まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 社会

    1: まぜるな!キケン!! 2021/08/20(金) 10:39:23.61 ID:CAP_USER
    少子高齢化で韓国の人口が持続的に減少し、50年後である2067年には3689万人、100年後である2117年には1510万人に過ぎないだろう予想されている。100年後の人口推計は今回が初めてだ。監査院は、統計庁資料などを分析して最近まとめた「少子高齢化監査結果報告書」で合計特殊出生率0.98人(2018年全国合計特殊出生率)と中位水準の社会的移動が続くと仮定してこのように分析した。

    19日、これによると、ソウルの人口は2017年977万人で50年後には64%水準である629万人、100年後には27%水準である262万人で4分の1になると推計された。地方の人口減少はさらに激しい。

    2017年229市・郡・区の中で83カ所となる消滅危険地域が2047年にはすべての市・郡・区に拡大する。この中で高危険地域が157カ所に達する。2067・2117年には高危険地域が216・221カ所に拡大した。100年後には全国のほとんどの都市が高齢人口に比べて妊娠可能な女性の割合が0.2にも及ばない消滅高危険に置かれるということだ。

    ソウルは2047年には鍾路(チ ンノ)・城東(ソンドン)・中浪(チュンナン)・恩平(ウンピョン)・瑞草(ソチョ)・江西(カンソ)・松坡(ソンパ)など23カ区が消滅危険段階に入り、2067年には蘆原(ノウォン)・衿川(クムチ ン)・鍾路など15カ区が消滅高危険段階に入ると予測された。2117年には江南(カンナム)・広津(クァンジン)・冠岳(クァナク)・麻浦(マポ)を除いたすべての区が消滅高危険段階に入るものとみられた。地方では釜山江西(プサン・カンソ)、光州光山(クァンジュ・クァンサン)、大田儒城(テジョン・ユソン)を除いたすべての地域が消滅高危険群に入る。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f64efa392b4dca37a1b53cb7f02f132ab1c028df

    引用元: ・50年後には韓国人口3689万人、ソウルも629万人に[8/20] [首都圏の虎★]

    【それだけの減少で済むはずがない - 50年後には韓国人口3689万人、ソウルも629万人に[8/20] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/06/07(月) 13:54:14.81 ID:CAP_USER
    韓国では 不安で繰り返し手を洗ったり、物の配列に執着する「強迫性障害」の治療を受けている人が、毎年平均5.4%増加しているという調査結果が伝えられた。特に 20代が強迫性障害による診療患者全体の28.3%を占め、全年代では 男性が女性よりも多いことがわかった。ただ 最近は、女性の発病の割合も増加している。

    韓国の国民健康保険公団は 健康保険の診療データを用いて、2015年から2019年まで「強迫性障害」疾患による健康保険の診療現況を発表した。強迫性障害とは、自分では願っていない考えが 繰り返し思い浮かぶことで不安になり、それを振り払おうとして 同じ行動を繰り返してしまう病気である。

    韓国で 強迫性障害による診療患者は、2015年の2万4446人から 2019年には3万152人へと5706人増加し、年平均の増加率は5.4%となっている。

    2019年基準で 強迫性障害による診療患者の年代別割合は、計3万152人のうち 20代が28.3%(8520人)で最も多く、30代が20.6%(6220人)、40代が16.1%(4865人)の順とつづいた。

    男性の場合 20代が29.8%、30代が20.7%、40代が15.3%の順となっている。一方 女性の場合は 20代が26.2%、30代は20.6%、40代は17.2%の順となった。性別では 全年代で、男性が女性よりも多いことがわかった。

    国民健康保険イルサン(一山)病院のイ・ジョンシク精神健康医学科教授は「強迫性障害の症状は 様々な種類に分けられるが、最も多い種類は “汚染-清潔”脅迫で、汚い物により汚染されることに対する恐怖、また それを無くすための行動として『手を繰り返し洗う』症状が代表的だ」とし「“確認脅迫”の場合は、ドアのカギを閉めたかを繰り返し確認する症状で、“対称・整列”脅迫は 物がきちんと配列されているかを繰り返し確認する症状をいう」と説明した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/00de6446b306d49d5f645a802b3ef6b151dc4f8b
    no title

    引用元: ・【韓国】「不安で 手洗いを繰り返す」強迫性障害が “毎年増加”…「20代が最も多い」[6/7] [首都圏の虎★]

    【だってトイレの紙ながせないもん 【韓国】「不安で 手洗いを繰り返す」強迫性障害が “毎年増加”…「20代が最も多い」[6/7] [首都圏の虎★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/16(火) 07:39:34.59 ID:CAP_USER
    (キャプチャー画像)
    no title

    _______________________________________________________

    小学生が描いた極端な志向の反日ポスターがネット上で広まり、情緒的虐待ではないかという議論が提起されている。特に、刀で日本地図を切り刻んだり日本人に向けて銃を射つなど、その暴力性は小学生が描いたとは想像できないレベルだとし、「憎悪を教えている」という批判が出ている。一方では、「日本での嫌韓はさらに酷い」という反応も出ている。

    去る14日、オンラインコミュニティーのポムプ(ppomppu)とポベドリームには、「誇らしいK-小学生の作品の世界」というタイトルで、小学生が描いたと見られる数十枚の絵が投稿された。公開された画像には、「日本人どもを皆殺しにしよう」というセリフとともに、韓半島(朝鮮半島)から列島に向けて銃を乱射する絵が描かれている。また、燃える日本列島の上に「滅んぶ地」と書いたポスターはもちろん、日章旗(日の丸)を踏みつけたり唾を吐くなどの絵が集められている。

    これを見たあるネチズンは、「これを今さら見事だと投稿したのか」とし、「精神年齢が成熟していない子どもたちに、このような過激な教育を勧めるのも情緒的虐待だ」と指摘した。また別のネチズンは、「理性ではなく憎悪を教えるのはまさに野蛮だ」、「世界化に逆行する子どもたちを育てている」という指摘が相次いだ。

    あるネチズンは、「大人は歴史を絶対に忘れず、価値観を捉える役割をすべきだ」と言いながら、「(反日感情が)盲目的な大人たちの感情によるものなら、これは深刻な問題になる」と指摘した。

    反対の意見もハゲしく対立している。あるネチズンは、「日本には嫌韓書籍のコーナーがある」とし、「日本の女子中学生の反韓デモの現場は見ていないのか」とし、問題ないという主張を繰り広げた。一部からは、「これって北韓(北朝鮮)の子どもたちが学校でいつもやってることだよ?南韓(韓国) 米帝の手先は皆殺しだ!とか?」とコメントした。

    ソース:中央日報(韓国語)
    https://www.joongang.co.kr/article/25023945

    引用元: ・【韓国】「日本人どもを皆殺しにしよう」~小学生の反日ポスター・・・情緒的虐待論[11/16] [ハニィみるく(17歳)★]

    【こういう教育を普通に小学生にしてるからな【韓国】「日本人どもを皆殺しにしよう」~小学生の反日ポスター・・・情緒的虐待論[11/16] [ハニィみるく(17歳)★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/10/29(金) 08:29:09.12 ID:CAP_USER
     韓国企画財政部はこのほど、大規模政府系企業の半数近い19社が今年、稼いだ利益で利息を支払えないほど深刻な経営難に陥ると予想した。

     秋慶鎬(チュ・ギョンホ)国会議員が28日、企画財政部から提出を受けた資料によると、政府系企業350社のうち、資産が2兆ウォン(約1900億円)以上ある38社と政府が損失を補填しなければならない2社など政府が「中長期財務管理対象」に指定した40社のうち、韓国電力公社、韓国石油公社、韓国鉄道公社(コレール)など19社のインタレスト・カバレッジ・レシオが1を下回ると予想した。インタレスト・カバレッジ・レシオは年間の営業利益を利払い費用で割った数値で、1を下回れば稼いだ利益で利払いを賄えないことを示す。

     2016年時点でインタレスト・カバレッジ・レシオが1未満だったのは9社で、17年には6社に減ったが、その後は毎年増えている。今年19社まで増えれば、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足1年目に比べ3倍に増えることになる。大規模政府系企業40社の合計営業利益は5兆5000億ウォンと予想されるが、利払い費用はそれを上回る6兆4000億ウォンが見込まれ、1兆1000億ウォンが不足する。

     40社のインタレスト・カバレッジ・レシオを計算すると、0.9にとどまった。14年に財務管理対象となる政府系企業のインタレスト・カバレッジ・レシオの集計を開始して以降、初めて1を割り込んだ。16年には3.4あったが、現政権1年目の17年に2.5に低下。18年(1.2)、19年(1.1)、20年(1.6)と3年連続で1倍台だったが、今年はついに1も割り込むことになりそうだ。

     秋議員は「コロナ長期化や原材料価格上昇など悪材料でエネルギー、レジャーなどの分野の政府系企業の業績が悪化した側面があるが、正社員化強行など政府の要求に伴う経営管理上の問題の方が大きな問題かもしれない」と話した。

     韓国政府は主な政府系企業の業績改善により、40社全体のインタレスト・カバレッジ・レシオが来年には1.5まで回復するとみている。しかし、国会予算政策処は最近、2022年度公共機関予算案分析報告書で、「金利が上昇すれば、インタレスト・カバレッジ・レシオが政府見通しよりも悪化しかねない」と指摘した。また、「財務管理対象の政府系企業40社は負債規模が大きく、収益性が悪化すれば、政府の追加的な予算支援が避けられない」とした。大規模政府系企業40社による昨年の負債は512兆1000億ウォンで、公共機関全体(544兆8000億ウォン・350社のうち韓国産業銀行、韓国輸出入銀行、IBK中小企業銀行を除く347社基準)の94%を占める。

    チ ン・ソクウ記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

    Copyright (c) Chosunonline.com 2021/10/29 08:01
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2021102980009

    引用元: ・【朝鮮日報】韓国の大規模政府系企業19社は利払いもできない「ゾンビ企業」 [10/29] [新種のホケモン★]

    【赤字の垂れ流し【朝鮮日報】韓国の大規模政府系企業19社は利払いもできない「ゾンビ企業」 [10/29] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2021/11/05(金) 12:45:54.92 ID:CAP_USER
    韓国の家計負債が異常な速度で増加しており、2021年第2四半期には「1,805.9兆ウォン」に達し、ついに対GDP比で100%を超えたことは、日本語メディアでも報じられ一般にも知られるようになりました。

    家計がそれだけ借金を抱えて大変なわけですが、収入が増えていれば問題はないわけです。

    しかし、そうはなっていません。以下をご覧ください。韓国の「家計負債」と「可処分所得」の直近の推移です。
    https://i.imgur.com/lFlyAM1.jpg

    「可処分所得」というのは、個人の所得から税金や社会保険料などの支払いが義務付けられている金額を引いたものです。いわゆる「手取り金額」を指しています。

    個人が自由に使えるお金といった説明がされますが、家賃や電気代、ガス代など生きていく上で絶対に支払わなければならない出費もありますから、実際にはこの可処分所得が全部自由に使えるわけではありませんけれども。

    しかし、可処分所得が一つの目安になることは確かです。

    上掲のとおり、直近だけ見ても、韓国では2021年第1四半期から2021年の第2四半期まで以下のように増加しています。

    2020年1Q~2021年2Q
    家計負債:194.5兆ウォン増加(12.1%増加)
    可処分所得:41.0兆ウォン増加(4.1%増加)

    期間が1年半ですからそんなに所得が上がるわけではありませんが、それでも可処分所得は「4.1%増加」しています。しかし、同じ期間で家計負債は「12.1%」も増加しています。

    つまり、所得よりも借金が増えるスピードの方がはるかに速いのです。このデータは韓国の家計が困ったことになっていることを如実に示しています。

    ここに追い打ちをかけようとしているのがインフレ(物価高)です。

    所得が上がらず借金が増え、これで物価が上がるとどうなるでしょうか(もうすでに上がっていますけれれども)。韓国の家庭は非常にまずい状況に陥りつつあります。

    (吉田ハンチング@dcp)

    マネーワン 2021/11/05
    https://money1.jp/archives/65652

    引用元: ・【41兆 vs 196兆】韓国の家計は苦境 所得増より「借金の増える速度」が上 ついに対GDP比で100%超え [11/05] [新種のホケモン★]

    【最低賃金上げれば、全てまるっと解決 【41兆 vs 196兆】韓国の家計は苦境 所得増より「借金の増える速度」が上 ついに対GDP比で100%超え [11/05] [新種のホケモン★]】の続きを読む

    このページのトップヘ