まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:コラム

    1: まぜるな!キケン!! 2019/11/14(木) 11:24:29.20 ID:CAP_USER
    |日本、『強弱弱強』帝国主義精神、時は過ぎても内面の奥深くに根
    |経済報復で民族分裂の兆し・・・一丸となってこの戦を勝ち抜こう

    (写真)
    no title

    _________________

    日本の古代史研究者であるキム・ヒョング教授は『日本の物語り』という本で、日本は強い者には弱くて弱い者には強いと述べた。このような日本の属性は帝国主義精神の根源であり、侵略主義根性の根源である。強い者に弱いということは、強い者に勝つためには限りなく強くなければならないという意味を含んでいるのである。日本の兵法書である宮本武蔵の『五輪の書』にも、このような不敗の精神が表れている。この兵法書を一言で要約すれば、一人の敵を倒せれば、世の中の全ての人を倒せるということである。この本には、相手に勝つための戦略があるだけだ。これこそ帝国主義の理論である。相手を倒さなければ自分が倒されるというこの傲慢な強者の理論は、日本社会全般を支配する集団的理念でもある。この強者の論理は、日本が第一次・第二次世界大戦を起こした時によく分かった。日本は戦争中に数多くの虐殺と蛮行を犯していても反省をしない。日本は弱者を徹底的に踏みにじる非人間的行為を当然だと思う集団だからである。

    小説家のパク・ギョンリは『日本散考』で、このように述べた。「日本人には礼を尽くしてはいけない。お世辞を言う弱者として誤解されやすく、そうすれば踏みつけようとする」。弱い者に同情して助けようとすることは、人類の普遍的な情緒である。だが弱者に強い日本人の属性は、人類の普遍的情緒とはかけ離れていると言える。それでパク・ギョンリは、「日本人には礼を尽くしてはいけない」と忠告したのである。

    日帝強占期の朝鮮の最後の総督である阿部信行は解放後に朝鮮を離れ、「今は朝鮮を離れるが、今後朝鮮は日本が残した残滓の中で100年間、日本の支配を脱せないだろう。100年後、日本は再び朝鮮に戻ってくる」と語ったという。この凄まじい発言が事実なのか噂なのかは分からないが、日本人が帝国主義根性を捨てない限り、この言葉の真否はともかく、今我々が日本を警戒しなければならない状況という事実を悟らなければならない。

    最近日本が見せた経済報復措置は、過去に国史で起きた日本との関係を思い起こさせる。1592年に日本は朝鮮の国内政治の混乱に乗じて壬辰倭乱(文禄・慶長の役)を起こし、朝鮮を通じて明に進もうとした。大韓帝国時代に日本は再び侵略主義根性を現した。日本は1899年の京仁線の敷設から1904年の京釜線、1906年の京義線、1914年の京原線に至るまで、朝鮮半島で全ての鉄道敷設権を取った後、朝鮮を経済植民地にした。彼らが作った鉄道を使って朝鮮の物資を日本に輸送し、大陸侵略のための軍需物資に活用した。日本は鉄道を建設して近代化の支援をしたという全くデタラメな理論を立てているが、それは彼らの侵略主義を実行するための手段に過ぎない。

    日本は経済侵略と同時に一進会を組織して内部の同調者を作り、これらを中心に親日勢力を養成して自ら我が民族を支配させた。これらが組織した親日勢力は後世まで続いて既得権を形勢しており、今もその勢力を維持している。日本は再び帰ってくるという阿部信行の言葉を借りなくても、我々の社会に深く根付いている日帝残滓がそれを物語っている。日本の経済報復措置が下された状況で、我々の社会は内部の政治問題を解決することができないまま再び国論が分裂して、国会は自分の利権を得るための派閥争いをしている。このような国内の事情を日本政府はどう眺めているのだろうか?

    ソース:国際新聞(韓国語)
    http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=1700&key=20191114.22031005571

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】人文学コラム『抗日という清涼剤』=ファン・ソンヨル(文学評論家)[11/14]

    【まさにレイシスト 【韓国】人文学コラム『抗日という清涼剤』=ファン・ソンヨル(文学評論家)[11/14] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/03/18(月) 15:33:11.19 ID:CAP_USER
    現在の進められている韓日間摩擦をはるかに執拗に自国民と国際社会に問題化しているのは日本の方だ。政府と政界、メディアが口をそろえて「1965年国交正常化以降、最悪の韓日関係」と現状を規定し、国民の警戒心を刺激して内部結束を企てている。米国など国際外交舞台で自国の正当性を強弁することにも熱を上げている。

    日本が力点を置いているのは自分たちが韓国にやられたと包装する「被害者フレーム」の構築だ。韓日関係が歴代最悪の状況になり、その過程で実質的な脅威を韓国側から受けているが、これは純粋にムン・ジェイン政府のせいという論理を展開している。

    かなり以前に終わった朝鮮人強制動員賠償問題を韓国がまた持ち出して日本企業に危害を加えようとしていると主張し、韓国軍艦が攻撃用火気管制レーダーで自衛隊哨戒機を狙ったと挑発的な宣伝戦を展開するのは日本が「加害者でなく被害者」の立場にあることを強調するためだ。韓国はもはや過去の植民支配被害者でなく不当に日本を攻撃している存在、という操作されたイメージを浮上させようとしているのだ。

    また、今後、対抗措置という名目で韓国に報復的行動を取るのにそれなりの正当性を確保するための名分蓄積でもある。日本社会底流の雰囲気は過去と大きく異なっている。植民支配終息後、相当な時間が流れた中で歴史修正主義が勢力を伸ばし、安倍晋三保守政権の執権が持続しながら加害の歴史に謙虚な認識を持つ人が大きく減った。韓国の反省と謝罪要求に対する嫌気を意味するいわゆる「謝罪疲れ」の共感も広範囲に形成されている。

    こうした中、多方面で韓国と日本の格差が縮小し、韓国経済に日本が占める影響力が減り、永い間「能力もないのに『克日』を叫ぶ過去の植民地」レベルに留まった韓国に対する認識も大きく変わった。現在の状況はただ今回の葛藤だけでなく、今後、全般的な韓日間状況の展開が今までとは全く異なることを物語る。今までとは次元が違う新しい対応体系の構築を韓国も急がなければならないということだ。

    このため日本政府が政権の支持基盤をがっちり固めるために韓国に必要以上の強硬な立場を取っている、などの単純で定形的な分析の枠組みから脱しなければならない。労働統計操作など様々な困難に陥っている安倍政権にとって、今回の葛藤局面が大きく役立ったことは明らかだが、そのような便宜的分析に埋没するのは変化した全体の流れを把握するのに全く役に立たない。

    徴用賠償訴訟と関連して日本は何度も自国企業が被害を受けることになれば韓国に断固たる措置を取ると明らかにしてきた。勝訴判決にともなう韓国側の法的措置が最終段階になれば日本の報復措置も現実化される可能性が非常に高い。日本の賠償を実現するための韓国の行動がこのまま終わらないなら、彼らも言葉だけで終わると思ってはならない。

    ずっと韓国が国際規約を守らないと非難してきた日本政府は彼らの公言どおり「法と規定を破らない限度」で韓国に取れる措置のリストを作成している。すでに日本政府内外には「あまりにも巧妙で今、想像するのは難しいが、実際に発表されたらみながびっくりするほどの対抗措置を確保した」という言葉が広まっている。

    日本が韓国を加害当事者に追い込んで過去と違った対応を講じているだけに、韓国の対応姿勢にも変化が必要だ。興奮と怒りよりは冷静な目で日本を正面から直視し、硬い防壁を造り上げなければならない時だ。

    no title

    ▲キム・テギュン東京特派員

    ソース:ソウル新聞(韓国語) [特派員コラム]日本の「被害者フレーム「構築に対応しようとするなら/キム・テギュン東京特派員
    http://seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20190318030002

    引用元: ・【日韓】 韓国を加害者にする日本の「被害者フレーム」構築に対応するには/東京特派員コラム[03/18]

    【日本にいる記者でさえこれだぜ【日韓】 韓国を加害者にする日本の「被害者フレーム」構築に対応するには/東京特派員コラム[03/18] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/06/04(月) 09:08:47.95 ID:CAP_USER
    6/4(月) 8:43配信
    中央日報日本語版

    トルコメディアが相次いで韓国をわい曲して貶めるような記事を載せて物議を醸している。

    先月31日(現地時間)、トルコ有力日刊紙「イェニシャファク」は、今月24日の大統領選挙を控え、最近野党圏がトルコのロールモデル国家として韓国に言及したことに対して批判的な文章を載せた。

    コラムニストのFaruk Aksoy氏はコラムを通じて「『韓国モデル』という言葉は米国を喜ばせること」としながら「何の悩みもなく国を米国文化の供物に捧げるようなもの」と主張した。あわせて、最近ビルボードチャート1位に入った韓国アイドルグループ防弾少年団(BTS)を例に挙げた。コラムは「『韓国のようになりたい』ということはすなわち西欧化を指向すること」と指摘した。また「裂けた目のアジア人」という人種差別的な表現まで使っている。

    同紙はレジェップ・タイイップ・エルドアン・トルコ大統領と密接な関連がある報道機関で、大統領と与党の公正発展党(AKP)の声を代弁していると言われている。また別の日刊紙「アイドゥンルク」も韓国を批判するようなコラムを掲載した。第一野党「共和人民党(CHP)」の大統領候補であるムハレム・インジェ氏が「トルコはベネズエラのようになりたいのか、韓国のようになりたいのか」という話題で、経済的豊かさを手に入れた韓国を称賛したことに対する反論だ。コラムニストのイスメト・オズチェリク氏は「米国のプロジェクト国家である韓国は、米国がアジアで共産主義の波を防ぐために作った(アジアの)米国前哨基地」と主張した。反面、ベネズエラに対しては「米国に対する抵抗の象徴」であり、現在のニコラス・マドゥロ大統領は「世界で最も残忍な帝国主義国家(米国)と戦っている」と褒め称えた。

    2紙が心を決めたように韓国批判に乗り出しのは、大統領選挙を控えた状況で、最近野党圏から「トルコの発展モデルは韓国」という言葉がよく出てくるようになったためだ。

    CHPのインジェ候補は「韓国の1980年代の1人あたりの国民所得はトルコとほぼ同じだったが、教育を通じて技術人材を確保したおかげで現在3万ドルまで増えた」(CNNインタビュー)、「ベネズエラは石油富裕国にもかかわず、現在トイレットペーパーすら買えないが、韓国は1人あたりの国民所得が3万ドルに達する国になった」(大統領選挙遊説)と述べた。

    これを受け、エルドアンの「口」ともいえる「イェニシャファク」はこれらの発言を強く批判しながら韓国までひっくるめて非難し、西欧主義と米国文化に不信を募らせる左派志向の「アイドゥンルク」もこれに加勢した。韓国に対して特に悪い感情があるというよりは、自国の政治状況のために韓国を利用したというのが専門家の分析だ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00000006-cnippou-kr

    引用元: ・【ヘイト】トルコメディアで韓国を貶めるコラム相次ぐ…「裂けた目」「米国基地」

    【【ヘイト】トルコメディアで韓国を貶めるコラム相次ぐ…「裂けた目」「米国基地」 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/05/30(水) 00:11:50.40 ID:CAP_USER
    安倍晋三政権をめぐる容疑と不祥事が絶えない日本で最近、連日メディアを飾っている事件がある。大学アメリカンフットボール、ライバル戦の「悪質タックル」問題だ。事件は去る6日、アメリカンフットボール名門の日本大と関西学院大のライバル戦で起きた。日本大の守備選手がボールと関係ない所で無防備状態の関西学院大クォーターバックにタックルして全治3週の怪我をさせたのだ。
    (中略:経緯説明)

    事件の推移はもう少し見守らなければならないが、今回の事件で恥部を現わした大学スポーツ界が日本社会の縮小版に他ならないという指摘が出ている。少なからぬ人々が職場や学校でこれと同様の経験をしたためだ。文芸評論家、斎藤美奈子(さいとう みなこ)は東京新聞コラムで今回の事件が①監督が全体的な方向を指示②コーチが「相手のクォーターバックを壊せ」等具体的指示③他の選択肢なしで追い出された選手が「壊すから使ってくれ」と自ら要望する構造、と分析しながら過去の日本軍に似ていると指摘した。それと共に日本社会には今も日本軍の命令系統と役割分担が働いている所が多いといった。

    実際、第二次世界大戦の敗戦で日本軍は消えたが、日本軍の組織原理や文化は企業や学校などにそのまま引き継がれたという分析がある。2015年の東芝の大規模粉飾会計事態が代表的事例だ。金融危機が世界を強打した2008年、東芝の社長は役員会議で120億円を確保するよう指示した。これは粉飾会計をしろというのと全く同じだった。無理な指示が下されても、どうにか成しとげなければならないのが東芝の組織文化であった。

    安倍総理が関与した疑惑を受けている「私学スキャンダル」も同じだ。総理の意図を公務員たちがソンタク(忖度・上の人の意を推し量って行動)した。問題が生ずれば現場に責任を転嫁して自身は「命令していない」とやればよい。

    ある日本ジャーナリストは今回の事件には戦後日本社会の「無責任の構造」が見えるといった。日本は周辺国に甚大な苦痛を与えた戦争責任問題にまともに向かい合わなかった。企業なら会長という立場の日王から責任を負わなかったということだ。退位もしなかったし、戦争責任についてこれという一言もなかった。

    歴史学者・中村政則は<日本戦後史>でこの様な日王の態度が「戦後、日本人の精神史に計り知れないマイナスの影響を及ぼした」とし、「戦争責任意識を希薄にしただけでなく、指導者の政治的責任、道義的責任を負う方法に結んで切ることがなくなった」と指摘した。

    「悪質タックル」事件に日本社会のこの様な無責任構造を代入することは、このジャーナリストだけの拡大解釈ではないだろう。

    東京|キム・ジンウ特派員
    no title


    ソース:京郷新聞(韓国語) [特派員コラム]悪質タックルと無責任の歴史
    http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201805291526001&code=970203

    引用元: ・【アメフト】 悪質タックルと無責任の歴史~戦争責任を負わなかった日王が日本社会及ぼした影響/特派員コラム[05/29]

    【【アメフト】 悪質タックルと無責任の歴史~戦争責任を負わなかった日王が日本社会及ぼした影響/特派員コラム[05/29] 】の続きを読む

    1: HONEY MILKφ ★ 2018/02/15(木) 11:01:46.49 ID:CAP_USER
    【今日と明日/徐永娥】「興奮したら負けだ」

    (写真)
    no title

    ▲ 徐永娥(ソ・ヨンア)東京特派員
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    自称=『インターネット右翼老人』という日本人が、「インターネットであなたの文章を読んだ」との手紙を送って
    きた。調べてみたら、日本の嫌韓流書籍ブームを批判した記者のコラムを誰かが念入りに翻訳して嫌韓
    サイトに乗せ、それを見て反論の手紙を送ってきたのである。その次に掲載した『日本のお婆さんの威風堂々』
    というコラムには、日本の教育業者から挨拶のメールが来た。韓日翻訳の教材として使ったという話だった。
    Google翻訳機のおかげだろうか。韓日間のニュースが言語の障壁を乗り越え、リアルタイムで共有される
    現実を実感した。

    『右翼老人』の手紙でも感じたが、日本人の韓国に対する知識は相当である。これにはポータルサイトで
    あるYahoo! JAPANの影響もある事が分かった。韓国の有力媒体が日本語版サイトを作り、(韓国の)国内
    ニュースをYahoo! JAPANにリアルタイムで大量提供するからである。

    「Yahoo! を開けば韓国の記事で一杯だ。気分がいい内容もでない。韓国メディアがなぜ日本に向かって
    サービスをするんだ」。日本に住む韓国人はこのように不満を吐露する。彼らは、「日本の右翼には口実を
    与え、一般の日本人には誤ったメッセージを与える」と懸念している。

    読者のクリックを渇望するインターネットニュースの属性せいだろう。サイトは日本人の目に刺激的で、韓国
    の本音が赤裸々に表れた記事であればあるほど目立つように配置する。やはりクリック数のためだが、
    日本のニュースサイトにはないコメント機能も付けて右翼の遊び場になっている。

    例えば、米国NBCの平昌オリンピック解説者の殖民支配擁護発言に対する韓国人の抗議、英国ザ・
    タイムズの独島関連誤報のような、日本メディアが扱わない記事がこのサイトのトップ5を占めている。
    旭日旗のような帽子を被った日本選手の写真に対し、韓国のソーシャルメディアが沸き返っているという
    消息もある。

    ここまで来れば最近の日本では、韓国ニュースに関する情報の過剰が問題という気もする。普通、お互い
    を知るという事は近くなるという意味だが、韓日間では必ずしもそうとは限らない。

    韓日関係を長く見てきた人々は、日本内の『嫌韓流』の根源を2002年韓日ワールドカップで見つける。
    日本人がそれまで関心外だった韓国を『発見』した衝撃が、一方では『韓国って素晴らしい』という韓流を、
    もう一方では『韓国って何だ』と反発する嫌韓流を産んだという事。

    嫌韓派の相当数は、かつては韓国が好きだった人だという指摘もある。韓国が好きになって勉強してみたら
    韓国人の反日感情に接し、結局は不快感や背信感を感じて切り替えたというのである。

    個人的に韓国人の反日感情は無条件反射のようなものと見ている。『感情』なので知識と論理で武装した
    意識体系とは異なり、しばしば矛盾が生じたりもする。『韓国人=反日』と信じている日本人に、「日本を訪問
    する韓国人が年間700万人を超える。反日ならそんなに日本を訪ねるのか」と問い返したりするが、記者も
    その矛盾がよく理解できない。

    1990年代に韓国に留学したNHKの知人は、自身が悟った解析法を教えてくれた。「韓国人と酒を飲むと
    自尊心のために表では反日を掲げるが、実際は暖かい本音を感じる事ができた。その後は多くの韓国人の
    怒号は情が満ちていると感じられたよ」

    NBCの殖民支配擁護発言に対し、韓国が沸き返っているという記事に日本人が寄せたコメントには、「事実
    でないならこんなに興奮する必要があるのか」とか、「日本は敗戦後アメリカに占領されたが、“アメリカを
    発展のモデルにした”という言葉を聞いても平気だ。事実を認めて進んだから。韓国は事実を消そうとする
    から常に後だけを振り返る」という指摘もあった。もう抜け出す時もないのだろうか。 韓国は先進国入りを
    目前にした、国際社会から認められる国だ。先に興奮すれば負けになる。

    ソース:NAVER/東亞日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=110&oid=020&aid=0003128391

    引用元: ・【東亞日報】『日本の嫌韓本ブーム』をコラムで批判したら日本人からメールがきた=東京特派員[02/15]

    【【東亞日報】『日本の嫌韓本ブーム』をコラムで批判したら日本人からメールがきた=東京特派員[02/15] 】の続きを読む

    このページのトップヘ