まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

中国

【日本の平和を乱そうとする国】中国人学生「なぜ日本の国民感情は大陸(中国)と台湾に対してこれほど差があるのか」

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/27(木) 15:21:27.79 ID:CAP_USER
日本の「言論NPO」が2005年から毎年実施している日中世論調査は、国民感情の変化を知る上で有益なデータだ。昨秋の発表によると相手国に「良くない印象」を持っていると答えた中国人は76・7%、日本人は91・6%に上る。

「世論調査の結果は毎年刺激的だ。もっとバランスのとれたものに改善できないのか」  

先日、言論NPOなどが北京で開いた今年開催予定のフォーラムに関する記者会見で、中国メディアが調査の手法に“疑問”を呈した。対中世論の厳しさに対する中国当局の戸惑いを反映していたのかもしれない。

工藤泰志代表は「訪日経験のある中国人の対日感情ははるかに良い。そうした面も報道を」と応じた。

たしかにメディアはその性質上、沈黙より喧噪、協調より対立に焦点を当てがちだ。より全体像に近づくために何を伝えるべきか、自問することも多い。

「なぜ日本の国民感情は大陸(中国)と台湾に対してこれほど差があるのか」。以前留学していた北京の大学での講義で、中国人学生が疑問の声を上げた。

この問いへの回答は、日中関係をより広い視野で洞察するヒントになるはずだ。政治的に敏感な問題なのは承知の上だが、日台間の世論だけでも調査対象に追加してもらえないだろうか。

産経 (西見由章)
http://www.sankei.com/world/news/170427/wor1704270012-n1.html

引用元: ・【日中】中国人→日本は76・7%、日本人→中国は91・6%が「良くない印象」…世論調査を考える[4/27] [無断転載禁止]©2ch.net

続きを読む

【崖っ縁なのが良く分かる 】毎日新聞「立役者は、中国政府自身だ 中国GDP、6.9%成長…1~3月期 下げ止まり鮮明」

1: ろこもこ ★@無断転載は禁止 2017/04/17(月) 14:45:01.24 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000028-mai-bus_all

no title

中国のGDP成長率の推移

 【北京・赤間清広】中国国家統計局が17日発表した今年1~3月の国内総生産(GDP)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6.9%増となり、2四半期連続で前の四半期を上回った。中国の経済成長率は2016年に6.7%と26年ぶりの低水準になるなど、減速基調が続いていたが、景気対策の効果で下げ止まりが鮮明になった。

 中国政府は今年の成長率目標を「6.5%前後」に設定している。目標達成に向け、まずは順調なスタートを切った形だ。

 個別指標では、公共投資や企業の設備投資を示す「固定資産投資」が前年同期比9.2%増(16年実績8.1%増)となり、昨年に続き高水準を維持している。内訳を見ると、政府や国有企業による投資が13.6%増(同18.7%増)だったほか、低調だった民間部門も7.7%増(同3.2%増)に改善した。主に国有企業が担っているインフラ投資など政府の景気刺激策が呼び水となり、民間の投資意欲が徐々に改善しつつある。

 工業生産は6.8%増(同6.0%増)と堅調だった。昨年末から輸出の回復傾向も強まっており、企業部門が中国経済をけん引している。

 一方、消費動向を示す社会消費品小売総額は10.0%増(同10.4%増)だった。

 習近平指導部は今秋に予定されている5年に1度の党大会に向け、順調な経済運営をアピールする必要がある。今後もインフラ投資や企業減税など政府主導で経済を支えつつ、企業や個人の景況感改善を促す戦略を続ける見通しだ。

 ◇解説 金融緩和で下支え 「バブル」懸念も

 中国は現在、製造業を中心とした途上国型の産業構造からの脱却を目指す移行期にある。経済運営を誤れば失速のリスクも抱えているだけに、中国経済の下げ止まりの動きが鮮明になったことは、世界経済にとっても朗報と言える。

 下げ止まりの立役者は、中国政府自身だ。大規模なインフラ投資や金融緩和を実施して景気を下支えし、減速基調が続いていた中国経済の流れを変えた。今秋に5年に1度の共産党大会を控える習近平指導部にとって、安定した経済運営の実現は大きな「成果」となる。

 一方で、無理な景気刺激による「副作用」も拡大している。金融緩和で大量のマネーが市場に流れ込み、不動産などの投機をあおる結果となった。バブルがはじければ深刻な金融危機を招きかねない。

 「我が国の経済には際立った矛盾や問題が存在している」。3月に開いた全国人民代表大会(全人代=国会)で李克強首相はこう強調した。経済の失速を防ぎつつ産業の構造改革を進め、同時に金融リスクにも対応する。下げ止まった景気を持続的な成長軌道に乗せるには、複雑な方程式に挑む必要がある。【北京・赤間清広】

引用元: ・【毎日新聞】中国GDP、6.9%成長…1~3月期 下げ止まり鮮明 立役者は、中国政府自身だ[04/17] [無断転載禁止]©2ch.net

続きを読む

【チャイナチス】中国メディア「日本はナチス思想で民衆を洗脳している」

1: のっぺらー ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/23(日) 17:18:37.79 ID:CAP_USER
最近、日本政府の教育政策には急進的見直し傾向が見られる。
ファシズム的教育内容に続けざまにゴーサインを出す日本政府の行動は、
日本の一部右翼政治屋が歴史を大きく逆行させ、かつての戦争の道を再び歩もうとしていることを改めて物語っている。
(文:周永生・外交学院国際関係研究所教授。解放軍報掲載)

日本当局は目的達成のため、国内で世論操作や教科書改訂などの手段を通じて民衆や青少年を「洗脳」している。
右翼人物をメディア指導層に送り込むほか、様々な機会を利用して左翼メディアや進歩的ジャーナリストを弾圧している。
安倍政権は「特定秘密保護法」の成立を強行し、厳格な世論統制を行い、右翼思想が大手を振るようにしている。

安倍氏の様々な動きは、伝統文化の発揚、歴史の理解を名目に掲げているが、国内外で強い懸念と疑問の声が上がっている。
歴史の背景の紹介を名目に、ナチズムの何らかの合理性を形を変えて宣伝することは、
かつての日本軍国主義による対外侵略戦争発動も何らかの合理性を備えていたと示唆するものではないか?
このような思想を基に、忠君愛国を名目に国民を動員して戦争を行い、
再び対外侵略・拡張することが、自然な流れとなるのではないか?

日本軍国主義者が発動した対外侵略戦争は中国及び世界に甚大かつ深刻な惨禍をもたらし、
日本を敗北へと導き、非常に深い歴史の教訓を残した。
日本はこの教訓を深く反省し、汲み取り、正しい歴史観で若い世代を教育し、
ファシズムと軍国主義の思想を完全に一掃し、実際の行動によってアジア近隣国と国際社会の信頼を得るべきだ。
(提供/人民網日本語版・編集NA)

以下ソース:レコードチャイナ 2017年4月23日(日) 16時0分
http://www.recordchina.co.jp/b175998-s10-c10.html

引用元: ・【中国】ナチス思想で民衆を洗脳する日本に警戒―中国専門家[04/23]©2ch.net

続きを読む

【何企んでんだ? 】中国メディア「お茶の起源は中国なのに、なぜ世界の人びとは日本を連想するのか」

1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/24(月)12:08:35 ID:T4P
 「道」という言葉には、人や車などが往来するために整備された所という意味のほかに、芸術・技芸などのそれぞれの分野、
また、その精神真髄という意味がある。
そのため剣道・柔道・空手道など「道」という言葉がつく武術では、実際の技術や身体の鍛錬よりも、
精神面における修養をさらに重要なことと見る。

 日本には武術以外にも道という言葉が付く芸術・技芸が存在するが、中国メディアの今日頭条が18日付で掲載した記事は、
お茶そのものの起源は中国にあるにもかかわらず、「茶道」となると、なぜ世界の人びとは日本を思い浮かべる
のかと疑問を投げかけている。

 記事は「お茶を飲むこと自体はすでに重要なことではない」と指摘し、重要なのはお茶を飲む形式であると指摘。
茶道においては、お茶の色、香り、味、水質、火加減、また、茶道具のほかに、お茶をたてる動作、姿勢、表情など
すべてに厳格な規定があると説明した。
さらに茶室では腕時計をすることは禁じられているうえに時計も存在せず、また、金銭、性、ビジネスを話題に
することは許されておらず、その話題は自然や芸術に限られていると紹介した。

 さらに客人には茶室に入る前に「茶庭」で心を浄めることが求められていると紹介、茶庭に存在する石の1つ1つ、
木の1本1本は「和敬清寂(わけいせいじゃく)」の精神を客人に感じさせるものであり、これによって茶会の雰囲気を
清浄に保つのだと指摘。
お茶そのものの起源は中国にあるにもかかわらず、「茶道」となると、世界の人びとが日本を連想するのは、
「茶を飲む」という行為を体系的に発展させ、「道」の1つに昇華させたのが日本だからだと論じた。

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
http://news.searchina.net/id/1634224?page=1

引用元: ・【サーチナ】お茶の起源は中国なのに! なぜ茶道となると日本を連想するのか [H29/4/24]

続きを読む

【報道できないんだっけ?】中国のサイバー攻撃は「全日本企業」が標的だ [H29/4/25]

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/25(火)19:37:08 ID:???
中国のサイバー攻撃は「全日本企業」が標的だ
狙いは「知財」だけではなかった
山田 敏弘 :国際ジャーナリスト

2016年、日本は1281億回ものサイバー攻撃を国外から受けました(国立研究開発法人・情報通信研究機構の調査より)。
これは2015年から倍増しており、そのなかでも中国からの攻撃が急増しています。

ただ、そのような話を耳にしても、日本企業の多くはあまりピンとこないのではないでしょうか。

日本国内で「中国からのサイバー攻撃」というと、少し前に注目を集めたアパホテルのように、中国の怒りを買ったことによる
愛国的攻撃の印象が強いため、中国と特につながりがない企業の場合、自分たちがターゲットになることはないと思い込みがちです。

一方で、中国が日本企業の知的財産を盗むための標的型サイバー攻撃を行っている、というのもよく報じられている話ではありますが、
こちらに関しても、「うちなんか狙ってもなんの役にも立たないだろ」と高をくくっている企業が少なくありません。

つまり、大多数の日本企業にとって、「中国からのサイバー攻撃」は自分たちとは直接的には関係のない「かなり遠くにある危機」
というイメージとなっているのです。しかし、最近上梓した『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)でも
まとめている通り、米中露のサイバー戦争の実態を追い続けている立場から言わせていただくと、その認識は誤りです。

ロシアのセキュリティ会社・カスペルスキーが、日本は政府機関や金融機関だけではなく、工場、医療、食品、メディアなどあらゆる
組織が標的になっていると報告しているように、中国が狙っているのは「知財」を有する企業だけではありません。

一見すると、「いったい何の役に立つのだろう」とこちらが首を傾げるような情報を、サイバー攻撃によって盗み出しているのです。

続き 東洋経済オンライン 全3ページ
http://toyokeizai.net/articles/-/168280


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 69◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492688096/176

引用元: ・【東洋経済】中国のサイバー攻撃は「全日本企業」が標的だ [H29/4/25]

続きを読む
「まとめ 韓国・中国のニュースと日本人の反応」 「まぜるな!キケン!!速報」 つぶやいています。 フォローよろしくお願いします。
ギャラリー
  • 【腰抜けばかりなんだな】東亜日報(韓国語) 「韓国併合条約、日本がでたらめ文書で押し通して」
  • 【もう出番はない】中国市場での韓国車販売台数急減、52.66%減
  • 【もう出番はない】中国市場での韓国車販売台数急減、52.66%減
  • 【取材せず妄想と願望で記事】韓国人東京特派員「証言が証拠。日王のために朝鮮人を強制動員した現場、松代大本営…慰安所まで設置して朝鮮人女性働かせる 」
  • 【取材せず妄想と願望で記事】韓国人東京特派員「証言が証拠。日王のために朝鮮人を強制動員した現場、松代大本営…慰安所まで設置して朝鮮人女性働かせる 」
  • 【権利ばかり主張】ソウルの中心部、違法テントが占領状態(写真)
  • 【自殺者多数出る】韓国の勤労者、68%は個人年金未加入。 中途解約も増えて
  • 【無理はない】韓国の子どもたちが感じる幸福感は世界最下位レベル
  • 【一位なのは誇らしい】民主労総・韓国労総など「2017年最悪の殺人企業」に現代重工業を選 死亡事件発生企業第1位
アクセスランキング
相互RSS