まぜるな!キケン!!速報

韓国、中国の危険なニュースのまとめ。 「マゼルナ、キケン」

    カテゴリ: 韓国

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/10(火) 07:18:54.00 ID:mn9Cl7De
    韓国国内で、カフェやドリンクなどの飲料店がここ4年で2倍以上に増え、昨年には10万店に迫ったことが9日までに分かった。コーヒーの輸入額は初めて10億ドルを突破した。

    【グラフィック】韓国人が主に利用するコーヒーチェーン1位は?
    https://life.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/24/2020082480041.html

     韓国農水産食品流通公社の食品産業統計情報システムによると、昨年末時点でコーヒー及び飲料店業の店舗数は前年末に比べ17.4%増の9万9000店で、過去最多を記録した。コーヒー・飲料店は2018年末時点では4万9000店だったが、4年で2倍以上に増えた。飲食店業全体でみると、韓国料理店(36万2000店)に次いで2位だった。

     コーヒー・飲料店は18年末時点ではチキン専門店(6万1000店)より少なかったが、21年には8万4000店でチキン専門店(7万6000店)を上回り、昨年にはチキン専門店(8万1000店)との差を1万8000店に広げた。

     韓国人の「コーヒー愛」はコーヒーの輸入額からも分かる。韓国関税庁によると、昨年1-11月のコーヒーの輸入額は11億9035万ドルで、前年同期比45.1%増と急激に伸びた。年間のコーヒー輸入額が10億ドルを突破したのは初めてだ。昨年(1-11月)のコーヒー輸入額は20年前(2002年)の年間輸入額(7142ドル)に比べ16.7倍に達した。
    no title

    ▲9日にオープンしたソウル市中区のコーヒー専門店。/写真=NEWSIS

    キム・テジュン記者
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2023/01/09 20:22

    引用元: ・【朝鮮日報】カフェ急増の韓国、飲料店が約10万店に…チキン店を1万8000店舗上回る[1/10] [仮面ウニダー★]

    【昔からあるコーヒー店に偽装した売春店だろw 【朝鮮日報】カフェ急増の韓国、飲料店が約10万店に…チキン店を1万8000店舗上回る[1/10] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/25(水) 16:20:26.79 ID:sHZMTrg8
    no title


    【ソウル聯合ニュース】韓国の昨年のキムチ輸入額が過去最高となった。韓国産キムチの価格上昇が影響したとみられる。

     関税庁の輸出入貿易統計によると、昨年のキムチの輸入額は前年比20.4%増の1億6940万ドル(約221億円)で過去最高を更新した。増加率は2010年(53.8%)以来、12年ぶりの高水準。

     韓国の輸入キムチは全て中国産だ。輸入額は19年の1億3000万ドルから20年は1億5000万ドルに増加したが、21年は裸の中国人男性が水槽に入って白菜キムチを漬けている不衛生な場面を収めた動画が韓国で波紋を呼んだことが影響し1億4000万ドルに減少した。

     しかし、昨年は20%以上増加し、初めて1億6000万ドルを超えた。キムチの材料の価格上昇に伴い、国産キムチが値上がりし、相対的に割安な中国産キムチの需要が増えたためとみられる。

     昨年の輸入キムチ1トン当たりの価格は643ドルで輸出キムチ(3425ドル)の18.8%の水準だった。

     昨年のキムチの輸出額は1億4082万ドルで前年比11.9%減少した。輸出額が減少したのは7年ぶり。

     輸出額は19年の1億499万ドルから20年は1億4451万ドルに急増した。21年はさらに増え、過去最高の1億5992万ドルを記録した。新型コロナウイルス流行後、韓国のキムチが免疫力を高める健康食品だという認識が海外で広まったうえ、韓流拡大で韓国産キムチの人気もさらに高まった。

     昨年の最大の輸出先は日本(6100万ドル)だった。次いで米国(2911万ドル)、香港(727万ドル)、オランダ(643万ドル)、オーストラリア(588万ドル)、台湾(549万ドル)、英国(531万ドル)などの順。

     輸入が増え、輸出が減少したことでキムチの貿易収支は1年ぶりに赤字となった。21年は輸出額が過去最高を記録し、輸入額は減少したため1917万ドルの黒字だった。貿易黒字を計上したのは09年以来、12年ぶり。しかし、昨年は2858万ドルの赤字で、赤字額は18年(4076万ドルの赤字)以来の高水準となった。

    2023/01/25 09:47配信 Copyright 2023YONHAPNEWS. All rights reserved.最終更新:2023/01/25 10:37
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0125/10380615.html

    引用元: ・【キムチ】物価高でキムチの輸入が過去最高に 輸出は7年ぶり減少=韓国[1/25] [仮面ウニダー★]

    【キムチの起源は中国だし当然だよな【キムチ】物価高でキムチの輸入が過去最高に 輸出は7年ぶり減少=韓国[1/25] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/08(日) 12:18:59.86 ID:Eslytr/C
    「ここの雰囲気はまるでお墓のようです。マンションで多くみられる騒音トラブルも、遊び場で飛び回る子どもたちもいないですから。住民のほとんどが1人暮らしですが、隣にだれが住んでいるのかは関心もないです。みんな死ぬ日だけを待つ感じです」。

    ソウル・江西区(カンソグ)にある賃貸マンション団地に居住するチャンさん(76)は自身が住むマンションを「お墓」と描写した。高齢者が集まって住むこの賃貸マンションは60代以上の1人世帯の割合が高い所のひとつだ。チャンさんは「1~2カ月に1回は1人暮らしでだれにも知られずに死んだという話を聞く。私もやはりそんな日だけを待って生きているようだ」と打ち明けた。ここで5年間警備の仕事をしてきたという70代の警備員は「隣から悪臭がするという苦情から、うわさをたよりに家族を捜してドアを開けてみたら人が死んでいたというのを数多く見てきた。住民同士の交流もなく、家族もあまり行き来しないため孤独に死を迎えるのを見ると同年代として心が痛い」と伝えた。

    ◇中高年男性、孤独死予防サービスが至急

    だれにも知られず静かに死んでいく人が毎年増えている。保健福祉部は先月14日に初めて孤独死の公式統計を発表した。これによると、昨年孤独死した死亡者は3378人で、5年前の2017年に比べ40%増加した。この数は韓国の全死亡者31万7680人の1%で、死亡者の100人に1人はだれにも知られず1人で死を迎えているということを意味する。世代別には50~60代が孤独死の58.6%を占めており、女性より男性が4倍多かった。保健福祉部関係者は「50~60代の男性は健康管理と家事労働に慣れておらず、失業や離婚などで人生の満足度が急激に下落するという特徴がある」として中高年男性に対する孤独死予防サービスの必要性を強調した。新林総合社会福祉館のファン・ホジン氏は「中高年層の男性は離婚や失業などを体験し失敗者のレッテルを貼られかねないとの考えから本人の問題を外に示すことに大きな拒否感がある。他人との交流も敬遠し、隣人との交流も避けたため、手が付けられなくなるほど状況が深刻化してから明るみに出るケースが多い」と伝えた。

    だがさらに大きな問題は、彼らの孤独死を防ぐために安否を尋ねる人の数は毎年変わらない点だ。保健福祉部は昨年11月に生活苦から極端な選択をした水原(スウォン)の母娘3人の事件のような悲劇の繰り返しを防ぐとして「福祉死角地帯発掘・支援体系改善対策」を発表した。危機世帯の把握に向け収集する情報を今年下半期に44種類まで増やし、危機が疑われる世帯がある場合、ドアを強制的に開けるような方策を発表した。だが自治体の福祉人材補充に対しては「実態調査を通じて合理的な運用案をまとめたい」という言及にとどまった。韓国社会保障情報院のチェ・ジョンウン副研究委員は「社会的孤立の有無を確認する変数は多角化しているが、これを管理、担当する人材の数はそのままで業務負担が大きい。福祉死角地帯対象者が増える状況で人材問題を解決せずに政策だけ拡大するのは実効性が少ない」と話す。

    以下全文はソース先で

    中央日報日本語版 2023.01.08 11:09

    (1)https://japanese.joins.com/JArticle/299645
    (2)https://japanese.joins.com/JArticle/299646

    引用元: ・【中央日報】増える孤独死の悲劇…「マンションはお墓のよう。みんな死ぬ日だけ」=韓国 [1/8] [ばーど★]

    【ウハウハだな 【中央日報】増える孤独死の悲劇…「マンションはお墓のよう。みんな死ぬ日だけ」=韓国 [1/8] [ばーど★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/01(日) 15:14:34.14 ID:Va34P//8
    【01月01日 KOREA WAVE】韓国でチ ンセ(毎月の家賃の代わりに貸主に預けるまとまった額の保証金)を返してもらえなかった賃借人がチ ンセ金返還などを理由に、住んでいる家の強制競売を申請する例が増えている。保証金を受け取るための借家人の自救行為といえる。

    今後もチ ンセ価格の下落が続くと予想され、こうした現象は増加するとみられる。ただ、賃借人が競売を通じて保証金の全額を返してもらうのは容易ではなさそうだ。

    裁判所登記情報広場によると、全国で昨年11月に申請された不動産の強制競売開始決定登記は5905件で、前月(4822件)比で22.5%増加した。

    同期間、ソウル地域で申請された登記は、前月同期(432件)より67.1%増の722件だった。特に、1カ月間、大邱(テグ)の登記は140.8%(10月71件→11月171件)、京畿道(キョンギド)は37.7%(10月945件→11月1301件)とそれぞれ増えた。

    実際、家主が賃借人に保証金を返せない例が増えている。韓国不動産院賃貸借市場サイレンによると、昨年11月、問題が生じたチ ンセ保証金の総額(マンション・アパート)は1862億ウォン(約193億円)。9月に1098億ウォンレベルだったのが10月に1526億ウォンに増え、この傾向が続いている。発生率は▽9月2.9%▽10月4.9%▽11月5.2%と上昇している。

    しかし、競売を進めても、競売落札率と落札価格率が下落しているため、保証金を全額取り戻せない可能性がある。競売落札率は9月32.7%▽10月30.0%▽11月27.5%などで、競売落札価格率は▽9月80.1%▽10月77.8%▽11月76.2%などだ。

    (c)KOREA WAVE/AFPBB News 1/1(日) 11:51配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/43061be7069ab904829a48aae8e250d883021678

    引用元: ・【KOREAWAVE】家の保証金めぐりトラブル、韓国で「借りている家」の強制競売続出[1/1] [仮面ウニダー★]

    【詐欺まがいのアホなシステム【KOREAWAVE】家の保証金めぐりトラブル、韓国で「借りている家」の強制競売続出[1/1] [仮面ウニダー★]】の続きを読む

    1: まぜるな!キケン!! 2023/01/29(日) 22:21:04.92 ID:0+LtWcmq
    「事実、韓国が世界最初でした」 みんなが間違っていた自動車の歴史の話
    -有名な自動車逸話
    -訛伝された話もあり
    -正しい内容を見てみると

    自動車産業の歴史が一世紀を超えるだけに、興味深い逸話をたくさん見つけることができる。この中には偶然の発見が長く使われる発明品になった事例があるかと思えば、発した言葉が歴史を左右した事例も存在する。

    自動車が好きなマニアの立場からこのような情報を得ることは、かなり面白いものに見えるかもしれないが、確認されていない情報が事実として通用する場合が多い。これまで定説として通じていたが、分かってみると間違った内容であることが明らかになった事例をいくつかあげてみた。

    ・四輪駆動の元祖はクワトロ?
    -先だって作った会社が2社存在

    四輪駆動システム「クワトロ」は「アウディ」と言えば思い浮かぶ代表的な要素の一つだ。 よくアウディクワトロが最初のスポーツ四輪駆動システムとして知られているが、元祖は別にある。一時、英国に存在した自動車製造会社「ジェンソン(Jenson Motors)」は1966年、2ドアGT「インターセプター(Intercepter)」の車体にクライスラーV8ヘミエンジンとファーガソンの四輪駆動変速機を載せたモデル「FF」を披露した。 しかし、当時、四輪駆動スポーツカーは特に関心を持たれず、ジェンソンFFの5年間の累積販売台数はわずか320台にとどまった。

    その後、時が経って1972年、日本の自動車製造会社スバルはインプレッサの前身「レオーネ」に四輪駆動オプションを提供したが、これはアウディクワトロより先に大量生産された四輪駆動乗用車として記録された。レオーネに搭載された四輪駆動オプションは、後にスバル固有の四輪駆動システム「シンメトリカル(Symmetrical)」の基盤となった。シンメトリカルを乗せたインプレッサラリーカーは、WRC(ワールドラリー選手権)の舞台で優勝トロフィーを欲しいままにし、スバル最高全盛期の象徴のような存在になった。

    ・シルバーアロー ビハインドストーリー
    -ベンツ本社も間違っていた

    メルセデス-ベンツの伝説的なレーシングカー「シルバーアロー」はペイントを剥いだ外見がまるで銀の矢のようだという表現から名前の由来になった。シルバーアローの車体に塗装がない理由は、ベンツ本社ですらマーケティング手段として使うほど有名だが、実状は違うという。まず、よく知られている内容はこうだ。 1934年「アイフェルレンネン」競技に出場するベンツW25レーシングカーの重量が規定値である750kgを超えると、エンジニアたちが一晩中ペイントを剥がして重量を減らし、ようやく750kgに合わせて出場できるようになったという話だ。

    しかし、当時現場にいたメルセデスベンツグランプリチームのマネージャー「アルフレード・ニューバウアー」の回顧録にはこのような話がなかった。 彼の回顧録によると、シルバーアローが銀色の理由は、晴れた午後に、日の反射によってレーシングカーを最も目立つようにすることが目的であり、重量規定は当初存在しなかった。当時のアイフェルレンネン競技の詳細規定は現在も明確な文献として残っている。

    ・ランボルギーニ設立秘話(省略)
    ・ホットハッチの元祖はゴルフGTI?(省略)

    ・日本が言い張る初タイトル
    -事実は韓国が主人公だ

    トヨタは自社の準中型SUV「RAV4」を最初の都市型SUVと広報しているが、実際には韓国産車が先だった。1991年、起亜自動車は東京国際モーターショーで開発中だったスポーテージコンセプトモデルを展示したが、当時スポーテージが自動車業界に及ぼした影響は多大だった。オフロード走行を目指す大雑把なSUVが一般的だった当時、都市型SUVは型をきちんと破ったジャンルとみなされたからだ。

    スポーテージはトヨタRAV4より1年前の1993年に本格的な販売に入ったが、スポーテージより先に似たようなコンセプトを志向した車も存在する。それはスズキエスクードだ。ただ、エスクードはスポーテージやRAV4とは異なり、車体が小さかっただけでなく、小型オフローダーにより近いモデルであるだけに、真の都心型SUVとして認められなかった。

    AUTO POST(韓国語)
    https://autopostkorea.com/109067/

    引用元: ・【自動車産業】 「実は、韓国が世界初でした」 みんなが間違っていた自動車の歴史の話[01/29] [LingLing★]

    【嘘のパワーって無限大だなーと思った 【自動車産業】 「実は、韓国が世界初でした」 みんなが間違っていた自動車の歴史の話[01/29] [LingLing★]】の続きを読む

    このページのトップヘ