まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:キムチ

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/02/18(月) 17:25:07.55 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国農林畜産食品部は、先月の韓国の食品(農産物や加工食品)の輸出額は5億7600万ドル(約636億4000万円)を記録し、前年同月(5億4400万ドル)比5.9%増加したと発表した。1月としては過去最高額となる。

     品目別では農産物の輸出が14.4%増と成長をけん引し、昨年は輸出が小幅減少した加工食品も3.9%増と増加に転じた。

     農産物の輸出はイチゴやパプリカなど野菜・果物のほか、高麗人参・キムチなど主力品目のほとんどが増加し、1億2000万ドルを売り上げた。

     農林畜産食品部は、イチゴは主要輸出市場の香港・シンガポール・ベトナムでの好調が続き、高麗人参は中国の春節(旧正月)向けのギフト用紅参(高麗人参を蒸して乾燥させたもの)の需要拡大で輸出が増加したと説明。キムチは日本の大手流通企業、イオンリテールによる販促などで大きく成長したと明らかにした。

     国・地域別では東南アジア諸国連合(ASEAN)、日本、中国など主要国への輸出が前年同月に比べ全体的に増加した。イスラム国家では減少傾向が続いている。

     日本向けの輸出は1億2600万ドルで、パプリカ、キムチなど農産物が好調だったことで前年同月比14.7%増加した。

     特にキムチは発酵食品の効能について現地メディアが取り上げたことや全国的な販促イベントの効果で、前年同月比30.2%増の540万ドルを売り上げた。

     農林畜産食品部は上半期も輸出増に向けて中国・上海で211の売り場が参加する大規模な物産展を開く。KCONなどの韓流文化イベントと連携したPRやオンラインでの販促も強化する。

     同部は「海外の主要拠点を中心に生鮮食品専用の販売拠点を拡充し、新南方・新北方地域など新規市場を開拓して輸出市場の多角化を図る」と説明した。

    聯合ニュース

    ソース:朝鮮日報日本語版<1月の食品輸出が過去最高額 日本でキムチ販売好調=韓国>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/18/2019021880103.html

    関連スレ:【韓国】 18年のキムチ輸出額は20%増 半分以上が日本へ[01/16]
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1547608890/

    引用元: ・【韓国】 1月の食品輸出が過去最高額 日本でキムチ販売好調[02/18]

    【中国でさえ輸入禁止してるのに【韓国】 1月の食品輸出が過去最高額 日本でキムチ販売好調[02/18] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2019/01/16(水) 12:21:30.95 ID:CAP_USER
    【世宗聯合ニュース】韓国農林畜産食品部は16日、2018年のキムチ輸出額が9750万ドル(106億円)で前年比20%増加したと発表した。伸び率は統計を取り始めた06年以降で最も大きく、輸出額も12年(1億400万ドル)以来の高水準となった。

     キムチの輸出額は13年から連続で減少し15年に7300万ドルに落ち込んだ後、増加に転じた。特に昨年は前年の8100万ドルから大きく増えた。

     輸出先も63カ国・地域から68カ国・地域に広がった。

     日本への輸出がけん引役となっている。昨年は23%増の5600万ドルだった。次いで、米国(900万ドル)、台湾(500万ドル)、香港(450万ドル)、オーストラリア(300万ドル)の順。

     農林畜産食品部は「キムチの健康面の機能性に対する認知度が上がったほか、政府の多様なPR、支援政策もプラスの影響を及ぼした」と分析した。

    聯合ニュース

    ソース:朝鮮日報<韓国の18年キムチ輸出額は20%増 半分以上が日本へ>
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/01/16/2019011680095.html

    引用元: ・【韓国】 18年のキムチ輸出額は20%増 半分以上が日本へ[01/16]

    【自己防衛しないと【韓国】 18年のキムチ輸出額は20%増 半分以上が日本へ[01/16] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/15(金) 01:14:03.45 ID:CAP_USER
    少し前まで寿司やザルソバなどだけに制限的に使われていたワサビがいつの間にかスナックなどで急速に領域を拡大している。ところが国語辞典でワサビを探すと「コチュネンの誤り」と出ている。つまりワサビの純化語がコチュネンという事だ。しかし、果たしてそうだろうか?

    原産地を調べればワサビは日本でコチュネンは韓国だ。同じものなのに原産地が違う?実際にワサビの学名は”Eutremaj aponicum”である反面、ワサビは”Cardamine pseudowasabi”なわち”タネツケバナ科に含まれるにせ物(pseudo)+ワサビ(wasabi)”にすぎない。これは二つの植物が厳密には異なることを意味する。「日本語の克服必然性」と「非対称状況での純化語使用」の過程で問題があらわれたわけだ。このため、この頃は放送でもワサビという言葉をそのまま露出して使う。

    道を通れば、英語やフランス語または国籍不明の外国語がそのまま露出した看板を簡単に見つけることができる。これはアイドルの歌やテレビの字幕でもよく接する今は日常化した風景だ。ところがこれを純化語に変えようとする動きは特に見られない。つまり、日帝強制占領期間に対する羞恥と憎しみによって、日本語についてはより高い厳格性が作用しているわけだ。

    このためにタクアンをタンムジと呼ぶ様な笑えないことも起きる。タクアン(沢庵:1573~1645)は本来日本禅宗(臨済宗)の高僧だった。この僧侶が寺で作った塩漬けが後代に流行し、作った人の名前がつけられた。このような点で見れば、タクアンをタンムジに純化したことは明白に過剰なことは間違いない。すなわちキムチが日本でキムチと呼ばれるように、タクアンはそのままタクアンにならなければならない。
    (中略)

    私たちは苛酷な日帝強制占領期間を経たし、武力による強制占領はそれまでの歴史でただ一度も無かった初めての事件だった。それだけ衝撃と余韻が強い恥辱のわけだ。また、どれほど嫌いだったら8月15日を「光が回復したという意味」の光復節としたのだろうか!すなわち日帝強制占領期間は光がなかった暗黒時代だったのだ。

    しかし、だからといってあまり大げさに病的である必要はない。私たち民族ははるかに強力で偉大だ。世界へ伸びていく大韓民国の気性に日本などを意識する必要はない。今は過度な意識がかえって病気になる可能性があることを思い出す時ではないかと言える!

    チャヒョン僧侶・中央僧伽大教授
    http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=4cfaebcb80bf4363a2666a94712d090e&Month=DirectUpload

    ソース:韓国日報(韓国語) [人生と文化]タンムジをタクアンと呼ぼう
    http://hankookilbo.com/v/22e7e34f44ed4c699d899c9bc15b0299

    関連スレ:【韓国起源】 タクアン・高句麗僧侶が日本人ために考案した漬け物~ソン教授のおもしろい韓国語の話-53.タンムジ★2[05/28] 2016
    https://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1464436453/
    たくあんの日本名は本来「タクアン(沢庵)」だったが、解放後、日本式言語の整備の時「ウェチャンジ(倭塩漬け)」、「タンムジ」等に変えて使い、徐々にタンムジが定着した。しかし、まだ一部ではこの名前を日本語と知らずに「タクアン」を使っている。

    引用元: ・【韓国】 日本がキムチをキムチと呼ぶように、タンムジはタクアンと呼ぼう~もう日本など意識する必要はない[06/13]

    【【韓国】 日本がキムチをキムチと呼ぶように、タンムジはタクアンと呼ぼう~もう日本など意識する必要はない[06/13] 】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/04/17(火) 06:34:47.39 ID:CAP_USER
    http://www.recordchina.co.jp/b592173-s0-c20.html

    2018年4月14日、中国メディアの参考消息網は、飲食店の多くで中国産キムチが提供されていることに危機感を覚える韓国がこのほど、「キムチ産業振興計画」を発表したと報じた。

    13日付の韓国・亜洲経済(電子版)の報道を引用して伝えたもので、世界キムチ研究所によると、17年に韓国が中国から輸入したキムチは27万5631トンで、前年比8.8%増加した。韓国の飲食店の多くで中国産キムチが提供されており、世界キムチ研究所が17年9月に発表した報告書によると、韓国で消費されるキムチの約35%が輸入もので、飲食店が購入したキムチの89.9%が中国産だという。

    こうした状況を受け、韓国農林畜産食品部は12日、「キムチ産業振興計画」を発表した。

    22年までに国産キムチの比重を16年比で5%以上拡大することを目標に掲げ、キムチ素材産業の育成、国産キムチ競争力の向上、輸入キムチの対応と輸出拡大、キムチ認識改善と卓越性の促進、ガバナンス構築、原料の安定供給支援の6大推進戦略を策定したという。(翻訳・編集/柳川)

    引用元: ・【韓国】「キムチ産業振興計画」発表=中国産キムチが市場占領に危機感―中国メディア[04/16]

    【【韓国】「キムチ産業振興計画」発表=中国産キムチが市場占領に危機感―中国メディア[04/16] 】の続きを読む

    1: 鴉 ★ 2017/11/28(火) 00:22:32.62 ID:CAP_USER
    薄れつつある韓国代表の伝統文化…主婦の多くが「キムチ作り」を放棄=韓国ネットも共感「キムチ作りはストレス」「共働きが多いから」


    2017年11月21日、韓国・KBSによると、あるアンケート調査の結果、韓国の主婦の半数以上が「キムチ作り」をしないことが明らかになった。越冬準備1号、おふくろの味の代名詞だった韓国伝統のキムチ作りが、時代とともに変わってきている。

    韓国ではキムチ作りのことを「キムジャン」と言い、毎年この季節になると「キムジャンしましたか」というあいさつが慣習的に行われていた。しかし最近はだんだんとキムチを作る主婦が減少し、今年は半数以上の55%が「計画していない」と回答、昨年より8%上昇したという。つくる量も減少傾向にあり、回答者の40%が白菜10株以下と答えたとのこと。キムジャンを放棄(ポギ)した人を意味する「キムポ族」という新造語が誕生するほどだ。

    最近ではキムチ作りを目的とした主婦対象の観光バスツアーも登場した。塩漬けの白菜にヤンニョムソ(調味液)などすべての材料がそろうキムチ工場に行くもので、ここではかつて1泊2日かかっていた大変な作業を1時間以内で完成させられるという。


    また、大型スーパーのキムチコーナーで好みに合った味付けをその場で注文することもできる。自分で漬けるより買って食べるキムチに慣れた人々が増え、高菜キムチに白キムチ、水キムチなど数十種類にもなるキムチ市場は毎年20%以上の伸び率を記録するなど、競争はますます激しくなっているという。そのほかにも、オンライン上では若い1~2人世帯を狙ったオーダーメード型のキムチが登場、健康飲料メーカーの配達品目にキムチが追加されるなどさまざまだ。

    これを受け、ネットユーザーからも「この時代に誰がキムチ作りなんてする?年配の人はキムチを漬けるかもしれないけど、若者はみんな買って食べるだろう」「共働きが多い時代だから仕方ない。家でご飯を食べる時間も減ったし、昔よりキムチを食べなくなった」「材料費や労働力を考えたら買った方が安い。高いキムチ冷蔵庫を買うくらいなら少しずつ買って食べた方が経済的」と共感を示すコメントが目立つ。



    また、実際に伝統的なキムチ作りをしている主婦からの苦労話も寄せられているが、「キムジャンは本当にストレス。確かにやった感はあるけど、子どもを連れて夫の実家に行って100株以上作るのは『離婚したい』と思うくらいつらい」「キムジャンに呼ばれても、男たちはみんなゴロゴロしてるだけで、でき上がるころに部屋からでてきて『肉はできたか?』と食べることしか考えていない(※キムジャン後に、切れ端の白菜やヤンニョムで即席キムチと肉を食べる習慣がある)」「嫁にもスケジュールがあります。どうか『キムチ作り』の連絡を送らないでください。キムチは食べなくてもいいから」など怒り爆発寸前の様子。

    中には「世の中は変わっていくもの。昔の大家族の時のようにはできない」「将来的にキムジャンは博物館でしか見られなくなりそう」など「世の流れ」と捉えるユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)
    https://a.excite.co.jp/News/chn_soc/20171126/Recordchina_20171126020.html

    引用元: ・【国際】薄れつつある韓国の伝統文化・・・主婦の多くが「キムチ作り」を放棄

    【【何が残るんだ】韓国の伝統文化が消滅・・・主婦の多くが「キムチ作り」を放棄 】の続きを読む

    このページのトップヘ