まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 北朝鮮

    1: たんぽぽ ★ 2018/10/01(月) 09:40:30.84 ID:CAP_USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20181001-00000036-jnn-int
    TBS系(JNN)

     北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が、アメリカに住むコリア系住民との親睦会に極秘で参加したことがJNNの取材で分かりました。

     「北朝鮮のリヨンホ外相がやってきました。これからNYに住むコリア系団体との親睦会に参加します。今、店の前で迎えられました。団体の幹部とみられます。非常ににこやかな様子です」(宮本晴代記者)

     北朝鮮の李容浩外相は、ニューヨーク市内の高級中華レストランで、コリア系住民が開いた親睦会に極秘で参加しました。

     店内には南北統一を掲げたポスターが貼られ、李外相は30人あまりの参加者を前に、「北朝鮮は非核化に向けて努力している。アメリカはこれにふさわしい行動を取るべきだ」と語り、制裁の解除を訴えました。

     関係者によると、李外相は勧められたワインを口にし、気軽に握手にも応じたということで、アメリカや日本との会談など主要な外交日程を終え、くつろいだ様子だったことがうかがえます。

     「朝鮮半島の非核化に向けては、米朝関係の正常化が前提、不可欠となります」(北朝鮮国連代表部 リ・キホ参事官)

     また、これに先立って、北朝鮮国連代表部の幹部がニューヨーク市内で開かれた朝鮮半島問題に関するシンポジウムに登壇しました。

     非核化の前に、アメリカからの見返りとして「朝鮮戦争の終戦宣言を求める」との立場を強調しました。北朝鮮の外交官がこうした公の場でしゃべること自体、極めて珍しく、二度目の米朝首脳会談を前にアメリカに揺さぶりをかけた形です。

    引用元: ・【国際】北朝鮮外相、NYでコリア系住民と極秘親睦会[10/01]

    【【国際】北朝鮮外相、NYでコリア系住民と極秘親睦会[10/01] 】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/07/21(土) 03:39:41.43 ID:CAP_USER
    https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33216650Q8A720C1FF8000

    北朝鮮、マイナス成長に転落 2017年 制裁直撃
    韓国中銀推定
    2018年7月20日 17:40

    【ソウル=鈴木壮太郎】韓国銀行(中央銀行)は20日、2017年の北朝鮮の実質国内総生産(GDP)が前年比3.5%減り、2年ぶりにマイナス成長に転落したと発表した。鉱業や製造業の生産が大幅に減ったことが響いた。国際社会による経済制裁が直撃した格好だ。

    北朝鮮のGDPは16年に3.9%増と17年ぶりの高水準を記録したが、17年は30兆8823億ウォン(約3兆円)と、一転して減少した。マイナス幅は多数の餓死者を出した「苦難の行軍」の時期である1997年の6.5%減以来の大きさだ。

    減少幅が大きかったのは鉱業で11%減った。石炭生産が減ったことが大きい。石炭は16年9月の核実験を受けた同年11月の国連安保理の制裁で輸出に上限が設けられ、17年7月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を受けた同年8月の追加制裁で全面禁輸となった。

    製造業も重化学工業が振るわず、7%減となった。エネルギー不足が響いたようだ。

    輸出は17億7000万ドル(約2000億円)と37%減った。経済制裁で石炭など鉱物や衣料が輸出できなくなったことが響いた。輸入は37億8000万ドルと2%増。化学工業品の輸入が増えた。

    名目の国民総所得(GNI)は36兆6000億ウォンで韓国の47分の1、1人当たりGNIは146万4000ウォンで、同23分の1にとどまった。

    北朝鮮は経済指標を公表しておらず、韓国銀は1991年から関連機関からデータを取り寄せ、経済成長率を推計している。

    引用元: ・【北朝鮮】マイナス成長に転落 2017年 制裁直撃 韓国中銀推定

    【【北朝鮮】マイナス成長に転落 2017年 制裁直撃 韓国中銀推定 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/25(水) 18:50:49.55 ID:CAP_USER
    no title


     北朝鮮は20日、ここ数年内に韓国へ渡った何名かの北朝鮮国民を韓国が直ちに送還しなければ、8月に予定している離散家族再会を取りやめる可能性があると警告した。

     2016年、中国の北朝鮮運営レストランで働いていた12名の女性従業員が集団で韓国に亡命した。以来、この事件は南北両政府間の論争の種となっている。韓国が、自由意思による脱北であると主張する一方で、北朝鮮は、韓国による拉致だと非難してきた。

     北朝鮮は、1950~1953年の朝鮮戦争中に離れ離れになった高齢者たちの一時的再会を繰り返し求める韓国側の要求を、女性従業員の事件を理由にこれまでしばしば拒否してきた。しかし20日の声明は、緊張緩和が数カ月続いた後、北朝鮮に核兵器を放棄させるための世界的外交政策がなかなか進展しない中、女性たちの命運を8月の家族再会行事に結びつけるという北朝鮮にとっては初めての試みであった。

     北朝鮮国営のウェブサイト『ウリミンゾッキリ』は、韓国政府が女性たちを送還しない場合、家族再会事業と南北朝鮮関係は「障害」に直面するだろう、との声明を出した。韓国統一省は、『ウリミンゾッキリ』の記事についてのコメントは何もないと述べた。

     12名の女性従業員の中には、本当にだまされて韓国へ渡った女性がいるかもしれない、との推測が高まっている。国連の独立専門家であり、北朝鮮における人権問題について調査を行っているトマス・オヘア・キンタナ氏は、今月初めに数名の女性従業員から話を聞いた。女性たちは、中国を発つ際には、韓国に向かっていることを知らなかったと話したという。

    「女性たちのうち数名は、ここに来るとは知らないまま大韓民国に連れてこられた」キンタナ氏は、韓国の正式名称を用いて話した。「自分たちの意思に反して連れてこられたのであれば、犯罪とみなされる可能性もある。韓国政府には、調査の義務があり責任がある」

     以前、韓国メディアは同様の報道をしていた。そこでは、女性数名と、彼女らと一緒に韓国に来たという北朝鮮人男性マネージャーのインタビューが紹介された。

     女性たちが韓国に渡った当時、韓国では、北朝鮮の核開発に対して強硬姿勢を示す保守政党により政権が握られていた。リベラルな文在寅現大統領は北朝鮮との関係を発展させたいと考えているが、女性たちの送還はデリケートな問題のままだ。多くの専門家が、韓国に残ると決めた人々の親戚は北朝鮮政府によっておそらく報復措置を受けることになるだろうと警告する。

     韓国政府の記録によると、朝鮮戦争の休戦以来、政治的、経済的、その他の理由により、31,000人以上が北朝鮮から韓国に逃れてきた。韓国政府はこれまで脱北者を送還したことは一度もないが、一握りの人々は韓国での新しい生活に馴染めず、故郷へ戻ったと報告されている。

     南北朝鮮は通常、国民が国境を越えて親戚を訪問することを、政府の特別許可なしで連絡を取ることを禁止している。しかし2000年以降は、時々開催される離散家族再会事業の下、2万人近い国民が親戚たちと再会し、数日間共に過ごすことを許されてきた。家族再会行事は2015年の実施が最後となっている。

     韓国がより多くの家族再会行事を望む一方で、北朝鮮はあまり積極的ではない。重要な外交戦術の切り札になり得るものを無駄使いしたくないこと、また、外の世界に対する国民の関心が高まることを懸念しているから、と専門家たちは分析する。

    By HYUNG-JIN KIM, Associated Press
    Translated by Mana Ishizuki

    ソース:Newsphere「韓国が拉致した12名を返さなければ……」北朝鮮が韓国に警告
    https://newsphere.jp/world-report/20180725-1/

    引用元: ・【南北韓】 「韓国が拉致した12名を返さなければ……」~北朝鮮が韓国に警告[07/25]

    【【南北韓】 「韓国が拉致した12名を返さなければ……」~北朝鮮が韓国に警告[07/25] 】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2018/07/22(日) 11:10:04.70 ID:CAP_USER
    【平壌7月19日発朝鮮中央通信】最近、国際原子力機関(IAEA)に姿を現せた日本外相の河野がIAEAの事務局長との会談で、日本政府が北朝鮮の核施設を査察するのに必要な初期費用を負担する用意があるだの、IAEAを支援するために核専門家を派遣する問題も考慮しているだのと出まかせにしゃべった。

    19日付の「労働新聞」は署名入りの論評で、河野の言動はそれこそ、自分のやるべきことも知らずに無分別に振る舞う政治奸商の笑止千万な醜態であると糾弾した。

    同紙は、朝鮮半島問題を解決するためのこんにちの出来事的な政治・外交舞台で日本は、何の役割も果たせずにいるとし、次のように強調した。

    日本は、朝鮮半島と近い隣国である。

    しかし、朝鮮にとって日本は歴史的に戦乱と植民地支配の不幸と苦痛だけを被らせてきた白昼強盗であり、特大型の反人倫犯罪で塗られた過去に対する清算を執ように回避する一方、自分らの罪科を美化、粉飾する破廉恥漢であり、敵視政策をしつこく実施して朝鮮を圧殺しようとする千年来の敵である。

    朝日関係を敵対関係につくった責任は、全的に日本にある。

    日本が長期間にわたってわだかまっている朝日敵対関係を解決しようとする勇気がなければ、朝鮮半島問題に割り込む考えを捨てなければならない。

    日本がやるべきことは明白である。

    過去の罪悪から正しく清算すべきである。

    日本が財布をいくら熱心にちらつかせても、国際社会で戦犯、政治いびつと非難を受ける原因がここにある。

    日本がやるべきことは、一にも二にも過去罪悪に対する誠実な謝罪と賠償である。---

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    引用元: ・【北朝鮮】日本がやるべきことは、一にも二にも過去罪悪に対する誠実な謝罪と賠償である[07/19]

    【【北朝鮮】日本がやるべきことは、一にも二にも過去罪悪に対する誠実な謝罪と賠償である[07/19] 】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2018/07/15(日) 12:42:18.90 ID:CAP_USER
    7/15(日) 7:09
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20180715-00089407/

    金正恩氏(板門店合同取材団)

    今年の2度にわたる南北首脳会談で、北朝鮮の金正恩党委員長は韓国の文在寅大統領とがっちりと抱擁し、親近感をアピールした。しかしその裏で、北朝鮮国内では韓国を非難するプロパガンダが行われている。

    咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、今月3日に一般住民を対象にした政治講演会が行われた。テーマは「南朝鮮(韓国)は腐って病んだ社会」というものだ。
    「南朝鮮の社会はすべてがカネに支配されている、富益富・貧益貧社会(格差社会)だ」
    「カネのためなら人をも殺す強盗がはびこる社会、親きょうだいもカネのことで争い、殺し合う社会」

    このところ、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞や国営の朝鮮中央通信は、韓国に対する非難をすっかり手控えている。しかし以前は、毎日のようにこうした論評を発表していた。また、国民が韓流文化に触れるのを極端に警戒しており、拷問などの手段も動員して取り締まっている。
    また、秘密警察の国家保衛省は、韓国在住の脱北者を連れ戻す作戦に力を入れている。
    だから北朝鮮当局が、自国民が韓国への憧れを強めるのを警戒しているのはよくわかっているし、対話の陰でこうしたプロパガンダを繰り広げていると知っても、まったく驚かない。そして、講演を聞かされる国民側は、すっかりあきれ返っている。

    情報筋は「このようなバカバカしい講演会はしばらくなかったが、鉄道など南朝鮮との交流が実現したことを受けて、南朝鮮に対する幻想を持つ人が増えるかもしれないと心配して、あらかじめ対処しているのだろう」だと説明した。当局者はさらに、壇上でこんなことも語った。
    「南朝鮮傀儡一味(韓国政府)は、存在もしないわれわれ(北朝鮮)の人権問題を持ち出し、あたかも自分たちの社会が『万民福祉』『万民平等』であるかのようにでまかせを言って、悪辣なる策動を行っている」

    しかしもはや、北朝鮮国民にこの手のプロパガンダは通じない。
    「南朝鮮についての講演会だからと言うので、最初は熱心に聞いていたが、批判する話ばかりなので、途中からは居眠りする人が続出した。お上が何を言おうと、南朝鮮は豊かな国で、北朝鮮はその助けを得なければならない立場にいることはわかっている。あんな宣伝を信じる人はほとんどいない」(情報筋)

    そもそも、当局者の語る「腐って病んだ社会」は、むしろ北朝鮮に当てはまることだ。
    金正恩党委員長はそのことをよく理解し、こんな無駄な努力で、せっかくの対話の機会に冷や水を浴びせるのは早く止めた方が見のためだろう。

    引用元: ・【南北】「韓国は腐って病んだ社会」北朝鮮が対話の裏でプロバガンダ

    【【南北】「韓国は腐って病んだ社会」北朝鮮が対話の裏でプロバガンダ 】の続きを読む

    このページのトップヘ