まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:オーストラリア

    1: まぜるな!キケン!! 2022/06/07(火) 06:49:30.21 ID:CAP_USER BE:456446275-2BP(1000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_morara01.gif
    韓国・ソウル(CNN) オーストラリア国防省は5日、中国の戦闘機が攻撃的な飛行を行って、南シナ海周辺の上空をパトロール中だったオーストラリアの哨戒機を危険にさらしたと発表した。

    オーストラリアのマールズ国防相によると、中国の戦闘機J―16が先月、公海上空で通常の偵察飛行を行っていたオーストラリアの哨戒機P―8に接近し、フレアとチャフを放出。少なくとも1片がオーストラリア軍機のエンジンに入った。

    チャフはアルミニウムまたは亜鉛の小さな金属片で、軍用機がミサイルを混乱させる目的で放出するが、航空機を妨害する目的で使用することもできる。

    オーストラリア国防省は声明を発表し、中国戦闘機の飛行について「P―8機とその乗員の安全を脅かした危険行為」と位置付けた。

    マールズ国防相がオーストラリアのテレビ局9ニュースに語ったところによると、J―16はP―8に異常接近し、至近距離を並んで飛行しながらフレアを放出。続いてJ―16が加速してP―8の前方を至近距離で横切り、その瞬間に小さなアルミ片を含むチャフを放出した。チャフは一部がP―8のエンジンに吸い込まれたとマールズ国防相は述べ、「明らかに非常に危険」だったとしている。

    専門家によると、チャフがジェットエンジンに吸い込まれればブレードが損傷しかねず、最悪の場合は墜落することもある。

    P―8は2基のエンジンのうち1基だけでも飛行できるが、この事態を受けて基地に戻り、哨戒任務は終了を余儀なくされた。

    ※続きは元ソースで御覧ください

    CNN.co.jp 2022.06.06 Mon posted at 17:55 JST
    https://www.cnn.co.jp/world/35188513.html

    引用元: ・【軍事】中国戦闘機が哨戒機に「チャフ」放出 オーストラリア政府発表 [Ikh★]

    【カナダ機でも異常接近あったよね 【軍事】中国戦闘機が哨戒機に「チャフ」放出 オーストラリア政府発表 [Ikh★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/05/31(火) 23:16:12.11 ID:CAP_USER
    韓国型歩兵戦闘装甲車「レッドバック」機動シーン 韓国で初公開
    オーストラリア次世代装甲車の最終候補競争
    no title


    ハンファディフェンスは27日、陸軍11師団の訓練場でオーストラリアへの輸出を目指す歩兵戦闘装甲車レッドバックの実際の機動シーンを韓国国内で初公開した。

     この日レッドバックは、野地走行▽障害物克服▽ピボット旋回▽砲塔駆動▽兵力乗降車などを見せた。陸軍とハンファディフェスは、防衛事業庁の「輸出用武器体系軍示範運用制度」に則り4月に示範運用協約を締結し、4月18日から6週間にわたりレッドバックの示範運用を実施した。

     レッドバックは昨年10月、オーストラリア陸軍の軌道型歩兵戦闘装甲車導入事業の最終2候補機種の一つに選ばれた。オーストラリア軍は、次世代軌道型戦闘装甲車と系列車両8種など400台余りの導入を推進していて、今年下半期に優先交渉対象者を選定する予定だ。ハンファディフェスは、オーストラリアのみならず米国・ヨーロッパにもレッドバックの輸出を目指している。

     戦闘現場に兵力を連れていくことを主な任務とする兵力輸送装甲車(APC)とは違い、レッドバックのような歩兵戦闘装甲車は兵力輸送だけでなく戦闘任務も遂行する。レッドバックには対戦車ミサイルを発射できるハイブリッド砲塔が装着される予定であり、30ミリ主砲と7.62ミリ機関銃が搭載される。

     レッドバックには先端戦闘機のレーダーに使われる能動位相配列レーダー(AESA)を利用して装甲車に接近する敵の対戦車ミサイルなどを事前に捕捉し迎撃する「アイアン・フィスト」能動防御システムが備わっている。レッドバックの車両に熱像偽装幕をまけば敵の熱像監視装備の探知と熱追跡ミサイルの攻撃を避けることができる。

    クォン・ヒョクチョル記者

    ハンギョレ新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/557a74dddd9832493d3f0e39ba04d701693a5091

    引用元: ・【韓国軍事】 韓国型歩兵戦闘装甲車「レッドバック」機動シーン、初公開…オーストラリアへの輸出を目指す[05/31] [LingLing★]

    【面白いけど実用度は無いぞ 【韓国軍事】 韓国型歩兵戦闘装甲車「レッドバック」機動シーン、初公開…オーストラリアへの輸出を目指す[05/31] [LingLing★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/03/04(金) 09:08:11.91 ID:CAP_USER
    ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の「右腕」が米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)に2日(現地時間)、書簡を送って、国際社会に引き続き支援を要請した。アンドリ・イェルマク大統領秘書室長がその主人公だ。NYTは書簡全文を掲載して「ゼレンスキー大統領の横でこの文を書く、プーチンが誤っていることを示すために助けてほしい」という題名を付けた。

    イェルマク氏はゼレンスキー大統領とともにロシアの攻撃を避けて地下防空壕に退避中にこの文を書いたと明らかにした。イェルマク氏はまず国際社会に対し、これまでの支援に感謝のメッセージを伝えた。「我々は米国と欧州の友人、そしてロシア経済に制裁を加え、我々に武器を支援してくれた全世界の民主国家に謝意を表する」と綴った。この中で「オーストラリアと日本」を摘示した。韓国には言及していない。

    イェルマク氏はロシアのウラジーミル・プーチン大統領に対し、尊称を使わないで「ミスター・プーチン(Mr.

    Putin)」という呼称を使った。意図的なものだ。イェルマク氏は「ミスター・プーチンの目標はロシア帝国を新たに築くこと」としながら「国際社会が彼の攻撃に対してどのように対処するかを他の独裁者も注視している」と書いた。今回の戦争がウクライナだけのものではないことを強調したのだ。イェルマク氏はまた「ウクライナは第2次世界大戦で800万に近い人命被害を受けたが、じっと耐え忍び、自ら選んだ自由を手放すことはない」としながら「最後の一呼吸の瞬間まで国家を守る」と強調した。

    イェルマク氏が手紙を書いた場所は地下防空壕だった。イェルマク氏は「この手紙を書いている場所は国家の首都の地下にあるバンカーで、ゼレンスキー大統領がすぐ私の横にいる」とし「過去1週間、ロシアが放った爆弾が我々の頭上を飛び交ったが、我々は侵略者などを敗退させる意志でみな固く団結している」と強調した。地下バンカーに退避したウクライナ国民の状況は良くないとNYTは別途記事で伝えた。臨時病院では出産する妊婦と病気の子どもたちであふれているという。インタビューに応じたマリア・ルデンコバさんは「子どもたちが病気なので、なおさらどこにも行けない」とし「私たちが願うのは平和だけ。戦争を望む人は誰もいない」と涙声で話したという。

    イェルマク氏は国際社会に持続的な支援を呼びかけた。イェルマク氏は「西側世界が提供してくれた武器をしっかり活用し、侵略勢力を我々の兵力だけでもはね除けることができるところを見せた」としつつも「もっと多くの武器が必要だ。ロシアの戦闘機がウクライナ領空を侵入できないようにする国際社会の措置も呼び掛けたい」と訴えた。

    イェルマク氏はゼレンスキー大統領の最側近で、外交分野でも活躍してきた。ロシアが今回の攻撃を開始する前の昨年4月にも、TIME(タイム)誌とインタビューで「米国はウクライナにパトリオットミサイルを配備してはじめてロシアの攻撃を防ぐことができる」と主張した。国内政治では批判も相当ある。昨年12月、保守勢力は彼の退陣を主張して大統領宮前でデモを行ったことがある。しかし今回の戦争でウクライナ内のイェルマク氏に対する批判は下火となった。イェルマク氏は「国際社会はロシアをとめるためにさらに多くのことができる」とし、国連安全保障理事会(安保理)からロシアを除名するべきだという主張も展開した。ロシアは別名「P5(Permanent 5)」と呼ばれる安保理常任理事国の一つだ。


    https://japanese.joins.com/JArticle/288434?servcode=200§code=210

    引用元: ・【中央日報】ウクライナ秘書室長、バンカーで書いた手紙…「オーストラリア・日本に感謝」 韓国は抜けた [3/4] [昆虫図鑑★]

    【完全にウクライナ人の敵だろ 【中央日報】ウクライナ秘書室長、バンカーで書いた手紙…「オーストラリア・日本に感謝」 韓国は抜けた [3/4] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/04(木) 15:59:58.51 ID:CAP_USER
    [シドニー 4日 ロイター] - オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は4日、韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシー」の耐水性を訴える広告が消費者に誤解を与えるとして、同社のオーストラリア部門を提訴したことを明らかにした。

    ACCCは、2016年2月ごろから、サムスンの広告では同社のスマートフォンが海やプールの中での使用に適しているように描かれていると指摘。

    ACCCのシムズ委員長は「実際にはそうでないにもかかわらず、『ギャラクシー』が水中や水にさらされる環境での使用に適しているかのような誤った印象をサムスンの広告は与えている」と主張した。

    https://jp.reuters.com/article/australia-samsung-elec-regulator-idJPKCN1TZ03L
    ロイター JULY 4, 2019 / 1:31 AM

    【敵認定されるとはこういうことや 【オーストラリア当局】スマートフォンの誇大広告でサムスンを提訴[7/4] 】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/07/06(金) 23:39:08.75 ID:CAP_USER
    ◆「評判の良い国ランキング」は上昇も…韓国と評判上位国との“意外な因縁”とは

    世界でもっとも“評判の良い国”はどこか。
    そんな疑問解消の一助となる、ひとつの調査結果がある。

    アメリカのコンサルティング企業「Reputation Institute」が発表した世界国別評判ランキングだ。
    このランキングは、経済規模上位55カ国が対象で、環境、暮らしの質、社会の安全、政府の透明性、経済状況などの項目があり、それらを合算して国をランク付けしている。

    今年の世界国別評判ランキングによれば、世界でもっとも評判の良い国はスウェーデンだった。
    点数は81.7点で、2017年の同じ調査の3位から2ランクアップして1位に輝いている。

    日本は、昨年の12位から4ランクアップした8位(77.7点)となり、世界トップ10に入った。
    一方「国家ブランド指数」をはじめ、この手の世界ランキングに何かと敏感になる韓国は、31位(58.5点)という評価だった。

    少々乱暴な振り分けをすれば、55カ国中31位では「評判が悪い国」に大別されることになるかもしれない。
    ただ、それでも「昨年35位から4ランクアップ」(『中央日報』)したのだから、まずまずだろう。
    興味深いのは、今回の世界国別評判ランキングの上位国と韓国には近年、さまざまな因縁があることだ。

    ■1位スウェーデンにモラルなき行為?

    ひとつは、1位にランクインしたスウェーデンである。
    つい最近には「スウェーデンに戦争を仕掛けましょう」といった穏やかではない“国民請願”があった。

    韓国の国民請願とは、大統領府ホームページに設置されたもので、国民がオンラインで政府に請願できるサービスだ。
    なかには、スウェーデン発祥の家具チェーン店IKEAの「不買運動」や「韓国撤退」を呼びかける請願もあったという。

    スウェーデンと韓国はロシアW杯グループリーグ初戦で対戦し、スウェーデンが1-0で勝利した。
    敗れた韓国の一部の人々がその腹いせや憂さ晴らしに暴言を書き込んだようだが、相手国にしてみれば気持ちの良いものではないはずだ。

    世界国別評判ランキングは2位フィンランド(81.6点)、3位スイス(81.3点)、4位ノルウェー(81.1点)、5位ニュージーランド(79.7点)と続いている。
    北欧が強い印象だ。

    そして6位オーストラリア(79.6点)、7位カナダ(79.2点)、8位日本、9位デンマーク(76.7点)、10位オランダ(76.1点)までがトップ10入りを果たしている。
    たまたまかもしれないが、スウェーデンだけでなくトップ10入りした国のなかにも、韓国との因縁がある国がある。

    ■「女性観光客にとって危ない国」

    例えば6位に入ったオーストラリアは近年、韓国に対するイメージが悪化している国のひとつとされている。
    というのも、オーストラリア国内で行われた「女性観光客にとって危ない国」ランキングのトップに、インドを抜いて韓国の名前が挙がるようになったというのだ。

    また、7位に入ったカナダも、以前イギリスBBCが行った「国家イメージアンケート」で、韓国否定派が41%と高かったことが知られている。
    世界一の“嫌韓国家”とされるドイツの否定派65%に比べればまだマシだが、韓国に対する印象はそれほど良くない国といえるかもしれない。

    今回発表された世界国別評判ランキングは、2018年3月から2カ月間、全世界5万8000人を調査した結果だという。
    韓国にとってこの期間は、平昌五輪直後や南北首脳会談開催などで、世界的な注目度が著しく上がった時期でもある。

    それでも55カ国中31位だったということは、海外のほかの国から韓国にはまだまだ改善しなければならないことが多いと考えられていることへの表れでもあるだろう。
    今後も厳しい評価が続くことを示唆しているとも言えなくもない。

    ■「31位でも高いくらい」

    実際、今回発表された世界国別評判ランキングの報道に触れた韓国ネットユーザーたちは、「31位でも高いくらい」といった反応も見せていた。
    また、「日本の8位はちょっと高すぎるのでは」「他の国はわからないが日本は政治家のスキャンダルも多いのに」と、自国の順位よりも日本の高評価に対して疑問符を投げかける声が少なくなかった。

    同じ北東アジアとして意識してしまうのは仕方ない部分でもあるが、日本のことを指摘するよりも、「世界が韓国をどう見て評価しているか」ということに気を払い、改善すべきことは改善していくべきではないかと思う。
    危機や問題に直面したとき、ダイナミックに改革を進める底力が韓国にはあると思うからこそ、余計にそう思う。

    Yahoo!ニュース 2018/7/6(金) 7:13
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180706-00088171/

    引用元: ・【逆Kの法則】嫌韓国民が多いほど「世界で最も評判の良い国」のランキング上位になる法則発見…スウェーデンやオーストラリア等[7/6]

    【【逆Kの法則】嫌韓国民が多いほど「世界で最も評判の良い国」のランキング上位になる法則発見…スウェーデンやオーストラリア等[7/6] 】の続きを読む

    このページのトップヘ