まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 中国

    《 
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/05/04(金) 19:49:03.82 9
    中国でマルクス生誕200年大会
    共産党の正統性強調
    2018/5/4 19:465/4 19:47updated
    ©一般社団法人共同通信社

    (写真)
    北京の人民大会堂で開かれたマルクスの生誕200年の記念大会。前列右から2人目は中国の習近平国家主席=4日(共同)


     【北京共同】中国は北京の人民大会堂で4日、共産主義理論の創始者、マルクスの生誕200年となる5日を前に記念大会を開いた。習近平国家主席が演説し
    「(中国共産党は)中国の人民を引っ張り、人類の奇跡をつくるマルクス主義政党」だと述べた。共産党支配の正統性や、習氏自身の思想の権威付けを図る狙いだ。


    ここまで一部引用、続きは記事ソースをご覧ください。

    引用元: ・中国でマルクス生誕200年大会 共産党の正統性強調


    https://this.kiji.is/365086158352483425

    【中国でマルクス生誕200年大会 共産党の正統性強調 】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/05/08(火) 02:00:37.55 ID:CAP_USER9
    ※たまたまスレです

    【上海時事】米政府の制裁で経営危機に直面している中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)が、中国国内でスマートフォンのインターネット通販を停止したことが7日、明らかになった。

    自社運営サイトのほか、中国電子商取引(EC)最大手、阿里巴巴(アリババ)集団のECサイト「天猫(Tモール)」でも、ZTE公式サイトは「更新中」の状態。スマホなどすべての情報端末が購入できなくなった。

    中国ニュースサイト、新浪新聞によると、ZTEは米グーグルの携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」の更新サービスの提供も打ち切ったという。

    (2018/05/07-14:46)
    時事ドットコム
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2018050700612&g=int

    引用元: ・【中国】中国通信機器大手ZTE、スマホ通販停止 公式サイトが利用不能に 米政府の制裁で経営危機

    【【中国】中国通信機器大手ZTE、スマホ通販停止 公式サイトが利用不能に 米政府の制裁で経営危機 】の続きを読む

    1: LingLing ★ 2018/04/20(金) 22:44:05.46 ID:CAP_USER
    ■中国、日本から尖閣奪取に「短期戦争」計画 2020年からの10年の間に=米シンクタンク
    no title

    2011年、尖閣諸島周辺を巡航する航空自衛隊の哨戒機P3-C(Japan Pool/AFP/Getty Images)

    アジア安全保障などに関する研究を行う米シンクタンクが発表した新報告書によると、中国共産党政権が日本の尖閣諸島に軍事侵攻するのは、もはや「時間の問題」だという。報告書は中国軍や政府高官らの声明に基づいて、軍事侵攻が2020年から2030年の間に行われ、「懸念される10年」と警告した。

    ワシントン拠点のシンクタンク「プロジェクト2049」研究所がこのたび発表した報告書『白い艦隊と小さな青い男たち(White Warships and Little Blue Men=軍艦でない海警船と、兵士ではない民兵となった漁船員)』は、中国公安の辺防海警部(海洋警備隊)と中国海軍の動きについて分析した。

    報告書の著者は、退役米軍将校で、かつて米太平洋艦隊の情報戦部門を統括していたジェームス・ファネル(James E.Fanell)氏と東南アジア情勢に詳しい米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)のケリー・ガーシャネック(Kerry K.Gershaneck)上級参与。

    両氏は、中国政府が2020年から2030年の間に尖閣を侵攻するとの証拠に、軍部や政府の高官による声明や、海軍の大規模編成を挙げた。「共産党政権取得100周年の2049年は一つの節目。2030年からは約20年の時間がある。20年間も経てば、国際社会からの非難が弱まるだろう」と報告書は尖閣侵攻のタイミングを分析する。

    中国海軍の尹卓・少将は2013年1月、北京テレビの番組に出演した際、中国海軍が日本の尖閣諸島を奪取するため「短期戦争」を計画していることを明らかにした。また、実際の戦闘は非常に短く、数時間で終了する可能性もある、と少将は述べた。

    ・尖閣諸島「領土の放棄」か「防衛」 選択迫られる日本

    報告によると、スカボロー礁と同じように、中国当局は尖閣諸島の実効支配を計画している。中国国家海洋局は2012年9月3日、中国の漁師たちを「守る」ために、スカボロー礁・西沙諸島・尖閣諸島の周辺海域を「海域動態監視観測管理システム」の範囲内に組み込み、人工衛星や航空機で遠隔監視している。事実上、スカボロー礁を支配下に置いた。

    スカボロー礁は、フィリピンの排他的経済水域 (EEZ) 内に位置するが、戦略的要所として中国も主権を主張している。フィリピン当局は1998年、領海侵犯したとして中国漁船を拿捕したり、拘束するなど、両国では対立感情が高まっていた。

    尖閣侵攻は同じシナリオで実行されると報告書は分析した。作戦は「白い艦隊」と「小さな青い男たち」によって実施される。「白い艦隊」とは正規の軍艦ではない海警船、「青い男」とは海上民兵と認識されている漁師のこと。報告書は中国海警船が近年、尖閣諸島付近で頻繁に活動しているため、「漁師が先行し、海警が護衛する」作戦で尖閣諸島を支配下に置く可能性が高いと指摘した。

    この際の日本政府の対応は、尖閣の領土を放棄するか、侵攻に対抗して防衛するかの二択だとした。(>>2以降につづく)

    ソース 大紀元
    http://www.epochtimes.jp/2018/04/32571.html

    引用元: ・【中国】 日本から尖閣奪取に「短期戦争」計画 2020年からの10年の間に=米シンクタンク[04/20]

    【【中国】 日本から尖閣奪取に「短期戦争」計画 2020年からの10年の間に=米シンクタンク[04/20] 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/03/06(火) 18:36:04.41 9
    Record china配信日時:2018年3月6日(火) 12時50分


    中国経済が水不足、「ウオーター・クライシス」に直面している。水不足がもたらす経済的、社会的、政治的危機は人口男女比や債務膨張などの問題よりもさらに深刻だという。写真は中国の農村。


    2018年3月2日、英紙フィナンシャル・タイムズによると、中国経済が水不足、「ウオーター・クライシス」に直面している。水不足がもたらす経済的、社会的、政治的危機は人口男女比や債務膨張などの問題よりもさらに深刻だという。

    国際的な基準では、国・地域で1人当たりの年間に使用可能な水資源量が1700立方メートルを下回ると「水ストレス」の状態となり、500立方メートルを下回ると「絶対的水欠乏」と見なされる。ここには歯磨きに使う水から原子力発電所に使われる水まですべてが含まれる。

    記事によると、現在の中国では、1人当たりが年間に使用可能な平均水資源量は2000立方メートル。しかし、その8割は南部にあるそうだ。
    北部の8省が深刻な水資源不足に陥っており、さらに4省の水資源は不足しているという。しかもそれらの省は農業生産や発電、工業生産などで全国的に極めて重要な存在でもあるという。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    http://www.recordchina.co.jp/b227649-s0-c20.html

    引用元: ・中国経済が深刻な「ウオーター・クライシス」に直面、その影響は世界規模に―英紙

    【中国経済が深刻な「ウオーター・クライシス」に直面、その影響は世界規模に―英紙 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2018/03/09(金) 19:18:50.82 9
    北京=福田直之2018年3月9日18時49分
    (写真)
    記者会見に臨む中国人民銀行の周小川総裁=9日、福田直之撮影


     中国人民銀行(中央銀行)の周小川総裁は9日、ビットコインなど仮想通貨を「広まれば消費者に大きな悪影響が出るかもしれないし、
    金融の安定や金融政策に不測の事態を引き起こしかねない」と強く批判した。中国の金融当局は昨年、仮想通貨を使った資金集めや、仮想通貨と人民元との交換を取り締まった。

     全国人民代表大会(全人代、国会に当たる)の記者会見で述べた。仮想通貨は急速に値上がりし、もうけた投資家が相次いだため、
    さらなる投機を呼んでいる。周氏はこの風潮に「一夜にして大金持ちになる幻想を抱かせるのはよくない」と苦言を呈した。
     銀行、証券、保険の三つに分かれ、非効率な現在の中国の金融監督体制については「空白があり、
    できる限り早く塞がなければならない」と強調。全人代の機構改革で監督体制の刷新を図ることを明らかにした。
     一方、大きな問題になってきた「シャドーバンキング(影の銀行)」などの金融リスクは、「徐々に低下しているのは明確だ」との楽観的な見方を示した。
     周氏は2002年から総裁を務めており、今回の全人代で退任するとみられている。(北京=福田直之)

    https://www.asahi.com/amp/articles/ASL395GZ6L39UHBI027.html

    引用元: ・中国中央銀総裁、仮想通貨を強く批判 「幻想抱かせる」

    【中国中央銀総裁、仮想通貨を強く批判 「幻想抱かせる」 】の続きを読む

    このページのトップヘ