーナル(韓国語)[チ ンイドコラム] ‘危機’のコロナ19は大韓民国から‘機会’に変移される
    http://www.engjournal.co.kr/news/articleView.html?idxno=847

    引用元: ・【韓国】 コロナ19の「危機」が大韓民国で「機会」に変異する~世界は危険な日本より安全な韓国に向かう[07/03] [蚯蚓φ★]

    【妄想と現実の区別がつかない奴【韓国】 コロナ19の「危機」が大韓民国で「機会」に変異する~世界は危険な日本より安全な韓国に向かう[07/03] [蚯蚓φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/01(日) 14:01:43.43 ID:CAP_USER
    |国際線旅客『半分』・・・韓国人入国制限で路線縮小・運休相次ぎ
    |LCCのほとんどが『開店休業』・・・役員辞任・給与返却などで限界状況に直面
    |アシアナ・イースター買収にも影響・・・業界筋、「政府の緊急支援が必要」
    _______________________________________________________

    (ソウル=聯合ニュース) チャン・ハナ記者 = 新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の国内感染者数が瞬く間に3,000人を超えるなど、コロナ19の勢いが止まらないまま航空業界は崖っぷちまで追い込まれた。

    航空会社ごとに毎日のように自己救済策を打ち出してはいるが、世界的に韓国発の入国者に対する制限措置まで増えていて、実際のところ退路がない戦いという暗い展望が支配している。

    1日、政府と航空業界などによれば、2月の第1~第3週の全体国際線旅客数は310万人にとどまり、前年の同期間に比べて43.7%減少した。これはコロナ19の事態が本格化する以前の、12月(760万人)の半分にも及ばない。コロナ19が拡散の兆しを見せた1月でも、国際旅客数は788万人だった。

    事実上、インバウンド(外国からの入国)とアウトバウンド(国内からの出国)を問わずに旅客の需要が萎縮した状況で、航空業界の懸念は一段と深まるものと見られる。

    (閑散とした空港)
    no title


    ■ アメリカ・ヨーロッパ路線を減らすFSC

    大韓航空【003490】はイスラエルのテルアビブ便に搭乗した客室乗務員の1人が、2月25日にコロナ19の陽性判定を受けて非常事態となった。この乗務員は、大量の陽性判定を受けたイスラエル聖地巡礼団と同じ航空便に搭乗していたことが分かった。

    その後、仁川~ロサンゼルス(LA)路線にも搭乗して、帰国便の機内にいた2月21日から咳などの症状があったことが判明して、この乗務員の軌跡と追加感染の有無などをめぐり、LA路線の搭乗客とLAの韓人社会(コリアンコミュニティー)を中心に物議を醸した。

    大韓航空では、同じ航空便に搭乗した30人余りの乗務員に対して14日間の自宅隔離を命じ、仁川(インチョン)国際空港近くの別の建物に位置する仁川乗務員ブリーフィング室(IOC)を閉鎖した。

    翌日の26日から妊婦の職員に対し、在宅勤務を命じた。創立記念日(3月1日)を迎え、今月2日に予定していた創立記念式も取り消し、オンライン映像のメッセージに振り替えることにした。

    (大韓航空客室乗務員、コロナ陽性で『緊急事態』)
    no title


    このような中、売上の比重が30%に達するアメリカ路線の調整にも入った。仁川~サンフランシスコ、仁川~ホノルル、仁川~ボストン路線の運航を一部縮小して、機材も一部変更して供給調整を行うことにした。

    非常事態の経営に突入したアシアナ航空【020560】も、初めてヨーロッパ路線の縮小に乗り出した。 とりあえず地域社会の感染が確認された路線が削減の対象に含まれたが、今後は運航中断や減便路線がさらに拡がる可能性もある。

    アメリカ国務省が先月26日(現地時間)、韓国に対する旅行警報を3段階の『旅行再考』に格上げしたうえ、韓国発の入国者に対する制限を強化する国が急増しているため、追加のダメージが避けられなくなった。

    先月29日には、ベトナム当局が突然韓国発の旅客機のハノイ空港への着陸を許可せず、すで仁川空港を出発していたアシアナ航空の旅客機が途中でUターンする史上初の事態が起きた。

    低コスト航空会社(LCC)の主力路線である中国と東南アジア路線に引き続き、大手航空会社(FSC)の売上高の相当部分を占めるアメリカとヨーロッパ路線まで支障をきたし、航空業界全般に暗雲が垂れ込んだ様子である。

    韓国投資証券のチェ・ゴウン研究員は、「航空業種の時価総額は去年すでに8%減っているが、年明け以降23%もさらに蒸発した」とし、「正常化の時点を予想し難い」と話した。

    国土交通部は先月27日、キム・イタク航空政策官を団長にした緊急航空状況班(TF)を立ち上げ、航空路線に関連する国際的動向を迅速に把握し、政府次元の対応案を推進することにした。

    (韓国発の入国制限国の現状)
    no title


    ソース:ソウル=聯合ニュース(韓国語)
    https://www.yna.co.kr/view/AKR20200228189400003

    >>2につくく

    引用元: ・【韓国】『退路がない』~コロナ19によって史上最悪の危機を迎えた航空業界[03/01]

    【なんか、困るの? 【韓国】『退路がない』~コロナ19によって史上最悪の危機を迎えた航空業界[03/01]】の続きを読む

    このページのトップヘ