まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:イ・ボンチャン

    1: まぜるな!キケン!! 2019/04/12(金) 23:07:59.06 ID:CAP_USER
    no title


    アンカー:明るい笑顔で普段は「愉快な青年」と呼ばれた写真の主人公は1932年、東京の真ん中で日王に向かって手榴弾を投げた李奉昌(イ・ボンチャン)義士です。イ義士が日王に向けた義挙を控えてかたい決意を新たにした宣誓文、また、金九(キム・グ)先生に送った親筆手紙の原本が正式文化財に登録され明日から一般公開されます。ホン・シニョン記者が先にお見せします。

    レポート:「私は祖国の独立と自由を回復するため、韓人愛国団の一員になって敵国の首魁を屠殺することを誓います。」

    1931年12月13日、イ・ボンチャン義士が偉業のために日本に発つ直前、上海で宣誓式を挙行して書いた文です。そして12月24日、東京からキム・グ先生に手紙を送ります。彼は当時、キム・グの仮名だった「ペク・チョンソン」先生に父親の手紙で、「義挙」を「物品」にたとえ「物品は確かに翌月中に売れるからなにとぞご安心ください」と書いたのです。これにキム・グは12月28日、義挙資金として100円を送ります。

    そして10日後の1932年1月8日、イ・ボンチャンは東京の真ん中で日王が乗った馬車に手榴弾を投げます。現場で逮捕された青年イ・ボンチャンはその年9月30日に死刑宣告を受け、三十二才の若さで殉国しました。偉業は失敗しましたが、イ・ボンチャン東京義挙はこれに続くユン・ボンギルの上海義挙とともに韓国独立に対する世論を広く知らしめました。

    [イ・キヒョン/国立中央博物館学芸研究家]「(臨時政府活動が)沈滞期に陥っていた状況でキム・グ先生は義烈闘争がこれを突破する方法だと考え、最初に義烈を闘争したのがイ・ボンチャン義挙です。その後に起きた義挙の端緒になりました。」

    平凡な青年だったイ・ボンチャンが抗日闘争を決心し臨時政府がある上海に渡って義挙を実行するまで…その過程をそっくり見せる三件の遺物が文化財として登録され、明日から一般に公開されます。原本が公開されるのは初めてです。ひどい拷問にも最後まで微笑みを浮かべ、恐れも気迷いもなかったという青年イ・ボンチャン。彼が眠る孝昌(ヒョチャン)公園も「独立運動記念公園」として新しく造成される予定です。

    MBCニュース、ホン・シニョンでした。

    ソース:MBCニュース(韓国語) 笑いながら「日王」に爆弾…「愉快青年」手紙出てきて
    http://imnews.imbc.com/replay/2019/nwdesk/article/5245346_24634.html

    引用元: ・【韓国】 笑いながら「日王」に爆弾投げたイ・ボンチャン義士…「愉快な青年」の手紙、一般公開[04/11]

    【昭和天皇の暗殺を試みて【韓国】 笑いながら「日王」に爆弾投げたイ・ボンチャン義士…「愉快な青年」の手紙、一般公開[04/11] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/07/05(水) 20:25:10.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ネオフォニックオーケストラ音楽監督チョン・ウンデ氏が李奉昌(イ・ボンチャン)義挙を挿絵で描いた1932年1月17日付フランス新聞を上げて見せている。/ソン・ヒョンジュ記者

    1988年、フランス留学中だったチョン・ウンデ(63) ネオフォニックオーケストラ常任指揮者兼音楽監督はパリのセーヌ川河畔の古書露天商一帯を散歩していた。過去の新聞が置かれた仮屋台を見ていたところ、たった今描かれた様な、韓服を着た人物が馬車に向かって爆弾を投げて人々がびっくり驚天する挿絵を発見した。馬車の割れた窓ガラスからおびえた人の顔が見え、馬に乗った警備兵の一人は地面に倒れている。

    1932年1月17日フランス週刊誌「L'illustre du Petit Journal」の表紙だった。挿絵の下の説明には「東京で起きた襲撃」と記されていた。その年の1月8日、東京桜田門で李奉昌(イ・ボンチャン、1900~1932)義士が日王ヒロヒト(裕仁)に向かって爆弾を投げた事件だった。偉業は失敗したが日本内閣を総辞職させ独立運動に活気を吹き込んだ。

    チョン監督は「朝鮮青年が日本の首都のど真ん中で王に向かって爆弾を投げたことが世界的に大きな衝撃を与えた事実を知ることができた」と言う。チョン監督は「誰かが先に買ってしまったらまずい」と考えて急いでこの資料を購入した。帰国して居間の壁にかけておいたところ、訪問客が「あれは何か」と不思議がった。

    彼は朝鮮日報紙令3万報発行をむかえてこの資料をソウル銅雀区(トンジャクク)にある朝鮮日報ニュース博物館「ニュージアム」に寄贈した。「若い学生たちの教育資料に活用できたら良いです。私たちの烈士の独立運動が韓国だけでなく、世界的な影響を及ぼしたことが分かるようにですね。」

    ユ・ソクチェ記者

    ソース:朝鮮日報(韓国語) 「イ・ボンチャン義士爆弾投擲、世界に衝撃与えた」
    http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2017/07/03/2017070302993.html

    前スレ:http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1499170039/
    ★1の立った時間:2017/07/04(火) 21:07:19.60

    引用元: ・【韓国】 「東京の真ん中で日王に爆弾投擲した李奉昌(イ・ボンチャン)義士、世界に衝撃与えた」~仏紙の挿絵★2[07/04] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【英雄はテロリスト。ヒロインは慰安婦】「若い学生たちの教育資料に活用」李奉昌(イ・ボンチャン)義士の、日王に爆弾投擲した偉業】の続きを読む

    このページのトップヘ