まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    タグ:できない

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/27(火) 10:01:34.60 ID:???.net
    2015年10月27日09時48分
    [中央日報/中央日報日本語版]

    今年のショパン国際コンクールでチョ・ソンジンは圧倒的勝者だった。「優勝者であり金メダルは…」
    という最後のコメントにも、わざと1人だけ分からない表情だった。2位のアムランをはじめとする全員の
    注目がチョ・ソンジンに向いた。文句なしに優勝を認めるという意味だ。今回のコンクールの最大の犠牲者は
    フランスの審査委員フィリップ・アントルモンだ。彼は17人の審査委員のうち唯一チョ・ソンインにだけ
    注文をつけ、決選では最低の1点(満点10点)を与えた。こうした「点数テロ」は、彼の「個人的芸術の
    好み」で笑い流すことではない。

    巨匠が、卓越した人材をひと目で分かるのがショパン・コンクールの輝かしい伝統だった。1960年には
    ポルーリニが全員一致で優勝した。20世紀最高のピアニストであり審査委員だったルービンシュタインは
    「果たして私が君ほどの演奏をすることができるだろうか」と感心した。75年にはツィメルマンが優勝と
    部門別の賞をさらった。彼のもとに中国のユンディ・リが訪ねて行って弟子にしてほしいと懇請した。ツィメル
    モアンはたった1曲だけ聞いた後「教えることがない」と言って丁重に送り返した。ユンディ・リは2000年、
    全員一致で優勝した。今回も歴代優勝者出身のアルゲリッチ(65年)、ダン・タイ・ソン(80年)、
    ユンディ・リ(2000年)の審査委員はチョ・ソンジンに最高点を与えた。これに逆行したアントルマンが
    さんざん恥をかいた。

    チョ・ソンジンは純粋な地場産だ。国内派も世界最高に上がることができるという自信が最大の収穫だ。
    振り返ってみれば鄭明和(チョン・ミョンファ)、鄭京和(チョン・ギョンファ)、鄭明勲(チョン・ミョ
    ンフン)は10~16歳に苦労して留学の道に進んだ。サラ・チャンは米国で生まれ、チャン・ハンナも11歳で
    米国留学に行った。イム・ドンミン、イム・ドンヒョクの兄弟は10代初めにロシア勤務を希望した父について
    留学に行った。だが、この頃の雰囲気は違う。世界的ピアニストであるソン・ヨルムやキム・ソンウクは20歳を
    かなり超えてから海外に出て行った。チョ・ソンジンも音楽の実力が完成した高2の時にフランスに行った。
    彼の幼少期を知りたくてポスコ社員の父親に電話連絡をお願いした。返事はシンプルだった。

    http://japanese.joins.com/article/522/207522.html?servcode=100&sectcode=120

    引用元: ・【中央日報】ピアノで日本を抜いた韓国がノーベル賞を受賞できない秘密

    【次元の違うは話だよ~~ん~~ 【中央日報】ピアノで日本を抜いた韓国がノーベル賞を受賞できない秘密】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 09:18:04.46 ID:???.net
    韓国で最も代表的な福祉死角地帯はどこかと尋ねると、多くの専門家は高齢者の貧困と自殺を挙
    げるだろう。

    経済協力開発機構(OECD)平均の3倍以上となる48%水準の高齢者貧困率、そして55歳を超え
    れば年齢が高まるほど急上昇する自殺率はすでに広く知られた事実だ。若い頃に熱心に働いて「漢江
    (ハンガン)の奇跡」を成し遂げた主役が、高齢になると生計を心配して自ら命を絶つのが今日の韓国
    社会の現状だ。本当に悲しいことだ。

    こうした悲劇的な現実がマスコミの報道を通じて広く知られたにもかかわらず、政府や政界はこれを
    解決するための努力をしていない。例えば与野党は5月29日、公務員年金法改正案を処理し、「公的
    年金の強化と老後貧困の解消のための特別委員会」と同じ目的の「社会的機構」構成および運営に関
    する規則案まで通過させた。今年10月31日となっている社会的機構の期間にもかかわらず、まだ構
    成に関する与野党間の議論さえも行われていない。結局、老後貧困問題を解決しようという意志より、
    公務員年金法改正内容に対する批判を鎮めるための臨時方便にすぎなかったのだ。特別委員会と社
    会的機構の構成が深刻な高齢者貧困と自殺問題を解決できる契機になると期待した人たちには大き
    な失望だ。

    1990年代半ばにすでに先進国に仲間入りし、今では世界10大経済大国に浮上した韓国が、先進
    国のうち最悪の高齢者貧困問題を抱えている理由は、公的年金の歴史が浅いからだ。多くの先進国、
    さらに南米の国もすでに20世紀初めに公的年金制度を導入したため、今はほとんどすべての高齢者
    が年金の恩恵を受けている。しかし韓国の場合、公的年金はこれらの国に比べて相対的に遅く始まっ
    た。公務員年金が60年に最初に始まり、続いて63年に軍人年金が、そして73年には私立学校教員
    年金ができたが、一般国民を対象とする国民年金は88年に初めて実施された。職場勤労者を対象に
    始まった国民年金は95年に農漁村地域で、そして99年には都市自営業者に拡大した。このように公
    的年金体系が遅く構築されたため、2014年現在、60歳以上の人口のうち老齢年金受給者の比率は
    35.3%、平均年金額も月33万ウォン(約3万3000円)にすぎない。
    (中略)

    高齢者貧困問題の解決のための制度が国民年金、基礎年金、国民基礎生活保障制度と3つあるに
    もかかわらず、高齢者貧困問題が深刻になっているのは、従来の制度が十分でないからだ。従来の老
    後所得保障制度の問題点はすでに多くの研究を通じてよく知られているため、これに対する解決策を
    見つけるのも難しいことではない。例えば65歳以上の高齢者を対象とする国民基礎生活保障制度と
    基礎年金制度を統合して高齢者対象公共扶助制度を新設して支援対象を貧困層に限定し、年金額を
    最低生活を保障するレベルで差別支給すれば、高齢者貧困問題は一挙に解消する可能性がある。制
    度変更初期には追加の予算負担が生じるだろうが、時間が経過するほど国民年金受給者の増加とと
    もに基礎年金受給者は縮小するはずだ。

    また「半分年金」という批判を受けている国民年金も98年以来9%に縛られている保険料率引き上
    げに対する国民的合意さえあれば、根本的な改善策を用意できるだろう。これとともに国民年金と従来
    の特殊職域年金を統合し、公的年金部門で二極化問題を解決する案も必ず議論されなければいけな
    い課題だ。改革が得意でない隣国の日本もこの問題を長い議論過程を通じて解決したが、危機を迎え
    るたびに難しい改革を成功させた韓国が、公的年金改革ができない理由はないと考える。

    政府と与野党は公的年金改革は難しいと考え、話を取り出しただけで議論は始めていない。そして
    与党は労働改革を、野党は財閥改革をすると連日、語調を強めている。多くの高齢者が生活苦で自殺
    する状況を放置している政界が新しい改革を行うと主張しても誰が信じるのか疑問を抱かざるをえない。

    ソ・サンモク持続可能経営財団理事長/元保健福祉部長官

    ソース:中央日報日本語版<【中央時評】高齢者の貧困と自殺を放置する韓国社会>
    http://japanese.joins.com/article/722/205722.html

    引用元: ・【韓国】 高齢者の貧困と自殺を放置する韓国社会~改革が得意でない日本もできた年金改革、韓国ができない理由はない/中央時評[09/15]

    【いつも口ばかり【韓国】改革が得意でない日本もできた年金改革、韓国ができない理由はない/中央時評[09/15]】の続きを読む

    1: ◆cyx88LoMNQ 2015/07/14(火)12:06:42 ID:baI

    「仕事ができない」という理由で野球のバットで叩いて人糞を食べさせるなど、助手に数年間苛酷
    な行為を行った大学教授が警察に拘束された。

    京畿(キョンギ)城南(ソンナム)中院(チュンウォン)警察署は14日、暴力行為など処罰に関する
    法律違反などの疑いで京畿地域の某大学教授A容疑者(52歳)を拘束したと明らかにした。

    警察はまた、苛酷な行為に加わったA教授の助手B容疑者(24歳)など2人を同じ容疑で拘束して、
    C容疑者(26歳・女)を書類送検した。

    A容疑者らは2013年3月から去る5月まで、Dさん(29歳)を数十回にわたり野球のバットなどで
    暴行を加えた疑いを受けている。

    警察の調査の結果、A容疑者は自分が代表を務めるデザイン関連学会の事務局にDさんを就職
    させた後、Dさんがミスをしたり気に入らないという理由で頻繁に暴行を加えていた事が分かった。

    A容疑者らはDさんが暴行で全治6週間のけがをして手術を受けて入院すると、物理的な暴行を
    加える事は難しいと判断して護身用スプレーを顔に吹き掛け、人糞をかき集めて強制的に食べ
    させるなどの苛酷な行為をした事が分かった。

    A容疑者は外出中、SNSのチャットルームを介してB容疑者らに代わりにDさんを暴行を加え、
    暴行する場面をインターネット放送を通じてリアルタイムで確認までした事が分かった。

    Dさんは警察に、「デザイン分野の権威者であるA容疑者が、過去に他の助手を地方大学の教授
    に採用する事に協力するのを見て、自分も大学教授になるために苛酷な行為に耐えた」と話した。

    A容疑者はこれまでDさんに月30万ウォン程度を給与として支給して、最近ではこれさえも与えて
    いなかった事が分かった。

    犯行を否認していたA容疑者は証拠が出てくると「善処を求める」とし、最近裁判所に1億ウォン
    余りを供託した事が分かった。

    一方で警察はA容疑者が法人資金1億ウォン余りを横領して、教育部の傘下機関が支援する
    事業費を引き抜いた情況も捕捉して捜査している。

    ソース:NAVER/朝鮮日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=023&aid=0003008003

    引用元: ・【韓国】「仕事ができない!」~助手に人糞を食べさせた大学教授[07/14]

    【韓食の記事か【韓国】「仕事ができない!」~助手に人糞を食べさせた大学教授[07/14]】の続きを読む

    hanzai


    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/07/02(木)12:53:49 ID:SXc
    2015年6月30日、光明網は「無知な少女が韓国でアルバイト、韓流ドラマはすべてうそ」と題する記事を掲載した。

    記事は、「韓国留学でのアルバイトは、欧米に比べてビザも緩く、皿洗い程度の仕事なら探すのは難しくない。肉体労働に耐えられさえすればよい」とし、
    「小さな食堂などでは、夜の8~9時から早朝の3~4時まで働く」と紹介する。

    しかし、「一見まっとうに見える仕事でも、人には言えない秘密も存在する」とし、例として「娯楽ゲーム室」などの看板を掲げた店の実態は、
    性的なサービスを提供する店であると指摘。こうした店は、大学付近のスーパーや美容室、服飾店に人を派遣して、
    新しく来たアジア系の留学生、特に中国人やベトナム人、フィリピン人を見定めるという。

    さらに記事は、筆者が韓国留学した際のルームメートの女性の体験談を紹介。女性はバーでのアルバイトに応募したが、
    働き始めて2日で泣きながら「怖過ぎる。もうできない」と逃げ帰ってきた。
    話を聞くと、酒を運ぶたびに客から手を触られるなどの性的嫌がらせを受け、それが次第にエスカレートしていった。
    女性は店長に報告したが、店長は逆に彼女をひとしきりののしり、「もしまた客を怒らせたらクビだ」と言い放ったという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000071-rcdc-cn

    引用元: ・【中韓】韓国留学した中国女子学生がバーでアルバイト→性的嫌がらせ受け2日で「怖過ぎる、もうできない」と泣きながら逃げ帰る―中国メディア[7/1]

    【情弱の末路って同じなんだなぁ 【中韓】韓国留学した中国女子学生がバーでアルバイト→性的嫌がらせ受け2日で「怖過ぎる、もうできない」と泣きながら逃げ帰る―中国メディア[7/1]】の続きを読む

    このページのトップヘ