まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ウォン

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/21(金) 11:12:28.42 ID:CAP_USER
    1/21(金) 10:38配信
    中央日報日本語版

    サムスン電子元社長の半導体専門家Aさんが2020年中国半導体企業経営陣に合流すると韓国産業界は大騒ぎになった。サムスン電子LCD事業に長く身を置いていたAさんの中国行きが韓国半導体産業に脅威になりかねないと懸念したためだ。Aさんだけでなく、現職または退職専門人材の海外進出が相次ぎ技術流出防止が緊急課題となった。

    20日、国務総理室によると、韓国政府は先月22日に金富謙(キム・ブギョム)首相の主宰で科学技術関係長官会議を開き、「国家必須戦略技術選定および育成・保護戦略」を議決した。韓国政府は世界的な競争力を持つ主要技術を国家核心技術に指定して先制的に保護することにした。また、核心技術を管理する人材流出を防ぐために海外離職制限が必要な核心人材関連データベース(DB)を構築し、出入国状況をモニタリングする方針だ。

    特許庁や国家情報院などによると、最近5年間の核心技術海外流出事例は121件あり、これによる被害額は20兆ウォン(約1兆9100億円)に達する。

    あわせて政府は退職核心人材を専門任期制特許審査官として採用することにした。採用規模は今年から5年間1000~2000人を順次選抜するものとみられる。事務官(5級)待遇で5年単位で契約し、最大3回まで延長する条件だ。国内半導体業界などから退職する人材は年間1500人程度となる。また、政府の外郭研究機関で2020年から今年までに退職した人は1000人に達する。

    ◆退職専門人材採用で雇用創出、産業保護

    中国は2011年に特許審査協力センターを設立して1万1000人余りの任期制特許審査官を採用した。協力センターの人材は満35歳以下の修士学位以上の学歴所持者だ。

    退職専門担当者を特許審査官として採用すれば雇用を創出することができる一方で、企業は核心人材の海外離職などに伴う人材管理の負担を減らすことができる。また、退職高級人材を活用して産業を保護する効果をあげることができるものとみられている。

    特許庁の特許審査官業務量を減らし、特許管理をきめ細かく行えるという長所もある。特許庁関係者は「現在の特許審査官935人が年間250~300件の特許を審査している」とし「これは米国・中国などに比べて2~4倍の業務量」と紹介した。2020年基準で米国は特許審査官1人が74件、中国は109件を審査した。

    ◆「世界は技術覇権戦争」

    大韓弁理士会のホン・チャンウォン会長は「世界各国は技術覇権競争で核心人材の確保に総力を挙げている」とし「韓国も半導体など主要産業で競争力を失わないようにするためには対策づくりを急がなければならない」と話した。

    半導体産業協会のアン・ギヒョン専務は「半導体分野の人材だけで米国が30万人、中国が25万人不足していて人材確保戦争を繰り広げているところ」としながら「中国は韓国の半導体など主要産業人材に高額年俸を提示してスカウトするのが現実」と話した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c57a08330e8b8c8e78df687001f45b9f2a287de7

    引用元: ・【韓国】「技術流出20兆ウォン」なのに…サムスンマン、また中国行き…韓国政府が格別対策 [動物園φ★]

    【韓国こそが泥棒なのに【韓国】「技術流出20兆ウォン」なのに…サムスンマン、また中国行き…韓国政府が格別対策 [動物園φ★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/20(土) 12:07:51.73 ID:CAP_USER
    ┃日常の当たり前を科学的価値として
    ┃バイオ燃料、電気、肥料、通貨として誕生

    (画像)
    no title

    ▲ 蔚山科学技術院(UNIST)サイエンス・ウォールデンでは人糞が電気エネルギーに変換され、バイオエネルギーと燃料に活用される。 画像=蔚山科学技術院(UNIST)
    _______________________________________________________

    ウリたちの祖先は農業用地に人糞をまき、肥料として活用した。その昔、他所の家で大事をするということは、貴重な資源を他人に与えることなので、叱られることだったという。祖先は早くから、『うんこ』の価値を知っていた。知識はなかったのだが、経験が科学を追い越していたのである。

    過去のように、トイレから始まる生態革命が今起きている。うんこを資源として活用する蔚山(トサン)科学技術院(UNIST)生活型研究所の『サイエンス・ウォールデン』である。この空間のBeeViトイレで『仕事』をすれば、各種装置を経てうんこがバイオ燃料に、電気エネルギーに、肥料に生まれ変わる。

    ┃日常の当たり前を科学的価値として

    科学者は汚染源と思われてきたうんこを覆した。うんこを資源と考え、さらにはこれを処理する過程を無くして水を節約する、『一石三鳥効果』を期待したのである。

    UNISTの研究陣によれば、人間は一生で6トンに至るうんこをたれ、これを水を通じて河川で流す。 だがしかし、うんこは有機物なので土では分解されて肥えた土壌を作るが、水では分解されない。無価値な資源であり、汚染物になるのである。

    これに対し、UNISTの研究陣は非水洗式トイレを作った。この便器は大便と小便を分離する。分離したうんこは真空ポンプを通じ、嫌気性(空気中の酸素が必要ない性質)微生物の浄化槽に送られる。 この便器の特徴はちょー節水式のため、少ない量の水を利用して圧力でうんこを集めて送る。

    嫌気性微生物の浄化槽には微生物が生息している。微生物がうんこを餌にして、バイオガスを作り出す。微生物が生息するために温度調節ヒーターがあり、近寄ると熱気を感じる。このバイオガスはエネルギー貯蔵タンクに行ったり、固体酸化物燃料電池(SOFC)を通じて電気エネルギーに変換される。

    (写真)
    no title

    ▲ (左から)ちょー節水式便器、うんこをバイオ燃料に転換する装置、うんこが電気エネルギーで転換された様子。画像=蔚山科学技術院(UNIST)

    ┃『うんこ』の再発見

    実際に、サイエンス・ウォールデンの空間の全ての電気とエネルギーは、うんこで作られている。ここはBeeViトイレと約5坪の住居空間3室、人糞をエネルギーに転換する装備を構えたバイオセンターと、バイオエネルギー食堂などで構成されている。この空間では関連研究者が研究をしたり、芸術家が何週間も滞在して作品活動などを行う。

    サイエンス・ウォールデンのトイレの使用者は、『クル』というサイバー貨幣が与えられる。1回排泄するごとに『10クル』が支給される。いわゆるうんこが貨幣基準になる、『うんこ本位貨幣』だ。この仮想貨幣でキャンパス内の物品を購入することもできる。

    研究チームによれば、1人が1日排泄する人糞の価値は500ウォン程度である。全国民がうんこを基準にする貨幣を使った場合、毎年約9兆ウォンに達する価値を新たにつくることができる。

    UNIST都市環境工学部のチョ・ヂェウォン教授はサイエンス・ウォールデンを考案した背景に、「人糞を通じた生態変化を導き、これを貨幣やエネルギーに使って新たな価値を提示するためだ」と言いながら、「人糞をエネルギーに変換すれば世の中になかった価値が生まれ、その価値の中に新たな価値共同体が形成される」と話した。

    (写真)
    no title

    ▲ 人糞がバイオ燃料と電気エネルギーなどに転換される科学的原理。画像=蔚山科学技術院(UNIST)

    ソース:マネートゥデー(韓国語)
    https://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2021111917394444379

    引用元: ・【K-うんこ】全国民が流した人糞、1年で『9兆ウォン』~うんこがお金になる[11/20] [ハニィみるく(17歳)★]

    【これぞK-POOP 【K-うんこ】全国民が流した人糞、1年で『9兆ウォン』~うんこがお金になる[11/20] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2022/01/14(金) 08:13:24.66 ID:CAP_USER
     急増していた銀行の家計向け貸付残高が昨年12月に2000億ウォン(約192億円)減少したことが分かった。市中銀行が一時的に融資を中断するほど徹底した金融当局による圧力が効果を上げたとみられる。12月に銀行の家計向け貸付残高が減少したのは2004年の統計開始以来初めてだ。しかし、農協、信用組合など相互金融機関では1カ月で9000億ウォン増加している。市中銀行での融資増はいったんスローダウンしたが、銀行を除く金融機関による家計向け融資が膨らんでいる格好で、家計の借金の山は増え続けている。

     韓国銀行は13日、昨年12月の銀行による家計向け貸付残高が1061兆ウォンとなり、前月比で2000億ウォン減少したと発表した。一方、金融委員会が発表した金融機関全体の家計向け融資資料によると、融資のハードルが相対的に低い相互金融機関で融資が9000億ウォン増えた。

     韓銀の集計によれば、昨年9月現在で家計債務の規模は1845兆ウォンに上る。金融業界からは今年上半期に1900兆ウォンを超え、年末には2000兆ウォンに迫るとの見通しが示されている。米連邦準備理事会(FRB)と韓国銀行が政策金利を引き上げる金利上昇期に入っており、利払い負担が増すことになる。

     金融研究院のシン・ヨンサン金融リスク研究センター長は「家計債務の増加ペースが依然として速く、借金してでも投資を行う20-30代の割合が高まったことで返済能力が低下するなど、負債の質も悪化が続いており、金融リスクに対する備えが必要な時期だ」と指摘した。

    ユン・ジンホ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    Copyright (c) Chosunonline.com
    2022/01/14 08:09
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022011480003

    引用元: ・【朝鮮日報】ブレーキがかからない韓国の家計債務、1900兆ウォンに迫る勢い [1/14] [新種のホケモン★]

    【最悪だな。 【朝鮮日報】ブレーキがかからない韓国の家計債務、1900兆ウォンに迫る勢い [1/14] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/08(月) 14:00:24.99 ID:CAP_USER
    ◆韓国経済に「ウォン安」がやってきた

     10月12日、ソウル外国為替市場のウォン相場が1ドル=1198.8ウォンで取引を終了した。これは1201.00ウォンで取引を終えた昨年7月28日以降、1年2ヵ月振りのウォン安水準である。

    【写真】日本人は知らない…いま韓国で本当に起きている「ヤバすぎる現実」

     筆者の携帯電話の待ち受け画面には「ドル円」「ドルウォン」「円ウォン」の相場がリアルタイムで表示される。

     さらに「円ウォン」に至ってはすぐさまグラフで推移が確認できるようになっているのだが、この日のグラフ変化には非常に驚いた。

     給料をウォンで支給される筆者にとって、手元の資金を不安定なウォンで保有しておくには少々心許ない。レートの良い時に日本へ送金する必要があるから、今回のこの現象は大歓迎だ。

     しかし、一部の韓国民にとっては非常に不安な状態だろう。1ドル=1200ウォンになると「危険水域」だとされており、韓国はその領域に片足を踏み入れたことになる。

    ◆文在寅が「わざとやった」…!?

     8月31日、規格財政部が来年の国家債務は約101兆円と、初の100兆円を突破する見通しだと発表した。

     国内総生産(GDP)に対する国家債務比率は50.2%でこちらも初めて50%を越え、2017年に約62兆円であった国家債務は文在寅政権発足後5年間で約39兆円も増加した形だ。

     韓国ではこのような経済悪化状況になると、政府が南北統一のためにわざと経済状態を悪くさせているという暴論が一部で出てくることがあるが、今回は実際に文在寅統領が「わざとやっているのか?」と思うほどに韓国経済が瀕死の状態となっているといえる。

     さらに、韓国銀行は8月26日の金融通貨委員会(以下、委員会)で政策金利を2年9か月ぶりに変更。コロナ禍でアジア主要国初の利上げに踏み切った。

     続けて10月12日の委員会では金利は据え置きとしたものの、インフレ高進や家計債務の拡大に対処するため、同委員会は11月の追加利上げまでも示唆している。

     韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は「我々の経済の見通しによると、11月に利上げするのはさほど難しくないとみられる」と述べている。世界を見渡せば、米国の金利もすでに上がり始めているし、11月には量的緩和縮小(テーパリング)の縮小に着手する方針も打ち出されている。

     韓国が利上げしたところで気休め程度にしか作用しない可能性もあり、11月の利上げはかなりの賭けのようにも思える。

    ◆問題解決にはまだまだ時間がかかる

     三星証券は10月13日、今年末のドルウォン為替レートの予想を1120ウォンから1170ウォンに下方修正した。

     一方で、中期的にドル安の展望を維持しており、来年末のウォン相場は1120ウォンと予想しているが、本当にそんな“楽観論”の通りにいくだろうか。

     同社の研究員は、「景気循環の面でこれまでウォンはグローバル景気、その中でも製造業景気と同行していた。回復の度合いは弱くなるが、グローバル製造業は傾向より高い水準で留まると予想する」と述べている。

     さらに、「米国では財の消費が鈍化しているが、欧州と新興国の財貨消費回復傾向は昨年ペントアップ需要(景気後退期に購買活動を一時的に控えていた消費者の需要が、景気回復期に一気に表面化する現象)と経済活動再開以降の景気回復を考慮すれば当分続く可能性が高い」「韓国の輸出も今年第四四半期には前年同期比15%前後、来年も7%前後を記録するだろう」と分析しているが、韓国経済がそのような回復シナリオに乗るかどうかはいまだ不透明だ。

     そもそも、今回のウォン安は総額33兆円の負債を抱える中国不動産大手『恒大集団』の資金繰りに対する不安や、中国の電力不足による工場稼働中断が影響している。

     また、10月12日には国際原油価格が2014年11月以降初めて1バレル80ドル台を記録したことも大きな要因となっている。これら問題は韓国で対処できるものではなく、当該国家でも改善が難しい。問題解決までに多大なる時間を要することになるだろう。

    続く

    現代ビジネス 11/8(月) 7:32 https://news.yahoo.co.jp/articles/1841549ded58546157382fedc776080aeb759558

    引用元: ・【韓国経済】「ウォン安&株安」のダブルパンチで、いよいよ「韓国破綻」のヤバいシナリオが現実に! [11/08] [新種のホケモン★]

    【ウォン安は良いことだろ? 【韓国経済】「ウォン安&株安」のダブルパンチで、いよいよ「韓国破綻」のヤバいシナリオが現実に! [11/08] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/03(水) 08:59:52.85 ID:CAP_USER
     韓国国会予算政策処は2日、2年後の2023年以降は政府債務の利払い費用が年間で20兆ウォン(約1兆9300億円)を超えるとの試算を明らかにした。20兆ウォンは韓国型宇宙ロケット「ヌリ号」の開発にかかった費用の10倍であり、原発4基を建設できる額、全国民に災難支援金40万ウォンずつを支給できる額だ。

     予算政策処の「2021-30年中期財政見通し」によると、韓国政府の財政支出拡大基調が続くと仮定した場合、利払い費用は今年の17兆9000億ウォンから23年には21兆2000億ウォンに膨らむ。30年には今年の約2倍の36兆4000億ウォンに達する。

     今年の政府債務は965兆9000億ウォンで、来年は1072兆6000億ウォンとなり、1000兆ウォンを突破する。26年には1500兆ウォンを超え、8年後の29年には2029兆5000億ウォンで2000兆ウォンの大台を超える見通しだ。1人当たり政府債務も今年の1860万ウォンから30年には4230万ウォンに増えることになる。

     この見通しでいくと、国内総生産(GDP)に占める政府債務の割合は来年の50.4%から25年には61%に上昇。28年には71.6%、30年には78.9%となり、80%に迫る。政府債務を削減するためには財政支出を減らすか、税収を増やさなければならない。仁川大の洪起用(ホン・ギヨン)教授は「政府債務の増加ペースが速すぎる中、政界は借金をしてカネをばらまくことをあまりに安易に考えている。財政支出を管理するための法的な仕組みを整えなければならない」と述べた。

    金正薫(キム・ジョンフン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    Copyright (c) Chosunonline.com 2021/11/03 08:24
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2021110380010

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国政府債務の恐ろしい増加、利払い費用だけで年20兆ウォン [11/03] [新種のホケモン★]

    【沈みそうな泥舟ですね 【朝鮮日報】韓国政府債務の恐ろしい増加、利払い費用だけで年20兆ウォン [11/03] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ