まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 犯罪

    1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/06/06(火) 19:45:48.59 ID:CAP_USER
     脱北者の新しい定着地として人気が高かったカナダと英国で過去数年間、難民の地位をみとめられる脱北者が急激に減ったと米国の声(VOA)放送が6日、報道した。

     同メディアはこの日、カナダ移民難民局が提供した資料を引用し、2008年脱北者7人がカナダで難民と認定された。その後、その数が着実に増加し2011年に115人、2012年218人を集計されたと伝えた。

     しかしその後、難民認定脱北者数は2013年13人、2014年1人、2015年2人と急激に減り、昨年は1人もいなかったことがわかった。

     これに対してカナダの脱北者団体であるカナダ脱北人総連合会のキム・ロクボン会長は「2010年以降、カナダに定着する脱北者が急増するとカナダ政府が身元把握に乗り出した結果」と述べた。

     韓国国籍者はカナダに難民申請をするのが難しいが、ほとんどの脱北者が韓国に定着していた事実を隠して虚偽の陳述をしたことが問題となったと説明した。
     英国も同様だ。英国は2014年第4四半期以降、ことし第1四半期まで1人の脱北者も難民として受け入れていない。2007年にはその数が204人、2008年には279人だった。

     英国に本部を置く脱北者団体である国際脱北民連帯のキム・チュイル事務総長は「(英国が)北朝鮮難民を引き続き受け入れているが、韓国を経由してきた脱北者に限っては、徹底した調査をするという立場」と説明した。
    WoW!Korea
    2017年6月6日10時59分
    http://www.wowkorea.jp/news/korea/2017/0606/10191430.html

    引用元: ・【脱北者】カナダ・英国の脱北者“難民認定”急減…審査強化の余波[06/06] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【嘘吐きばかり】脱北者の難民認定、ほとんどが虚偽の陳述で審査強化】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/25(火)19:37:08 ID:???
    中国のサイバー攻撃は「全日本企業」が標的だ
    狙いは「知財」だけではなかった
    山田 敏弘 :国際ジャーナリスト

    2016年、日本は1281億回ものサイバー攻撃を国外から受けました(国立研究開発法人・情報通信研究機構の調査より)。
    これは2015年から倍増しており、そのなかでも中国からの攻撃が急増しています。

    ただ、そのような話を耳にしても、日本企業の多くはあまりピンとこないのではないでしょうか。

    日本国内で「中国からのサイバー攻撃」というと、少し前に注目を集めたアパホテルのように、中国の怒りを買ったことによる
    愛国的攻撃の印象が強いため、中国と特につながりがない企業の場合、自分たちがターゲットになることはないと思い込みがちです。

    一方で、中国が日本企業の知的財産を盗むための標的型サイバー攻撃を行っている、というのもよく報じられている話ではありますが、
    こちらに関しても、「うちなんか狙ってもなんの役にも立たないだろ」と高をくくっている企業が少なくありません。

    つまり、大多数の日本企業にとって、「中国からのサイバー攻撃」は自分たちとは直接的には関係のない「かなり遠くにある危機」
    というイメージとなっているのです。しかし、最近上梓した『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文藝春秋)でも
    まとめている通り、米中露のサイバー戦争の実態を追い続けている立場から言わせていただくと、その認識は誤りです。

    ロシアのセキュリティ会社・カスペルスキーが、日本は政府機関や金融機関だけではなく、工場、医療、食品、メディアなどあらゆる
    組織が標的になっていると報告しているように、中国が狙っているのは「知財」を有する企業だけではありません。

    一見すると、「いったい何の役に立つのだろう」とこちらが首を傾げるような情報を、サイバー攻撃によって盗み出しているのです。

    続き 東洋経済オンライン 全3ページ
    http://toyokeizai.net/articles/-/168280


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 69◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492688096/176

    引用元: ・【東洋経済】中国のサイバー攻撃は「全日本企業」が標的だ [H29/4/25]

    【【報道できないんだっけ?】中国のサイバー攻撃は「全日本企業」が標的だ [H29/4/25]】の続きを読む

    1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/23(日)18:26:21 ID:hn5
    画像/no title


    3時間
    崔碩栄? @Che_SYoung
    報道への圧力。

    昨日韓国某リベラル紙の記者二人が飲み会で口論から殴り合いの喧嘩に。
    結局一人死亡、一人は過失致死で拘束との話がsnsに広がる。
    それに同じ新聞社の人が送ったと見られる「お願い」のメッセージが公開される
    ?「言論界の仲間としてこの事件の報道は自粛してほしい」

    2時間
    CatNA? @CatNewsAgency
    「昨日、韓国某リベラル紙の記者二人が飲み会で口論から殴り合いの喧嘩に。結局一人死亡、一人は過失致死で拘束」→日本左翼の内ゲバみたいですね。ハンギョレですか?

    2時間
    崔碩栄? @Che_SYoung
    わかりません。ただ、偶然かも知れませんが、ハンギョレの記者一人の訃告記事は今日出てますね

    2時間
    CatNA? @CatNewsAgency
    ははは、確定でしょう。(笑)
    左翼の内ゲバ。

    崔碩栄? @Che_SYoung
    返信先: @CatNewsAgencyさん
    わかりません。ただ、偶然かも知れませんが、ハンギョレの記者一人の訃告記事は今日出てますね
    (´- `*)


    崔碩栄? @Che_SYoung

    返信先: @CatNewsAgencyさん
    確定ですね。

    韓国の代表的なリベラル紙ハンギョレ新聞。朝2時頃の飲み会で幹部二人が喧嘩になり、国際部長(46)が文化部局長(53)を暴行致死。

    '業務上' 過失致死?
    no title

    https://mobile.twitter.com/che_syoung/status/856014279161462784

    引用元: ・【ハンギョレ新聞/twitter】韓国の代表的なリベラル紙ハンギョレ新聞。朝2時頃の飲み会で幹部二人が喧嘩になり、国際部長(46)が文化部局長(53)を暴行致死。[H29/4/23]

    【【安定の内ゲバ】韓国人記者二人、飲み会で喧嘩になり暴行致死】の続きを読む

    1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/12/28(水) 07:27:52.47 ID:CAP_USER
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161228/Recordchina_20161228008.html

    2016年12月25日、韓国・ニューシスによると、フィリピンで韓国人を対象にした凶悪犯罪が後を絶たない。フィリピンで殺害された韓国人の数は今年だけで8人に上る。行方不明になった人や誘拐された人の数を含めると、凶悪犯罪により犠牲となった被害者の数はさらに多くなるとみられている。

    フィリピンポラック市で今月初め、刃物で殺害された30代の韓国人男性が発見された。男性は事業を始めるため、殺害される数日前にフィリピンに入国していた。また、10月には韓国人3人がパンパンガ州にあるサトウキビ畑で頭を銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。さらに、10月にフィリピンで事業をしていた別の50代の韓国人男性が何者かに拉致され、行方不明になっていたことも最近明らかとなった。フィリピンで殺害された韓国人の数は、2013年は12人、14年は10人、15年は11人と2桁を記録し続けている。

    フィリピンで凶悪事件が頻繁に発生する最大の理由としては「現地の劣悪な治安状況」が挙げられる。不法な銃器の流通と請負犯罪が蔓延するフィリピンでは、100万ウォン(約9万7000円)ほどで請負殺人が可能だ。現地で事業を行い、利害関係がある長期滞在者が請負殺人の対象になっている傾向があり、一般の観光客が殺害されるケースは少ないという。

    また、韓国で犯罪を起こした暴力団がフィリピンへ行き、2次犯罪を起こすケースが多いことも、韓国人の被害が増えている理由とみられている。

    これを受け、韓国政府は韓国人が集まる地域に監視カメラが設置されるよう支援するなど、韓国人の被害を減らすための対策に乗り出した。犯罪の標的にならないよう、危険な地域への訪問を自制したり、財力をアピールするような行動を控えるなど、現地に住む韓国人の自主的な努力が必要と指摘する声も出ている。

    韓国政府当局者は「現地警察と緊密な協力をしているが、フィリピンに住む韓国人を対象とする犯罪は後を絶たない」とし、「繁華街や賭博場が集まる地域では特に身の安全に注意を払ってほしい」と呼び掛けた。

    これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

    「大使館に問題がある。韓国の大使館は自国民に興味がない。たとえ殺害されても…」
    「海外では外国人よりむしろ韓国人の方が恐ろしい」
    「韓国人を最も多く殺しているのは韓国人」
    「外国で韓国人が親切に声を掛けてきたら絶対に無視するべき。誘拐されてしまう」

    「航空機内で暴れたり、外交官が現地の少女にセクハラをしたり…。海外で問題を起こす韓国人にも責任があるのでは?」
    「フィリピンは韓国人にとっては地獄のような国。死にたくないなら行くな」
    「正直、東南アジア人を見下している韓国人は多い。現地人らはそんな韓国人を傲慢(ごうまん)だと感じているのだろう」

    「フィリピンの道路で危険な運転をし、無意味にクラクションを鳴らしているのは100%韓国人。フィリピンの人たちはみんな穏やかで静かなのに…」
    「女にモテようと金自慢をするから犯罪に巻き込まれる」
    「潘基文国連事務総長はこういう問題を解決できないの?」

    引用元: ・【国際】なぜ?フィリピンで凶悪犯罪の標的になる韓国人=韓国ネット「韓国人にも問題が?」「死にたくないなら行くな」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【【被害者というより、むしろ加害者】なぜ?フィリピンで凶悪犯罪の標的になる韓国人】の続きを読む

    1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/10/05(水) 10:07:46.64 ID:CAP_USER
    イスラエル製の装備10台を独島・鬱陵島などに配備、調べてみたら旧式
    当初購入しようとしていた最新型より衝撃に弱く、夜間探知能力に劣る
    性能報告書も無資格の業者が作成
    「だまされて買ったことも分かっていなかった警察庁」

     韓国警察が夜間に海岸を監視・偵察するため、33億ウォン(現在のレートで約3億500万円。以下同じ)の予算を投じて配備した熱映像監視装置が、当初購入しようとしていた最新型の製品ではなく旧型のモデルで、性能検査報告書も無資格の業者が作成したでたらめなものという疑惑が持ち上がった。また韓国警察庁は、今回の国政監査で国会議員の指摘を受けるまで、こうした事実を全く把握できていなかったことが判明した。今年7月に韓国軍で、熱映像監視装置を含む海岸監視装置納品不正の疑いにより現役将校や軍務員(軍人以外の公務員)など9人が身柄を拘束されたのに続き、警察でも納品不正疑惑が持ち上がったのだ。

     熱映像監視装置とは、赤外線を利用して、明かりがない場所でも人や物の位置・動きを見ることができる装置のこと。韓国警察は現在、各地の沿岸部や島で計31台を配備・運用している。

     韓国の野党「国民の党」に所属する李容鎬(イ・ヨンホ)議員は4日「警察庁から提出を受けた熱映像装置関連の資料を専門家と共に分析した結果、2012年以降イスラエルの企業から納品を受けた装置10台、33億ウォン分について、警察庁が当初要求していた規格に合わないものであることが明らかになった」「警察は、購入要請書で最新型の製品を要請したが、実際に納品された製品は最新型ではなく、前のバージョンに属する旧型の装置だった。現在警察が配備している装置は、もともと買おうとしていた最新型の装置に比べて浸水や衝撃、温度変化などに弱く、夜間に物体を探知する際の精度も劣るなど、規格に合わない製品」と発表した。この10台の装置は現在、済州島と独島(日本名:竹島)、鬱陵島、可居島の計4カ所に配備されている。

     これらの装置の機能を点検するため作成された試験成績書も、資格がない機関が作成したもので、試験の手続きもきちんと守っていないことが判明した。検証試験報告書は、米国の国防規格を認証できる資格を持つ第三の機関が遂行すべきこととなっていたが、警察が受け取った報告書は、資格がない第三のメーカーが独自に作成したものだった。また、この装置をテストする際には、熱映像カメラとレーザー測距装置、昼間カメラの3点を1セットにまとめ、同時にきちんと作動するかどうか検証すべきこととなっていたが、警察が受け取った報告書はこうした規定を無視し、各部位を個別に検証したものになっている。

     李議員は「警察は、これらの装置が、自分たちの要求した規格に合わないことはもちろん、報告書自体がでたらめという事実すら全くつかんでいなかった。今後もおよそ40億ウォン(約3億7000万円)を投じ、さらにおよそ20台の装置を入れ替える予定の事業なのに、警察庁は『警察内部に専門家がいないので答弁が難しい』という弁明を繰り返すばかり」と語った。これに対し警察庁の関係者は「購入当時、国防部(省に相当)の専門家を招いて研修を受けた後、装置を購入した。装置購入のプロセスに問題があったという議員室の指摘に基づき、真相を調べているところ」とコメントした。

    権承俊(クォン・スンジュン)記者

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/05/2016100501044.html
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/10/05/2016100501044_2.html

    引用元: ・【韓国】韓国警察が3億円かけた沿岸監視装備に納品不正疑惑 イスラエル製の装備10台を独島・鬱陵島などに配備、調べてみたら旧式[10/05] [無断転載禁止]©2ch.net

    【【こんなんばっかw】韓国警察が3億円かけた沿岸監視装備に納品不正疑惑 イスラエル製の装備10台を独島・鬱陵島などに配備、調べてみたら旧式[10/05] [無断転載禁止]©2ch.net 】の続きを読む

    このページのトップヘ