まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:アベノミクス

    1: まぜるな!キケン!! 2019/07/23(火) 10:56:20.22 ID:CAP_USER
    【コラム】円安を誘導したアベノミクス、結局は韓国輸出を狙撃
    2019年07月23日08時35分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]
    今年に入って輸入の減少が尋常でない。1-3月期には前年同期比6.8%減少した。中間財・消費財から燃料・穀類・資本財まで全商品の輸入が縮小した。今年に入って韓国が世界10大輸出国のうち輸出減少幅が最大となったのと無関係ではない。輸入の減少はそれほど大きな問題でないと思うかもしれない。貿易収支と経常収支の黒字につながり、むしろ歓迎すべきことだと考える人もいる。しかし韓国に対する日本の輸出規制を見ても分かるように、韓国経済は輸入できなければ生産に支障が生じて結局は窒息する。しかも韓国は輸入全体の13%だけが消費財であり、残りは資本財(14%)、中間財(48%)、または燃料・穀類など1次産品(24%)だ。したがって韓国は経済活動が活発であるほど輸入が増え、逆に経済が沈滞するほど輸入は減少するという構造を持つ。(中略)

    輸入が正常軌道に戻るには輸出が活性化すること以外にない。輸出が正常化するには製造業の競争力回復も重要だが、日本円に対する韓国ウォンの正常化(すなわちウォン安円高)も競争力の強化に劣らず重要だ。過去の経済危機も実際、ウォン安のために迅速に克服することができた。最近、政府は「2030製造業ルネサンス」を叫んでいるが、日本円に比べて30%も高い韓国ウォンの評価をそのままにして製造業の競争力を回復させるというのは難しいだろう。

    ◆アベノミクスで韓国が輸出不振に

    2012年12月に安倍首相が就任した後に始めた一連の経済政策、すなわちアベノミクスの核心は、無制限の量的緩和と円安政策だった。長期にわたる景気低迷と低成長から抜け出すために通貨供給を拡大すると同時に円安を積極的に誘導した。2011年に1ドル=80円を割っていた日本円が2015年には1ドル=121円まで値下がりし、日本製品の国際競争力を大きく高めた。日本の輸出は2013年に14.9%増、14年に5.7%増となった。当時、多くの学者はアベノミクスの失敗を予想していた。しかし結果はそうではなかった。

    産業研究院の資料(「アベノミクス以降の日本製造業の競争力強化戦略と示唆点」、2016年5月)によると、アベノミクス以降、日本企業の採算性は急激に改善した。日本の輸出企業はこの利益を基盤に研究開発(R&D)投資を積極的に拡大した。これにとどまらず、設備過剰状態にある業種(主に液晶・鉄鋼・石油化学産業など)を統合・再編するなど構造改革に拍車を加えた。さらに法人税引き下げ、環太平洋経済連携協定(TPP)締結などで投資環境の改善を図り、日本企業の国内回帰を促進した。

    半面、韓国ウォンはドルに対して2013年に2.8%、14年に3.8%値上がりした。したがって韓国ウォンは日本円に対して2013年以降、大きく値上がりしている。この余波で日本の製造業は急速に活力を取り戻したが、韓国は深刻な輸出不振と景気低迷を避けられなかった。結局、アベノミクスが韓国の輸出を狙撃したということだ。2015年と16年に連続で輸出がマイナス成長し、2017年の半導体特需による輸出増加率(15.8%)を除けば、輸出は5%成長も難しい状況が7年間続いたということだ。所得主導成長を掲げるJノミクス(文在寅政権の経済政策)でなくアベノミクスを教訓にして規制改善、法人税引き下げ、為替政策の転換を深く考慮する必要がある。

    https://japanese.joins.com/article/801/255801.html?servcode=100&sectcode=140&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【アベのせい】韓国紙「10年代の韓国の深刻な輸出不振と景気低迷、アベノミクスのせい」

    【ムンが無能なのも安倍のせい 【アベのせい】韓国紙「10年代の韓国の深刻な輸出不振と景気低迷、アベノミクスのせい」 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★@無断転載は禁止 2017/06/12(月) 09:24:24.67 ID:CAP_USER
    【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ
    2017年06月12日09時02分
    [? 中央日報/中央日報日本語版]

    日本の安倍晋三首相は10年で完全に違う人になっていた。1週間前に取材のため訪れた東京国際フォーラムで見た彼は堂々としており自信があふれていた。しっかりとした口調で長文の演説をした。原稿を表示するプロンプターを使ったが、内容を詳細に話した。聴衆を没入させ講演後は企業関係者らと食事もともにした。

    2007年9月12日、突然テレビの速報が始まると彼は辞任書を朗読し逃げるように首相を辞めた。第1次安倍政権が1年もたたずに崩れる瞬間だった。同年7月の参議院選挙惨敗が直接的契機だったが、相次ぐ政策失敗の末に首相職に耐えられなくない自ら廃族の道を選択したのだ。彼の失敗は未熟さから始まった。首相2人を輩出し父親は外相を務めた政治名門の家柄なので期待は高かった。だが側近を大挙登用し「お友達内閣」と揶揄された。この結果経済よりも右傾化イシューに重点を置き、国民と野党との疎通に失敗して政権は墜落した。

    その後福田康夫氏、麻生太郎氏が安倍氏の後に続いたが、自民党の無能に嫌気がさした日本国民は民主党を選択した。だがこの政権もやはり3年天下で終わった。理想は高かったが非現実的な政策実験ばかり行い国民は背を向けた。この時戻ってきた自民党のリーダーがまさに安倍氏だ。

    安倍氏はいま日本の政界で「安倍1強」と呼ばれ独走している。彼の看板政策は財政拡張・金融緩和・構造改革という3本の矢を使った「アベノミクス」だ。潜在成長率が依然として0%台にとどまり、過度な金融・財政依存にともなう副作用も懸念されている。だが日本経済は熱く燃え上がっている。今回国際フォーラムで会った大手建設会社社長は「現在会社の最大の悩みは仕事をする人を確保できないこと」と話した。日本の求人倍率は1.48倍だ。3人の募集に2人だけ応じるという意味だ。そこで非常対策として退職者を再び呼び戻す会社が少なくない。

    http://japanese.joins.com/article/041/230041.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|top_news

    引用元: ・【コラム】韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ [無断転載禁止]©2ch.net

    【【期待と妄想だけ】中央日報「韓国のJノミクス、アベノミクスを跳び越えろ」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/11(金) 07:54:32.59 ID:CAP_USER
    トランプノミクスに日本のアベノミクスが厳しい状況を迎えた。中国は米国との貿易紛争を心配している。日本と中国の悩みが始まった。

    ブルームバーグ通信は10日、円安を誘導して輸出企業の利益を増やす「アベノミクス」がトランプ氏の保護貿易政策基調で厳しい状況を迎えると報じた。アベノミクスの脆弱性は市場で如実に表れた。9日の東京外国為替市場で円は対ドルで2%以上も値上がりした。この日、日本最大輸出企業のトヨタ自動車の株価は前日比6.3%下落した。10日現在(午後7時30分基準)、日本円は前日比0.65%ほど値下がりしたが、トランプ氏をめぐる不確実性がまた増幅する場合、いつでも値上がりする可能性がある。

    円高はすでに実効性が疑われているアベノミクスに致命的だ。日本輸出企業の利益を減少させるからだ。ゴールドマンサックスによると、1ドルあたり1円値上がりすれば、日産自動車の営業利益は2.4%、トヨタは3.3%減少する。

    今年に入って日本円は日本銀行(日銀)のマイナス金利政策論争、ブレグジット(英国の欧州連合離脱)、中国経済への懸念などでドルに対して13%近く値上がりしている。「ミスター円」と呼ばれる榊原英資青山学院大学教授はブルームバーグのインタビューで「アベノミクスが新しい局面を迎えることになった」とし「景気浮揚のために今の通貨政策とは違う財政政策を考慮しなければいけないだろう」と述べた。

    これまで注力してきた環太平洋経済連携協定(TPP)も壁にぶつかった。日本はその間、大規模な金融緩和にもかかわらず経済が活性化しない状況を反転させるカードとしてTPPを挙げてきた。TPPを通じて世界経済の40%にのぼる世界最大規模の自由貿易圏を確保し、アベノミクスの起爆剤として活用するという腹案だった。しかしTPPに反対する立場を明確にしてきたトランプ氏が当選し、当惑している。米共和党議会指導部は9日(現地時間)、トランプ氏の大統領当選と同時にTPP法案を年内の議会で案件にしないと明らかにした。

    中国は為替操作国に指定されるという懸念とともに貿易紛争を心配している。米財務省諮問官と米連邦準備制度理事会(FRB)委員を務めたルイス・アレクサンダー野村ホールディングスアメリカ・チーフエコノミストは9日(現地時間)、ブルームバーグのインタビューで「トランプ氏は大統領選挙運動を始める時から人民元に不満を表してきた」と話した。中国が人民元を低く維持することで米国の製造業が被害を受けたということだ。この日、人民元(域外基準)は一時、1ドル=6.8379元まで値下がりした。域外市場で人民元が6.80線を超えたのは2010年に香港で人民元取引が始まって以来初めて。

    http://japanese.joins.com/article/500/222500.html

    no title

    任鍾龍(イム・ジョンリョン)金融委員長(経済副首相候補、左)と李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行(韓銀)総裁が10日、経済懸案点検会議で話している。会議を主宰した柳一鎬(ユ・イルホ)経済副首相はトランプ氏の米大統領当選に関し、「米国のインフラ投資拡大と政策方向が我々に新たな機会の要因になることもある」と述べた。

    引用元: ・【中央日報】<トランプの米国>トランプノミクスにアベノミクスが枯死の危機[11/11] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【なんで日本の心配してんだよw】中央日報「<トランプの米国>トランプノミクスにアベノミクスが枯死の危機」】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/08/22(月) 09:11:16.59 ID:CAP_USER
    いつからだっただろうか。スポーツだけは日本が恐ろしくないと考えたのは。確かめてみると総合順位で韓国が日本を上回ったのは2004年のアテネ五輪からだった。
    ところが今回のリオ五輪で再びひっくり返った。21日現在の金メダル数は日本が12個で韓国の9個を上回った。全体メダル数は日本が41個で韓国の21個の倍に達する。
    さらに驚くべきなのは、日本は男子400メートルリレーで米国を押さえ銀メダルを取ったのをはじめ、カヌー、テニス、シンクロナイズドスイミングなど多様な種目で好成績を収めたという点だ。

    いつからだっただろうか。経済でも日本とも一度競ってみるだけのことはあると考えたのは。おそらくサムスン電子が超えられない壁と考えていたソニーを売り上げなどで上回り始め多くの韓国人がこう考えたようだ。
    だがこれは私たちの錯覚だけのことだ。日本の国内総生産(GDP)は4兆4000億ドルで韓国の1兆3000億ドルの3.3倍だ。ソニーに勝った? トヨタ、東レ、新日鉄住金など韓国企業が超えなければならない山はソニーでなくとも多い。
    シマノ、ファナック、ヒロセ電機など、部品・素材・設備業種に目を向ければ世界ナンバーワンの企業が数多いのが日本だ。多様な種目で成績を出す日本のスポーツと似ている。

    アベノミクスは失敗したのにどういうことかと? 一度確かめてみよう。むやみな量的緩和のおかげでドル=125円まで下落した円の価値は英国の欧州連合(EU)離脱決定のニュースひとつで4年前に戻った。
    最近では米国の金利引き上げ時期が遅れると予想され円の価値は1ドル=90円台に急騰したりもした。円の価値が上がり輸出企業の採算性は悪化し、成長率も停滞している。アベノミクスが約束した消費者物価上昇率2%の達成もはるかに遠い。
    あちこちで「アベノミクスは失敗した」とささやかれる理由だ。このままならば失われた20年で病院の世話になった日本経済は再び救急室行きが明らかに見える。

    だが相反するニュースも多い。高齢化にともなう労働人口の減少の影響があるとはいうが日本の6月の失業率は3.1%で1995年から21年ぶりの最低だ。仕事を見つけられず足をばたつかせる韓国の大卒就業者に日本での就職が代案に浮上するほどだ。
    長期の構造調整で体力を補完した造船、鉄鋼、化学など伝統的製造業は再び走っている。経済成長率は低調だが他の先進国と比較するとそれほど悪い水準でもない。1人当たりGDPも緩やかだが数年にわたり上昇が続いている。

    それでも安倍晋三首相率いる日本政府はまた強行する考えだ。今月初めに28兆円の景気浮揚策を発表したのに続き来月には日本銀行が再び量的緩和カードをいじっている。こうした浮揚策の目標はデフレ克服、経済成長率回復だ。
    さらには中国との競争でさらに押されては困るという焦燥感もアベノミクスの背景のひとつとみられる。

    日本は2010年にGDP2位の座を中国に渡した。1988年に世界2位となってから22年ぶりだ。その上中国との格差はますます広がっている。
    経済が特別に悪くないのに途轍もない財政赤字を甘受しながらも景気浮揚に出て、中央銀行がヘリコプターでお金をばらまく理由だ。いくつかの経済指標を突きつけアベノミクスが失敗したとして喜んでいる状況ではないという話だ。
    サムスンジャパン社長を歴任したキム&チャン法律事務所のチョン・ジュンミョン顧問は「現在の状況で成否を断言するのは難しいとしても惰性に慣れていた日本経済にアベノミクスが活力吹き込んだのは明らかだ」と話した。

    http://japanese.joins.com/article/671/219671.html
    http://japanese.joins.com/article/672/219672.html

    >>2以降に続く)

    引用元: ・【中央日報】アベノミクスは失敗しなかった 歯を食いしばって韓国もできることを証明してみせよう[8/22]©2ch.net

    【【擦り寄り、はじめました】中央日報「アベノミクスは失敗しなかった」】の続きを読む

    1: なまはげ87度 ★@無断転載は禁止 2016/06/30(木) 09:24:17.97 ID:CAP_USER
    この1週間、日本の株式市場は「ジェットコースター」に乗った。24日には16年ぶり最大幅となる8%の下落となり、27日には2%以上も値上がりした。最近の変動性は中国・インドなど新興市場とも比較にならない。予想外のブレグジット(英国のEU離脱)で日本円が波打ったのが主な理由だ。

    円高は企業の実績を悪化させ、日本経済や株式市場に大きな負担となる。そうだとしても「先進株式市場」といわれた日本の過去の姿とは明らかに違う。米同時多発テロの時も、2008年グローバル金融危機の時もこれほどではなかった。外部から影響を受けてもファンダメンタル(基礎体力)は堅いというのが日本株式市場だった。株式市場は経済の鏡だというが、なぜこのようになったのか。

    ◆240兆円を注ぎ込んだ安倍政権

    安倍首相は2012年12月の執権後、「アベノミクス」を進めた。デフレ脱却を掲げ、大規模な金融緩和、財政支出拡大、成長戦略という3本の矢を放った。3本の矢で「3年以内に名目3%台成長」を実現するというスローガンだった。日本銀行(日銀)の黒田東彦総裁は2013年4月から年間最大80兆円規模の資金を供給した。このように供給された資金だけでも先月末基準で240兆円(約2700兆ウォン)。韓国の7年分の予算に相当する。

    日本円は安倍首相の執権初期である2012年末の1ドル=85円台から昨年6月には1ドル=125円まで値下がりした。円安で上場企業の純利益は2年連続で過去最大となった。株式市場も活気づいた。昨年6月、日経平均株価は2万円を超えた。15年ぶりの最高値となった。安倍首相は企業の実績改善と株価上昇をアベノミクスの成果だと声を高めた。2013年の参議院選挙と2014年12月の衆議院総選挙も大勝に導いた。

    国際通貨基金(IMF)副専務理事を務めた篠原尚之東京大教授は高値で推移する株式市場を見ながら「金融緩和だけに依存するアベノミクスはいつ折れるか分からない」と警告した。昨年10-12月期には成長率も低下した。経済協力開発機構(OECD)とIMFは日本政府に対し、成長戦略実現のために構造改革を急ぐよう忠告した。

    ◆金融緩和の中で構造改革は後まわし

    黒田総裁の「お金祭り」は米国の利上げとグローバル金融市場の安定という土台があってこそ可能だった。日銀が金融緩和する間、景気が良くなった米国が出口戦略に入って円安を後押しした。しかし安倍政権は円安と株価上昇に陶酔し、利害関係者の反発が伴う構造改革は後まわしにした。3年前の最初の成長戦略を通じて明らかにした賃金・労働・農業改革に大きな進展はない。

    日本経済の潜在成長率を引き上げるゴールデンタイムはこのように過ぎている。米国の利上げが遅れ、ブレグジットで金融市場が動揺し、日本円は今年だけで20%近く急騰した。過去3年間の下落幅の3分の2が戻った。アベノミクスは海外の変数によって揺れる日本円だけを眺める天水田の状況に転落した。

    日本経済は韓国にいくつかの教訓を与えた。第2次世界大戦の敗戦を踏んで超高速成長を成し遂げた日本は韓国が見習うべき成功モデルであったし、長期不況にもがいた日本の「失われた20年」は韓国が警戒すべき他山の石だった。もう一つ生じた。アベノミクスの成否を断定するのは早いが、金融を緩和しても問題が解決するわけではないという事実を日本は見せている。
    http://japanese.joins.com/article/662/217662.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・韓経:【コラム】天水田アベノミクス [無断転載禁止]©2ch.net

    【韓国経済新聞社「アベノミクスは失敗」←じゃあ、クネノミクスは?www】の続きを読む

    このページのトップヘ