1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/11/10(月)13:40:37 ID:???
SH賃貸アパート入居者3年間125人自殺
ある団地では1年間8人自殺…「住居環境関連性調査必要」


最近3年間、SH公社賃貸アパートで入居者125人が自ら命を絶ったことが分かった。

10日、国会国土交通委員会イ・ノグン(セヌリ党)議員がSH公社から受けた資料によれば2011年から2013年まで3年間でソウル市傘下のSH公社が管理する賃貸アパートで125人が自殺した。

自殺者数は2011年48人、2012年50人、2013年27人であり今年上半期にも8人が自ら命を絶った。

麻浦区(マポグ)A賃貸アパートでは2012年一年間に8人も自殺をし、2013年にも1人が命を絶った。

蘆原区(ノウォング)Bアパートでは2011年3人、2012年1人、2013年2人、今年2人など3年半の間に合計8人が自殺した。

江西区(カンソグ)中区(チュング)陽川区(ヤンチョング)にある賃貸アパート3ヶ所でも3年連続で毎年自殺者が1~2人ずつ出て、今年上半期には7個のアパートで8人の自殺者が出てきた。

SH公社賃貸アパートは経済的に難しい階層が主に入居するという点で自殺者が多い団地を中心に自殺理由を注意深く見なければならないという指摘が出る。

SH公社賃貸アパートには8月現在15万9千416世帯が居住していて一部のアパートには基礎生活受給者と老人の比率がとても高い。

ソウル市によれば基礎生活受給者の自殺率(人口10万人当たり自殺者数)は2010年14.9人から2013年28.1人に大きく増加した。

イ・ノグン議員は「賃貸アパート住居環境と入居者の自殺が関係があるのかソウル市とSH公社が実態調査をする必要がある」と指摘した。

デイリー韓国(韓国語)
http://daily.hankooki.com/lpage/society/201411/dh20141110055612137780.htm

引用元: ・【韓国】SH賃貸アパート入居者、3年間で125人が自殺[11/10]

続きを読む