まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:イスラエル

    1: まぜるな!キケン!! 2021/01/11(月) 11:36:39.70 ID:CAP_USER
    「グリーンパスポート(新型コロナワクチン接種証明書)は今年世界経済で最も重要な話題になるでしょう。グリーンパスポートを持たない国は貿易競争で淘汰される可能性が大きいです」。

    イスラエル出身の世界的投資専門家であるTCKインベストメントのオハド・トポー会長は8日、中央日報との電話インタビューで輸出の割合が大きい韓国とイスラエルの産業構造の共通点を指摘しながらこのように話した。彼は「イスラエル政府は来週2回目のワクチン接種とともにグリーンパスポート発給を始める計画。企業家が海外顧客を訪問して事業を議論し契約を締結するなどの人的交流をこれ以上遅らせてはならない」と話した。

    10日基準でイスラエルのワクチン接種率は19.55%と世界で最も先を行っている。接種を始めたバーレーンの4.95%、米国の2.02%、英国の1.94%、中国の0.63%、フランスの0.12%と比較して圧倒的な数値だ。これまでにイスラエルの人口930万人のうち180万人以上が接種した。60歳以上の高齢者基準では半数以上がワクチンを接種した。

    このようなスピードが可能だったのは昨年すでに全国民が受けられる量のワクチンを確保したためだ。イスラエルのネタニヤフ首相は昨年11月にファイザーとビオンテックのワクチン800万回分を、12月にはモデルナのワクチン600万回分をそれぞれ契約した。ネタニヤフ首相は先月19日に同国で最初にファイザーのワクチンを打ち、現在医師1人当たり7分に1人ずつ接種できるシステムを構築した。

    Q:イスラエルがワクチン接種1位の国になった秘訣は何か.

    A:「ネタニヤフ首相はワクチンの臨床第1相が始まる前から製薬会社と協議に入った。この過程でワクチンの接種結果を製薬会社に積極的に共有するとして協力を約束した。さらに彼は『代金に上乗せしてでもワクチンを調達せよ。2倍払ってでも』と勝負に出た。欧州の15ドル、米国の20ドルに比べ、イスラエルは30ドルを支払った。これを批判する世論もあるが、結果的に賢明な措置だった。上乗せして払った金額はイスラエル経済を2日間封鎖する場合に発生する損失にすぎなかったためだ。すなわち、経済封鎖措置を減らして中小企業を救済することが経済的に有利だという話だ」

    Q:臨床第1相の前からワクチンを購入するのはやや性急な行動と見ることもできるが。

    A:「それだけネタニヤフ首相がリスクを甘受するビジネスマインドを持っていたためだ。われわれは米食品医薬品局(FDA)の承認前からワクチンを確保し自国に保管しており、FDAの承認が出てすぐに接種を始めた。もちろん、最悪の場合にはワクチンを全部捨てなくてはならないということをだれもが知っていた。ネタニヤフ首相の推進力に対しイスラエル国内でも否定的な世論があるが、杞憂にすぎなかった。イスラエルは人口1人当たりスタートアップ数が世界1位である国らしく、挑戦することを恐れない」

    Q:ワクチン確保過程で海外情報・工作機関であるモサドはどんな役割をしたか。

    A:「イスラエルは国家安全保障と関連したことが発生する場合、政府のすべての資源を活用する。モサドは国が装備を購入し、国際ネットワークを通じて核心人材と情報に接近できるよう助けるのに関与した」

    トポー会長の70代の両親は2週間前にファイザーのワクチンの1回目の接種を終えた。彼は「2人とも健康で完璧な状態。来週2回目のワクチン接種を終えればグリーンパスポートを得られるというので期待が大きい」と話した。

    Q:イスラエル国民のワクチン接種に対する拒否感はないか。

    A:「全員積極的にワクチン接種に参加している。今後2カ月以内に成人の大部分が接種できると予想する。私は60代未満なのでまだ順番ではないが、連絡がくれば遅れることなく応じるだろう。ネタニヤフ首相は現在製薬会社にイスラエルの保健システム情報を共有するという協力を約束して残りのファイザーワクチン輸送を主導している。ファイザーに提供したイスラエルのデータは他国のワクチン接種にも大いに役立つだろう」



    続きはソースで
    https://news.yahoo.co.jp/articles/33445c1c2d980e2405df178948581c3610db335e

    引用元: ・【中央日報】「接種率1位のイスラエル、代金上乗せしてワクチン確保…モサドも活躍した」 [1/11] [昆虫図鑑★]

    【他人の財布ばっか覗いてんなよ【中央日報】「接種率1位のイスラエル、代金上乗せしてワクチン確保…モサドも活躍した」 [1/11] [昆虫図鑑★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2020/02/24(月) 20:44:01.58 ID:CAP_USER
    内需だけでなく対外経済への暗雲も色濃くなっている。サプライチェーンは依然として不安で、輸出は後退しているが
    韓国製品のイメージまで脅威を受ける危機に置かれた。

    新型コロナウイルスによる肺炎拡散で韓国人の入国を禁止する国が相次いでいるためだ。

    旅行業を除きまだ入国禁止措置の影響は表面化していない。
    しかし専門家らは、禁止国が増えれば国際貿易市場で韓国のブランド価値が損なわれかねないと懸念する。

    韓国人の入国を禁止したイスラエルでは韓国人を見ると「コロナ」と声を上げて避ける人も現れている。

    事業のため頻繁に海外を訪問しなければならない財界関係者の活動も萎縮するほかない。

    仁荷(インハ)大学国際通商学科のチョン・インギョ教授は「事態が続くならマーケティング活動が萎縮して韓国商品に対する認識が低下し、
    輸出市場確保やバイヤーとの断絶問題が発生する可能性がある」と心配した。
    https://japanese.joins.com/JArticle/262913?servcode=300&sectcode=300

    引用元: ・【中央日報】 「韓国ブランドの価値下落」・・・イスラエルでは韓国人を見ると「コロナ」と声を上げて避ける人も

    【いつからブランド価値があると誤解した? 【中央日報】 「韓国ブランドの価値下落」・・・イスラエルでは韓国人を見ると「コロナ」と声を上げて避ける人も】の続きを読む

    1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/15(土) 11:13:46.81 ID:CAP_USER
    韓国軍も来年からは偵察衛星で北朝鮮を監視できる。国内の衛星ではなく海外の衛星でだ。

    韓国国防部は14日、2018-2022年に計238兆ウォン(約23兆円)の国防予算を投入して戦力を増強する内容の国防中期計画を発表した。
    国防中期計画とは、軍が今後5年間、戦力をどのように強化して運営するのかに関する一種の青写真。

    2018-2022国防中期計画の核心は、核・ミサイルなど北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)に対抗する「韓国型3軸体系」を
    当初の2020年代半ばから操り上げ、2020年代初期までに完成するというものだ。

    韓国型3軸体系とは、有事に北朝鮮の大量破壊兵器(WMD)挑発を先制打撃するキルチェーン(Kill Chain)、
    北朝鮮が発射したミサイルを迎撃する韓国型ミサイル防衛(KAMD)、北朝鮮の指導部などに強力に対応する大量反撃報復(KMPR)で構成されている。

    偵察衛星の映像導入は「キルチェーン」構築のためだ。別名「425事業」。
    2021-2023年に人工衛星5基を確保し、2021年には独自の偵察衛星を宇宙に打ち上げる計画だ。

    2021年までの空白は外国の偵察衛星を借りて埋めることにした。

    軍の関係者は「来年初め4-5基を借りる計画」とし、偵察衛星を運用中のイスラエル・ドイツ・フランスなどと交渉していると伝えた。

    この衛星が韓半島(朝鮮半島)上空を通過する時点で我々が使用するという形だ。

    地上の大きさ50センチの物体も識別可能で、米国の偵察衛星の解像度に比べてやや劣る水準と軍は評価している。


    2017年04月15日10時18分 [中央日報/中央日報日本語版]
    http://japanese.joins.com/article/090/228090.html

    引用元: ・【韓国軍】北朝鮮を監視する「目」借りる計画 イスラエル・ドイツ・フランスなどと交渉[04/15]©2ch.net

    【【前代未聞】韓国軍が偵察衛星を「借りる計画」 イスラエル・ドイツ・フランスなどと交渉】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 23:12:43.72 ID:CAP_USER.net
    昨年12月に10日間、イスラエルに取材に行った。家庭、教育、創業、農業、大学、軍隊などイスラ
    エル全般を調べた大切な機会であった。百聞は一見に如かずという言葉のようにイスラエルは聞く
    と見るのとで大違いだった。アラブ国家との対立、パレスチナとの紛争、テロの危険の中でも社会の
    あちこちに活力があふれていた。ものすごい速度で発展する国家という事実も知った。

    印象的なところが多かったが、その中で脳裏に深く刻印された場所は‘嘆きの壁’(Wailing Wall)だ。
    エルサレムを訪れた観光客なら必ず立ち寄る場所だ。途方もない大きさの石が積まれた雄壮な外
    観に、願いを書いた紙を壁の隙間に挟んで祈れば成就するとされ、常に観光客で混みあう。外国
    人には観光名所の一つだがイスラエルに住むユダヤ人、そして全世界のユダヤ人らにとって嘆き
    の壁が持つ意味は非常に格別だ。

    嘆きの壁は西暦70年、ローマの皇帝ティトゥスの軍が破壊した第二次ユダヤ人聖戦で唯一残って
    いる部分だ。国を失って2千年間、世界を放浪したユダヤ人にとって嘆きの壁は亡国の痛みを象
    徴する空間だ。進んで再び国を失う辛い歴史を繰り返してはならないという決議を刻む場所でもある。

    青い軍服にリュックサックを負い銃まで持ったイスラエル新兵らが嘆きの壁前で愛国精神を確かめ
    る姿が多く眼に触れた。イスラエルは新兵に嘆きの壁を参拝させている。13才又は12才で成年式
    をするイスラエルの青少年らも成年式の日に嘆きの壁を訪れる。ユダヤ人が嘆きの壁を参拝するの
    は一つの意識(ritual)とみなせる。宗教的意識でもあるが、国を失った悲しみを大事に保管した場
    所を訪れて国家観を確立し愛国心を鼓吹する意識である。

    我が国とイスラエルは1948年の同年、建国し数十年で経済発展を成し遂げたなど似た点が多い。
    情にあつく教育に情熱的など民族性も似ている。しかし辛い、他の見方をすればさらしたくない亡
    国を象徴する空間を通じて国民に愛国心を鼓吹する部分ではイスラエルが私たちよりは何段階か
    上という気がした。

    イスラエルの嘆きの壁と同じ場所は我が国ではどこかを自問してみた。まず浮かび上がったところ
    は国立ソウル顕忠園だ。殉国烈士と護国英霊が眠る民族の聖地で民族の魂が立ちこめている所
    だ。そのため、大統領をはじめとする政治指導者は新年を迎えたり記念日に顕忠園、顕忠塔を訪
    れ参拝する。新党を作るなど政治的イベントがある時にも顕忠塔を訪れる場合が多い。

    しかし、顕忠塔参拝とともになされる元大統領墓地参拝と縛られることになれば、予期しない状況
    がしばしば起きる。どの大統領墓地を参拝した、しなかったことをめぐり保守'進歩両陣営、または、
    同じ陣営間でも鋭く対立するからだ。元大統領墓地参拝をめぐる争いが顕忠園参拝の意味を希薄
    にさせ、変質させると見ることができる。この姿を見て育つ未来世代が何を習うのかを考えればくら
    っとする。

    大韓民国の平和と繁栄を祈って国家守護の決意を新たにする場所が顕忠園だ。顕忠園に眠る元
    大統領らは功と過をどちらも持っている。元大統領墓地参拝と組み合わさって顕忠園参拝の正し
    い意味が薄れ、消耗的論争を繰り返すことはない方が良い。

    もう一つ、日帝によって数多くの独立活動家が投獄され苦難に会ったり命まで失ったソウル西大門
    刑務所歴史館を国民的参拝空間に昇華する方案も推進してみることだ。国を失った痛みを大事に
    保管した空間を積極的に活用し愛国心を培う空間にしようということだ。辛い歴史を忘れず胸に刻
    めば辛い歴史を繰り返さずにすむ。国家、愛国という単語がますます薄くなる私たちに、嘆きの壁
    は次のようなメッセージを投げかける。

    「国が滅びれば保守も進歩もない。ただ亡国民だけだ。」

    イ・テヒョン編集部局長
    http://www.imaeil.com/news_img/2016/column/20160120_210040000.jpg

    ソース:韓国毎日新聞(韓国語) [デスクコラム]嘆きの壁が教えたこと
    http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=3964&yy=2016

    引用元: ・【韓国】 イスラエルの「嘆きの壁」が教えてくれたこと~韓国で「嘆きの壁」にあたる場所を考えてみた[01/21]

    【自分たちの後頭部でいいんじゃね? 【韓国】 イスラエルの「嘆きの壁」が教えてくれたこと~韓国で「嘆きの壁」にあたる場所を考えてみた[01/21]】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/12/14(日)13:11:38 ID:x8Y
    【新刊】田浪亜央江著、ソン・テウク訳『イスラエルには誰が暮らしているのか』(玄岩社)

    韓国人は、ユダヤ人と韓民族を好んで比較するが、実は日本も同じだったようだ。
    日本人とユダヤ人は共通の先祖を持つ兄弟だという「日ユ同祖論」が、周期的に流行したという。

    ぞっとするのは、その背後にある論理だ。両国は、アジアにありながらも例外的に西欧的価値観を受け入れ、
    周辺地域に対して「抑圧的存在」になってきた-というのが著者の批判的視点だ。

     成蹊(せいけい)大学アジア太平洋研究センターの主任研究員を務める著者は、シリアとイスラエルで留学生活を送ったという、
    ユニークな経歴の持ち主。イスラエルの宗教やキブツ(集団農場)などについて現場ルポ形式で記述した本書で、
    著者の立場はイスラエル寄りではなくむしろパレスチナ人寄りだ。
    「イスラエルは軍事力を通して地域社会と敵対し、周囲との関係を自ら遮断したまま孤立している」という。

     本書で最も驚かされる記述は、韓国語版の序文にある。
    著者は「イスラエルで排外が深刻になり、非ユダヤ人が暮らしにくい社会になっているように、
    中国人や韓国人に対する嫌悪発言が力を得ている日本も、その傾向は同じ」と記し
    「イスラエルのパレスチナ人社会を観察するたびに、日本が在日韓国人に対して行ってきたことを意識せざるを得ない」と告白した。
    このように率直な告白をあまり聞けないのが、日本の真の悲劇なのだ。

    金性鉉(キム・ソンヒョン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/12/13/2014121300678.html

    引用元: ・【朝鮮日報】「嫌韓嫌中の日本、在日韓国人への扱いと言い排外主義のイスラエルに酷似」[12/14]

    【それって、どこの世界の日本の悲劇?【朝鮮日報】「嫌韓嫌中の日本、在日韓国人への扱いと言い排外主義のイスラエルに酷似」[12/14]】の続きを読む

    このページのトップヘ