まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:ろうそくデモ

    1: ダーさん@がんばらない ★@無断転載は禁止 2017/02/09(木) 09:04:07.54 ID:CAP_USER
    在ソウル日本大使館といえば道一つ挟んだ向かいの歩道に「慰安婦像」があって、それを囲むようにした反日デモが毎週行われている。海外安全情報として現地在住や渡航の日本人が注意を促されることでも知られ、各国大使館の中で恐らくこれほど韓国人から脅威を受けている所はないと思っていた。ところが最近、同じように脅威を感じていると思われる大使館がある。米国大使館だ。

    国政介入事件に憤った国民によるろうそくデモは今も毎週末行われているが、非難の矛先がついに米国にまで及び始めた。理由は北朝鮮弾道ミサイルを迎撃する新型地対空ミサイルの韓国導入を米国が主導したというもの。そもそもデモが行われてきた場所が米国大使館前の広場であり、先週末のデモではある発言者が「この地の生命と平和を無視する大使館がそこにある!」「言葉だけの友邦か。米国を糾弾する!」と気勢を上げると会場から拍手喝采が湧き起こった。

    ちょっと待てと言いたいところだ。迎撃ミサイル導入は韓国の安保のためだったはず。それがいつの間にか逆さまの論理になって悪者扱いでは米国もたまったものではなかろうに。ただ、「アメリカ・ファースト」のトランプ大統領が損してまで韓国を守り続けるとは思えない。あまり図に乗って米非難を続けると、日本のような大使一時帰国を飛び越えて駐留軍撤収という手段に訴えかねない。危ない、危ない…。

    ソース:Viewpoint 2017/2/07
    http://vpoint.jp/world/korea/81821.html

    引用元: ・【韓国】「生命と平和を無視!」「言葉だけの友邦。糾弾する!」会場は拍手喝采…ろうそくデモの矛先、ついに米国へ[02/09] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【通常運転だろw】「米国を糾弾する!」ろうそくデモの矛先、ついに米国へ】の続きを読む

    1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/01/23(月) 19:43:40.67 ID:CAP_USER
    韓国ハンギョレ新聞社 パク・スジ、ホ・スン記者、光州、済州道/チョン・デハ、ホ・ホジュン記者
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26325.html

    韓国語原文入力:2017-01-22 18:51
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/779783.html 訳H.J(2405字)

    サムスン電子のイ・ジェヨン副会長の顔が描かれた大型ボールを転がして大統領府に向けて行進
    no title


    21日、ソウル都心で開かれた13回目のろうそく集会は「財閥改革」を要求する熱気に満ちていた。集会を主催した「朴槿恵政権退陣のための非常国民行動」(退陣行動)が前日に「ろうそく革命完遂を訴える文」を発表するほど、参加者数の減少が懸念されていたが、牡丹雪が降った氷点下の天気にもかかわらず、先週末のろうそく集会(主催側推算13万人)を大きく上回る32万人(主催側推算)が集まった。今月19日、裁判所がサムスン電子のイ・ジェヨン副会長の拘束令状を棄却したことで、危機感を感じた市民が大挙集まったものとみられる。

    単なる政権交代を超えて、財閥改革に象徴される根本的な社会改革が必要という声が高まっていた。

    同日夕方、ソウル鍾路区(チョンノグ)鍾閣(チョンガク)にあるサムスンタワー前では、イ副会長の拘束パフォーマンスが行われた。彼の仮面をかぶった演技者が、手錠を掛けられ、サムスンタワー前から普信閣(ポシンガク)交差点まで歩き、模型の監獄の中に入るパフォーマンスだったが、実際にイ副会長が拘束される場面であるかのように、市民が歓声を上げながら集まってきて、しばらくの間、演技者が鉄格子に近づけないほどだった。

    イ副会長拘束令状の棄却は、朴大統領に対する弾劾訴追案の可決後、やや緊張が緩んでいた広場を再び盛り上げている。

    >>2につつく

    引用元: ・【韓国】「国の上にサムスン」…財閥改革のためにさらに燃え上がったろうそくの炎[1/23] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【ローソクが韓国の最高国家権力】「国の上にサムスン」サムスン電子・副会長の拘束令状を棄却でろうそくデモ】の続きを読む

    このページのトップヘ