まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ウォン安

    1: まぜるな!キケン!! 2020/03/04(水) 22:02:17.30 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国銀行(中央銀行)が4日に発表した2月末の外貨準備高は4091億7000万ドル(約44兆1600億円)で、前月比4億8000万ドル減少した。前月まで4カ月連続で過去最高を更新していたが、昨年8月以来の減少に転じた。

     韓国銀行は、ドル高の影響でドル以外の外貨建て資産のドル換算額が目減りしたと説明した。

     内訳をみると、有価証券が全体の90.7%にあたる3712億2000万ドルで、前月比72億3000万ドル減少。預金は271億ドルで、68億ドル増えた。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は6000万ドル減の32億7000万ドル。IMFリザーブポジションは1000万ドル増の27億9000万ドル。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

     韓国の外貨準備高は1月末時点で世界9番目の規模だ。中国が3兆1155億ドルで最も多く、次いで日本(1兆3423億ドル)、スイス(8501億ドル)などの順。

    yugiri@yna.co.kr
    聯合ニュース
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20200303005500882

    2020.03.04 06:00

    【ドル枯渇するのも時間の問題【聯合ニュース】韓国の外貨準備高 6カ月ぶりに減少 ドル高(ウォン安)の影響でドル以外の外貨建て資産のドル換算額が目減り[3/4]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/12(月) 15:50:21.65 ID:CAP_USER
    ●韓国・文在寅政権を襲う「ウォン安&株安」Wパンチのリスク
    日本との関係改善が必要なはずだが…

    8月に入り、韓国の通貨ウォンが大きく下落している。最大の理由は、韓国の経済成長を支えてきた輸出が低迷するとの懸念が高まっていることだ。

    わが国が韓国を“ホワイト国”から除外したこともウォン安に拍車をかける材料の一つになった。

    ウォン安の進行とともに、韓国の株価も大きく下げている。株安・通貨安が韓国経済を襲っている構図が鮮明化している。

    本来であれば、韓国が経済の安定を目指すためには、わが国などとの関係を修復し改善を目指すことが重要なはずだ。

    しかし、足許、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、支持率向上のために反日姿勢を強めている。中長期的に考えると、同氏の対日スタンスは韓国経済に大きな禍根を残す恐れがある。

    韓国経済がウォン安にどう対応できるか先行きはやや不安だ。

    ◾︎輸出主導で経済成長をかさ上げしてきた韓国

    もともと、韓国の経済は、サムスン電子をはじめとする大手財閥企業の経営を優遇し、輸出競争力を高めることで成長を遂げてきた。近年の韓国経済を支えたのが、半導体の輸出だ。

    特に、韓国にとって最大の輸出国である中国が産業振興策である“中国製造2025”のもと、省人化投資を進め世界から半導体を買い集めたことは韓国にとって大きな追い風となった。

    韓国は、わが国から高純度のフッ化水素などの半導体材料や、精度の高い半導体製造装置を輸入し、半導体を生産してきた。

    わが国政府が韓国向けの輸出管理手続きを見直したことに対して韓国が一方的に批判しているのは、韓国の半導体生産にわが国の資材が欠かせないからだ。事実上、韓国経済はわが国の技術力に大きく依存してきたと考えられる。

    輸出で稼ぐ韓国にとって、ウォン安は重要だ。

    半導体の市況は、世界経済全体の景況感に大きく左右される。半導体需要が高まる際、世界経済は米国を中心に緩やかな回復基調にあることが多い。

    基本的に米国は、自国の経済が緩やかな回復ペースを維持し、それに伴って世界経済全体が上向き基調にある場合には、多少のドル高には寛大にふるまう。

    貿易赤字と財政赤字を抱える米国としては、緩やかなドル高を容認して資本を流入させたい。

    その状況は、韓国がウォン安によって輸出収益を“かさ上げ”するために都合がよい。

    加えて、北朝鮮と対峙するという特殊事情もあり、米国政府は韓国の為替管理政策にあまり目くじらを立ててこなかったともいえる。

    ◾︎ウォン安が蝕む韓国経済の体力

    しかし、韓国が輸出主導型の成長を目指すことは難しくなっている。

    まず、輸出増加を支えてきた世界の半導体需要が低迷している。

    米中の摩擦激化によって世界の貿易量は落ち込んでいる。

    韓国最大の輸出相手である中国は、投資に依存した経済成長の限界を迎えた。中国は米国の圧力に対応するために自国内での半導体生産能力を引き上げている。

    すでに韓国の輸出は前年同月比ベースで減少トレンドをたどっている。輸出を増やそうにも、世界経済全体で需要が低迷している以上、韓国の自助努力ではどうにもならない部分が多い。

    本来であれば文政権は構造改革を進めて先端技術の育成などに取り組むべきだが、左派系大統領である同氏が、本気で改革に着手することはできないだろう。

    現代ビジネス
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66495?page=2

    引用元: ・【韓国経済】襲う「ウォン安&株安」Wパンチのリスク[8/12]

    【良い事は重なるね 【韓国経済】襲う「ウォン安&株安」Wパンチのリスク[8/12] 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/08/08(木) 11:25:02.71 ID:CAP_USER
    世界的に株価の不安定さが目立つ中、特に韓国の株価が急落しています。その裏には、韓国のある弱点が見え隠れしています。

    投資家が気をもんでいるのが、ITやバイオ分野の中小・ベンチャー企業が数多く上場する「コスダック」市場です。
    今週だけで8%以上下落しています。

    また、ウォンとドルの為替相場は、3年5ヵ月ぶり“ウォン安”水準となり、韓国企業を直撃すると懸念されています。

    韓国企業の多くは、ドル建てによる借金を多く抱えていて、ウォン安ドル高になれば、借金が増えることになるのです。

    韓国政府と韓国の中央銀行にあたる韓国銀行は、緊急会合を開き、
    為替市場が不安な状態になれば、市場安定措置を積極的に取るとしています。

    1997年には通貨危機で大不況に陥った韓国。これほどの危機はまた起こりうるのでしょうか?
    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/news/post_183213/
    https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/market/post_183179

    引用元: ・【テレ東】 韓国 通貨危機の懸念も・・・株価急落、ウォン安が示す韓国の “弱点”

    【スワップしなくて良かったわw 【テレ東】 韓国 通貨危機の懸念も・・・株価急落、ウォン安が示す韓国の “弱点” 】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2019/05/07(火) 11:51:04.80 ID:CAP_USER
    ウォン安ドル高が急激に進んでいる。連休直前に1ドル=1170ウォンで取引を終えた。2017年1月以来27カ月ぶりのウォン安ドル高だ。こうなれば証券市場にも影響が及ぶ。外国資本が投資利益を回収する際、為替差損を懸念して株式を売って離れていくからだ。1997年のアジア通貨危機、2008年のグローバル金融危機当時にも見られた。最近のウォン安ドル高を軽視してはいけない理由だ。残念ながら韓国経済は今どこを見ても良いところがない。1-3月期、投資・生産・消費・雇用・輸出の5大核心経済指標にすべて赤信号がついた。経済不振が急激なウォン安を招いているのだ。さらに4日には北朝鮮の飛翔体挑発で地政学的リスクまでが高まり、さらなるウォン安が懸念される。

    問題は改善の兆しが見えない点だ。政府は3月に生産・消費・投資がすべて反騰したことを受けて「景気の流れのモメンタムが良い」と発表したが、比較対象の前月が低調だったことによる一時的な反騰という分析が多い。1-3月期全体では成長率がマイナス0.3%に後退する成長率ショックがあった。何よりも韓国経済を支えている輸出が良くない。昨年12月に表れた輸出減少が先月まで5カ月連続で続いているのは、韓国経済のファンダメンタルズが大きく揺れているという傍証だ。

    さらにトランプ米大統領が中国に対してまた関税賦課を検討すると主張し、上海株式市場は昨日5%以上も暴落した。輸出環境の不確実性は高まるしかない。結局、国際貿易が冷え込み、被害はそのまま韓国に及ぶ。米国は先月の失業率が3.6%と半世紀ぶりの最低水準になるなど好況が続いている。中国も成長率が懸念されているが、実際に1-3月期の成績を見ると6.4%と堅調な推移を見せた。

    国際経済の流れで韓国だけが孤立したこの時期に、政府がすべきことは思い切った政策基調の変化だ。企業は絶えず不安を訴えている。施行2年で副作用と矛盾を表したJノミクス(文在寅政権の経済政策)の政策方向から直ちに修正しなければいけない。最低賃金を急激に上げれば経済が回復すると言ったが、実質青年失業率は24%を超え、所得の二極化は過去のいつよりも深刻になっている。「馬車が馬を引っ張る」姿と指摘される所得主導成長の副作用だ。

    政策の基調を変えてこそ最悪の企業心理を回復させることができる。現在の景気状況を表す同行指数循環変動値と景気を予測する先行指数循環変動値は10カ月連続で下降曲線を描いている。政府は商法と公正取引法を強化して「経済の正義」を実現するというが、いまの経済環境では前向きな効果は期待しにくい。企業がホットマネーの攻撃に備えて経営権の防御に乗り出し、自社株買いに財源を注ぎ込んでいるからだ。それだけ投資と雇用が減るしかない。

    改めて「経済は心理」と強調しておきたい。反市場・反企業の政策実験を終えて企業が自発的に投資できる環境を整えることが経済を回復させる近道だ。政府が市場と企業を重視するという信号を明確に送る必要がある。そうしてこそ外国人も韓国経済に対して確信を抱き、ウォン安ドル高に対する不安感も和らぐだろう。原因は遠いところにあるのではない。


    2019年05月07日08時36分 [中央日報/中央日報日本語版]
    https://japanese.joins.com/article/067/253067.html?servcode=100&sectcode=110

    引用元: ・【中央日報】 27カ月ぶりウォン安ドル高、経済不安の拡散を防ぐべき 5大核心経済指標にすべて赤信号 [05/07]

    【輸出に有利になったじゃないかw 【中央日報】 27カ月ぶりウォン安ドル高、経済不安の拡散を防ぐべき 5大核心経済指標にすべて赤信号 [05/07] 】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/15(火) 21:20:32.57 ID:CAP_USER
    no title


     輸出と内需など実体経済が低迷する中、米大統領選でのトランプ氏当選以降、韓国の金融市場も大きく動揺している。世界的に投資資金が安全資産にシフトしており、新興国から先進国へのマネーの流れが生じているからだ。韓国も例外ではない。

     14日のソウル株式市場では有価証券市場(メーンボードに相当)で外国人は3365億ウォン(約307億円)を売り越した。外国人による売り先行で、韓国総合株価指数(KOSPI)は0.5%下落した。月初来の売り越しは1兆6325億ウォン(約1490億円)となった。

     外国人の資金引き揚げで、ウォンの対米ドル相場は連日ウォン安が進行している。14日には前日比7ウォンのウォン安ドル高となる1ドル=1171.90ウォンで取引を終えた。1170ウォンを超えてのウォン安は今年6月末の英国のEU離脱決定以降で初めてだ。米大統領選の前日に当たる8日の為替水準(1135ウォン)に比べると30ウォン以上もウォン安が進んだ計算だ。

     トランプ氏の当選以降、米国で市場金利が急上昇した影響で韓国の債券利回りも上昇している。8日以降、3年物韓国国債の利回りは0.19ポイント上昇した。新興国の株式と債券価格が下落すれば、外国人の資金引き揚げは避けられない。

     そうした懸念が高まり、韓国のデフォルト(債務不履行)リスクを示すクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のプレミアム(保証料)が連日上昇している。5年物韓国国債のCDSプレミアムは55ベーシスポイントを記録し、米大統領選前に比べ20%も上昇した。CDSプレミアムは債券が債務不履行となった場合に備えて支払う保険料の性格を帯びており、国のデフォルトリスクの指標となる。

     ソウル市立大のユン・チャンヒョン教授は「在韓米軍の駐留費分担、韓米自由貿易協定(FTA)の再検討など韓国はトランプ氏からまだ『計算書』を受け取っていない上、政治・経済のリーダーシップ不在で他の新興国よりも不確実性が高まっている」と指摘した。

     柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相は14日、国際金融発展審議会の民間委員との懇談会で、「新興国の貿易・安全保障関係が急激に変化する可能性と12月の米利上げが重なり、不安心理が強まりかねない。金融・為替当局が関係機関共同チェック班を24時間体制で稼働させている」と説明した。

    金正薫(キム・ジョンフン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/15/2016111500639.html

    引用元: ・【韓国】トランプ勝利で韓国株売り越し・ウォン安・CDS上昇[11/15] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【待望のウォン安じゃないか】トランプ勝利で韓国株売り越し・ウォン安・CDS上昇】の続きを読む

    このページのトップヘ