まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: スポーツ

    1: 荒波φ ★ 2017/11/02(木) 10:21:49.81 ID:CAP_USER
    江原道平昌郡で来年2月9日から開幕する平昌冬季オリンピックの聖火が昨日韓国に到着した。聖火は今日から済州島を皮切りに7500人の走者によって100日かけて全国各地を回り、地球村最大のイベント開催を全国に知らせる。オリンピックはもう始まっているのだ。

    1988年にソウル・オリンピックが開催されて以来、韓国で再びオリンピックが開催されるのはおよそ30年ぶりのことだ。韓国はソウル・オリンピックによって戦争と貧困の国というイメージから脱却し、堂々と世界に飛躍した。韓国はソウル・オリンピックによって新たに生まれ変わったと言っても過言ではない。冬季オリンピックは夏季オリンピックとはまた別のものだ。

    冬季大会の種目は主に先進国で行われる種目ばかりで、これまでの開催国も先進国ばかりだったが、韓国が今やその隊列に加わることになった意味は決して小さいものではない。

    ところがその一方で国民の間ではいまひとつ盛り上がりが見られず、むしろその関心は低いのが現状だ。合計107万枚あるチケットのうち11月30日の時点で売れたのはわずか34万枚で、全体の31.8%にとどまった。しかも売れたチケットはショートトラックなど一部の人気種目に偏っている。パラリンピックはもっと深刻で、チケットの販売はわずか4%だ。

    文化体育観光部(省に相当)がアンケート調査を行ったところ「平昌オリンピックにとても関心がある」と回答した国民は今年9月の時点で39.9%だった。つまり10人中4人しか関心を持っていないということだ。

    開催まで1000日となった2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、先週末から日本の各地で記念行事が盛大に行われており、平昌とはあまりにも対照的だ。「オリンピックをきっかけに20年続いた長期不況からの脱却を」を掲げる日本政府や企業、国民が一つになってオリンピックを盛り上げようとしているからだ。

    日本では景気が復活の兆しを見せていることもあり、多くの企業がスポンサーとして名乗りを上げ巨額の寄付金も集まっている。また各地方では聖火リレーを誘致しようと激しい競争を繰り広げているという。

    オリンピックを成功させるには競技施設、運営や安全のシステム、宿泊や交通インフラなど徹底してチェックすべきことが非常に多い。しかしそれ以上に重要なのはホスト国における国民の情熱と盛り上がりだ。歴史を見てもこれが足りなかった国はオリンピックを成功に導くことができなかった。

    施設に問題があり、あるいは運営に未熟な点があったとしても、開催国が大きく盛り上がっていればそのオリンピックを見つめる世界の人たちが感動を覚える。平昌オリンピックは競技施設だけを見れば行き過ぎとも言えるほど素晴らしい。韓国は大規模なスポーツイベントを開催した経験も豊富なため、おそらく平昌オリンピックでも運営上の深刻な問題は発生しないだろう。しかし成功に不可欠な国民の盛り上がりや関心はいまひとつだ。

    事態がこのようになった原因は、大統領弾劾問題など政治や社会で想定外の大事件が起こったことが大きいだろう。組織委員会も2度にわたり委員長が交代し、政府と江原道、あるいは組織委員会が対立し混乱を招いたことも国民を大きく失望させた。しかし今はもう誰かを責め立てている暇はない。オリンピックはすでに幕が上がった。しかも平昌オリンピックは韓国が3回も誘致に乗り出しやっと勝ち取ったわれわれのオリンピックだ。

    政府と地方自治体はオリンピックの聖火が行く地域ごとに、その特性を生かしたさまざまなイベントで雰囲気を盛り上げ、住民の関心を高め、そしてそれらを結集してオリンピックに向けた熱い情熱を国民に持ってもらわねばならない。政界も互いに対する批判や攻撃をいったん取りやめ、どうすれば雰囲気を盛り上げオリンピックを成功に導けるか互いに協力して知恵を絞ってほしい。

    韓国国民は一度情熱を持てば極限まで熱く燃え上がる。誰がどうやって韓国人の情熱に火を付けられるかが問題だ。


    2017/11/02 10:01
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/02/2017110200942.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/02/2017110200942_2.html

    引用元: ・【朝鮮日報/社説】平昌冬季五輪、まずは国民から盛り上がろう 韓国国民は一度情熱を持てば極限まで熱く燃え上がる[11/02]

    【【盛り上げようがないだろ】「平昌冬季五輪、まずは国民から盛り上がろう 韓国国民は一度情熱を持てば極限まで熱く燃え上がる」朝鮮日報】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/11/10(金) 11:50:38.82 ID:CAP_USER
    2018年の平昌冬季五輪でボブスレー・スケルトン・リュージュの試合が行われる平昌アルペンシア・スライディング・センター。同センターでは9日、世界29カ国から来たリュージュの選手約270人が汗を流した。国際リュージュ連盟の規定に基づき、五輪出場選手が平昌のトラックに適応できるよう競技場を公開する「国際練習週間」が行われたのだ。

     大韓リュージュ競技連盟の関係者は「五輪に出場するほぼ全選手が平昌で練習をしている。外国人選手にとって、五輪開催時までに平昌のトラックを滑れる最後のチャンスだからだ」と話した。

     11日までの練習期間が終了すると、同センターを含め平昌冬季五輪の全競技場が「封鎖」される。このように五輪の競技場を全面規制して大会も開かないのは、残り期間中に五輪の準備に専念しなければならないからだ。五輪開催時まで選手たちが競技場に慣れるためのイベント的性格を持つ大会も開催されない。

     各国の国内オリンピック委員会(NOC)による競技場公式訪問も先月末に終了した。このため、先月末の1カ月間だけでドイツ・ノルウェー・カナダなどの冬季スポーツ強国と言われる12カ国のNOCがそれぞれ平昌を訪れ、五輪の競技場を視察した。

     英国からはバイアスロン・アルペンスキー・カーリング・ボブスレー・スケルトン・ショートトラックなどほぼ全種目から協会職員25人が訪れ、競技場関連情報を把握した。10月24日から4日間行われた合同訪問には米国・オーストリア・日本・ロシア・スウェーデンなど15カ国が集まった。

    「競技場封鎖」の唯一の例外は韓国人選手団だ。外国人選手たちに対しては封鎖される平昌だが、韓国人選手たちに対しては合宿地となる。韓国人選手団は平昌封鎖期間こそ「ホーム・アドバンテージ」を最大化できるチャンスだと考えている。冬季五輪はコースの難易度・雪質・氷質によって競技力が大きく左右される。競技場にどれだけ慣れているかによってメダルが決まることもある。事実、2014年のソチ冬季五輪や10年のバンクーバー冬季五輪では開催国のロシア・カナダが総合優勝を獲得した。カナダにとっては1924年の冬季五輪出場以来初の総合優勝で、ロシアにとっては20年ぶりの優勝だった。

     大韓ボブスレー・スケルトン競技連盟の関係者は「世界トップクラスの選手たちの技術力は紙一重だ。10回多く滑った経験が0.01秒を決する」と話す。

     また、ホーム・アドバンテージ効果を引き上げるため、韓国の各競技連盟・協会では今年初めに平昌での合宿練習計画をすべて組み込んだ。五輪施設の準備が進められる合間に韓国人選手たちに五輪の舞台で多くの経験をさせようという戦略だ。

     一部種目の国際連盟からは「なぜ韓国ばかり優遇されているのか。全選手に対して公開せよ」という要求が寄せられている。このため、国内の各競技連盟・協会では練習日程も非公開にする方針だ。韓国で初めて開かれる冬季五輪開幕まであと91日となった。

    ソク・ナムジュン記者


    2017/11/10 10:29 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/10/2017111001170.html

    引用元: ・【朝鮮日報】平昌五輪:競技場封鎖で外国人選手締め出し、韓国人選手は例外[11/10]

    【【ホントゴミのような国だなw】平昌五輪の全競技場を「封鎖」。外国人選手を締め出し、韓国人選手が合宿練習】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/11/01(水) 00:36:23.67 ID:CAP_USER
    2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)が101日後に迫った。大会の成功に対する期待が大きいが、その一方で大きな負債を抱えるのではという懸念もある。多くの専門家は大会後に江原道(カンウォンド)地域の主要競技場が「白い象」(white elephant、厄介なもの)にならないか心配している。 

      今まで国内で開催された国際スポーツイベントの中には「血税を食うカバ」が少なくなかった。2014年にアジア競技大会を開催した仁川(インチョン)は16カ所の競技場を新築し、1兆7224億ウォンを投入した。その大半が負債として残った。仁川市は2015年から2029年まで毎年、少なければ100億ウォン(約10億円)多ければ1500億ウォンを返済していかなければならない。全羅南道が招致したグローバル自動車レーシングイベントのフォーミュラワン(F1)は2010年から4年間で累積赤字が1900億ウォンに増え、2013年に開催を中断した。 

      平昌五輪の競技場は開会・閉会式場を除いて計12カ所。新築競技場は6カ所で、残りの6カ所は改善・補修した。建設費は総額1兆ウォンにのぼる。新設された旌善(チョンソン)アルパイン競技場(2034億ウォン)をはじめ、江陵(カンヌン)アイスアリーナ(1340億ウォン)、江陵スピードスケート競技場(1264億ウォン)など、1000億ウォン以上が投入された建物が5カ所にもなる。 

      全体の競技場のうちまだ事後活用案が決まっていない建物は江陵スピードスケート競技場、江陵ホッケーセンター旌善、アルパイン競技場の3カ所だ。 

      江陵スピードスケート場は当初、五輪終了後に撤去する予定だったが、昨年、活用する方向に方針が変わった。これに関連し、国政介入事件「崔順実ゲート」の張本人・崔順実(チェ・スンシル)被告の姪チャン・シホ氏が自ら設立した冬季スポーツ英才センターを通じてこの競技場の運営権を手に入れようとしたという疑惑が提起された。 

      江陵ホッケーセンターは事後管理を引き受けることになっていた大明(デミョン)グループが手を引いた。国政介入事件「崔順実ゲート」の張本人・崔順実(チェ・スンシル)被告と関係がある競技場というマイナスのイメージのため、5年間に100億ウォン(約10億円)にのぼる運営費などに負担を感じたのだ。 

      韓国産業戦略研究院によると、平昌五輪以降、主要競技場管理・運営費は年間313億ウォンにのぼるとみられる。一方、事後活用を通じて期待できる収入は年間171億ウォンにすぎない。毎年142億ウォンの赤字が予想される。事後活用案が決まった競技場も管理の主体が確定しただけで、管理・維持費に相応の金額またはそれ以上の収益を出せるかは未知数だ。 


    続きます。
    [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年10月31日 14時09分
    http://japanese.joins.com/article/953/234953.html?servcode=300&sectcode=300&cloc=jp%7Cmain%7Ctop_news

    https://i.imgur.com/x6YFuRP.jpg
    2014年仁川アジア競技大会が開催された仁川アシアド主競技場は巨額の負債を抱えている。4700億ウォンを投入して建設した仁川アシアド主競技場はアジア競技大会後、一度もスポーツイベントが行われていない。

    引用元: ・【中央日報】平昌五輪の施設、大会後は年142億ウォンの赤字か[10/31]

    【【もうどうにもならないよ】平昌五輪の施設、大会後は年142億ウォンの赤字か【中央日報】】の続きを読む

    1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★  2017/11/02(木) 15:26:04.56 ID:CAP_USER
    https://i.imgur.com/3RP3WwT.jpg
    1日、来年2月の平昌五輪開幕までちょうど100日となりギリシャから韓国に聖火が到着、いよいよ韓国国内での聖火リレーがスタートしたが、その聖火がなんと消えてしまうというハプニングがあった。資料写真。

    2017年11月1日、来年2月の平昌(ピョンチャン)五輪開幕までちょうど100日となりギリシャから韓国に聖火が到着、いよいよ韓国国内での聖火リレーがスタートしたが、その聖火がなんと消えてしまうというハプニングがあった。

    韓国・マネートゥデイの2日付の報道によると、フィギュアスケートの五輪金メダリスト、キム・ヨナさんと共に聖火が仁川(インチョン)国際空港に到着したことを受け、1日夜、仁川松都(ソンド)タルピッ祭り公園では聖火リレー開始を記念する行事が行われた。行事では国際オリンピック委員会(IOC)選手委員を務める卓球の五輪金メダリスト柳承敏(ユ・スンミン)氏が臨時聖火台に聖火を点火したが、その火がなぜか消えてしまったという。火はイベント関係者などが再び点火した。

    また、同記事は聖火リレーのゴタゴタぶりも伝えている。韓国でのリレー第1走者はフィギュア女子の次世代のホープと言われる弱冠13歳のユ・ヨンさんだったが、仁川大橋からユさんが出発しようとするや、取材陣や関係者が周りに押し寄せ「修羅場」になってしまったという。走り出してからも取材陣などのおかげで何度も足止めを食らい、辺りは怒号が飛び交う混乱状態に。第2走者のタレント、ユ・ジェソクさんが組織委の不手際を意識してか、「申し訳ない」と頭を下げながら登場する事態になった。

    こうした報道に韓国のネットユーザーからは「組織委がめちゃくちゃだな。大イベントなのにこれは本当に恥ずかしい」と組織委への批判の声が上がっている。

    また、聖火が消えてしまったことには「なんだか不安」「五輪が台無しに…」「早くも何か兆候が?」「平昌で開催するなという暗示かも?」「五輪は駄目になるということを表す象徴的なシーンだなあ」などのコメントが多数。

    しかし一方で「これって大会が終わるまで消えちゃ駄目なものなの?」「他の五輪でも結構消えてなかったっけ?」「臨時聖火台なら別にいいのでは?」との声も上がっており、「こんなことで騒ぐなよ。またつければいいだけの話」とのコメントが最多の共感票を集めていた。(翻訳・編集/吉金)


    Record China 2017年11月2日 13時30分
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=195820&ph=0

    引用元: ・【Record China】平昌五輪に向け韓国に到着した聖火、一時消えるトラブル=韓国ネット「何かの暗示?」「なんだか不安」[11/2]

    【【神様だって愛想つかすよ】平昌五輪の聖火、仁川でなぜか消えてしまうトラブル】の続きを読む

    1: らむちゃん ★ 2017/10/31(火) 20:42:22.09 ID:CAP_USER
    レコードチャイナ 2017年10月31日 20時10分 (2017年10月31日 20時33分 更新)
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171031/Recordchina_20171031067.html

    2017年10月31日、開幕が約100日後に迫りながらも国民の無関心やチケット販売率の低さなど懸念材料が絶えない韓国・平昌(ピョンチャン)五輪だが、競技会場となる施設の使用料をめぐって地元でもゴタゴタが続いているという。韓国日報などが伝えた。

    江原道(カンウォンド)開発公社労働組合および五輪でスキー・ジャンプなどの会場となる施設「アルペンシア」の労働組合は31日、平昌郡内に事務所を構える平昌五輪組織委員会前で集会を開き、組織委がアルペンシアリゾート施設の無償使用を求めていることを糾弾、使用料を即刻支払うよう要求した。

    組織委はリゾートは公共施設との認識の下、五輪で無償使用するとしているが、施設を管理する公社側は「公社は公共機関ではない」とし、五輪期間中の休業により生じる損失など130億ウォン(約13億円)の補填(ほてん)を求めて対立が続いている状態だ。両労組はこの日、
    「五輪用の施設や宿泊施設などの建設のため莫大(ばくだい)な資本が投入されたおかげで1兆ウォン(約1000億円)に達する負債を抱えた」として公社の厳しい財政状況について訴えたほか、「組織委が無償使用というさらなる犠牲を公社に強いている」と主張した。

    (全文は配信先で読んでください)

    引用元: ・【平昌五輪】地元で、「五輪の犠牲は真っ平」と怒りの声=韓国ネット「開催キャンセルしたら?」「きっと史上最悪のぼったくり五輪に」

    【【いまさら何言ってるんだろう?】「公社は公共機関ではない」平昌五輪会場管理の開発公社労働組合など、使用料支払を要求】の続きを読む

    このページのトップヘ