まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:イベント

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/05/22(火) 17:21:35.69 ID:CAP_USER
    22日の午前11時25分頃、釜山市(プサンシ)影島区(ヨンドグ)東三洞(トンサムドン)の某寺院で、Aさん(73歳・女)が運転する乗用車(ルノーサムスン・SM3)が※プチョニムオシンナル(お釈迦様生誕日)のため設置していたテントに突っ込んだ後、寺院の寺務所に突っ込んで止まった。
    ※プチョニムオシンナル=仏陀様が来た日(直訳)
    (写真)
    no title
     
    ▲ お釈迦様誕生日に寺院の寺務所に突っ込んだ乗用車

    この事故でAさんとテントの下にいた4人が怪我をして近くの病院に運ばれ、このうち1人は重傷である事が分かった。

    事故当時、お釈迦様生誕日の奉祝法要式に参加した仏教徒が、配膳を受けるためにテントの下に並んでいた。

    (動画=YouTube)
    https://www.youtube.com/watch?v=6RnpWeZO5Rc


    ▲ 港湾消防署提供

    Aさんは、「下り坂でブレーキを踏んだら急発進して、右にハンドルを切った」と警察に供述した事が分かった。

    警察はAさんの運転未熟で事故が起きたと見て、事故原因を調査している。

    ソース:NAVER/釜山=聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0010099997

    引用元: ・【韓国】お釈迦様生誕日のイベント会場に乗用車が突っ込む(釜山)[05/22]

    【【韓国】お釈迦様生誕日のイベント会場に乗用車が突っ込む(釜山)[05/22] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/03/18(日) 00:26:01.51 ID:CAP_USER
    青少年人文学分野で最も大きな大会の一つに選ばれる「ナショナル・ヒストリー・デイ(National History Day)」を控えてオレンジカウンティ(OC)韓人青少年らが日本軍慰安婦人権じゅうりん問題を深層的に扱って地域チャンピオンになった。

    彼らは5月、サクラメントで開かれるカリフォルニア大会に出場し慰安婦の歴史を知らせる。

    カリフォルニア州韓米フォーラム(代表キム・ヒョンジョン)とオレンジカウンティ教育局(OCDE)によれば、ナショナル・ヒストリー・デイ大会で「慰安婦の歴史」を主題に扱った韓人青少年二チームが部門別地域チャンピオンに各々選ばれた。

    ナショナル・ヒストリー・デイは毎年開かれる青少年国際人文学の腕自慢大会だ。歴史知識を競うこの大会は小学生、中学生、高校生を対象に開かれる大会で人文学分野では最大規模を誇る。学生は教師の指導の下、カウンティと州大会を突破すれば全国大会出場の機会を得る。大会はドキュメンタリー、展示、レポート、パフォーマンス、ウェブサイトなど5部門に分かれて進められる。今年の主題は「葛藤と解決(Conflict and compromise)」だ。

    アーヴァイン・レンチョ・サン・ホアキン中学校に通うキム・ソル(8年)君は「慰安婦少女像-日本帝国主義の戦争犯罪(The Comfort Women Statue: Resolving Imperial Japan's War Crimes)」レポートを作成し、OC地域大会ジュニア個人レポート部門のチャンピオンに選ばれた。

    サニー・ヒルズ高校とバレー・クリスチャン高校の学生であるアンドリュー・キム、ソンヒ・リー、ジェウォン・リー、ポール・ヨーは「慰安婦-歴史の暗い影(The Comfort Women: The Shadow of History)」という主題でドキュメンタリーを作り、シニア団体ドキュメンタリー部門チャンピオンに選ばれた。

    OC地域大会審査委員らは韓人学生たちが人権と戦争犯罪を人本主義精神で扱った事実に高い点数を与えたことが分かった。ある審査委員はキム・ソル君のレポートを読んで「敏感な主題を選択して勉強した姿勢を尊敬する」と評した。加州韓米フォーラムは「キム・ソル君とドキュメンタリー製作チームが日本軍慰安婦人権じゅうりん問題に自ら関心を持って事実を土台にした歴史認識と正義を知らせ、本当に感心した」と話した。

    今回のOC地域大会のチャンピオンになった韓人青少年たちはグレンデール平和の少女像を直接見て数週間、歴史の勉強に没頭した。キム・ソル君の母ソ・ヨンジュさんは「子供たちが慰安婦問題を扱うのは大変で、難しいこともあるのに敏感な主題をよく扱った」とし、「息子は韓国の暗い歴史と痛みがまだ解決されていない事実に驚いてレポートを作成した。OC地域の韓人チャンピオンたちが5月にサクラメントで開かれる州大会でも慰安婦問題をよく知らせたら良い」と励ました。

    ソース:コリアデイリー(韓国語) 韓人青少年ら慰安婦素材でNHDチャンピオン上がって
    http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=6064925

    関連サイト:OCDEのプログラム
    http://www.ocde.us/History/Documents/2018%20Senior%20Finalists.pdf
    http://www.ocde.us/History/Documents/2018%20Junior%20Finalists.pdf

    引用元: ・【米国】 学生が歴史を調べて発表するイベントで慰安婦を題材にした韓人の青少年二組が地域優勝、州大会へ[03/17]

    【【米国】 学生が歴史を調べて発表するイベントで慰安婦を題材にした韓人の青少年二組が地域優勝、州大会へ[03/17] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/25(日) 23:01:41.49 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】30年前のソウル五輪が韓国を世界に知らしめたのなら、今回の平昌冬季五輪は国際社会で「文化強国」としての韓国の地位を確固たるものにする礎になったと評価される。

     「ピース・イン・モーション(Peace in Motion)」をテーマに行われた開会式は韓国の伝統、現代、未来の潜在力を結合させた文化の力量を全世界に披露した。2008年北京五輪の約10分の1にすぎない低予算で「劇的な感動を伝えた」との評価を受けた。海外メディアからも洗練された公演だったと好評を得た。特に、開会式の公演に突然現れ話題となった「人面鳥」は文化五輪に対する関心を高める役割を果たした。

     K-POPは今大会で、確実に一つの文化現象となったと言える。

     競技場では軽快なK-POPのリズムに合わせて踊る各国の選手や観客の姿がたびたび見られた。K-POPは開会式の盛り上げにも一役買った。ハイライトの選手団入場の際には編曲した大衆歌謡に加えPSY(サイ)の「江南スタイル」、防弾少年団(BTS)の「DNA」、TWICE(トゥワイス)の「LIKEY」、BIGBANG(ビッグバン)の「FANTASTIC BABY」、Red Velvet(レッドベルベット)の「Red Flavor」などのK―POPが流れ、曲に乗ってはしゃぎながら入場する選手の姿も見られた。

     海外のスポーツスターもK-POPのファンであることを自ら名乗り出て、この約10年間に海外へと広まったK-POPの影響力を実感させた。

     フィギュアスケート女子の銀メダリストで「ロシア妖精」の異名を持つエフゲニア・メドベージェワ(18)はメディアとのインタビューで、男性グループEXO(エクソ)のファンであることを明かした上で「(EXOに)とても会いたい。全メンバーの写真を持っている。彼らのおかげで気分が良くなり、試合もうまくやれる」と述べ、関心を集めた。

     17日間の大会期間中、平昌、江陵など江原道一帯は「文化五輪」の舞台となった。

     「毎日文化があり、祝祭がある文化五輪」をスローガンに、音楽、展示、文学、公演、造形美術、メディアアートなど、多彩な文化芸術プログラムが国内外の観覧客を魅了した。大会組織委員会によると、文化五輪プログラムに参加した人は延べ100万人を超えた。

     特に、平昌オリンピックスタジアム近くのオリンピックプラザや江陵オリンピックパークは今大会最大級のホットスポットとなった。

     平昌オリンピックプラザ内の文化ICT館では韓国を代表する画家、李仲燮(イ・ジュンソプ、1916~56)などの作品が展示され、一日平均1万1000人以上が訪れた。江陵オリンピックパークではパレードなど毎日3回以上の公演が行われ、一日平均6400人が観覧した。江陵アートセンターではバレエやオペラなどの公演が行われ、ほとんどの公演のチケットが売り切れた。

    聯合ニュース

    ソース:朝鮮日報日本語版[平昌閉幕]「文化強国」アピールした五輪 多彩なイベントが好評 
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/25/2018022500990.html

    引用元: ・【平昌五輪】 「文化強国」アピールした五輪、多彩なイベントが好評~K-POPは今大会で、確実に一つの文化現象になった[02/25]

    【【平昌五輪】 「文化強国」アピールした五輪、多彩なイベントが好評~K-POPは今大会で、確実に一つの文化現象になった[02/25] 】の続きを読む

    1: 荒波φ ★ 2017/10/16(月) 10:37:45.00 ID:CAP_USER
    no title


    【ジュネーブ聯合ニュース】

    国連を舞台に活動する175カ国の外交官と34の国際機関の職員が常駐しているスイス・ジュネーブで14日(現地時間)、これら外交官を対象に「韓食(韓国料理)の日」イベントが開かれた。

    イベントは韓国料理を世界に広める目的で在ジュネーブ国際機関韓国政府代表部が企画したもので、外交官や国際機関職員、地元住民ら250人余りの参加者は韓国料理の専門家が作ったビビンバやプルコギ(韓国風焼き肉)、キムチのチヂミ、カボチャのかゆなどを試食したり、プルコギ作りを体験したりした。

    韓国伝統衣装・韓服の試着体験、伝統餅作り体験なども行われ、好評を博した。

    韓国政府代表部の崔京林(チェ・ギョンリム)大使は「韓国料理は韓国文化の重要な一部分。味と健康、自然が調和をなしている」と紹介した。

    また、プルコギ作りを体験した在ジュネーブ国際機関日本政府代表部の志野光子大使は「韓国料理は何度も食べたことがあるが、直接作り方を学び、作ったものを食べることができて良かった」と語った。

    イベントでは、韓国で来年2月に開催される平昌冬季五輪のPR映像も流された。


    2017/10/16 10:20
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/10/16/0900000000AJP20171016000500882.HTML

    引用元: ・【聯合ニュース】ジュネーブで外交官向け韓国料理PRイベント 試食や体験が好評[10/16]

    【【ジュネーブ条約違反民族なのにね】ジュネーブで外交官向け韓国料理PRイベント 試食や体験が好評】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/27(日) 09:48:43.16 ID:CAP_USER
    公共イベントや行事は入札によって業者が選定される。選定された業者はイベントを主催する自治体などと協議し、企画書やマニュアルなどを作成する。

    このプロセスには当然人件費が発生するが、自治体の多くはこれを認めず、企画料などとしてしか認定しない。

    イベントのため主催者側が決めた場所に派遣される時も、適切な人件費を認める政府機関や自治体はほとんどない。

    イベントにおいて力を発揮するのは人間だ。そのため人件費は主要な支出項目の一つになる。ところがこれが支払われないとなれば、業者としては非常に困惑する。

    ソフトウエア、建設、学術などの分野では関係する法律に従って人件費が支払われるが、イベントに関してはそのような規定さえないという公共機関もある。

    仕事は確かにやっているが、ルールがないという理由で人件費が支払われないなどあり得ないことではないか。

    巨額の支払いを要求するわけでも、また働く期間や時間を長く認めるよう求めているわけでもない。働いただけの報酬を普通に求めているだけだ。

    オム・サンヨンさん(韓国イベント産業協同組合理事長)

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/25/2017082501831.html

    引用元: ・【韓国】人件費を支給しない韓国自治体のイベント[8/27] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【人件費ゼロ】人件費を支給しない韓国自治体のイベント】の続きを読む

    このページのトップヘ