まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:アイデンティティー

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/02/10(金) 01:15:06.55 ID:CAP_USER
     韓国人のインテリは「われわれは、日本人より道徳的に優位にある」「われわれが、未開の倭人に文化文明を教えてやったから、今日の日本がある」などと、上から目線で言う。彼らは、どんな知識体系をもって、そんなことを言うのだろうか。

     「道徳的優位」とは、それなりの歴史学で武装した韓国人が言う場合は、ほとんどが中国を世界の中心に置く古代の「華夷秩序」の中で、日本は劣等生だったが、朝鮮半島は優等生だったという意味だ。

     逆に言えば、日本は中国の属国にならなかった。それを「いけないことだった」と思うのは「属国根性」の発露だ。

     一般の人が言う場合は、「慰安婦を強制連行した非道徳的国家」であるとする場合が多い。この問題になると、韓国人は慰安婦像を本尊とする「反日教」信者のレベルに落ちる。

     「原史料は読んだことがない」のは当たり前。実は「読んでも理解不可」の人の比率がけっこうある。

     それで「皆が言われていることだけ信じる」の“未開レベル”になりつつ、ただ「われわれの主張は絶対に正しい」と妄信する“韓国型公憤患者”と化す。新たな知的インプットを一切拒絶するのだから、あと百年ぐらい説得しても、これはダメだろう。

     「未開の日本人に…」と始めるインテリは「遅れた島国に、われわれは農業を教えてやった」とくる。

     中国の史書を読めば、古代中国は日本列島の統治者(親魏倭王と卑弥呼)に金印を贈ってきた。ほぼ同じ時期、朝鮮半島では邑長(村長)に銅印が授けられた。

     古代中国から見ると、「列島=金印を贈るべき国」「半島=銅印をやればいい地域」だったのだ。遅れた銅印地域から、進んだ金印国に文化が流れたとは、ありえない歴史法則だ。

     ところが、韓国人はいま、歴史学専攻の大学院生にして「漢字は読めません」という知的レベルにある。だから「君、『後漢書』を原文で読んでみろ」と説教するだけ無駄だ。現実の政治が衆愚政治であるなら、彼らは衆愚歴史学の耕作をしているのだ。

     日本の農業用語に、朝鮮語由来の言葉は、私が知る限りない。ところが韓国で使われている農業用語には、日本語由来の用語があふれている。農業技術が流れ込んだ証拠だ。

     朝鮮日報(2017年1月8日)は「カマニが示す日本帝国主義の韓国農村収奪の実態」という見出しの記事を掲載した。何のことかと思って読んだら、「カマニ=日本語の“かます”(叺)のナマリ」だった。裏を読めば、日帝様が教えて下さるまで、半島には米穀を束ねる「かます」もなかった-という内容だ。

     君たち、少しでいいから、自分の国の「本当の歴史」を学んでみたらと言いたくなるが、無理な相談だ。

     韓国人のアイデンティティーはいまや、新宗教である「反日教」と、それとは表裏の関係にある捏造史観で成り立っている。「史実」を学んだら、韓国人のアイデンティティーは破綻し、消滅してしまうだろうから。

     ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170209/frn1702091637001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170209/frn1702091637001-n2.htm

    引用元: ・【韓国】「上から目線の歴史学」妄信のナゼ 日本人より「道徳的に優位」のウラに反日教と捏造史観[2/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ぐう正論 】「韓国人のアイデンティティーは、「反日教」と捏造史観で成り立っている」室谷克実】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 13:12:03.87 ID:???.net
    no title

    ▲大韓民国の国家アイデンティティー、5年前と比較すると

    アンケート調査の回答者の大半は韓国社会の亀裂と葛藤が深刻なレベルだと考えている。「不
    公正・不安・不信」の「3不社会」に入ったということだ。

    不公正社会では二極化が続き、格差社会を構造化する。不安な社会は政治・階層・理念葛藤
    で社会的な不確実性を高める。不信社会は政治不信と人間関係の破壊を引き起こす。一言で社
    会が衝突の危機に向かっているという調査結果だ。

    具体的に与野党の葛藤が大きいという回答は85.3%、進歩と保守の葛藤が大きいという回
    答は74.8%だった。これは政治的な二極化が深刻なレベルであることを見せている。経済の二
    極化も問題だ。貧富間の葛藤が大きいという回答は82.3%にのぼった。正規職と非正規職の葛
    藤も深刻だった。特に「労労葛藤が大きい」(80.6%)という回答が「労使葛藤が大きい」(77.
    5%)より多かった。

    韓国社会が経済的な強者と弱者に分かれているという意見も提示された。

    経済不平等の指標であるジニ係数は1990年代半ばから悪化している。保健社会研究院によ
    ると、昨年の可処分所得のジニ係数は0.4259に達した。所得分配の不平等の程度を表すジニ
    係数は0に近いほど所得分配が均等であることを意味する。一般的にジニ係数が0.4を超えれ
    ば所得分配がかなり不公平だと見なされる。資産を含むジニ係数はこれより深刻で、0.6014に
    達する。

    他国と比較すると韓国の不平等は最悪とはいえないが、急速に不平等問題がふくらんでいる社
    会であることは間違いない。今回の調査で韓国の所得格差はあまりにも大きいという回答は87.
    9%に達した。これは不平等の解消をこれ以上先送りできないということを示している。さらに大き
    な負担を抱え込む前に、国レベルでこれを是正する必要があるということだ。

    もちろん不平等は韓国だけの問題ではない。全世界がこの問題の解決に取り組んでいる。20
    08年の米国発金融危機、2010年の欧州発経済危機以降、西欧でも不平等に対する批判的な
    認識が広がった。問題は韓国では特に不平等意識が強いという点だ。

    2010年の国際政治社会比較調査(ISSP)プログラムの調査によると、自分が属する社会の
    貧富葛藤が深刻だという回答は韓国が88%で、28の調査対象国のうちハンガリーに次いで高か
    った。日本(35%)の倍以上で、台湾(30%)の3倍に近い。なぜ韓国人は不平等が葛藤と直結
    すると考えるのか。不平等を不公正な社会の産物と見ているからだ。今回の調査の結果、上位に
    なるには不正にかかわるしかないという回答が54.2%、法を守る人が損をするという回答は6
    6.
    2%にのぼった。「ハングリー社会」ではみんなが一緒に飢えに耐えることができる。しかし不平等
    による痛みは耐えられないという「アングリー社会」になったのだ。

    サムスン経済研究所は韓国社会が葛藤のために支払う経済費用を年間82兆-246兆ウォン
    (約8兆2000億-24兆6000億円)と推算した。研究所側は「社会葛藤指数が10%低下すれば
    1人あたりの国内総生産(GDP)が1.8-5.4%増加する」と分析した。葛藤はどうすれば減らす
    ことができるのか。葛藤の主な原因である不平等を減らせば葛藤も解消する可能性がある。今回
    の調査結果によると、低所得層と高所得層の格差を減らすのは政府の責任という主張に同意す
    るという回答が62.8%にのぼった。政府が不平等を減らそうとする政策的努力にさらに注力しな
    ければいけない理由だ。

    ソース:中央日報日本語版<韓国・国家アイデンティティー調査>88%が貧富の差に不満の「ア
    ングリー社会」…政府は不平等の是正を
    http://japanese.joins.com/article/469/205469.html

    引用元: ・【韓国】 88%が貧富の差に不満の「アングリー社会」…韓国・国家アイデンティティー調査[09/09]

    【努力したらどうだ 【韓国】 88%が貧富の差に不満の「アングリー社会」…韓国・国家アイデンティティー調査[09/09]】の続きを読む

    このページのトップヘ