まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 社会

    1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/09/24(月) 10:31:08.23 ID:CAP_USER
    (写真)
    no title


    秋夕(チュソク)の意味が『民族の大名節』から『ゴールデンウィーク』に変わっている。秋夕の伝統的・家族的ムードは次第に色褪せ、個人的・余暇的イメージが大きくなったせいである。

    特に若年層を中心に名節は連休という認識が広がっている。昨年の秋夕に実施したアンケート調査によれば、10人中6人が「秋夕は連休の一つ」という考えを表している。このような現代人の認識とライフスタイルの変化が秋夕の風俗図を変えている。

    ■ ホンチュジョク(“ 一人で秋夕を過ごす族 ”の略語)の秋夕
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    一人で秋夕を過ごす『ホンチュジョク』が名節の度に増加している。受験生や就活生などの非自発的ホンチュジョクだけではなく、自発的ホンチュジョクも増える傾向にある。これらの大部分は20~30代の大学生や会社員で、名節に親戚の小言から避けて自分だけの時間を過ごす。

    最近、就職ポータルIncruit(インクルト)の調査によれば、回答者1106人のうち53%が今回の秋夕に帰郷の意思がないと答えた。その理由として、「会いに行く知り合いがいない(23%)」、「小言、ストレスが予想される(20%)」の順に数えられた。

    ホンチュジョクは長い連休期間を利用して、普段できない手術や施術を受けたりする。そのため眼科や整形外科は秋夕連休を迎えてパンチャク(きら☆きら)特需を享受する。この期間に売り上げは10%ほど増え、予約は2~3週間前に締め切られる程だ。

    会社員のイ・ジスさん(27歳)は、「秋夕連休にラセック手術をする予定」と言いながら、「手術後の回復期間が必要なので連休に予定を決めたけど、秋夕に祖母の家に行かずに済んで一石二鳥だ」と話した。

    (写真)
    no title

    ▲ 昨年の秋夕連休、仁川空港が混みあう様子

    『民族大移動』の方向は故郷から旅先に変わった。名節の度に空港は旅行客で賑わっている。去る秋夕の際は約10日間のゴールデンウィークを迎え、秋夕当日だけで102万人が海外に旅に出た。前年比3.1倍増加した水準である。

    今年も多くの人々が秋夕連休に旅行に向かう事が予想される。仁川国際空港公社は秋夕連休期間である9月21~26日に、合計118万3237人の旅行客が仁川空港を利用すると予測した。一日平均の旅行客は19万7206人で、歴代の名節期間で最も多いと予想されている。

    オンライン上では、「先祖の恩恵を受けた者は皆、海外旅行には行ってない」とし、国内に残って先祖に茶礼(祭祀)を行なう姿を自嘲する声も大きくなっている。

    ソース:NAVER/マネーS(韓国語)
    https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=417&aid=0000344777

    >>2につづく

    引用元: ・【韓国】「整形手術に海外旅行」~変わりゆく秋夕の風景[09/24]

    【【韓国】「整形手術に海外旅行」~変わりゆく秋夕の風景[09/24] 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/18(火) 18:33:45.16 ID:CAP_USER
    no title

    ▲ろうそく革命出版市民委員会チョン・ヨンフン(左側)委員長に<ろうそく革命、市民の叫び>出版の意味をインタビューしているチョ・ヒョンシク(右側)<ハンギョレ:オン>株主通信員
    no title

    ▲『ろうそく革命、市民の叫び』

    「平和なろうそく市民革命は世界の民主主義の歴史に長く残る誇らしい私たちの歴史です。市民の参加で、市民の力を集めて記録し本に残したかったのです。」最近<ろうそく革命、市民の叫び>の出版を主導したろうそく革命出版市民委員会チョン・ヨンフン(58・写真)委員長はその日の感激と一緒に厳粛だった状況を回顧した。

    「私たち市民のろうそく集会が微弱だったら国会の弾劾決議と憲法裁判所の弾劾容認は可能だったでしょうか?しかも最近明らかになった機動部隊司令室の「戒厳謀議計画」を見る時、ひとつ間違っていれば数多くの無実の市民の生命が犠牲になるところだった、と考えたら今更ながらくらっとします。」
    (中略:本作りの苦労)

    そのため彼の本に対する愛情と自負心は格別だ。「本を広く知らしめることが残りました。ろうそく革命精神の普及であり、ろうそく精神の継承発展のためですから。市民が主人の国、市民が作り出した偉大な歴史が広く伝わり休むことなしに前進して全世界に影響を与えますから。」

    このため出版市民委員会は「ろうそくの叫び実現委員会」(仮称)に切り替える予定だ。「ろうそく市民のノーベル平和賞受賞を推進し、韓半島平和繁栄体制樹立に先頭に立ってろうそく革命精神を完成するのが目標です。」

    昨年、31年6カ月の教職生活を終えて名誉退職した彼はハンギョレ創刊株主でもある。試験点数競争教育反対、国立墓地イ・スンマン墓地参拝黙祷批判など正しい教育を体で実践し解職・復職・正直など受難を体験した彼は参加政府(盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権)の時、民主化運動関連者認証も受けた。来る20日午後7時、ソウル市庁8階の多目的ホールで出版記念会が開かれる。

    チョ・ヒョンシク<ハンギョレ:オン>株主通信員

    ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) 機動部隊司令室「戒厳謀議」も勝ち抜いた「ろうそく市民精神」伝えなければならない
    http://www.hani.co.kr/arti/society/society_general/862302.html

    関連スレ:【中央日報】100万市民平和的ろうそく集会は歴史的な名誉革命 大韓民国国民の底力を見せた誇らしい日だった[11/14] [無断転載禁止]©2ch.net
    https://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1479084706/

    引用元: ・【韓国】 「ろうそく革命の精神を世界に広げノーベル平和賞受賞を推進」~『ろうそく革命、市民の叫び』出版[09/16]

    【【韓国】 「ろうそく革命の精神を世界に広げノーベル平和賞受賞を推進」~『ろうそく革命、市民の叫び』出版[09/16] 】の続きを読む

    1: しじみ ★ 2018/08/24(金) 16:33:36.35 ID:CAP_USER
    2018年8月15日、韓国・聯合ニュースは、韓国の流通・食品業界について「光復(日本による植民地支配からの解放)73周年を迎えた現在も、日本の陰から脱することができていない」と指摘した。

    記事によると、韓国では、流通業と食品業の大企業に対し「日本のフォーマットや商品をそのままコピーし、楽に商売している」と批判する声が出ている。

    最近話題になったのは、新世界グループがソウル市内にオープンしたピエロショッピング。同グループ副会長の「野心作」として注目を集めていたが、いざオープンすると「日本のドン・キホーテそっくり」との声が相次いだ。

    副会長は「ドン・キホーテをベンチマーキングした」と説明したが、商品の陳列方法や構成などが酷似していることから「コピーに近い」と批判の声が上がっているという。

    ロッテグループは先月、スーパーマーケットとドラッグストアを融合させた「ロッテスーパー with LOHB’s」をオープンさせた。しかし同店ができたきっかけも、同グループ会長が「韓国版コスモス」を作るよう指示したためだったという。

    日本のコスモスは、コスメや薬を販売するドラッグストアとしてオープンし、現在は食品を扱うスーパーマーケットを融合させたハイブリッド店になっている。

    家電流通企業のロッテハイマートも最近、家電製品とブックカフェを融合させた店をオープンさせたが、「日本のTSUTAYAに似ている」と指摘されているという。

    これについて、仁荷大学消費者学科のイ・ウンヒ教授は「日本から新たな運営方式を取り入れることは、消費者をオフラインに誘導する努力として肯定的に評価できる」としつつも、「ただ、経済的観点などから韓国のプライドを傷つけるため、創意的に発展させていく必要がある」と話したという。

    また記事は、「日本パクリが最も頻繁に露骨に行われているのは食品業界」としている。1983年に発売されたロッテ製菓の「ペペロ」は、発売当初から、1966年に日本で発売された「ポッキーを盗作した」と物議を醸している。

    農心の「セウカン」、オリオンの「チョコソンイ」、南陽乳業の「17茶」、ヘテ製菓の「カロリーバランス」もそれぞれ、カルビーの「かっぱえびせん」、明治の「きのこの山」、アサヒ飲料の「十六茶」、大塚製薬の「カロリーメイト」に製品の形やパッケージが酷似していると指摘されているという。

    今年に入ってからも「日本パクリ」騒動は起きており、今年初めには、オリオンが発売した生チョコレートが「日本のロイズを模倣した」として物議を醸した。4月にも、ピングレが発売したアイスクリームに、グリコの「ジャイアントコーン」盗作疑惑が持ち上がったという。

    業界関係者は「日本の流通・食品業は韓国より歴史が長く、先進的であるため、韓国企業がベンチマーキングするケースが多い。ただ、一部企業の度を超えた模倣は、見ている方が恥ずかしくなるほど」と話したという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからも

    「韓国が何か新しいものを生み出したことがある?いつも誰かのまねをしている。企業文化を根本から変えなければならない」
    「最近は飲食店が出す料理も日本っぽい。韓国はほぼ日本だ」
    「最初はベンチマーキングすべき。でもその後に創意的な研究を重ね、独創的かつ優秀な製品を作り出して発展させなければならない」
    「テレビ番組もほとんどが日本のパクリ。それなのに韓国は、中国にパクられたと騒いでいる(笑)」

    などと指摘する声が上がっている。

    また、「そのままパクるならいいけど、いつもダウングレードしていることが問題。ポッキーとペペロを両方食べてみた人はきっと頷いているはず」と主張する声も。

    そのほか、

    「歴史問題で日本にマイナスのイメージを持っていたけど、実際に行ってみると尊敬心が芽生えた。エンジニアの僕から見て、日本の道路、工場、建物は韓国が絶対に追いつけない神の境地に達している」
    「歴史問題で日本を許せなくても、日本の技術力と経済力は認め、学ぶべき。でないと一生、日本を超えることができない」

    など、日本の技術力を称える声も多く寄せられている。


    2018年8月20日(月) 6時30分
    https://www.recordchina.co.jp/b635290-s0-c30-d0058.html
    ★1が立った日付2018/08/20(月) 09:59:00.93
    前スレhttps://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534726740/

    引用元: ・【日韓】 韓国はほぼ日本? 企業の度を超えたベンチマーキングに批判の声★2 [08/20]

    【【日韓】 韓国はほぼ日本? 企業の度を超えたベンチマーキングに批判の声★2 [08/20] 】の続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2018/08/30(木) 00:05:23.97 ID:CAP_USER
    no title

    ▲エイペクセル(株)のノーベル物理学賞韓国代表選定記念「ナノ革命で4次産業革命率いる」という主題の講演・討論が29日(水)開催された。(写真=内外ニュース通信)

    [ソウル=内外ニュース通信] 韓国の地元企業エイペクセル(株)が開発した「天然ナノ素材技術」がノーベル物理学賞韓国代表候補に選ばれた。

    韓国ノーベル財団(総裁イ・ヒジャ)が主催したエイペクセル(株)のノーベル物理学賞韓国代表選定記念「ナノ革命で4次産業革命率いる」という主題の講演・討論が29日(水)午後4時からゲイタートル(麻浦区)で開催された。

    この日の行事では韓国ノーベル財団ユ・ジェギ博士がノーベル物理学賞韓国代表選定経過報告をし、続いてノ・ウンレ議員(共に民主党)とユ・ドングァン麻浦区庁長、韓国産業融合学会チェ・マンボム会長の祝辞があった。

    特にエイペクセル(株)韓国天然ナノ科学館カン・テイル館長がノーベル物理学賞候補技術である「偉大なカルシウム」を紹介をした。

    この製品は既存の体内吸収率20パーセント未満のカルシウム剤を体内吸収率99.9パーセントにした画期的な製品だ。

    チョ・ギョンチョル記者

    ソース:NBNニュース(韓国語) 韓国ナノ企業エイペクセルノーベル物理学賞候補に上がって
    http://www.nbnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=171534

    前スレ
    http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535547375/

    引用元: ・【ノーベル賞】ノーベル物理学賞韓国代表候補決定~韓国ナノ企業エイペクセルの「偉大なカルシウム」[08/29] ★3

    【【ノーベル賞】ノーベル物理学賞韓国代表候補決定~韓国ナノ企業エイペクセルの「偉大なカルシウム」[08/29] ★3 】の続きを読む

    1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/26(日) 14:23:49.02 ID:CAP_USER
    no title


     暴力を振るう群衆にも名分がある。「1925年末、中国で群衆が新聞社を襲って放火すると、中国共産党の実力者だった元北京大学教授の陳独秀は、これを支持した。名分があれば群衆が暴力を振るっても構わないというこの考え方は、やがて毛沢東の文化革命へとつながった。

     文化革命で中国人民がどれだけ大きな困難に遭遇し、中国の国家発展がどれだけ遅れることになったかは、今では誰もが知っている事実だ。どんな場合であっても、暴力は正当化されるべきものではない。暴力が正当化される社会になると、社会の全ての構成員がその被害者となる。単なる時間の問題なのだ。

     93年前の隣国での出来事が脳裏をよぎったのは、先日紙面を飾った1枚の写真が心に焼き付いて離れなかったためだ。複数の市民団体の会員数百人が、拘置所から出てきたキム・ギチュン前大統領秘書室長の乗った車の前に立ちはだかり、これに飛び掛かろうとしている場面だ。誰かが車のフロントガラスを強くたたき、ガラスが割れてしまうといった事態も発生した。車の中の人々は生命の危機を感じたことだろう。こうした状況が約40分間も続いた。

     金前室長は完全に釈放されたわけではなかった。法的手続きに伴う拘束満了日となっただけのことだ。近く最高裁判所の判決で懲役刑が言い渡されれば、また収監されることになる。こちらの方がより拷問と言えるだろう。それでも当の本人に暴力を加えなければならないと考えた群衆が、まるでこの世が無法地帯であるかのような振る舞いを見せたのだ。

     驚くべきことは、その場に警察が待機していたということだ。しかし、暴力を振るうデモ隊のうち、誰一人として現行犯逮捕された者はいなかった。警察が「今後は名分のある暴力であれば大目に見る」と宣言しているかのような現場だった。他でもない警察が「現政権とキャンドルデモ隊の標的となった者は街頭で集団リンチに遭っても仕方がない」と、見て見ぬふりを決め込む国になり下がってしまったのだ。これこそ無法地帯だ。そうかと思えば、コメント操作事件で特別検事チームに容疑者として召還された政権の実力者は、支持者たちによりばら色の洗礼を受け、まるで凱旋(がいせん)将軍のように手を振った。

     また、ソウル市西大門区新村洞では「パク・サンハク、テ・ヨンホの収監」を主張するデモ隊が、街道で大手を振るった。自らを「逮捕決死隊」と呼ぶこれらデモ隊は、テ・ヨンホ前駐英北朝鮮公使を「未成年者暴行犯」「平和統一を邪魔する者」と訴えながら、刑務所に収監するよう求めた。これはほかでもない北朝鮮がテ前公使を批判する際に使用する表現だ。北朝鮮に対しビラをばらまいたパク・サンハク自由北朝鮮運動連合代表には「後援資金を横領する北朝鮮人権商売人」として、罵倒(ばとう)を浴びせた。

     こうしたデモ隊の姿を見ると、ここが北朝鮮なのではないかと疑いたくなってしまう。マッカーサーの銅像に火を放った犯人は、警察ですぐに釈放された。反米集会が行われるたびに全国を回って顔を出す。左右の理念問題ではない。法を守らなければ無法社会となる。そのジャングルに住む猛獣たちにとって、餌の左右は関係ないのだ。

    金基哲(キム・ギチョル)論説委員

    ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【萬物相】大義の名の下に暴力を許す無法社会・韓国
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/24/2018082401664.html

    引用元: ・【萬物相】 大義の名の下に暴力を許す無法社会・韓国[08/26]

    【【萬物相】 大義の名の下に暴力を許す無法社会・韓国[08/26] 】の続きを読む

    このページのトップヘ