まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:グローバル化

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/11(火) 22:26:20.67 ID:CAP_USER
    |農心(ノンシム)、チャパグリのレシピを盛り込んだYouTube映像を11か国語で公開

    (写真)
    no title

    _______________________________________________________

    映画『寄生虫(キセンチュン/邦題=パラサイト 半地下の家族)』がアカデミー授賞式で4冠王を占め、映画に登場した『チャパグリ』も注目を集めている。

    農心は11日、劇中のチャパグリのレシピを11か国語で紹介する、YouTube映像を公開したと明らかにした。

    農心は、「 “寄生虫” とともに “チャパグリ” に対する世界各国の消費者の関心が高くなった」とし、「誰もが簡単に調理して食べられるよう、様々な言語で案内映像を作った」と説明した。

    映画・寄生虫の英語字幕でチャパグリは、『ラーメン(ラミョン)』と『うどん(ウドン)』を合わせた『ラムドン(Ram-don)』と表現されている。この表現は斬新な翻訳として話題を集め、劇中で貧富の格差を表す素材として重要に扱われている。

    ハリー・ハリス駐韓米国大使は10日、自身のTwitterアカウントにアカデミー授賞式を見ながらチャパグリを食べたとツイートしている。

    (キャプチャー)
    no title


    農心は作品の興行と歩調を合わせ、チャパグリの広報にも拍車をかけている。

    農心は今月7日、寄生虫が公開されたイギリスで、映画ポスターのパロディーとレシピを盛り込んだ映像を作り、チャパグリを広報している。

    チャパグリは2009年、某インターネットコミュニティーでネチズンがオリジナルの異色レシピを公開し、話題を集めた料理法である。

    ソース:国民日報(韓国語)
    http://news.kmib.co.kr/article/view.asp?arcid=0014224766&code=61172111

    引用元: ・【K-フード】オスカー4冠王『寄生虫』のおかげで『チャパグリ』のグローバル化に勢い?[02/11]

    【インスタント焼きそばじゃん 【K-フード】オスカー4冠王『寄生虫』のおかげで『チャパグリ』のグローバル化に勢い?[02/11]】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/11/19(日) 13:51:29.63 ID:CAP_USER
    2017年11月17日15時40分 中央日報/中央日報日本語版
    http://japanese.joins.com/article/569/235569.html?servcode=100

    韓国とイタリアの最大の共通点は食べ物への限りない関心だ。両国にはグルメツアーと料理情報の共有にはまっている人が多い。韓国料理は欧州で和食・中華料理に比べて認知度が低いが、2015年ミラノ国際博覧会を契機に少しずつ広報効果が出ている。

    イタリア人が接続する韓国関連ウェブサイトの韓国料理情報を見ると、変化が見られる。かつてはビビンパ・プルコギのような食べ物を集中的に広報した。最近は、食べ物よりは韓国式食堂や料理人、韓国料理の材料を栽培する農家を紹介する。方向の転換のおかげで韓国料理の裏面にある文化・環境と韓国自体をより有効的に知らせることができる。

    9月28日、「ワールド韓国料理フェスティバル」では外国人シェフの韓国料理への再解釈が非常に印象的だった。行事2日前にイタリア・サルデーニャ政府が韓国料理財団と業務協約を締結した。サルデーニャのシェフが韓国料理を習って文化交流に出ている。文化広報は現地人の協力がとても重要だ。各国のシェフが韓国料理を習って料理し、現地の料理に組み合わせれば韓国料理のイメージを高めることができる。ピザ・パスタが普遍的な世界的な食べ物になったのは各国のイタリア食堂のおかげだ。

    広報戦略にも大きな変化が見られる。韓国料理の行事で国籍不明のフュージョン料理が姿を消し、伝統的な韓国料理と日常的な料理が注目を浴びている。「外国人は辛いものが食べられず、ニンニクを嫌う」という先入観のために外国人の口に合わせるよりは本来の韓国料理を紹介するのが真正性のある広報だ。食べ物の名前を翻訳する必要もない。テンジャンチゲを「発酵された豆スープ(fermented bean soup)」に変えれば興味をそそらない。スシやディム・サムのように誰にでも聞けば分かるような韓国料理がまもなくできるだろう。広報の方法がもう一つある。サンナクチ(生きたタコ)・ホンオフェ(ガンギエイの刺身)・タッパル(鶏足の激辛炒め)のような独特な食べ物だ。

    食べ物の味と形に劣らず興味を誘発することも重要だ。

    (全文は配信先で読んでください)
    1がたった日時 2017/11/18(土) 14:02:48.15
    前スレ 【韓国】イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ★8コピペコピぺ対策です6
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511058834/

    引用元: ・【韓国】イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ★9

    【【まずは衛生観念からだよね】「イタリア料理のように韓国料理もグローバル化が可能だ」中央日報】の続きを読む

    このページのトップヘ