まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 軍事

    1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 17:19:36.66 ID:CAP_USER
    中国中央電視台(CCTV)はこのほど、
    中国空軍の主力戦闘機J-11Bとその生産過程と技術についての大規模な報道を行った。
    中国メディアがJ-11B戦闘機を全面的に近距離から外部に伝えるのはこれが初めて。
    no title


    専門家によると、J-11Bは、中国海空軍のスター設備と言える戦闘機で、
    重大ミッションで何度も登場し、中国航空工業もこの機種を通じて製造水準を高めてきた。
    J-11Bは、空軍にとっても、中国の航空工業にとっても、重大な意義を持っている。
    J-11Bについてこれほど立ち入った報道がなされたということは、
    中国空軍がますますオープンな態度を取り、自信を高めているということを側面から示してもいる。

    ■CCTVがJ-11Bの生産過程を暴露

    CCTVは今回、現役の先進戦闘機の製造現場に立ち入っての初の報道を行った。
    映像は全部で11分を超える。

    記者がまず、現場で読み解くという方式で、
    レーダー、光電レーダー、エアインテイク、国産エンジン、搭載兵装の基本的な用途を紹介した。
    その後、炭素繊維復合材料やレーザー積層造形技術(3Dプリンター技術の一種)など
    製造材料と技術についての解説がなされ、最後に瀋陽飛機工業集団の重戦闘機シリーズの展望が示された。

    専門家は、この映像で最も注意を引くのは、3D印刷を行う輸入設備なども映された生産過程だと指摘する。
    またこの番組で明らかにされた最大の情報は、J-11Bがまだ生産を続けているということとも言える。

    客観的に考えて、フェーズドアレイレーダーを備えた
    J-10B/CやJ-16などの戦闘機がすでに部隊に配備され、閲兵を受けている状況下で、
    従来型の機械式スキャンレーダーの搭載されたJ-11Bの技術はすでに遅れていると考えられる。
    また同機は部隊に配備されてすでに長い時間が経っており、
    同機は生産停止に直面していると外部では考えられていた。

    だが今回の番組では、同機がまだ生産されていることが示された。

    メディアが今回、これほど近距離からJ-11Bを扱い、その生産現場と技術を明らかにしたことは、
    この型の戦闘機の技術的な敏感度が低まったことを側面から示している。

    ■米軍機の前で「バレルロール」したスター戦闘機

    CCTVが今回、J-11Bについての大規模な報道を行った重要な原因の一つには、
    同機が海空軍のスター戦闘機であり、海空軍の各種の重大ミッションで幅広く登場しているということが挙げられる。
    同機はこれまで、空軍の開催した一般開放の航空イベントで、
    飛行デモンストレーションや展示を何度も行い、その高い機動性を示してきた。

    海軍のJ-11BHは南中国海方向で国外の軍用機を追い払うのに何度も使われてきた。
    米国の偵察機を「バレルロール」で妨害したと米国にいわれなき非難を受けているのはまさにこの戦闘機だ。

    専門家によると、この時期にJ-11Bの大規模な宣伝がなされ、
    国慶節(建国記念日、10月1日)前に『空天猟』が上映されるのは、
    一方では第19回党大会に捧げる贈り物となり、
    もう一方ではまもなく訪れる第68回空軍設立記念日を祝う措置となると考えられる。

    以下ソース:中国網 2017年9月18日
    http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2017-09/18/content_50019962.htm

    引用元: ・【中国】J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道[09/18] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【設計図盗んででっち上げ】中国空軍の主力戦闘機J-11Bの生産ラインの貴重な映像が明らかに CCTVが大規模報道】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/10(日) 18:38:43.17 ID:CAP_USER
    2017年9月6日、環球時報は社説で高高度防衛ミサイル(THAAD)を配備する韓国に2つの質問を提示した。

    韓国国防部は6日、7日にTHAADの発射車両残り4台の配備を行うことを発表した。記事は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領のTHAADに対する立場は、すでに朴槿恵(パク・クネ)前政権とほとんど変わらない」とした。

    そして、「無数の専門的な分析によって、THAADに北朝鮮のミサイルを近距離で撃ち落とす能力はなく、中国やロシアの戦略ミサイルを監視するうえで有効であることが明らかになっている。そこで韓国人に聞きたいことが2つある。

    1つは、韓国がTHAAD配備によって得る安心感は、中露が失う安心感よりも価値があるものなのかということ。2つ目は、THAAD配備後に米韓が安全になれば中露は北朝鮮への制裁を止めて、正常な往来を回復しても構わないのかということだ」とし、

    「北朝鮮の核ミサイルを抑止するには国際社会の団結が非常に重要だ。しかし、中露の安全を考えないTHAAD配備は、米韓のエゴではないのか」と主張した。

    また、「北朝鮮の問題解決に向け、中国も韓国同様焦っている。中国は制裁強化のために中朝関係の冷え込みという犠牲を払っている。一方、米韓は自らの利益を少したりとも犠牲にしようとしない」とし、

    「THAADは北朝鮮の核兵器同様地域の戦略バランスを乱す毒である。配備が完了すれば韓国は最後の戦略的な自主性を失い、北朝鮮の人質になるばかりか、米国の一番やりとして使われ、中露からは戦略上のターゲットにされる。寺や教会にこもって、ひたすら無事を祈り続けることになるだろう」と批判した。

    記事は最後に「韓国は『にらみ合いの局面から軍事衝突が起きれば、やりを持って騒いでいる場所に真っ先に災難が降りかかる』という道理に注意せよ」と警告している。(翻訳・編集/川尻)

    http://www.recordchina.co.jp/b189846-s0-c10.html

    引用元: ・【中韓】韓国人に答えてほしい2つの質問―中国紙社説[9/10] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【これがコウモリの末路というやつかw】韓国人に答えてほしい2つの質問―中国紙社説】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/28(月) 01:37:42.51 ID:CAP_USER
    26日付韓国経済新聞によると、韓国国税庁は24日、防衛機器大手のハンファグループ傘下の企業から会計・財務関連の資料を押収し、特別財務調査を開始した。

    調査対象はハンファ、ハンファテックウィン、ハンファ地上…

    https://www.nna.jp/news/show/1653788

    引用元: ・【韓国】ハンファに財務調査、防衛産業に打撃か[8/28] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【会計透明度最下位の国だもん】韓国防衛機器大手のハンファに財務調査、防衛産業に打撃か】の続きを読む

    1: ん◆2R.j9FMXMSiE 2017/08/30(水)10:39:35 ID:???

     産経新聞によると、29日朝のミサイル情報は、韓国寄りも日本が速くて正確だったという。
     韓国メディアの聯合ニュースの第一報は6時7分、それも「NHK、『北朝鮮がミサイル発射の
    可能性。日本政府、地域に避難指示」というものだった。
     その後も2回続けてNHKの引用で報道したという。
     韓国の市場では株価が下落したが、韓国の国民からは「日本は大変だ」という声が出たという。

     詳細と続きは産経新聞で。


    >【北ミサイル】
    >韓国メディア、速報はソウルよりも東京頼み 市民は平穏も株価下落
    2017.8.29 20:13 産経新聞【ソウル=名村隆寛】
    http://www.sankei.com/world/news/170829/wor1708290103-n1.html
    http://www.sankei.com/world/news/170829/wor1708290103-n2.html

    引用元: ・【北朝鮮ミサイル】韓国メディア、速報はソウルよりも東京頼み 市民は平穏「日本は大変だ」も株価下落 [H29/8/29]

    【【天気予報も日本頼み】29日朝の北朝鮮ミサイル情報は、韓国よりも日本が速くて正確だった】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/29(火) 11:42:14.30 ID:CAP_USER
    2017年8月28日、韓国・SBSは、北朝鮮が26日未明に打ち上げた飛翔体の分析をめぐり、韓国政府の判断が「右往左往している」と伝えた。

    韓国大統領府は26日午前、飛翔体を北朝鮮の新型300ミリ放射砲(多連装ロケット)と推定したが、韓国軍当局は28日、「短距離弾道ミサイルである可能性が高い」と発表し、大統領府が当初行った分析を覆した。

    一方、米軍は、飛翔体の打ち上げ成否に関し判断が一時混乱したが、その飛行速度が放射砲弾よりもはるかに高速であり、短距離弾道ミサイルの速度に相当する音速の5倍のマッハ5であったことから、当初より弾道ミサイルとの見方を示していた。

    今回の事態について、SBSなど韓国メディアは「軍は今日になってようやく発射体の速度を考慮した」などと政府や軍の対応を批判的に報じているが、大統領府は「分析の初期段階で混乱はあり得る」とし、「放射砲であれ弾道ミサイルであれ、北朝鮮の今回の挑発は低強度であり、政府の対応への影響には差がない」と明らかにしたという。

    この報道に韓国のネットユーザーからは4500を超えるコメントが寄せられており、この問題への関心の高さがうかがえる。

    コメント欄には、「国を守るためにあるのが国防部なのに、政府と国防部が完全に別々に動いている」「大統領府の当初の発表は国防部の情報に基づいているはずだ。国防部の分析が右往左往している」「軍は何をしている?。放射砲とミサイルの区別もできないのか」など、政府と軍に向けた厳しい意見が並んだ。

    また、「これが軍事衛星を持たない韓国の現実」と、韓国の情報収集能力の不足を指摘する声や、「放射砲と信じたかったんだよね」とのコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

    http://www.recordchina.co.jp/b188897-s0-c10.html

    引用元: ・【韓国】北の飛翔体分析を2日たって訂正した韓国「いずれにしても対応は同じ」と釈明=ネット「放射砲とミサイルの区別もできないの?」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こりゃ戦争できんわ】「韓国政府の判断が右往左往している」北の飛翔体分析を2日たって訂正】の続きを読む

    このページのトップヘ