まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 社会

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/15(木)20:28:42 ID:???
    銅雀(トンジャク)大橋南端水上構造物、外壁破損で一部浸水


    ソウル瑞草区(ソチョグ)銅雀(トンジャク)大橋南端水上構造物である『ピア(PIER)39』外壁に穴があけられて1mほど沈む事故が発生した。

    消防当局は15日午前10時14分ピア39が傾いているという申告を受けて出動、構造物左側床に穴があけられて水が漏れて入ってきて本体が2.8度程度傾いたのを確認して応急的に穴をふさいだ。

    ピア39は横50m、縦23mパージ船形態の3階水上構造物でボート係留場、事務室、宴会場などで使われるが法的紛争にまきこまれて3年前から休業状態だ。

    事故当時ピア39の中には人がいなくて人命被害はないと確認された。

    この構造物下段部は水に浮かび上がれるように広さ6㎡、高さ1.8mの隔室24個でなされているが消防当局は左側の前隔室が破損したせいで川の水が入ってきたと推定している。

    構造物が傾いて一時甲板面積の半分近くが水に浸った。

    当局は午前11時33分、ソウル消防災難本部特殊救助団潜水要員6人を投じて隔室に中から穴をふさいで1時間の間分当り45tずつ水を汲み出す作業を進めた。

    現在の水上構造物は事故前と同様水の上に浮いている状態だ。

    消防当局関係者は「船と連結された上水道管から問題が発生して水が徐々に入ってきてそばにある電気線流入口で2次流入が発生して構造物があっという間に傾いたと推定される」と説明した。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051512464421950.htm

    引用元: ・【韓国】銅雀大橋南端水上構造物、外壁破損で一部浸水(ソウル)[05/15]

    【【韓国】銅雀大橋南端水上構造物、外壁破損で一部浸水(ソウル)[05/15]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/15(木)13:58:46 ID:???
    清州(チョンジュ)サッカーパーク遺骨420余体発見『ビニールに一体ずつきちんと包まれて…』衝撃


    no title

    『清州遺骨』

    忠清北道(チュンチョンブクド)清州(チョンジュ)サッカーパーク工事現場から遺骨が発見された。

    清州市(チョンジュシ)と清州(チョンジュ)興徳(フンドク)警察署は13日午後3時頃、清州市(チョンジュシ)興徳区(フンドク)休岩洞(ヒュアムドン)の興徳(フンドク)地区サッカーパーク建設現場で420余体の遺骨が発見されたと14日明らかにした。

    現場から発見された遺骨は1体ずつビニールに包まれたまま地面に埋まっていて掘削機で土を掘りおこした作業員たちによって発見された。

    清州市(チョンジュシ)はこの遺骨が去る1994年から1997年の間に興徳区(フンドク)修谷洞(スゴクトン)山南2地区開発事業を推進する過程で無縁故墓から出たものなどを移葬したものと把握中だ。

    遺骨が発見されたサッカーパーク建設現場一帯には過去共同墓地があり清州市(チョンジュシ)は昨年こちらにあった墓200個余りを移葬した後工事に入った。

    市関係者は「サッカーパークを造成しながら土の墓がある墓地は全部移葬するようにしたし発見された遺骨は無縁故墳墓を一度に移葬したのが残っていたものと把握している」として「関連法律により処理手続きを踏むことになるだろう」と話した。

    (略)

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051513195421950.htm

    引用元: ・【韓国】『ビニールに一体ずつきちんと包まれて…』~サッカーパーク造成中に420体の遺骨が掘り出される(清州)[05/15]

    【【韓国】『ビニールに一体ずつきちんと包まれて…』~サッカーパーク造成中に420体の遺骨が掘り出される(清州)[05/15]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/15(木)13:27:23 ID:???
    順天(スンチョン)で建物撤去作業中一部崩壊…人命被害なくて


    14日午前10時5分頃、全南(チョンナム)順天市(スンチョンシ)将川洞(チャンチョンドン)で5階建物解体作業途中、残骸の一部が崩れる事故が発生した。

    この事故で建物から崩れ出たレンガなど破片の一部が歩道と道路に落ちて粉塵を防ぐ設備である幕構造物が20度程度傾いた。

    事故当時現場では作業員10人余りが作業中だったが幸い人命被害は発生しなかった。

    事故がおきるとすぐに現場関係者たちはクレーンで傾いた幕を固定して安全措置を取った。

    この日事故は5階建物の撤去作業をする途中、壁面の一部レンガなどが落ちて粉塵防止設備を襲って起きた。

    事故がおきた建物は40余年になった地下1階、地上5階規模の建物で最近順天(スンチョン)商工会議所が買いとって公営駐車場を建設しようと撤去作業を進行中だった。

    順天(スンチョン)商工会議所のある関係者は「該当建物が40年もなる古い建物なので思ったより鉄筋が少なくてレンガが幕に向かって倒壊したようだ」と話した。

    警察と消防当局は事故現場を規制して収拾する一方、建物解体作業過程で安全規則遵守違反などがなかったのかなどを調査している。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051415514621980.htm

    ▽関連記事
    【韓国】街路樹の道で解体中のエーランド建物崩壊(ソウル)[05/10]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399716042/

    引用元: ・【韓国】建物撤去作業中に一部壁面が崩壊、歩道と道路塞ぐ(順天)[05/14]

    【【韓国】建物撤去作業中に一部壁面が崩壊、歩道と道路塞ぐ(順天)[05/14]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/13(火)15:59:27 ID:???
    「異物のために…」電車出入り口事故相次いで


    13日午前8時24分頃、ソウル地下鉄4号線吉音(キルム)駅から烏耳島(オイド)方面で出発しようとしていた電車の10番目の出入り口が閉じられない事故が発生した。

    これにより出勤途中の乗客500~600人が下車して後に入ってきた電車に乗る不便を体験した。

    ソウルメトロ側は「該当電車出入り口に異物が挟まったようだ」として「車両を移動して電車を点検した後、忠武路(チュンムロ)駅から運行を再開した」と話した。

    前日午後10時50分頃、ソウル地下鉄6号線石渓(ソクケ)駅でも烽火山(ポンファサン)方面に出発しようとしていた電車の出入り口が閉じられなくて乗客100人余りが下車した。

    都市鉄道公社が事故原因を調査した結果、八番目の車両出入り口にささっていたアイスクリーム棒のためと明らかになった。

    都市鉄道公社側は「乗客がいたずらしてアイスクリームの棒を隙間に入れたようだ」としながら乗客の協力を頼んだ。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051309365621950.htm

    引用元: ・【韓国】電車の出入り口に異物挿入される事故相次ぐ(ソウル)[05/13]

    【【韓国】電車の出入り口に異物挿入される事故相次ぐ(ソウル)[05/13]】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/13(火)14:43:58 ID:???
    家庭内暴力に勝てず夫殺害…裁判所「正当防衛認定できない」
    「離婚や申告に抜け出せたのに生命侵害」


    続く家庭内暴力に絶えられなくて夫を殺害した妻に正当防衛を認定できないという裁判所の判断が出てきた。

    ソウル北部地方裁判所刑事13部(イ・ヒョド部長判事)は夫Aさんをひもで首を絞めて殺害した疑惑(殺人)で起訴された妻B(49)さんに懲役2年を宣告したと13日明らかにした。

    判決文であらわれたBさんの結婚生活は暴力で汚されていた。

    Aさんは結婚直後から夫人に暴力をおこなった。

    彼は昨年9月事件発生3日前には專貰を家賃に回して娘の塾費を用意したという理由で妻の首をしめて命を失うところにさせた。実家の家族に危害を加えるという威嚇もはばからなかった。

    このためにBさんは犯行当時うつ病などに陥って事物を弁別したり意志を決める能力まで弱くなった状態だったことから調査された。

    Bさんの弁護人は法廷で「夫から深刻な水準の家庭内暴力を持続的に受けて来て、さらに続く心配があった」として正当防衛を主張した。

    だが裁判所の判断は違った。

    裁判所はBさんが深刻な家庭内暴力に苦しめられてきた点に対してはうなずいた。このような暴力が繰り返される心配があるならば犯行当時正当防衛の要件である『現在の不当な侵害』を認める余地もあると見た。

    だが、裁判所は「Bさんは夫を殺害する前に離婚したり家庭内暴力を申告することによってこのような状況から抜け出すことができたと見える」として「このような措置をしないでどんな価値より高貴で尊厳な人間の生命という法益を侵害した」と判示して実刑を宣告した。

    裁判所は「Bさんが犯行後捜査機関に自首した点、子供が善処を訴える点、犯行に対して反省する点などを参酌した」と量刑理由を説明した。

    韓国日報(韓国語)
    http://news.hankooki.com/lpage/society/201405/h2014051310321822000.htm

    引用元: ・【韓国】家庭内暴力に勝てず夫殺害…裁判所「正当防衛と認定できない」[05/13]

    【【韓国】家庭内暴力に勝てず夫殺害…裁判所「正当防衛と認定できない」[05/13]】の続きを読む

    このページのトップヘ