まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 北朝鮮

    1: きゅう ★ 2018/11/29(木) 18:50:43.61 ID:CAP_USER
    【平壌11月28日発朝鮮中央通信】日本が「拉致問題」を持って国際社会を騒がせている。

    最近も、日本首相の安倍は米副大統領ペンスに会って「拉致問題に協力」してくれることを哀願したのに続いて、国際会議参加のためにシンガポールに行っても東南アジア諸国の首脳らに会って同情外交を行った。

    これは、日本軍性奴隷犯罪をはじめ過去、日帝が働いた特大型の犯罪行為を覆い隠すための卑劣な策動の一環である。

    われわれが累次にわたって公式に宣明したように、「拉致問題」はわれわれの人道的措置によってすでに解決済みの問題である。

    日本当局が朝鮮政府の誠意を冒とくして持ち出した「証拠」の非科学的・謀略的真相が初めからあらわになり、「拉致被害者」が列島の各地で発見されていることは、存在しないこの問題の虚偽性をより明白にしている。

    にもかかわらず、しつこく強行される安倍一味の反朝鮮騒動は、彼らが「拉致問題」を口実にして全く異なる目的を追求していることを反証するだけである。

    すでに日本は、国際社会から戦犯国、反人倫犯罪国とらく印が押されている。

    日帝は不法な朝鮮占領の期間だけでも、野蛮な強制徴兵、徴用政策の下で840万人余りの朝鮮の青壮年を拉致、誘拐、連行して戦場と死の苦役場に駆り出し、20万人の朝鮮女性を「皇軍」の性奴隷に転落させ、100余万人の無この朝鮮人を虐殺した。

    日本が本当に人権に関心があるなら当然、前代未聞の特大型の反人倫犯罪から問題視して反省と謝罪、賠償を正しくしてこそ、正しい理屈になるであろう。

    しかし、日本は今まで自分らを「被害者」に描写して「拉致問題の解決が優先で、過去清算は後の事」という不穏当な妄言まで吐いている。

    こんにち、内では過去の犯罪を賛美する歴史わい曲策動に狂奔し、外ではあらゆるずる賢い手段と方法を総動員して反人倫犯罪を早急に清算すべきだという国際社会の要求をうやむやにしようとあがいているのが、日本の現在の実態である。

    結論は、明白である。

    日本が念仏のように唱えている「拉致問題」もその延長線にすぎず、世界の視線をわれわれに集中させて自分らの罪悪を覆い隠そうとすることである。

    稚拙な劇で汚らわしい過去を覆い隠すことができると思うなら、それは妄想である。

    21日、南朝鮮で幾ばくかの金銭で性奴隷問題から逃れようとしていた日本反動層の悪巧みの所産である「和解、治癒財団」が解体されたのも、その端的な一例である。

    過去清算は、日本が朝鮮民族と人類に対して担っている法的・道徳的義務である。

    日本が侵略と略奪の歴史を闇に埋めようと術策を弄するほど、不法非道で道徳的に低劣で鉄面皮なざまを国際社会にさらにはっきりとさらけ出すだけである。

    日本は現実を直視しなければならず、過去の犯罪を覆い隠そうとする稚拙な行為を直ちに中止すべきである。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    引用元: ・【北朝鮮】過去清算は、日本が朝鮮民族と人類に対して担っている法的・道徳的義務である [11/28]

    【請求は韓国に勝手にやってくれ【北朝鮮】過去清算は、日本が朝鮮民族と人類に対して担っている法的・道徳的義務である [11/28] 】の続きを読む

    1: ひろし ★ 2018/12/04(火) 22:15:48.30 ID:CAP_USER
    2018年12月03日 14時50分 デイリーNKジャパン

    「日本は末代まで罪を償え」北朝鮮紙が主張

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は2日、安倍晋三首相が関係各国に対し、日本人拉致問題解決への協力を求めていることを非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

    論評は、「安倍の卑劣な哀願行為は日本軍性奴隷犯罪をはじめ、過去の日本の特大型の反人倫犯罪行為を覆い隠そうとする卑劣な術策である」と指摘。

    「日本は代を継いで贖罪(しょくざい)し、謝っても足りない過去の罪悪に対してはっきり反省し、その清算に誠実に臨まなければならない」と主張した。

    https://news.nifty.com/article/world/worldall/12240-137860/

    引用元: ・【北朝鮮】「日本は末代まで罪を償え」北朝鮮紙が主張

    【罪深いのは半島だよ【北朝鮮】「日本は末代まで罪を償え」北朝鮮紙が主張 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/11/04(日) 13:30:11.38 ID:CAP_USER
    no title

    ▲朝鮮人民軍軍種合同打撃示威を視察した金正恩氏(2017年4月26日付労働新聞より)

    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は3日、日本の超党派国会議員らが秋の例大祭に合わせて靖国神社を参拝したことや、安倍晋三首相が憲法改正で自衛隊を明記するとしていることに対し「軍国主義亡霊を復活させて海外膨張の汚い夢を実現しようとする」ものだと非難する論評を配信した。朝鮮中央通信が伝えた。

    論評は「日本の反動層は、靖国神社参拝を通じて戦犯を推し立てて称揚すれば国民が戦犯を偶像化して慕うようになるであろうし、そのようになれば社会全般に報復主義の感情が蔓延すると打算している」と指摘。

    「本当にアジアの平和と繁栄を願う国なら、ヒステリックに強行される日本反動層の海外膨張策動を高い警戒心を持って鋭く注視すべき」と主張した。

    ソース:デイリーNKジャパン/ライブドアニュース<「平和願う国は日本を警戒すべき」北朝鮮紙が主張>
    http://news.livedoor.com/article/detail/15543895/

    引用元: ・【北朝鮮】 「本当にアジアの平和と繁栄を願う国なら、日本を警戒すべき」と北朝鮮紙が主張[11/04]

    【【北朝鮮】 「本当にアジアの平和と繁栄を願う国なら、日本を警戒すべき」と北朝鮮紙が主張[11/04] 】の続きを読む

    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/10/05(金) 09:58:17.49 ID:CAP_USER
    北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は3日、「独島(竹島)は名実ともに朝鮮民族の神聖な領土である」とする論評を掲載した。
    朝鮮中央通信が伝えた。

    論評は、内閣官房の領土・主権対策企画調整室が竹島の領有権を主張する報告書『竹島に関する資料の委託調査報告書』を
    ホームページに掲載したことについて、「独島強奪に狂った日本執権勢力の腹黒い下心の発露である」と非難。

    「日本が領土強奪策動に狂奔するほど、千年来の敵と必ず決算しようとする朝鮮民族の対日敵愾心(てきがいしん)は百倍になるだけだ」と威嚇した。
    https://dailynk.jp/archives/116659

    引用元: ・【北朝鮮】 「日本は千年来の敵、憎さ100倍」 

    【【北朝鮮】 「日本は千年来の敵、憎さ100倍」  】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★ 2018/10/01(月) 09:40:30.84 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181001-00000036-jnn-int
    TBS系(JNN)

     北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が、アメリカに住むコリア系住民との親睦会に極秘で参加したことがJNNの取材で分かりました。

     「北朝鮮のリヨンホ外相がやってきました。これからNYに住むコリア系団体との親睦会に参加します。今、店の前で迎えられました。団体の幹部とみられます。非常ににこやかな様子です」(宮本晴代記者)

     北朝鮮の李容浩外相は、ニューヨーク市内の高級中華レストランで、コリア系住民が開いた親睦会に極秘で参加しました。

     店内には南北統一を掲げたポスターが貼られ、李外相は30人あまりの参加者を前に、「北朝鮮は非核化に向けて努力している。アメリカはこれにふさわしい行動を取るべきだ」と語り、制裁の解除を訴えました。

     関係者によると、李外相は勧められたワインを口にし、気軽に握手にも応じたということで、アメリカや日本との会談など主要な外交日程を終え、くつろいだ様子だったことがうかがえます。

     「朝鮮半島の非核化に向けては、米朝関係の正常化が前提、不可欠となります」(北朝鮮国連代表部 リ・キホ参事官)

     また、これに先立って、北朝鮮国連代表部の幹部がニューヨーク市内で開かれた朝鮮半島問題に関するシンポジウムに登壇しました。

     非核化の前に、アメリカからの見返りとして「朝鮮戦争の終戦宣言を求める」との立場を強調しました。北朝鮮の外交官がこうした公の場でしゃべること自体、極めて珍しく、二度目の米朝首脳会談を前にアメリカに揺さぶりをかけた形です。

    引用元: ・【国際】北朝鮮外相、NYでコリア系住民と極秘親睦会[10/01]

    【【国際】北朝鮮外相、NYでコリア系住民と極秘親睦会[10/01] 】の続きを読む

    このページのトップヘ